カテゴリ:2018年度の活動( 21 )

市教研の早帰りに合わせて、放課後子どもなんでも体験隊「失敗もごちそう!」の2回目を行いました。
今回も梅(うめ〜)のみなさんとヘルスメイトさんが講師です。
メニューは、バナナ茶巾と白玉団子。
a0029225_22425700.jpeg
40グラムに分けてと言われると子どもたちは、きっちり1グラムも妥協せずにはかります。
a0029225_22462736.jpeg
ラップで茶巾しぼりを作るのも丁寧に上手に仕上げていきます。

残った材料をお願いされた私たちは、「あ、41グラムだけどまあいいか」と妥協の連続。
茶巾絞りもザッザッと作っていたら、思いっきり「ヘタ!」と先生にダメ出しされてしまいました140.png

白玉団子も子どもたちはとても綺麗に丸めていきます。
a0029225_22515502.jpeg

a0029225_22522012.jpeg
ほら、とてもおいしそうでしょ!

味ももちろんとびっきりおいしかった111.png

作っている最中から、「ねえねえ次は何作るの?」と催促がありました。

次回もやりますよ!

今度は夏休み特別企画。ピザを作ります🍕

詳細は後日発表。限定15名なのでブログ要チェック。楽しみにお待ちください。



[PR]
by kodomogaku | 2018-06-19 22:38 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

一つ前の『土曜日学校開催!』の記事にもあるアイスブレイクの必殺技!
それは「パイプライン」。
大学生にもやってみよっ!
ということで、はい、並んで並んで。
a0029225_16081694.jpg
ちょうど今日は3H日本語学校との交流会。
留学生と千葉大生が一緒になって、パイプラインに挑みます。

このチームは、これで2回目の挑戦だからコツがつかめたのかな。
何か作戦がありそうだ。
声かけあってるね。
a0029225_16073432.jpg
ハーフパイプを持って、ピンポン玉を受け渡していくゲームです。
はい、ゆっくり焦らずに。でも早く!
終わった人はササッと列のトップに移動して!
a0029225_16071525.jpg
ゴールにピンポン玉をうまく入れられればいいんだけど…。
a0029225_16080479.jpg
入れたとたんにポンッとはねてゴールの箱から出てしまい、
最初からやり直しのチームが続出!

と、授業の初めに盛り上がったところで、今日の本題に取り掛かりました。
今期の授業は自分がやりたいテーマごとにグループに分かれています。

それでは、「HICプロジェクト班」からご紹介。
a0029225_16085573.jpg
前回、3H日本語学校の留学生が来てくれた時に、千葉大生がそれぞれの国の文化を教えてほしい、
とリクエストしたところ、映像と写真で、用意してきてくれました。
説明の仕方も自分で考えて、何度も練習してきてくれたんだって!
ありがたい103.png
お国の代表的な食べ物や民族衣装、動植物、お寺や湖などの名所などなど。
写真で見ると、インパクトがありますね~。

さあ、これを小学生向けのイベントにどうやって生かしていくか。
企画会議にも熱が入ります。
a0029225_16240737.jpg

さて、こちらは「やさしい日本語班」。
テーマごとに3チームに分かれています。
「やさしい日本語」と一言で言っても、奥が深いのね~。
a0029225_16242778.jpg
日本の子ども向けの「やさしい日本語」を考えているんだって。
必要な資料を探してきたのね。
a0029225_16244025.jpg
こちらのチームは調べて書く!
考えて書く!
a0029225_16333325.jpg


こちら「ゆるプロ通信班」
記事の執筆依頼と編集作業中。
a0029225_16411980.jpg

「ネットトラブル班」
自分たちで資料を用意して研究中。
え!?マンガ描いて遊んでる?
と思ったら、ちがうちがう。
子どもたちにネットトラブルをわかりやすく伝えるための準備してるんですって。
公開は7月24日です。
a0029225_16410544.jpg
と、今日の学生さんたちのグループ活動の様子を見てきました。
写真を見て思ったのが、
どのグループも前のめり!

