カテゴリ:2018年度の活動( 26 )

8月4日、まちスポ稲毛の土曜日学校で子ども縁日を行いました。
縁日と言っても、自分たちで作って自分たちで遊ぶ「セルフ縁日」109.png

内容は、魚釣りゲーム、ペットボトルボーリング、ビュンビュンアーチェリー、輪投げの4つです

最初のうち、子どもたちはキョトンとした様子だったり、つまらなそう、めんどくさいと気が乗らない様子でした。
でもそんなことはおかまいなくグイグイいきます。
a0029225_11023953.jpeg

a0029225_11194263.jpeg

準備ができたらゲーム開始!
ルールや遊び方も自分たちで考えます。

a0029225_09383499.jpg



a0029225_11452609.jpeg

a0029225_10042715.jpg

子どもたちが好きなようにあそぶと押しの強い子が一方的に進めて不満顔の子が出てきたり
軽いすったもんだもありましたが、それもご愛嬌、大人はあまり介入せずに進めました。

最後は全員でゲーム。
6月にやったパイプラインを子どもたちは覚えていて、「ああそれね!」とすぐに並んでスタンバイOK!

a0029225_10292749.jpg

a0029225_10303571.jpg

やっぱりパイプラインは鉄板ネタ!
とっても盛り上がって子どもたちは汗だくに。この酷暑に申し訳なかったかな?

ちょっと脱力系の内容でしたが、子どもたちの良い笑顔がみられて楽しい時間でした。
どうもありがとうございました。





[PR]
by kodomogaku | 2018-08-04 20:54 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

7月31日、HICプロジェクト2018『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』の2日目です。
この日も酷暑の中、千葉駅すぐの『3H日本語学校』に小学生50人が集結!
3H日本語学校を全館貸し切り、という大きなイベントになりました。

ちば子ども学研究会は、公民館貸し切りイベントは何度もやってきましたが、今回初めての日本語学校貸し切りです。
しかも留学生約140人と先生方全員が総力を挙げて取り組んでくれたというからワクワク感いっぱいです。
3H日本語学校にとっては子ども向けのイベントは初めてなんですって。

子どもたちは8つの班に分かれて、いろいろな国の留学生と触れ合いました。
ここはベトナムの留学生たち。
「シンチャオ」(おはようございます)
「バンコエコン」(お元気ですか〉
ベトナムのごあいさつでお出迎えです。
a0029225_16400911.jpg
この日は火曜日。日本語学校の午前中のクラスには、
9か国の学生さんたちが勉強しているそうです。
その中でも、現在はベトナムの学生さんが一番多いとのこと。
最初は子どもたちも留学生もちょっと緊張気味ですね。
a0029225_16402944.jpg
a0029225_16403839.jpg
ダンスが始まると、だんだんノリノリになってきて。
先生も盛り上げてくれています。
a0029225_16404922.jpg
a0029225_16421669.jpg
↓こちらは違う教室のベトナムチーム。
スレンダーな留学生の皆さんが、素敵なアオザイ姿を披露してくれました。
a0029225_16462771.jpg
食べ物やお国のことをわかりやすく説明してくれます。
a0029225_16470289.jpg
こちらのコーナーはゲーム中。
a0029225_16464723.jpg
こちらはミャンマーの学生さん。↓
時間内にお国の説明するのは大変なのよね。
色々考えて、国旗や写真や画像を用意してくれました。
a0029225_16444051.jpg
↓韓国の学生さんはひとりしかいないので、お友達に協力してもらったんだって!
子ども用の韓国の伝統衣装を準備してくれました。
可愛い!!
a0029225_16415462.jpg
下の写真は中国チーム。
切り絵を紹介してくれました。
実際に切り方を教えてくれましたよ。
「福」とか「春」とかのおめでたい文字もできちゃうんだ!
a0029225_16434111.jpg
a0029225_16420241.jpg
こちらはバングラデシュ。
女性の伝統衣装が素敵です。
a0029225_16442638.jpg
a0029225_16440592.jpg
スリランカチームのイケメンたちも伝統衣装を着てきてくれました。
ズボンのように見えるけど、布を巻いただけのスカートなんだって!
ひもを使わないで器用に着ています。
色が様々でとてもきれいな衣装でした。
a0029225_16432006.jpg
スリランカチームは色々と準備してくれていて、まずは映像でお国の紹介。
食べ物や国花や象、お祭りなどなど。
日本と同じ島国で、自然も文化も豊かな国でした。
日本の飲み物メーカー「KIRIN」さんのあの有名な『午後の紅茶』はスリランカの紅茶を使っているんですって。
私たち、「午後ティー」なんて呼んでなじんでいます。おいしいですよね。
a0029225_16425527.jpg
パズルゲーム。
子どもたち張り切る!
a0029225_16430630.jpg
ミュージックが流れる中、帽子を回していくゲーム。
音楽が止まった時に帽子をかぶっているのは誰だ⁉
a0029225_16435681.jpg
最後はスリランカの紙人形「ルーカダ」を教えてくれました。
手も足も動かせるよ。
a0029225_16413573.jpg
ルーカダで「バイバイ」をみんなで練習中。
この後、子どもたちは元気にスリランカ語で「ズバガマン!(さようなら)」と挨拶して次の教室へ。
a0029225_16455568.jpg

