ゆるプロ通信 創刊号

12月上旬に「ゆるプロ通信 創刊号」を発行しました。

「ゆるプロ」とは、ちばで様々な活動をしている人たちで「ゆるやかにつながろう」というプロジェクトです。

ちば子ども学研究会は、千葉大学教育学部の「地域子育て支援活動実習」という授業に協力し、大学生が活動に参加しているので、「ゆるプロ情報交換会」という地域の人と学生が顔を合わせる機会を作っています。

ゆるプロ情報交換会では、いろいろな情報や意見交換ができるのですが、
その場限りになっていて、なんとももったいない。
こちらのブログでも随時報告はしているものの、個人レベルの話になってしまっている。

何かできないかな。
と考えて、思いついたのが、ゆるプロの活動を紹介する情報紙「ゆるプロ通信」の発行です。

そして学生に協力してもらい、創刊号を作成し発行することができました。

授業の中で作成、編集したので、荒い部分が多々あります。

だけど「形にできた」ということがとても大切だと感じています。
a0029225_14005841.png





a0029225_14170355.png





第2号は、2月末に発行予定です。
創刊号の経験をもとに改良し原稿を作っている真っ最中です。

[PR]
by kodomogaku | 2018-01-28 09:53 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

a0029225_00005977.png





























a0029225_00022093.png






























子育てに便利なアプリや動画など、いまや子育てにスマホやタブレットは必需品となっています。
でも、不安や疑問もいっぱい。

他の育児相談には頼りになる祖父母世代や子育て支援者は、むしろ現役ママやパパ以上にわからないことだらけで
どちらかというとスマホ利用に批判的になってしまいがち。

そんな不安や疑問、世代間ギャップを全部ひっくるめて、専門家をまじえて話し合うイベントが
2月16日(金)10:30~11:30  シダックス千葉都賀駅前クラブ で開催されます。

私たちちば子ども学研究会も開催に協力しています。
もちろん専門家の立場ではありません(笑)
ばりっばりのアナログ世代ですから。
デジタルネイティブのママ達の最新情報を聞くのが楽しみ!というスタンスで参加します。

子育て中の方、子育てに関わっている方、スマホやタブレットの最新情報に興味のある方、シダックスという場所にピンと来た方 (※注:カラオケはしません) ぜひぜひご参加ください。













[PR]
by kodomogaku | 2018-01-28 00:22 | スマホ | Trackback | Comments(0)

2月10日(土)に行う土曜日学校〜クッキング〜@まちスポ稲毛で作るメニューは
ご飯炊き
おにぎり
みそ汁(みそ玉)
卵焼き
です。

親御さんがごはんを作るのが難しいときってありますよね。

そんな時に、子どもが子ども自身で作れたら安心!というメニューにしました。

コンビニおにぎりやインスタントみそ汁もいいけれど、自分で当たり前に作れるようになれたらうれしいメニューです。

もしかしたらこれから一人暮らしを始める「元小学生」にもいいかも。

小学生対象のイベントですが、元小学生も相談可です。

お申し込みは、  kodomogaku7@yahoo.co.jp (担当:ちば子ども学研究会 園田)でも受付しています。
a0029225_21143038.jpg



[PR]
by kodomogaku | 2018-01-27 23:14 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

a0029225_21143038.jpg
































まちスポ稲毛で開催している土曜日学校。

2月10日(土)は「家庭科~クッキング」を開催します。

時間は、10時~13時。  参加費は800円(保険料、材料費込)です。

小学生の皆さん、一緒に楽しく料理をしましょう!!

お申し込みは、まちづくりスポット稲毛 machi.spo.inage@gmail.com までお申し込みください。

お問い合わせ ℡ 043-310-6984

[PR]
by kodomogaku | 2018-01-26 21:26 | Trackback | Comments(0)

1月23日、千葉大学教育学部の授業で、「ちばサンタプロジェクトふりかえりの会」を行いました。

大雪の影響で参加者は、千葉大学学生と3H日本語学校の学生だけで、少し残念でしたが、学生がちばサンタプロジェクト当日に感じたことを思い思いに話してくれました。
a0029225_05585768.jpeg

a0029225_05565560.jpeg

ほとんどの学生が、はじめて地域のイベントに参加したようで、とまどいも多かった一方で子どもたちと楽しく過ごせたことがとても印象深かったようです。

サンタになってちばに笑顔を届けよう!
と開催したちばサンタプロジェクト。
学生自身も笑顔になって地域とつながる良い機会となりました。

この授業では、ちばサンタプロジェクトの他にも千葉大生と3H日本語学校の学生が交流会を行い、さまざまな試みを行いました。

その中で話題にした「留学生あるある」と「子ども食堂」について、興味を持ちその後自主的に調べまとめた3H日本語学校の留学生がいたので今回発表してもらいました。
a0029225_15591296.jpeg


a0029225_15461646.jpeg

留学生の積極性や意欲、そして能力には、本当に感心するばかりです。

自分で考え行動する姿は、素晴らしいと思いました。


最後にグループでフリートーク。
a0029225_16365086.jpeg
少しだけでしたが、自分の思いや夢などを話すことができました。

これで今年度の交流は終わりです。
国や文化が違うからこそ気がつくこと、学ぶことが多いと感じた交流会でした。

大雪で大混乱の中、参加してくれたみなさんどうもありがとうございました⛄️

[PR]
by kodomogaku | 2018-01-25 05:01 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

1月23日の千葉大学での「ちばサンタプロジェクト2017ふりかえりの会」の時に、別テーマでの留学生の発表もあります。

3H日本語学校の留学生による「子ども食堂について」の発表です。

発表のきっかけは、11月7日に行ったゆるプロ情報交換会でした。

ゆるプロ(ゆるやかにつながろうプロジェクト)情報交換会は、地域で活動している人たちや学生が集まって、それぞれの活動紹介を聞いたり、意見交換をする機会となっています。

11月のゆるプロには、3H日本語学校の留学生も初めて参加しました。

その時の話題は、プレーパークや親子英語クラブ、そして子ども食堂についてなどでした。
a0029225_18140861.jpg

そこである留学生は、子ども食堂についてとても感銘を受け、母国に帰ったときに自分が何をできるか考えたそうです。
そしていろいろ調べ、考え、今回子ども食堂について発表してくれることになりました。

地域での活動の話を聞いても他人事と捉える人が多く、少しへこんでいたのですが、文化の違う留学生が自分事と考え行動してくれたことに俄然元気が湧いてきました。

1月23日は、この発表もとても楽しみです。

1月23日(火)10:30~12:00  千葉大学教育学部2207教室にて   開催

ご興味のある方はどうぞ!




[PR]
by kodomogaku | 2018-01-20 13:51 | Trackback | Comments(0)

1月23日火曜日10時半から12時
千葉大学教育学部2207教室で
ちばサンタプロジェクト2017振り返りの会を
行います。

12月10日にまちスポ稲毛で行ったちばサンタプロジェクトについて、参加した千葉大学の学生や3H日本語学校の学生の報告を中心に会を行います。

参加者約500名のイベントとなったちばサンタプロジェクトを経験した大学生や留学生たちがどんなことを感じたのか、ご興味のある方はぜひいらしてください。
a0029225_20571759.jpg




a0029225_12563446.jpg




[PR]
by kodomogaku | 2018-01-20 09:17 | Trackback | Comments(0)