人気ブログランキング |

カテゴリ:2018年度の活動( 35 )

いよいよ千葉大学教育学部での最終授業となりました。
最初は藤川大佑教授にいじめと虐待についてのお話を伺いました。
a0029225_23070876.jpeg

クラスにいじめを許さない雰囲気があることでいじめが減っていくという話を学生たちは熱心にメモをとって聞いていました。

さて後半は学生全員による2分間プレゼン大会。予告無しの無茶振りです。129.png
テーマは、この授業でわかったこと、秘訣、コツについて、その場でまとめてもらい順番に発表してもらいました。

短時間にもかかわらず、みんなプレゼンがうまくてびっくり。
同じ時間を過ごしたのに、ポイントがみんな違うことにもおもしろさを感じました。
a0029225_23322039.jpeg

それぞれがしっかりと話ができたのは、それだけ充実した活動ができたからと思うのは自画自賛し過ぎ?
でも聞き応えのあるプレゼンを聞きながら、有意義な活動ができ良かったとしみじみ感じました。

13年間の学生との活動もこれで終わりです。

でも何人もの学生が、これからも声をかけてください。協力します!と言ってくれています。
ありがたいなあ。
社交辞令ではないと信じ、これからも共に活動してくれることを期待しています。
どうぞよろしくお願いします。

最後になりましたが、長年にわたり貴重な機会を与えてくださいました藤川先生に心より感謝申し上げます。

そしてこの授業に参加してくれた恐らく300人を超える学生の皆さん、本当にありがとうございました。
みなさんの活躍を楽しみにしています!

by kodomogaku | 2019-02-05 22:57 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ゆるプロ通信第4号が完成しました。

今回は「多世代・異文化交流のコツ」特集です。

おそらく千葉大学教育学部の学生、大学院生たちと作るのは最後となる「ゆるプロ通信」です。
イベントをやりつつ週1回90分の授業内だけで作るのはなかなか大変で、「宿題」となってしまいましたが、学生たちは、きちんとやり遂げてくれました。

これも多世代交流のひとつ。

違う世代の人と協力するためのコツのひとつは、率直な意見交換だと感じています。

年齢が上でも下でも、どうしても妙な「忖度」をしがちだけど
それだといい結果にはならない。

えっ?!そんな切り口でまとめたのね。
なるほど、そこにこだわったのね。
それは、違うかなあ?

感覚が違うことを楽しみ、それでもこちらはこう思うよと
言いやすいことも言いにくいことも
LINEでやり取りしながら(時には夜中になったりしながら)完成させました。

アナログキャラが定着しているようで、こちらからWordのこの機能が使えるよと伝えると
「僕より使いこなしているじゃないですか~!」とほめられ、ニンマリしたり111.png
YouTubeに動画アップできないと泣きつくとすぐさまアップしてくれたり、
学生がやさしくて、おばさんはニッコニコ。感謝感謝です!

大学での授業もあと2回だけ。

授業の後も学生たちが地域とのつながりに関心を持って行動してくれればうれしいです。

a0029225_14573633.png

















a0029225_14575400.png


by kodomogaku | 2019-01-28 15:37 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

千葉大学教育学部の学生が3H日本語学校の留学生に相談しながら
「やさしい日本語で地震を知ろう~地震マニュアル」を作成しました。


a0029225_09574551.png


















a0029225_09585561.png


















どんな情報が留学生にとって必要なのか、何がわかりにくいのか?
既存の地震マニュアルを参考にし、検討を重ねました。

地震速報を見て地震になれている日本人は「震度3なら心配ない」と判断します。
しかし、地震を経験したことがない人にとっては、震度の違いはわかりにくい。
ならば、震度の違いによるリアクションを撮ってみよう!ということで
動画も作りました。

※まだ作業途中でアクセスできませんが、QRコードはこちらです。

a0029225_10141325.png









日本に来て地震を経験して怖い思いをしている人のお役に立てばうれしいです。
  


by kodomogaku | 2019-01-21 10:18 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