下の写真、これはフィリピンチームとゲーム中。
ん⁉静かだな。
と思ったら、ストップして動いちゃいけないゲームでした。
ほら、お姉さんが顔を覗き込んでるでしょ。
あ。笑っちゃってるよ。
a0029225_16411416.jpg

↓これはネパールチーム。
日本語が超上手で名司会の学生さんが地図で「日本はどこでしょう?」としているところ。
学生さんがわざと間違えるもんだから、子どもたちは「ちがうよ~。ここ、ここ!」と駆け寄っていきました。
a0029225_16461278.jpg


ネパールの衣装を着せてもらいました。
キラキラと華やかです。
お祭りや結婚式のときの装いですって。
a0029225_16432985.jpg
こちらのネパールチームも覗いてみます。
a0029225_16452958.jpg
すると、キャーキャーと大変な盛り上がり。
a0029225_16471595.jpg
↑右端の男の子が目隠しをしています。
どうやら、猫のしっぽをくっつけるのにみんなで声をかけて教えている模様。
結局うまくいかなくて、大爆笑(*^^*)


それからそれから、モンゴルチームも。
これは、モンゴルの国をパズルにしたもの。
日本でいう「県」のパズルです。
子どもたちは、黒板にあるモンゴルの地図と見比べながら真剣な面持ちです。
a0029225_06300090.jpg
モンゴルチームでは、背の高~い大きな男子学生さんが日本の浴衣を着てくれていました。
お相撲さん?って思っちゃった。

さてさてこうして、3H日本語学校の皆さんの大歓迎を受けた子どもたちは、最後にお土産までもらってさよならをしました。
緊張気味で初めて入った日本語学校の校舎。
始まってみるとアジアからの留学生達のなんて優しいこと!温かいこと!
日本語学校の先生方までも子どもたちと一緒にすっごく楽しんでくれていました。
ありがとうございました。

今回も私たちの授業を受けている千葉大の学生さん達が手伝ってくれました。
子どもたちと一緒の時の表情がキラキラしてて。
千葉大での1回目、3H日本語学校での2回目。
全然違う雰囲気のイベントを両方経験して、何か心に響くものがあったようですね。

このイベントをもって前期の授業に参加してくれた千葉大生と3Hの留学生とはお別れです。
ちょっと寂しい。
どこかでまた会えたらいいな~。










[PR]
by kodomogaku | 2018-08-03 18:19 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

さあ、前の記事に続いてHICプロジェクト2018『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』の様子をお届けします。
場所は千葉大学教育学部の教室。
このイベントは、授業の一環です。