テーマが定まって、ゴール目指して走り出したんですね。
授業の最初にみんなでやったパイプラインみたいに、声かけあって。
もし失敗してもくじけずに何度も挑戦していくんだよ~!





[PR]
by kodomogaku | 2018-06-12 17:14 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

フレスポ稲毛内のまちづくりスポット稲毛での土曜日学校第1回目を開催しました。
今年度前期は8回あり、その初回の担当です。
a0029225_14565608.jpeg

簡単ゲームに手作りノートに紙コップけん玉、紙コップロケット、工作が続いただめか、まったりした空気。でも心地よい。

a0029225_15071760.jpeg

その空気が一転したのが、最後のゲーム、パイプライン。
半分に切ったシャトルケースの上をピンポン球を転がしてゴールのバケツに入れる競争。
a0029225_15101646.jpeg

a0029225_15104217.jpeg

a0029225_15110271.jpeg

なかなか思うようにつなげられず子ども達は大興奮!
焦れば焦るほどうまくいかない。
一呼吸ついて作戦会議、どうすれば球が落ちないのかみんなで話し合いをすると、いい感じでまもなくゴール、のはずがコロコロコロ!
またしても失敗。
大笑いしながら、数えきれない失敗をして、ようやく最後、球をバケツに入れることができました。

横で見ていても、ああ〜、おしいっ!と何度叫んだことか。久しぶりにやったけど、パイプラインはやっぱりおもしろいなあ。

動と静のメリハリがあった土曜日学校第1回目。楽しくできました171.png

[PR]
by kodomogaku | 2018-06-09 14:45 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

6月5日。今日の授業のテーマはこれ。
⇩ ⇩ ⇩
a0029225_17525918.jpg
『みんなで考えよう、「スマホ・タブレット×育児」
~話してすっきり、聞いてすっきり!スマホと育児~』
講師にNPO法人企業教育研究会の市野敬介氏をお招きしました。

小さいお子さんを育てるお母さんと未就園児たちにも参加してもらいました。
実際にお子さんを育てているお母さんたちと学生の交流の場、なかなかないんです。
とてもいい機会です。
a0029225_17542516.jpg

テーマに「スマホ・タブレットと育児」と掲げましたが、実際はスマホが私たちの生活に入り込んできたのはごく最近のこと。
身体への影響、子どもへの影響はまだ研究が始まったばかりです。

日頃スマホを自由自在に使いこなしている学生たちも、
何と実は、自分のスマホを手にしたのは大学生になってからの人が半数にものぼりました。
手を挙げているのは大学生になってからスマホを持った人~?の場面です。
a0029225_17531377.jpg
「2年契約の縛りで~。」って、いろいろ事情もあるみたい。
なるほどね。

講師の市野氏を囲んで、自由に発言できる雰囲気。
NHKで観るハーバード白熱教室のようでした。

参加してくれたお母さんから講師の先生や学生にいくつか質問も。
「ブルーライトの目への影響は?」
「電磁波の影響は?」
「上手に使いこなすためのアドバイスをお願いします。」

そう、教育学部ですから日頃から小学生・中学生たちと接しているので、学生からは具体的なアドバイスを聞くことが出来ました。
a0029225_17532957.jpg
それにしても幸せな90分。
授業に参加したのは0歳から70代までの人たち。
千葉大生の中には留学生もいるので、国籍もいろいろです。
子ども、お母さん、地域で活動している人たち、学部生、大学院生、そして講師の先生。
こんなにいろいろな人が一つのテーマを巡ってあれやこれや考え、新しいことを知る。
なかなか普通、大学の授業にはない形じゃないかな~と自負しています。

子育て中のお母さんに参加していただく子育て交流会in授業、
今後も続けていきます。

お問い合わせ、お申し込みは kodomogaku7@yahoo.co.jp まで!
お気軽にご参加ください。
a0029225_09043076.jpg






[PR]
by kodomogaku | 2018-06-05 18:52 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

