今年も残りわずかとなりました。
暮れの大掃除が例年になく順調に終わっていき、気分がいい、久し振りの投稿、Oです。

子ども学顧問の藤川先生のご指導で、今までインターネットやスマホの問題に触れる機会は多々ありました。

が、もともとアナログ世代でデジタルなものは苦手意識もあり、私達が手を出しずらい分野でした。

でも何とか私達なりの方法でできればと、
後期の大学の授業で、学生たちにゲームやスマホを使っていて自分で失敗だと思ったことや依存していることと思うこと、またその対処法についてアンケートをしました。

そしてそのアンケートをもとに学生達にゲーム、スマホの依存度チェック表を作ってもらいました。
a0029225_15491840.jpg

学生達は、依存度が高いと小吉、低いと大吉となるおみくじが引けて楽しめる。
なんてアイデアを考えつきました。

おみくじには、その依存度によって対処法も記されています。


a0029225_15495696.jpg




これを先日、フレスポ稲毛で行われたサンタプロジェクトで参加者の方に試して頂きました。

参加者は延べ500人程の賑やかなイベントで、年齢も様々で全体的にはまだゲーム機やスマホを持たない幼稚園位の親子づれが多いような印象でした。


a0029225_23211007.jpg





スマホ依存度チェック表&おみくじは、子供向けに考えて作ったものではありますが、スマホを持つ大人の方にも積極的に試して頂きました。

やってみると、あまり依存度は少なくマナー良く使っている方もいましたが、かなり依存度の高い方もいらっしゃいました。

ご夫婦でチャレンジされていた方は「あまり夫婦で依存度が高いというのは良くないですね。」とおっしゃていました。

また作った学生自身も「自分の使い方の見直しになりました」との感想も…。

ゲーム、スマホやインターネットの問題は依存だけの問題ではありません。

LINEいじめやSNSを使っての詐欺やなりすましによるトラブルも後を絶ちません。

娘が中学3年生の頃、LINEが徐々に使われていた頃でクラスの大半はガラケーやスマホを持っている状況で、スマホを欲しがりました。


その頃はLINEもまだ浸透はしていなくて「いじめに使われるらしいよ。」などのネガティブな情報もあって、購入を躊躇していましたが、とりあえずiPadでもアプリを取り込めて使えるということだったので、家から持ち出し禁止、親の目の届くリビングで使い、9時以降は使わないというルールにして使い始めました。

問題なく使っているか様子を見ながら、スマホデビューはある程度分別がついて使用が出来ると判断して、高校1年生から持たせました。



それでも使い始めは次々楽しく使えるアプリに夢中になって、スマホが離せないような姿も…


でも部活に入って部活中は使えないので、アナログな経験も沢山出来たので良かったです。


今の時代パソコンもネットも上手く使えた方が良いし、小さい失敗は繰返して得るものは多いと思ってもSNSは使い方によっては一生の傷にもなる。

今まで数多くの子供イベントや親子企画をしてきましたが、そのような場でこの問題について考える機会を持つ、またゆるプロで繋がってきた沢山の団体にも誰でもが伝えられる方法で伝えてもらう。


専門家ではないけれど、専門家の情報を伝える役割を担うという事は出来るのかな…と思います。

今年もあっという間に過ぎてしまい、特に秋以降は忙しかった。

娘の大学受験の事と義母、義父が次々入院し先月義父は残念ながら帰らぬ人に…。


子ども学他メンバーも家庭の主婦中心。

まだまだ子育てに手がかかるし、段々親の介護も身近になって気がつけば活動メンバーが少なくなって目の前の問題に手が一杯な現状です。



だけどNPOになって早7年近く…

まだまだ私達に出来ることはあるはず!

そんな話を理事長としていたところ、私達の原点「復活!子ども学講座」が、助成金申請一次審査通過のお知らせが!

いい年のスタートになるといいな…。

いや!したいです!

今年も子ども学生に携わって頂いた全ての方に感謝申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。✨

[PR]
by kodomogaku | 2017-12-29 13:26 | Trackback | Comments(0)

千葉大学の授業後、3H日本語学校にちょっとご挨拶に寄ってきました。
千葉駅から近いと聞いていましたが、本当に西口の目の前にあるんですね!