前期の授業ではテーマに沿ってグループごとの活動をしてきました。
イベントの後半では、一部グループの、その活動の成果を発表します。

これは、ネットトラブルを子どもたちにわかりやすく伝えることを考えてきたグループの発表です。
「子どもたちに伝える」「わかりやすく伝える」って、とても難しい。
そこで学生さんは考えました。
紙芝居‼
a0029225_11402545.jpg
見て見て。子供たちの真剣な様子。
それもそのはず。
紙芝居のお話の内容は、何と『白雪姫』。
みんなが知っているお話です。
でもでも、スマホだの位置情報だの、さてはこれはただの白雪姫ではないな⁉
a0029225_11420265.jpg

続きましては、この楽しそうな絵の中に、間違いがいくつかあります。だって~!
間違ったスマホの使い方をしている子はどの子でしょう。
それはどんな間違いでしょう。
a0029225_11421575.jpg
「わかった人~?」
との問いかけに、小学生の手が次々に挙がりました。
a0029225_11422906.jpg
「スマホを見ながら歩いているのが危ないと思います。」
a0029225_11424172.jpg
そうだね~。
それから、ネットに悪口を書き込んだりもいけないね。
と、大学生のお姉さんたちがわかりやすく教えてくれました。

紙芝居や間違い探し。学生さんならではのアイデアは面白いですね。
子ども学のスタッフも楽しませてもらいましたよ。

最後は、「やさしい日本語」を研究してくれた班の中で
「子ども向けSNS」について調べてくれたグループの発表です。
「わかりやすいLINEマニュアル」
「わかりやすいYouTubeマニュアル」
をまとめたカラーチラシを作ってくれました。
a0029225_11430249.jpg
LINEとかYouTubeとかは、子どもたちも日常的に使っていますね。
調べた学生さんたち本人もびっくりしていましたが、意外と知らないルールがあるんですって!
これなら小学生も読みやすくていいね。
a0029225_11431737.jpg
あっという間の90分。
ここ3か月、留学生と交流しつつ、企画内容に悩みつつ、100人規模のイベントの実行という大きな課題に取り組んできた千葉大生。
限られた時間の中で盛りだくさんの内容を整理するのは大変な作業でしたね。

でも、イベント中は千葉大生の皆さんが誰よりも楽しそうにしていたのを見て、
やった!と思いました。
「大人が笑えば子どもも笑う」
自分が楽しければ子どもだって楽しいはず。
こういう時は誰よりも自分が楽しんじゃえ。の精神で行きましょう。

それから、授業の回を重ねるたびに3H日本語学校の留学生たちとも交流が深まっていきました。
最初に会った時の双方の緊張した空気は今では懐かしいですね。

そして、イベントが終わり、小学生を送り出し、
千葉大生と3H日本語学校の留学生と協力し合って教室を元の状態に戻しました。
a0029225_11432945.jpg

このイベント『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』は、
7月31日に今度は3H日本語学校を舞台に、第二回目が行われます。
3H日本語学校の全面協力を得て、同じ子どもたち50人が再集合。
さて、どんなイベントになるか、
またまたブログでその様子をご紹介しますのでお楽しみに!
ちょっとドキドキよ。

[PR]
by kodomogaku | 2018-07-27 12:50 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

7月24日、千葉大学教育学部で、『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』のイベントを行いました。
この日、夏休みが始まって以来連日の猛暑の中、小学生50人が集まってくれました。

まずはオープニング!!
ネパールのダンスミュージックとともに始まりました。
a0029225_09520586.jpg
子どもたちもノッて来たよ~。
a0029225_09584392.jpg
会場が盛り上がってきたところで。
小学生たちは班に分かれて4つのブースを回ります。

それではブースを見ていきましょう。
千葉大学教育学部の学生さんたちが、楽しい企画を考えてくれています。


ここは「食べ物ブース」。
ホワイトボードに貼ってあるのは、ネパールとスリランカのお料理の写真です。
下のほうは隠されちゃってるけどなんだろう?
そう、そこがポイント!
食べ物の名前を聞いて、そのお料理がどの写真か当てるゲームです。
う~ん。おいしそうだけど。食べたことないお料理だなあ…。
a0029225_09525817.jpg
くじを引いて花まるが出たらヒントがもらえるよ。
a0029225_09533006.jpg
それから、あっち向いてホイや、アジアの国のじゃんけん(日本とは違う)で勝ったらヒントをもらって。
集めたヒントをもとにみんなで相談。
すっごい真剣!
a0029225_10112753.jpg
さあ、それでは。発表しますよ。
答えは~。
4番の写真です(^▽^)/
a0029225_09534254.jpg
やった~。当たったよ!