12月9日(日)稲毛区長沼原にあるまちづくりスポット稲毛でちばサンタプロジェクト2018を開催しました。
13団体の人たちが協力して作り上げたイベントで今年で3年目。


a0029225_13454990.jpg




















a0029225_13480732.jpg


















a0029225_13493481.jpg



















a0029225_13522203.jpg


















団体同士の交流ができるよう工夫したところ、まったりしたよい雰囲気の会になりました。でも通りがかりの人からは、内輪のイベントに思えたようで、来場者はちょっと少な目。

さじ加減が難しい。

だけど、参加した小学生、高校生、大学生、留学生から「いろいろな世代の人と話ができて楽しかった!」と満足した声が続々集まり、なによりです。

「来年も声かけてくださいね」と言ってくれる学生に、「ら、来年ですか…105.png」。
来年開催に少し不安を感じていたのでプレッシャーと勇気をいただきました。

来年開催するなら、ここを気をつけたほうがいいですよね。こんな改善どうですか?具体的な提案も出してくれています。

すでに来年のちばサンタプロジェクトも走り出しちゃったかな106.png

関係者の皆様、ありがとうございました。来年もぜひ!!

ちばサンタプロジェクトの様子はこちらのブログなどでも紹介されています。







by kodomogaku | 2018-12-19 14:13 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ちば子ども学研究会が2003年から取り組んできた子育て講座で聞いた講師の先生の名言や活動の中でうまれた言葉が80個近く集まりました。

先日のイベントにいらした方にその言葉の中で「イイね!」と思った言葉に投票してもらいベスト20に絞りましたので発表します113.png

共感する言葉をみつけていただけたらうれしいです!

1    大人が笑えば子どもも笑う

2    無駄も大切

3    どんなに忙しくても睡眠、休息を取ること

4    自分が変わる事で周りも変わる

5    「がんばろう」ではなく「がんばったね」の声掛けを

6    経験は人を育てる

7    ハッピーな勘違い大歓迎

8    期待はしないが、あきらめない

9    ゆっくりと子どもの考えを待つことが大事

10    子育ては一人ではできない

11    自分を認めて相手も認める

12    いろいろな人との関わりや様々な経験は大人にも子どもにも大切

13    小さな、でも確かな幸せをたくさん見つけよう 

14    1人では無理だと思う事も仲間が集まれば実現できる

15    不安や悩みは夢の種

16    学びを社会に還元する

17    ほめる言葉をたくさん持つ

18    自分にはできないとあきらめる前にいろいろな人に協力を求めよう

19    「危ないからやめなさい」ではなく「危ないから気をつけなさい」

20    楽しいことに人は集まる。正しいだけでは人は集まらない



by kodomogaku | 2018-12-17 14:44 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今日はまちスポの土曜日学校。
12月9日に開催するちばサンタプロジェクトの準備を子どもたちとしました。

ちばサンタプロジェクトは、みんなでサンタになって笑顔を届けるイベントです。
子どもたちにも毛糸やリボンでボンボンを作る先生サンタになってもらうことにしました。
そのために今日はボンボンサンタ修行笑
a0029225_15390444.jpeg

毛糸を巻いて、切って。
ぐるぐるちょきちょき!
単純なんだけど、ハマる子続出!!

毛糸では、リリアン編みでブレスレットも作りました。
a0029225_15443589.jpeg

これはかなり難しかったみたい。
だけどみんなあきらめずがんばって作りました。
a0029225_15495983.jpeg

他にクリスマス釣り🎣🎄の準備も。

チラシも完成しました!

a0029225_15571336.jpeg

a0029225_15575911.jpeg

子どもたちとの準備も進み、このあとは大学生と留学生たちとの準備です。
いろいろな世代とワイワイ言いながら作り上げていくのがちばサンタプロジェクトの楽しいところです!

by kodomogaku | 2018-11-10 15:32 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

いよいよ、ちばサンタプロジェクト2018まで1ヶ月ちょっととなりました。
今年で3年目のちばサンタプロジェクト。
みんなでサンタになってちばに笑顔を届けよう!を合言葉に地域のいろいろな人が協力して作り上げるイベントです。
完成版ではありませんが、チラシはこんな感じです。
a0029225_21154625.jpg

今年の特徴は、若い力と国際色豊か!ということ。

昨年に引き続き3H日本語学校の留学生も参加し、なんと手作りで自分の国を紹介する紙芝居を披露してくれるそうです。楽しみ~!!

