カテゴリ:2012年度活動報告( 46 )

a0029225_14401273.jpg


月1回正会員が集まる井戸端会議を19日開催しました。

1か月に1度だけなので決める事がたくさんで、なかなか一人一人の思いを伝えられていないかもしれません。

話し合いは難しいですね。
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-20 14:43 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

a0029225_1424294.jpg今年度より千葉市内の新築マンションの住民の方たちのコミュティ作りのお手伝いをしています。

具体的な内容は、住居者同士の交流会や子育交流会、地域情報交換会などの企画と開催です。

今年度は毎月1回のペースで行い、5月はラウンジコンサート&ミニパーティを、そして先日6月18日に子育て交流会を行いました。
a0029225_14283836.jpg

元々私たちの行っているイベントは人と人との交流を作るために行っているので、基本は同じなのだけど、ちょっとずつ何かが違う。

最初の打ち合わせから関わっている人にはわかるけど、助っ人の人には伝えるのが難しい、微妙なところ。

毎回ドキドキしながら開催しています。
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-20 14:35 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

a0029225_105658.jpg6月12日、千葉大学講師の根本先生による「体験する事の意味を知ろう」研修会の第2回目を行いました。

先週は「ポップコーン作りの体験」を「言語化」しましたが、今日は更に進んで「表現する方法」を考えます。


表現活動とは伝え合う活動だということ。

自分が感動した事、わかったこと、考えた事、もっと知りたいと思ったことを身近な人々と伝え合う活動をすると
                ⇓
身近な人々と関わることの楽しさがわかり、「やりとり」って楽しいな、みんなでやると楽しいと感じる   すると        
                ⇓
更に進んで交流する事ができるようになり、社会的能力がUP! 豊かな交流ができるようになる016.gif


昔は日々の生活の中で、子どもたちは様々な体験や、いろいろな人とやりとりをする機会があったけれど、今の世の中「やりとり」する場面が少なくなっています。

だから、「生活科の体験」が重要なのだということ。

なるほどね~。045.gif

やっぱりちゃんと「理論」として学ぶとなんでその活動が必要なのか裏付けができ納得できます。

さて、「理論」を学んだあとは、小学2年生の気持ちになって、「ポップコーン祭り」の計画を考えることになりました。
a0029225_1111642.jpg
どんな人を招待するか?a0029225_1112958.jpg

どんな発表にするのか?

ポップコーン作りの何が一番他の人に伝えたい?



日頃、理論が弱いと言っているのに、こういう時は頭でっかちに、あれこれ頭の中で考えるだけで型にはまった物しか思い浮かばない。027.gif

そんな様子をご覧になった根本先生が、「座っていないで体を使うと良いですよ」「ダイナミックに体全体で表現して下さいね」とアドバイスをして下さると…

ノリノリで振付を考えたり、歌を作り始める人も現れました。

個人的にはそういうの苦手なので、さすが、すごいなと及び腰なんですが…。

来週はいよいよ発表会!!

さあどんな表現活動が飛び出すのでしょうか!?070.gif060.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-14 11:18 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

6月9日、2010年度「一歩くん募金」助成団体報告会に参加しました。
2010年度の「一歩くん募金」助成を受けたのは、私たちを含め4団体です。
a0029225_195823.jpg
それぞれの団体が助成事業の概要、成果、課題、そしてこれからの展望を発表しました

私達が助成事業として行ったのは、「子どもなんでも体験隊あそびレシピブック」の発行と配布。

助成を受けるのも、冊子を作るのも初めての事だったので、大変な思いもしましたが、手に取った人から「役に立つ」とか「思いが伝わる」と言ったお褒めの言葉を頂ける良いものができ、満足のできる事業になったと思い、その感謝の気持ちを報告しました。

報告の際、パワーポイントを利用できるということだったので、パワーポイントに初挑戦!