「時間で~す。次のブースにすすんでくださ~い。」の合図とともに、子どもたちは移動して。

次はアジアの国の伝統衣装のブースです。
うわぁ~。素敵。
あ!千葉大生も並んでる。
日本代表で浴衣を着てくれているんですね。
みんなでアジアと日本の伝統衣装の特徴を考えようって。
ふむふむ。
アジアの衣装の華やかさに目が行くけど、
よーく見ると日本の浴衣と似ているところもあるんだ!!
a0029225_09551651.jpg
衣装を着た留学生たちにお話を聞きます。
小学生が熱心にインタビュー。
a0029225_09552551.jpg
留学生の皆さんは、もうほんっとにやさしいの。
ほら、しゃがんで子どもに目線合わせてくれてるでしょ。
a0029225_09550878.jpg
小学生たちも真剣に話し合い。
アジアの国の衣装をこんなに近くで見たの初めてだよね。
a0029225_09553454.jpg
a0029225_10433476.jpg

次は、アジアの言葉であそぼう!をテーマにしたブースです。
ここでは、アジアの国の言葉で挨拶を教えてくれました。
a0029225_09554696.jpg
ネパールの言葉でご挨拶してからじゃんけんします。
あら、もうそれだけで楽しそう。
a0029225_09560821.jpg
じゃんけんに勝った人は先頭さん。
じゃんけん列車がつながっていったよ。
a0029225_09562077.jpg
一番前の人はチャンピオン!
a0029225_09563180.jpg
壁には、留学生が書いてくれたいろんな国のあいさつが貼ってありました。
可愛い文字の国もありましたよ。
もっともっと知りたくなるね。


最後はアジアの国の遊びのブースです。
みんなも小さいころにやった、ロンドン橋わたろ♪の遊びの見本を見せているところかな?
「イントゥミントゥ」っていうんだって。
他の国でも同じ遊びがあるんだね。
a0029225_09542803.jpg
それから、「ストップダンス」という遊びを教えてくれました。
音楽が流れている間は楽しく踊って~。
a0029225_09545127.jpg
学生さんも楽しそうね。
a0029225_09543991.jpg
音楽が止まったら、ピタッと止まって!
ん⁉止まれてるかな?
a0029225_09541562.jpg
笑いの絶えない遊びブースでした。

このイベントは、千葉大学教育学部の学生と一緒に、千葉市にある3H日本語学校の留学生たちが協力してくれて行われています。
『HICプロジェクト』の一環です。

『HIC』とは、Happy International Communicationの略。
この名前も学生さんたちが考えてくれたもの。
その名の通り、
楽しくて、
国際色豊かで、
言葉と遊びとダンスや身振り手振りを使った、
豪華で贅沢なプロジェクトです。
何よりも、学生さんたちがとてもとても楽しそうだったのが印象的でした。

ちば子ども学研究会のモットー、「大人が笑えば子どもも笑う」の通りでしょ。
企画した学生さんたちが楽しんでいたんだもん、子どもたちも楽しかったのは間違いなし。
学生さん、思ったようにいかなかった反省点もあるみたいだけど、大丈夫。
大成功だよ。

さて、長くなってしまったので、イベント前半の紹介はここまで。
次の記事に後半の様子をご紹介します。

後半はまた、全然違う内容で子どもたちも目が釘付け!
乞うご期待です!(^^)!