ネパール人シェフのカレー屋さんの出店も決まり、すでにいい匂いがしてきそうな感じです。

敬愛学園高校の大道芸同好会のメンバーも3年目。サンタプロジェクトに参加することを楽しみにしているととてもうれしいコメントを寄せてくれています。

小学生たちにもキッズスタッフとして参加してもらいます。

全体の仕切りは千葉大学の学生。リーダーはきっちり仕事をしてくれそうで頼りにしています。

若い力に負けないぞとベテランチームもいろいろ楽しい企画を進めているようです。

多世代、異文化満載の今年のちばサンタプロジェクト。ぜひぜひ皆さんもサンタになって参加してくださいね!



by kodomogaku | 2018-11-06 21:36 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

11月6日千葉大学教育学部の地域子育て支援活動実習Ⅱの授業は、株式会社メルカリのCSグループの齋藤さんをお招きして「メルカリのあんしんあんぜんへの取り組み」についてお話していただきました。
a0029225_18405278.jpg

フリマアプリ メルカリは、スマホで簡単に売り買いでき、子育て世代にもユーザーが多い人気アプリです。
気軽に、簡単に利用できるので、子ども達も利用できる。だけどよく知らないで使って大丈夫?
ということで今回ご縁があり、齋藤さんにお話していただくことになりました。

大学生たちにはなじみのアプリなんだろうなと思っていましたが、利用したことがあるのは、半数以下。
使わない理由は、なんか怖い。危ない気がする。
あら、おばさんたちと同じ理由。

見知らぬ人と売り買いをするのはとても不安。

メルカリでは、出品者と購入者が個人情報を共有することなく配送完了できる匿名配送機能を行っていて、また出品者と購入者相応の取引の安全性を保障しているそうです。
だから、メルカリの手数料は他社より高いのだとか。なるほど。

出品されるもので一番多いカテゴリーはレディース。次はエンタメ(ゲームや趣味のもの)。

カテゴリーは、出品者が自分で決めるようですが、この決め方が重要らしい。

分厚い洋書の辞典を「書籍」として出品したら売れなかったのに、「インテリア」としたら即決!
部屋をおしゃれに演出するアイテムと言う切り口が良かったみたい177.png

変わり物として今年流行ったという知る人ぞ知るアルミホイル玉
アルミホイルを丸めてたたいて磨いて…と作った玉が15,000円。

トイレットペーパー芯50本送料込みで800円。
これはたぶん私たちも工作のイベントで大量に必要だったら買うかもね。

レディースで「呪いの仮面」の出品があって、売買以外にその仮面にまつわる話で盛り上がったとか149.png

7歳の男の子が海のゴミをメルカリで売った自由研究の話は、社会勉強する機会としてうまくメルカリの仕組みを使ったなあと感心しました。

一方で、夏休みの宿題、読書感想文、自由研究を売買する事例もあります。
メルカリではこの事態を防ぐために宿題代行行為の禁止について文部科学省と取り決めを合意したそうです。

とはいえ、「夏休みの宿題、めんどくさいからメルカリで買っちゃえばいい」と思ってしまうのは、「自分でやるより買った方が得」と考える人がいるということ。
ならば、「自分でやった方が断然お得」思える宿題の出し方を考えてみようよ!未来の学校の先生たち!!

