<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0029225_11450257.png































小学生の皆さん、学校の放課後にみんなで「ガトーショコラ」を作りませんか?

教えてくれるのは、小中台で食育活動をしている「梅(うめ~)」のあくつさんとヘルスメイトのみなさんです。

みんなでわいわい言いながら作るお菓子は、失敗してもごちそう。
きっと食べたことのないとびっきりのおいしさのはず。

学校から帰ってから行くのだと14時に間に合わないという人も途中から来てくれれば大丈夫。
おいしいガトーショコラとあとかたづけが待っています(笑)

知っています?あとかたづけってとっても大切なんですよ。あとかたづけがうまくなるコツ伝授してもらえるかも。

5月22日(火)14:00~16:30 穴川コミュニティセンター 料理実習室  にて

先着10名です! 参加費は500円。

お申込みは、メールで  kodomogaku7@yahoo.co.jp まで。 氏名(フリガナ)、学年、学校名をお知らせください。


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-25 11:50 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

HIC(Happy International Communication)プロジェクト2018が始まりました。
今回の参加者は、千葉大学学生が26人、3H日本語学校の留学生が15人と先生、子ども学スタッフ5人。
8か国、19歳~75才までの47人で構成された、なかなかの多世代異文化交流会です。

a0029225_10364605.jpg


















第1回目のテーマは、他己紹介。
グループに分かれて自己紹介した後、千葉大学生は3Hの学生を、3Hの学生は千葉大生をそれぞれ紹介します。


8か国もの人がお互いのことを知るために使う言語は英語ではなく「やさしい日本語」。

外国の人がみんな英語を話せるわけではない。
千葉大学生だからってみんなが英語が堪能なわけでもない。

だから、「やさしい日本語」わかりやすい日本語を使って交流します。

相手がわかる言葉を見つけながら、話をする。これ、結構大変です。

質問を投げかけても相手が黙ってしまうと、こちらも沈黙。どうしよう。

こんな時には、こう言い換えたら伝わるかなと何度も言葉を変えながら伝える必要があります。
その人のことを知るために質問しているし、相手もなんとか答えようと考えているという想いは一緒なのだから、頭をフル回転させながら言葉をさがす努力をしないとね。

最初はみんなとても緊張して、話し声もぼつぼつとしか聞こえなかったけれど
次第に会話がはずみ、笑い声や「へー!」なんて驚く声もしてきました。

a0029225_10423155.jpg


















緊張しながらも、グループごとの他己紹介では、みんなちゃんと紹介をしてくれました。

ある留学生の好きな日本語は「大丈夫」。この言葉は何でも、どんなときにも使えるとのこと。

なるほど!うん、大丈夫!
今年度のHICプロジェクトもきっと大丈夫。次回も楽しみです。


a0029225_11063581.jpg


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-25 11:08 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

あ!保険加入を忘れていた!!危ない危ない。
イベント開催を控え、準備を着々と進めていたつもりだったけれど、やっぱりもれることが出てくる。

というわけで、今日は「イベントを開催するまでにやること」チェックシートを作ってみました。

これで、「しまった149.png!!」が減ればいいなあ。
(リストにもれがあったら、笑えないね。これまたチェックが必要だ。)
a0029225_20255424.png


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-23 20:30 | ハンドブック | Trackback | Comments(0)

イベントを開催するときに、会場配置は必ず考えて忘れない。

でも会議や交流会を開催するときは、全体会なのかグループごとなのか、
机や椅子を何台使うのかどう並べるのかまでは考えるけれど、どこにどの間隔で配置するまでは決めない。

当日会場に入って、机を移動しながら「だいだいこのあたりね」と指示を出しながら並べていく。

これが混乱のもと。
机や椅子をガタガタしながら、あいまいに指示を出すものだから、座ってみるときついとか、向きがおかしいとか。。
実は、その混乱が、そのあとの会議や交流会のスムーズな進行の妨げになってしまうこともある。

時間にものすごく余裕があって、自分一人で会場配置をするのなら、問題はないけれど
ほかの人と協力して行うのなら、図にきちんと示したり、「各班の配置は、それぞれが椅子をひいて座ったときに後ろを人が通れるくらいのゆとりをあける」とまで具体的に伝えないと、伝わらない。

自分の感覚とほかの人の感覚は、全然違う。そのことを忘れないこと。








[PR]
by kodomogaku | 2018-04-18 18:33 | ハンドブック | Trackback | Comments(0)

今期2回目の千葉大学の授業は、地域で活動している人たちをお呼びしてゆるプロ情報交換会を行いました。

ゆるプロとは、地域で活動している人たちのゆるやかなつながりを作るプロジェクトのこと。

学生達にも地域の活動を知ってもらうために、いろいろな人にお声掛けをして集まっていただいたところ10団体、15人もの方がご参加くださいました。

a0029225_22573516.jpg











かつてないほどの大盛況ぶりで、
初めて参加される団体の方や一般の方、そして学生も初めての人ばかり。
時間配分がうまくいかず、話したりない、もっと意見が聞きたかった、物足りなかった
と思われた方も多かったと思います。申し訳ありません。

90分は短いなあと感じました。自分が学生のときは長くて長くて苦痛だったのに119.png

でも、おかげさまで学生たちは地域に多くの活動があることや自分ができることは何かと考える、とても有意義な時間を過ごすことができました。
ありがとうございます!

この気づきからどう行動に移すのか。
学生が次のステップに進む手伝いをするのがこの授業と考えています。

考えるだけでは意味がない。

気づいたら行動する。
動こうよ!