[PR]
by kodomogaku | 2018-07-27 11:36 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ちょっとだけ猛暑が落ち着いた7月25日。
夏休み子どもなんでも体験隊 失敗もごちそう〜ピザを作ろう〜を行いました。
a0029225_15535827.jpeg

先生は「梅(うめ〜)」のみなさんとヘルスメイトさん。
子どもたちもほとんどがリピーター。だいぶ名前と顔が一致してきました。
梅〜さんの教えてくれるレシピは、簡単だけど、絶品!!
ビニール袋に入れた強力粉とドライイーストにお湯を入れてモミモミ。
a0029225_15590735.jpeg
バターを入れてもむとひとまとまりになってきます。
なめらかになったところで、生地を休めます。

疲れたよね〜、みんなも一休みと予期せぬミニアイスのプレゼント。
さすがベテランさん、心配りが素晴らしい113.png

アイスを食べているうちに休めていた生地は、2倍以上にふくらんでみんなビックリ!

半分はピザ🍕で残りはなんとパン🥖にすると聞いてまたびっくり‼️
a0029225_17592170.jpeg

a0029225_18002222.jpeg

a0029225_18125306.jpeg


a0029225_18052752.jpeg

いつのまにか野菜スープとレモン寒天も出来上がっていて、焼きあがったピザと一緒にいただきまーす!
a0029225_18145147.jpeg

a0029225_18152866.jpeg

至れり尽くせりのピザ作り!
「次は何作るの?」
リクエストいただきました。

次はちょっと間があくけれど、10月開催予定です。
楽しみに待っていてね!

[PR]
by kodomogaku | 2018-07-25 15:50 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

市教研の早帰りに合わせて、放課後子どもなんでも体験隊「失敗もごちそう!」の2回目を行いました。
今回も梅(うめ〜)のみなさんとヘルスメイトさんが講師です。
メニューは、バナナ茶巾と白玉団子。
a0029225_22425700.jpeg
40グラムに分けてと言われると子どもたちは、きっちり1グラムも妥協せずにはかります。
a0029225_22462736.jpeg
ラップで茶巾しぼりを作るのも丁寧に上手に仕上げていきます。

残った材料をお願いされた私たちは、「あ、41グラムだけどまあいいか」と妥協の連続。
茶巾絞りもザッザッと作っていたら、思いっきり「ヘタ!」と先生にダメ出しされてしまいました140.png

白玉団子も子どもたちはとても綺麗に丸めていきます。
a0029225_22515502.jpeg

a0029225_22522012.jpeg
ほら、とてもおいしそうでしょ!

味ももちろんとびっきりおいしかった111.png

作っている最中から、「ねえねえ次は何作るの?」と催促がありました。

次回もやりますよ!

今度は夏休み特別企画。ピザを作ります🍕

詳細は後日発表。限定15名なのでブログ要チェック。楽しみにお待ちください。



[PR]
by kodomogaku | 2018-06-19 22:38 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

一つ前の『土曜日学校開催!』の記事にもあるアイスブレイクの必殺技!
それは「パイプライン」。
大学生にもやってみよっ!
ということで、はい、並んで並んで。
a0029225_16081694.jpg
ちょうど今日は3H日本語学校との交流会。
留学生と千葉大生が一緒になって、パイプラインに挑みます。

このチームは、これで2回目の挑戦だからコツがつかめたのかな。
何か作戦がありそうだ。
声かけあってるね。
a0029225_16073432.jpg
ハーフパイプを持って、ピンポン玉を受け渡していくゲームです。
はい、ゆっくり焦らずに。でも早く!
終わった人はササッと列のトップに移動して!
a0029225_16071525.jpg
ゴールにピンポン玉をうまく入れられればいいんだけど…。
a0029225_16080479.jpg
入れたとたんにポンッとはねてゴールの箱から出てしまい、
最初からやり直しのチームが続出!