そこで3Hの片岡先生にうれしいお話を伺ったのでシェアします。

10日のちばサンタプロジェクトでは、3Hの学生達がとても活躍してくれましたが、自分の国にこのような子どもを対象にしたワークショップがなく、どういうものか当日までイメージがつかめなかった学生もいたそうです。

でも体験してみたらとても楽しく、これは帰国したらぜひやってみたいと思ったとのこと。

サンタプロジェクト、海外進出の可能性もあり?!  これは楽しみだ!!

a0029225_19084606.jpg

















またほかの学生は、11月に行ったゆるプロ情報交換会での子ども食堂の話にとても興味を持ち、これからもっと深く調べたいと意欲を見せているそうです。
a0029225_18140861.jpg


















やはり自分の国に多い貧困層の子どもたちのために子ども食堂の仕組みを調べてみたいという想いがあるようで、素晴らしいなと思いました。

自分にできることは何か、常に考えている彼らの姿勢には、学ぶところが非常に多いです。

そしてそんな彼らにちょっとしたきっかけや経験をする機会を提供できたことは、自分たちのしていることの意義を確認できたようでうれしいです。

いいお話ってなかなか耳にする機会がないので、立ち話で聞けて良かったとほっこりして帰ってきました。


何年か後、海外でサンタプロジェクトや子ども食堂が広まったらうれしいなあ162.png










[PR]
by kodomogaku | 2017-12-12 18:21 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

12月12日千葉大学での授業は、ゲストに「ちば〇〇部」の留守敦さんをお招きし、「『〇〇したい』をかたちにしよう」というお話をしていただきました。
a0029225_17191339.jpeg

「ちば〇〇部」は「〇〇したい!」という想いを持つ人が集まり、繋がり、実現するための「場」を提供する活動をしているそうです。

a0029225_16340733.jpeg

部活と考えるとなんでもできるという言葉に、なるほど!!

まずは、「〇〇したい!」と宣言すること。

宣言することで人も情報も集まってくる。

共感を得ることが肝心。

すばやくたくさんやる。
場数をたくさんこなす。

共犯者を作る

失敗は経験だ!

留守さんの言葉には、どれも力があり、納得するものでした。

a0029225_17351032.jpeg

a0029225_17354305.jpeg

留守さんは、高校生の時に夢を見てはいけないんだと感じてしまったそうですが、その後紆余曲折を経てきて、今は、周りの人の「〇〇したい!」の実現のお手伝いをしている。
とてもステキなことですね。

失敗は人を育てる大切な経験なんだとお話を伺いあらためてしみじみと感じました。

初対面の挨拶後、いきなり「授業でお話してくれませんか?」とお願いしたのにもかかわらず、快く引き受けてくださった留守さん、本当にありがとうございました。

[PR]
by kodomogaku | 2017-12-12 16:16 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ちばサンタプロジェクトに何人かサンタさんがいたけれど
子どもたちは、その中に本物のサンタさんを見つけたみたい!
 

a0029225_23475468.jpg

「こっちは本物のサンタだ!」

「いやひげが変だ」

「日本語しゃべってる!!」

こどものリアクションにサンタさんも大喜び!


a0029225_23533814.jpg


本物のサンタさんはノリノリでした129.png

[PR]
by kodomogaku | 2017-12-10 23:55 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

快晴174.pngの12月10日(日)ちばサンタプロジェクト当日。
オープン前から会場のまちスポ稲毛は、出展者さんで大にぎわい!

ステージ発表最初の「表現力UP講座」の小学生たちは気合十分で集まってきました。

一人ずつ自分が選んで練習した紙芝居の発表。
a0029225_20451585.jpg













長い内容の紙芝居をみんなしっかり披露してくれました。

「緊張した?」と聞くと「全然。楽しかったよ!」と頼もしい答えも。さすがです。


次は、Twinkle-Twinkle Stars 親子英語クラブの小林先生の「英語を楽しむ会」。
a0029225_21102666.jpg

















幼い生徒さんもしっかり英語の発表をしてくれました。
a0029225_21141306.jpg



















工作コーナーももりだくさん

コルク人形作り
a0029225_20541421.jpg













クリスマスリングスライダー
a0029225_21171423.jpg












ボンボンクリスマス
a0029225_21184830.jpg













フェイスペイント
a0029225_21220957.jpg















留学生たちのコーナーでは留学生たちはとても上手な日本語で子供たちに説明していました。
何よりとってもサービス精神が旺盛で、盛り上げ上手。
a0029225_21180078.jpg













大学生のコーナーは、こたつを囲んでまったりと!トランプと折り紙が人気でした。a0029225_22353035.jpg













このおみくじコーナーは大学生が考え、当日担当は高校生がお手伝いしてくれました。
a0029225_23211007.jpg



















小豆から作った白玉ぜんざいやおにぎりやコーヒー、天然酵母のパンも大好評。完売しました!
a0029225_22381670.jpg


















キリンビバレッジサービス(株)さんの自動販売機の補充作業は、保護者の方に「え?自動販売機??」と驚かれながらも、子どもたちは興味津々で行列ができていました。

a0029225_22461544.jpg




















午後からは敬愛学園高校大道芸同好会の生徒によるジャグリングパフォーマンスと大道芸体験
a0029225_22483617.jpg


















a0029225_22431654.jpg













そして女性アンサンブル文月のみなさんのクリスマスミニコンサート
a0029225_22512553.jpg


















最後は子どもも大人も入り混じっての「じゃんけん列車」

a0029225_23044780.jpg











カウントしてみると大人サンタ(高校生、大学生、留学生含む関係者)80名、子どもサンタ17名で
関係者だけで100名近く!