5月22日の放課後、小学生対象の「子どもなんでも体験隊」を穴川コミュニティセンターで行いました。

初めての放課後開催。14時半~16時半。
市教研の早帰りに合わせて開催しようと思ったのに、読みがはずれて(1週間違い)、
子どもたちは通常日課。
チラシを持って行った小学校では、対応してくださった先生が、「1年生でも2時過ぎ下校ですよ。大丈夫ですか?」と心配される有様。 
ところがチラシを持って行ったその夜から3日間で定員10名が埋まり、増員して15名。
あっというまに満員になりました。

今回講師をお願いしたのは、稲毛の小仲台で長年食育活動をされている「梅(うめ~)」のみなさん。
ベテランの皆さんはさすがに手慣れたもので試作品を手際よく作ってチームワークの良さを感じました。

でも、合間合間でお話しされているのが「女子トーク」。
いくつになっても話題は同じなのね102.png

まだかまだかと待っているとようやく小学1年生男子が到着。
はじめましてなのでちょっぴり緊張していたけれど、同じクラスの子があとから来るとテンションアップ!
しまいには、ざるを持って踊っていましたよ。子どもっておもしろい。

作るものはガトーショコラ。材料をきちんと測ることが今日の目標です。
1人ずつ順番に慎重に測っていきます。
a0029225_21095099.jpg






























洗い物もきちんとていねいに慣れた手つきでやっています。

a0029225_21072048.jpg


















肝心のガトーショコラの出来上がりを撮るのを忘れたので、おまけのカップケーキです。
a0029225_21190753.jpg



















14時半から16時半の間、本当にばらばらと子どもたちが集まってきましたが、梅の皆さんの対応が素晴らしくてみんな楽しく作って食べることができました。

放課後の子どもの居場所や子ども食堂など、子どもに対する取り組みはいろいろありますが、
私たちらしくできることは何かな?と考えてやってみたのがこの企画です。

もし親御さんが忙しくてご飯を作ることが難しいのなら、子ども自身が食べるものを自分なりに用意できるようになればいいな。
そのためにまず、作る楽しさを知ること。だからおやつ作りから始めてみよう。
そんな思いで企画しました。

自分たちでは実現が難しいことも、得意な方の力を借りれば実現できる。
「ゆるプロ」の精神を今回も活かして、梅さんのご協力を得て実現することができました。
皆さん本当にありがとうございました。

子どもも大人も楽しくできたので、また来月、6月19日に開催しようと思います。
今度はちゃんと市教研の早帰りの日。(ですよね?!)もう少し、ゆっくりできそうです。

楽しみにしていてください。

お問い合わせはメールで。kodomogaku7@yahoo.co.jp









[PR]
by kodomogaku | 2018-05-23 21:51 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

平成30年度通常総会を開催しました。

特定非営利活動促進法の一部を改正する法律の施行に伴い、NPOになって初めて議案で定款の改正を審議しました。
a0029225_21413008.jpg























正直な話、NPOを設立するとき、まったく知識がなくて、ネットを検索したり、図書館で本を借りてきたリ、文字通り、手探りで、定款のひな型をもとに作ったのが、ちば子ども学研究会の定款です。

今回改正するにあたり、今一度じっくり読んでみたのですが、うーん、難しい。自分で作ったのに122.png
よくわからないまま改正案のひな形を参考に議事を進めていくと、やはり総会はちょっと紛糾しました。
なにせ、顧問が千葉大学の藤川教授ですから!
ありがたいお言葉、解説をいただきながら定款の改正案は修正され無事新改正案が承認となりました。

そして、役員改選。今年度から理事がぐっと減って3人となります。
退任する理事から1人ずつ、子ども学の魅力をひとこと言ってもらうと
・自分が学べる場  ・笑顔  ・居心地の良さ  ・ゆるさ  ・藤川先生!
なるほどなるほど。納得の言葉でした。

残った3人の理事で話し合い、この度、理事長も交代することとなりました。
任意団体から数えて10年余り、ようやく次にバトンタッチ。
瞬間湯沸かし器タイプからほんわかあったかタイプへの、ちょっとだけの若返りです。