そう、この授業は、小学校教員養成課程の学生たちが中心です。
買うよりお得な「子どもがやる気になる宿題の出し方」について少し考えてもらいました。
a0029225_19450982.jpg

読書感想文をやってきてください。ではなく、
読んだ本の場面を選んで、自分ならどうするかを書く
話の続きを作る
本を読んだ後に具体的に取り組めるようなワークシートを用意する など
先生がひと手間かけるアイデアがいろいろ出てきました。

すごろく形式で課題を突破する

自由研究のアイデアとして、
自分の身近なものを題材にすることをアドバイスする
その子、その家庭にあった設定を提案する
どうやったらうまく眠りにつけるかいろいろ試してみよう などおもしろい課題例を出す

等々、これも先生の働きかけについて案が出ました。

そもそも親が悪い!と言う意見もあったけれど148.png

誰が悪い、何が悪い ではなく、そのことについて自分ならどう働きかけができるかな?とみんながそれぞれの立場で考え行動することが大切ではないかと思います。

ぜひ、先生になったときには、子どもたちが夏休みの宿題をワクワクしてやる気になる出し方をしてほしいな。忘れないでね。






by kodomogaku | 2018-11-06 20:10 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

10月27日 子どもなんでも体験隊 失敗もごちそう お弁当を作ろうを行いました。
教えてくださるのは今回も「梅うめ〜」とヘルスメイトの食育のベテランさんたちです。

子どもたちが来る1時間前から手際よく下ごしらえ。
a0029225_11322179.jpeg

今回のメニューは「お弁当作り」。持ってきた自分のお弁当箱に自分で作ったおかずをつめます。

最初に作るのは卵焼き。

a0029225_11051125.jpg

a0029225_10570811.jpg







































卵を割るコツを教えてもらいながら、1人ずつ焼いていきます。

a0029225_10595407.jpg


















みんな初めての卵焼きだったけれど、とっても上手!キレイに巻けておいしそう。

私が焼く卵焼きよりはるかにウマい105.png  

a0029225_11035041.jpg


















おかずのメインは焼肉!!

a0029225_11115437.jpg


















このお肉、実は「松阪牛!113.png」  

エッ!!予算オーバーでは149.png149.png149.png

なんと子どもたちとお弁当作りをすると知った方からの差し入れなんだそうです!!
素晴らしすぎる172.png
感謝感激162.png

豪華松坂牛入りお弁当の出来上がりはこちら。
a0029225_11260752.jpg





















a0029225_11264181.jpg


















同じおかずでも出来上がりが全然違うのね。 

自分で作ったお弁当は格別!

いつもよりいっぱい食べちゃった!

ブロッコリー、苦手だけど今日は食べられた111.png


うれしい声がいっぱい、とても楽しいおべんと作りでした。

 





by kodomogaku | 2018-10-28 11:27 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

8月4日、まちスポ稲毛の土曜日学校で子ども縁日を行いました。
縁日と言っても、自分たちで作って自分たちで遊ぶ「セルフ縁日」109.png

内容は、魚釣りゲーム、ペットボトルボーリング、ビュンビュンアーチェリー、輪投げの4つです

最初のうち、子どもたちはキョトンとした様子だったり、つまらなそう、めんどくさいと気が乗らない様子でした。
でもそんなことはおかまいなくグイグイいきます。
a0029225_11023953.jpeg

a0029225_11194263.jpeg

準備ができたらゲーム開始!
ルールや遊び方も自分たちで考えます。

a0029225_09383499.jpg



a0029225_11452609.jpeg

a0029225_10042715.jpg

子どもたちが好きなようにあそぶと押しの強い子が一方的に進めて不満顔の子が出てきたり
軽いすったもんだもありましたが、それもご愛嬌、大人はあまり介入せずに進めました。

最後は全員でゲーム。
6月にやったパイプラインを子どもたちは覚えていて、「ああそれね!」とすぐに並んでスタンバイOK!

a0029225_10292749.jpg

a0029225_10303571.jpg

やっぱりパイプラインは鉄板ネタ!
とっても盛り上がって子どもたちは汗だくに。この酷暑に申し訳なかったかな?

ちょっと脱力系の内容でしたが、子どもたちの良い笑顔がみられて楽しい時間でした。
どうもありがとうございました。





by kodomogaku | 2018-08-04 20:54 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)