イベントを体験してくれた人は、なんとおよそ500名だったみたい(主催者発表っていうやつです109.png

大きなトラブルもなくみんな笑顔で過ごせたのがなにより。

楽しい1日になりました。

かかわってくださったみなさま、本当にありがとうございます!!

またゆるゆるとつながっていきましょう177.png  



[PR]
by kodomogaku | 2017-12-10 17:30 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

おはようございます☀
ついにちばサンタプロジェクト当日となりました!

どんな出会いがあるのかワクワクドキドキしています101.png

大人が笑えば子どもも笑う

1人でできないことも仲間がいれば実現できる

これを味わえるのがこのちばサンタプロジェクトです。

ワクワクドキドキがみなさんに届きますように‼️
a0029225_19472350.png

a0029225_07275883.jpeg

[PR]
by kodomogaku | 2017-12-10 07:20 | Trackback | Comments(0)

a0029225_19472350.png


a0029225_19484383.png

いよいよ明日は、ちばサンタプロジェクトです!
天気もまずまずのようで、今日より少し寒さがやわらぐ様子。
遊びに来てくださいね。

サンタっぽい格好でお越しいただければなおうれしい😃です。

会場は、千葉市稲毛区長沼原にあるフレスポ稲毛内のまちづくりスポット稲毛です。




[PR]
by kodomogaku | 2017-12-09 11:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学での授業は、3H日本語学校の学生も来て合同授業でした。

いよいよ5日後になったちばサンタプロジェクトの準備がメインですが、当日参加しない学生もいるので、3つのグループに分けて進めることにしました。
a0029225_17154999.jpeg

でも予定通り準備が進まなかったり、思わぬトラブルでせっかく作ったおみくじ600枚を作り直すことになったり145.png

どうする⁇‼︎

だけど学生たちは、焦ることなく淡々と対応して、すごくオトナ。今期の学生の特徴のようです。

すぐわちゃわちゃしちゃうおばちゃんたちは見習わないと。


a0029225_17151144.jpeg

実際にやってみると気がつくことや思わぬトラブルなど次々に出てくるけれど、そこがおもしろい。

サンタ当日もきっといろいろあって、うまくいかないこともあるでしょう。
でも大丈夫🙆

この授業は、「地域子育て支援活動実習」。
教室では学べない体験をするのが醍醐味です。
そこを味わってもらいたいなあ。


a0029225_17223024.jpeg

[PR]
by kodomogaku | 2017-12-05 17:00 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

2012年から始めた「ちばゆるやかにつながろうプロジェクト」⇒「ゆるプロ」の情報紙を作ろう!と千葉大学の学生と進めてきた「ゆるプロ通信」の創刊号の原稿が出来上がりました101.png

ゆるプロは、主に「地域」「子育て」を主軸に活動している団体とゆるやかなつながりを作る活動で、情報交換会では、それぞれの団体のイベント情報や想いがたくさん話されます。

でもその情報がその場限りの話になってしまって、とってももったいないと思っていました。

せっかく集まった情報をほかの人に届けたい。

そのためにどうするか。

このご時世、ネットを使うんだよなと思いながらもハードルが高く、二の足を踏んでいました。

そんな時、学生と地域の活動に参加したいと思うきっかけについて話していると
デジタルネイティブ世代にもかかわらず、学生たちの行動のきっかけは、先輩や友達のクチコミ、ゼミの先生などの紹介がほとんどとのこと。

つまり顔の見える人からの情報が一番。

なんだ、アナログじゃん!!

ならば、紙媒体の情報紙だ! 

「情報を手から手へ」

このコンセプトで「ゆるプロ通信」を発行することにしました。

ゆるプロのメンバーの方々に情報を寄せてもらい、構成やデザインは千葉大学生の若い感性を大いに発揮してもらい
今回も「多世代交流」しながら創刊号を作成し、ついに完成です。

学生が「学級通信を思い出しました。」とコメントするように手作り感満載の創刊号。
イベント情報よりも「想い」が詰まった内容になっています。

配布は、12月10日のちばサンタプロジェクトの会場や協力してくれたゆるプロメンバーのイベントの時に行います。

「直接手から手」の他、10日以降はこのブログにも紙面をアップしていく予定です。

実は・・・早くも第2号の原稿もまとまってきていて、2月末に発行しようと盛り上がっています111.png

作る前は、イメージが全然わかなくてみんな困惑していたけれど、作っているうちにいろいろな考えやアイデアが湧いてきました。

最初の一歩。とりあえず踏み出してみなくちゃね。

  
a0029225_22423413.jpg
               千葉大学の紅葉

[PR]
by kodomogaku | 2017-12-01 22:50 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)