声の出し方や手の上げ方まで文句を言う、こうるさいおばさん確定ですが、それも役目かなと思っています105.png

次回は、もっとスムーズな会運営を目指し、学生と考えて実行していきます。

参加してくださったみなさま、本当にありがとうございます。

活動マップ作りも続けていきます。またどうぞご協力よろしくお願いします。

a0029225_10374313.jpg


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-17 23:28 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

a0029225_18081375.jpeg
小学校や幼稚園も始まってそろそろ日常の生活が落ち着いてきた頃ですね。
そんなみなさんにおススメしたい講座です!

今回この講座に来ていただきたいのは大人です。

昨年、小学生対象に「表現力アップ講座」として今回の講師「となみん」をお招きして講座を開催しました。

その時に子どもたちの変化がとても素晴らしかった!
最初ボソボソしていた声が、となみんの声掛けによってどんどんイキイキして顔もパッと明るくなって、横で見ていてこちらも笑顔になっていきました。

次は大人で是非!

大人が笑えば子どもも笑います。

まずは大人が笑顔になりましょう101.png

笑顔をお約束する講座です。どうぞいらしてください!

お申込みはこちらまで。
tibakodomogaku@yahoo.co.jp

a0029225_18083673.jpeg


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-15 05:26 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

やれることをやる その5
チラシを置いてもらえるようお願いに歩く。

a0029225_18081375.jpeg


a0029225_18083673.jpeg


稲毛、稲毛海岸、検見川浜、海浜幕張。
コミュニティセンター、公民館、図書館、子育てリラックス館などにチラシのお願いに回りました。
後援:千葉市教育委員会
の文字の威力はすごかった!
どこの窓口でも、「はい、後援が付いているので大丈夫です」と快諾。すごいなぁ。

あとはどれだけの人が手に取ってくれるか。

絶対におススメの講座です。
大人の方だけでも、1回だけでもOK。
ぜひ!!


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-11 18:04 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

やれみるシリーズその4

市役所の市民自治推進部に「定款変更」について質問に行ってきました。
きっかけは、同部署から届いたNPO通信。
a0029225_22251834.jpg
































法改正によって、定款の変更が必要なのは、昨年から知っていたけれど、何をどうすればいいのかよくわからず、まだ猶予期間だしと逃げていました。

でも今年度の総会の議事にあげなければいけません。

通信の一番最後にあった「市民自治推進課にご相談ください」の1文にすがる思いで、電話し、予約をしたうえで質問をしに行くことにしました。

市役所に行くと、担当の方はとても優しく、初歩の初歩から質問する私たちにいやな顔をすることもなく丁寧にアドバイスをしてくださいました。

やはり専門家に聞くのが一番!

定款の変更案を作ったら、もう一度総会前に相談に来てくださいね。間違ったまま総会で承認をとってしまうとあとで修正するのが手間になりますから。という最後まで行き届いたアドバイスは本当にありがたかった。

一昔前は、役所に行くと「ゴールのないスタンプラリー」で、あっちいって、こっちいってと要領得ない説明をされたけれど
今はそういう思いをすることが少なくなりました。

わからないで悩むより思い切って相談するほうがいいとしみじみ感じた「やれることはやってみる④」でした。

[PR]
by kodomogaku | 2018-04-10 22:42 | ハンドブック | Trackback | Comments(0)

今年度の千葉大学教育学部の授業の初日でした。
地域子育て支援活動実習というこの授業を2006年度から協力していますが、実は来年度の千葉大学の方針変更に伴い、今年度が最後となります。
何人くらい受講するのだろう。毎年4月と10月のドキドキもあと2回。
去年は少なかったから今年も少人数かな、と思っていたら、なんと!
28名もの参加がありました。
a0029225_19254913.jpeg
まだ履修変更ができるので人数確定ではないですが、多くて10人くらいと予想していたのでびっくり‼️
授業の進め方も練り直さないと💦と
うれしい悲鳴をあげています。

社会人経験者や大学院生が多く、いろいろな経験や知識が私たちよりありそうで頼もしい感じです。

なによりリピーターの学生がかなりいたことがうれしい💕

これで終わってしまうのは、本当に残念だけど有終の美を飾れるようないい授業にしていきましょう!!
7月までよろしくお願いします!

a0029225_19460837.jpeg
授業後、午後の打ち合わせに備えて大学のベンチでランチ🍱
違和感ない‥‥ですよね。

[PR]
by kodomogaku | 2018-04-10 19:05 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

先日ある会で資料の小冊子をママさんに渡して、
説明していると1歳4か月のお子さんが、その小冊子に手を伸ばして興味を示しました。

「こっちのほうがおもしろいよ」と子ども用絵本を渡しても、欲しいのはその味気ない小冊子。
ママが興味深そうに小冊子を見ているので、子どもにも魅力あるものに思えたのでしょう。

子どもは親の行動をとてもよく見ています。親が興味関心のあるものに子どもも興味を持ちます。
きっと親が楽しそうに絵本を読めば子どもも自然とその絵本に手を伸ばします。

大人の心に響く絵本や紙芝居もたくさんあります。そんな絵本や紙芝居も紹介する講座です。

大人の方だけのお申し込みも受け付けています。1回だけの参加もOK。

ぜひぜひいらしてください。

申込みアドレス  tibakodomogaku@yahoo.co.jp

a0029225_21451006.jpg


[PR]
by kodomogaku | 2018-04-03 21:15 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)