まだまだ引き継ぐことが山盛りで相変わらずの体制がしばらく続きそうですが、じわじわっと変化が表れてくると思います。

新しいちば子ども学研究会をどうぞよろしくお願いします。






[PR]
by kodomogaku | 2018-05-19 22:35 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

a0029225_12170073.jpg
































子育てに便利なアプリや動画など、いまや子育てにスマホやタブレットは必需品となっています。
でも、不安や疑問もいっぱい。
他の育児相談には頼りになる祖父母世代や子育て支援者は、むしろ現役ママやパパ以上にわからないことだらけでどちらかというとスマホ利用に批判的になってしまいがち。

そんな不安や疑問、世代間ギャップを全部ひっくるめて、専門家や大学生と話し合う会を行います。

【日時】  6月5日(火) 10:30~11:30  (12時まで質疑応答、歓談できます)

【会場】  千葉大学教育学部2111教室

【講師】  市野敬介さん(NPO法人企業教育研究会 事務局長)

      ※ 参加費無料


子育て中の方、子育てに関わっている方、スマホやタブレットの最新情報に興味のある方、教育学部の学生や大学院生と話してみたい方などなどご興味のある方はぜひいらしてください。

お申込みはメールで。 kodomogaku7@yahoo.co.jp



[PR]
by kodomogaku | 2018-05-16 12:26 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

a0029225_12021562.png

































a0029225_12131240.png

















会場:幕張勤労市民プラザ     参加費:1回500円

紙芝居や絵本を楽しむ講座です。
お子様連れ大歓迎!

ぜひいらしてください!

お申し込みはメールで。  tibakodomogaku@yahoo.co.jp



[PR]
by kodomogaku | 2018-05-16 12:14 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

千葉大学教育学部での授業、4月は活動紹介のような学生にとっては受け身の内容でしたが、
今回からは、いよいよグループに分かれて課題に取り組む活動が始まります。

グループは4班。
①HICプロジェクト企画統括班
②ネットトラブル対策班
③ゆるプロ班
④やさしい日本語班

自分が興味あるものを選択したので、人数にばらつきが出ましたが、それもよし。
a0029225_09331994.jpg


















学部生と大学院生が入り混じっているので、まずは自己紹介から。
どうしてそのテーマを選んだのか、どんなことをやりたいのか、話してみると
それぞれイメージが全然違うことに気が付いて驚いたみたい。

みんなちがってみんないい。  まとめるの大変だけどね(笑)

a0029225_09513517.jpg




















教育を学ぶ学生たちなので、「このイベントで子どもに伝えるべき意義は」とか「学校教育とどう結びつけるか」なんて話にも及び、横で聞いてて「おお、そうきたか!!」と少し戸惑いました。

どの班にも意識してほしいことは、
「ワクワク」と「楽しい」こと。

正しいことには人は集まらない。楽しいことに人は集まる。
自分たちが楽しまなければ、来た人も楽しくない。

楽しく伝える方法を悩みながらも楽しく(矛盾しているかな)考えていってほしいです。

[PR]
by kodomogaku | 2018-05-09 09:55 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

声で育む子どもの心講座の2回目
5月10日(木)10時〜12時
幕張勤労市民プラザ 2階 会議室 で
行います。

今回のテーマは、声を楽しもう。
絵本を使って楽しみます。

絵本といってもなじみがある読み聞かせだけではなく大型絵本を読んだり、パネルシアターを見たり、わらべ歌を歌ったり、盛りだくさん。

後半は、なんと、おなまえ絵本を手作りしますよ。

絵が苦手でも安心してください。

a0029225_11444295.jpeg

おなまえの文字はこちらで準備するので貼って文字を書くだけです。

お出かけの時に持っていけるミニサイズのオリジナル絵本。きっと愛着がわく1冊になることでしょう。

お子さんと一緒にご参加くださいね。

お申込みはメールで。

tibakodomogaku@yahoo.co.jp まで。

お待ちしています!

a0029225_18081375.jpeg

a0029225_18083673.jpeg

[PR]
by kodomogaku | 2018-05-03 11:33 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)