と、授業の初めに盛り上がったところで、今日の本題に取り掛かりました。
今期の授業は自分がやりたいテーマごとにグループに分かれています。

それでは、「HICプロジェクト班」からご紹介。
a0029225_16085573.jpg
前回、3H日本語学校の留学生が来てくれた時に、千葉大生がそれぞれの国の文化を教えてほしい、
とリクエストしたところ、映像と写真で、用意してきてくれました。
説明の仕方も自分で考えて、何度も練習してきてくれたんだって!
ありがたい103.png
お国の代表的な食べ物や民族衣装、動植物、お寺や湖などの名所などなど。
写真で見ると、インパクトがありますね~。

さあ、これを小学生向けのイベントにどうやって生かしていくか。
企画会議にも熱が入ります。
a0029225_16240737.jpg

さて、こちらは「やさしい日本語班」。
テーマごとに3チームに分かれています。
「やさしい日本語」と一言で言っても、奥が深いのね~。
a0029225_16242778.jpg
日本の子ども向けの「やさしい日本語」を考えているんだって。
必要な資料を探してきたのね。
a0029225_16244025.jpg
こちらのチームは調べて書く!
考えて書く!
a0029225_16333325.jpg


こちら「ゆるプロ通信班」
記事の執筆依頼と編集作業中。
a0029225_16411980.jpg

「ネットトラブル班」
自分たちで資料を用意して研究中。
え!?マンガ描いて遊んでる?
と思ったら、ちがうちがう。
子どもたちにネットトラブルをわかりやすく伝えるための準備してるんですって。
公開は7月24日です。
a0029225_16410544.jpg
と、今日の学生さんたちのグループ活動の様子を見てきました。
写真を見て思ったのが、
どのグループも前のめり!

テーマが定まって、ゴール目指して走り出したんですね。
授業の最初にみんなでやったパイプラインみたいに、声かけあって。
もし失敗してもくじけずに何度も挑戦していくんだよ~!





[PR]
by kodomogaku | 2018-06-12 17:14 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

フレスポ稲毛内のまちづくりスポット稲毛での土曜日学校第1回目を開催しました。
今年度前期は8回あり、その初回の担当です。
a0029225_14565608.jpeg

簡単ゲームに手作りノートに紙コップけん玉、紙コップロケット、工作が続いただめか、まったりした空気。でも心地よい。

a0029225_15071760.jpeg

その空気が一転したのが、最後のゲーム、パイプライン。
半分に切ったシャトルケースの上をピンポン球を転がしてゴールのバケツに入れる競争。
a0029225_15101646.jpeg

a0029225_15104217.jpeg

a0029225_15110271.jpeg

なかなか思うようにつなげられず子ども達は大興奮!
焦れば焦るほどうまくいかない。
一呼吸ついて作戦会議、どうすれば球が落ちないのかみんなで話し合いをすると、いい感じでまもなくゴール、のはずがコロコロコロ!
またしても失敗。
大笑いしながら、数えきれない失敗をして、ようやく最後、球をバケツに入れることができました。

横で見ていても、ああ〜、おしいっ!と何度叫んだことか。久しぶりにやったけど、パイプラインはやっぱりおもしろいなあ。

動と静のメリハリがあった土曜日学校第1回目。楽しくできました171.png

[PR]
by kodomogaku | 2018-06-09 14:45 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

6月5日。今日の授業のテーマはこれ。
⇩ ⇩ ⇩
a0029225_17525918.jpg
『みんなで考えよう、「スマホ・タブレット×育児」
~話してすっきり、聞いてすっきり!スマホと育児~』
講師にNPO法人企業教育研究会の市野敬介氏をお招きしました。

小さいお子さんを育てるお母さんと未就園児たちにも参加してもらいました。
実際にお子さんを育てているお母さんたちと学生の交流の場、なかなかないんです。
とてもいい機会です。
a0029225_17542516.jpg

テーマに「スマホ・タブレットと育児」と掲げましたが、実際はスマホが私たちの生活に入り込んできたのはごく最近のこと。
身体への影響、子どもへの影響はまだ研究が始まったばかりです。

日頃スマホを自由自在に使いこなしている学生たちも、
何と実は、自分のスマホを手にしたのは大学生になってからの人が半数にものぼりました。
手を挙げているのは大学生になってからスマホを持った人~?の場面です。
a0029225_17531377.jpg
「2年契約の縛りで~。」って、いろいろ事情もあるみたい。
なるほどね。