本当に今回の助成事業では、いろいろな初挑戦をする事ができました。

個人的にはこれが一番の成果かな003.gif


他の団体の方の事業内容やこれからの展望も、明確かつ意欲的でとても刺激を受けました。

私達のこれからの展望として、「子どもなんでも体験隊あそびレシピブックPART2」の発行とあそびレシピの講習会の開催をあげました。

これに対し、「寄付金等を募って、具体例やカラー写真をもっとたくさん載せた、より充実した第2弾の発行を期待しています。」と言うエールをいただきました。

そう、この次は有料にしても欲しいという人が現れるようなものができたらいいなあ。

それとホームページを開設して、レシピ公開もしたいね。

まだまだ挑戦すべきことはたくさんありそうです034.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-10 20:03 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

今日は久しぶりの「研究会」という名にふさわしい、研究会会員のための講座がありました。

題して「体験する事の意味について考えよう!」という全3回の講座の第1回目。
講師は千葉大学教育学部の非常勤講師の根本先生です。

根本先生は千葉大学で学生さんに生活科の指導法について講義をされています。

根本先生とはいろいろお話するご縁があって、先生が教えていらっしゃる「生活科」と私たちが行っている「子どもなんでも体験隊」に共通点があると感じたスタッフが、先生に「体験すること」について教えていただけないかとお願いしたところ、ご快諾いただき、今回の講座が実現となりました。

その、第1回目、「ポップコーンを作ろう!」です。

生活科で取り組むときは、その前にまずは、「ポップコーンを育てよう」から。

畑作り、種まき、苗の育成、収穫。

生の体験を通して、子ども達は様々な学びをしていくのです。

そしてその時、先生、あるいは、大人は「~しなさい」ではなく「どうする?」と声掛けして、子ども達に「やりたい」と思う「仕掛け」「動機付け」が大事ということ。

そう、そこなんだよね。034.gif

これは奥が深い話だぞ!うなづきながらポップコーン作りへ!
a0029225_22404115.jpg


根本先生の「童心にかえって体験して下さいね」というお言葉のせいか、いやいつも通り、ポップコーンがはじける以上に言葉がとびかう、まあ、にぎやかな時間となりました。003.gif

今日の参加者は大学生から70代まで、オッとかわいい2歳児もおりました!

大学生のHさんに「みんなすごいでしょ!?」と聞くと「えっ、まあぁ…」とビックリしていました。 
a0029225_239113.jpg
また、各自が用意してきた味付けの調味料がすごい事!

塩だって、オーストリアの岩塩やら天然塩だの…、
カレー粉、しょうゆ、砂糖、抹茶オレ、そして白だし!?

やっぱりただものじゃーないね、みんな017.gif 

手も口も忙しく、作ったり食べたり、ハー満足満足!

って、これで終わりではなかった、これからが大切なところ!

「体験を言語化する」  ってこと。

「さあ、今のポップコーン作りについて、どんな方法でもいいから表現してみましょう」

根本先生から、とてもざっくりした課題が出ました。

えー!!a0029225_2322512.jpg

でもね、やっぱりみんなさすがです。

ものの10分ほどで、それぞれの個性あふれる作品が完成!

短歌、詩、作文、飛び出すカード、レシピブック…。

いくつになっても「楽しむキモチ」って素敵ですね。

さて、来週は言語化したものをもっと具体的に表現することになりました。

で、更にみんな本気モードへ!「え、どうする?踊る?事前準備する??」なんて。

素敵っていうかもう怖いくらい。

小学生もこんなに本気にならないかも。恐るべし、子ども学です!066.gif

さあ驚愕の?来週へ続く…
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-05 23:50 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

     5月15日今年度の通常総会を開催しました。
a0029225_15283472.jpg


久しぶりにほぼフルメンバーがそろい、本当に幅広い世代の方で構成されているのだなとあらためて感じました。

おかげさまで、議事を滞りなく進められ無事総会も終了できました。ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

引き続きの井戸端会議では、懸案事項も多く、みんなが納得できる話し合いができたか心配ですが、いろいろな立場の人が集まっての会だからこそでしょう。

後ろ向きになることなく、今年度も活動していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


追伸  先程、昨日選考ヒアリングに行った件について、不採択の連絡がありました。007.gifザンネン…

はい、頭を切り替えて、次の手を考えましょう!066.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-05-15 15:40 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)