講師の市野氏を囲んで、自由に発言できる雰囲気。
NHKで観るハーバード白熱教室のようでした。

参加してくれたお母さんから講師の先生や学生にいくつか質問も。
「ブルーライトの目への影響は?」
「電磁波の影響は?」
「上手に使いこなすためのアドバイスをお願いします。」

そう、教育学部ですから日頃から小学生・中学生たちと接しているので、学生からは具体的なアドバイスを聞くことが出来ました。
a0029225_17532957.jpg
それにしても幸せな90分。
授業に参加したのは0歳から70代までの人たち。
千葉大生の中には留学生もいるので、国籍もいろいろです。
子ども、お母さん、地域で活動している人たち、学部生、大学院生、そして講師の先生。
こんなにいろいろな人が一つのテーマを巡ってあれやこれや考え、新しいことを知る。
なかなか普通、大学の授業にはない形じゃないかな~と自負しています。

子育て中のお母さんに参加していただく子育て交流会in授業、
今後も続けていきます。

お問い合わせ、お申し込みは kodomogaku7@yahoo.co.jp まで!
お気軽にご参加ください。
a0029225_09043076.jpg






[PR]
by kodomogaku | 2018-06-05 18:52 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)

5月22日の放課後、小学生対象の「子どもなんでも体験隊」を穴川コミュニティセンターで行いました。

初めての放課後開催。14時半~16時半。
市教研の早帰りに合わせて開催しようと思ったのに、読みがはずれて(1週間違い)、
子どもたちは通常日課。
チラシを持って行った小学校では、対応してくださった先生が、「1年生でも2時過ぎ下校ですよ。大丈夫ですか?」と心配される有様。 
ところがチラシを持って行ったその夜から3日間で定員10名が埋まり、増員して15名。
あっというまに満員になりました。

今回講師をお願いしたのは、稲毛の小仲台で長年食育活動をされている「梅(うめ~)」のみなさん。
ベテランの皆さんはさすがに手慣れたもので試作品を手際よく作ってチームワークの良さを感じました。

でも、合間合間でお話しされているのが「女子トーク」。
いくつになっても話題は同じなのね102.png

まだかまだかと待っているとようやく小学1年生男子が到着。
はじめましてなのでちょっぴり緊張していたけれど、同じクラスの子があとから来るとテンションアップ!
しまいには、ざるを持って踊っていましたよ。子どもっておもしろい。

作るものはガトーショコラ。材料をきちんと測ることが今日の目標です。
1人ずつ順番に慎重に測っていきます。
a0029225_21095099.jpg






























洗い物もきちんとていねいに慣れた手つきでやっています。

a0029225_21072048.jpg


















肝心のガトーショコラの出来上がりを撮るのを忘れたので、おまけのカップケーキです。
a0029225_21190753.jpg



















14時半から16時半の間、本当にばらばらと子どもたちが集まってきましたが、梅の皆さんの対応が素晴らしくてみんな楽しく作って食べることができました。

放課後の子どもの居場所や子ども食堂など、子どもに対する取り組みはいろいろありますが、
私たちらしくできることは何かな?と考えてやってみたのがこの企画です。

もし親御さんが忙しくてご飯を作ることが難しいのなら、子ども自身が食べるものを自分なりに用意できるようになればいいな。
そのためにまず、作る楽しさを知ること。だからおやつ作りから始めてみよう。
そんな思いで企画しました。

自分たちでは実現が難しいことも、得意な方の力を借りれば実現できる。
「ゆるプロ」の精神を今回も活かして、梅さんのご協力を得て実現することができました。
皆さん本当にありがとうございました。

子どもも大人も楽しくできたので、また来月、6月19日に開催しようと思います。
今度はちゃんと市教研の早帰りの日。(ですよね?!)もう少し、ゆっくりできそうです。

楽しみにしていてください。

お問い合わせはメールで。kodomogaku7@yahoo.co.jp









[PR]
by kodomogaku | 2018-05-23 21:51 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)