私たちちば子ども学研究会発足のきっかけとなった「ちば子ども学講座」。
そのちば子ども学講座を今年復活させるために、助成金事業に申請したところ1次審査を通過し、本日2次審査となりました。
a0029225_23241650.jpeg
2次審査は、3分間のプレゼンです。
苦手なんだなあ。プレゼン。

フリースタイル?だととっちらかって終わるのが目に見えているので、パワポと原稿を作って挑戦!

くじ引きで、13団体中の13番、まさかのラスト。吉と出るか凶と出るか??

棒読みではありましたがなんとか終了。

うーん?どうなんだろう。結果が全く見えずです。
結果は後日郵送でとのこと。

あとは野となれ山となれです。

あー疲れた。


[PR]
# by kodomogaku | 2018-02-10 22:06 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ゆるプロ通信 創刊号

12月上旬に「ゆるプロ通信 創刊号」を発行しました。

「ゆるプロ」とは、ちばで様々な活動をしている人たちで「ゆるやかにつながろう」というプロジェクトです。

ちば子ども学研究会は、千葉大学教育学部の「地域子育て支援活動実習」という授業に協力し、大学生が活動に参加しているので、「ゆるプロ情報交換会」という地域の人と学生が顔を合わせる機会を作っています。

ゆるプロ情報交換会では、いろいろな情報や意見交換ができるのですが、
その場限りになっていて、なんとももったいない。
こちらのブログでも随時報告はしているものの、個人レベルの話になってしまっている。

何かできないかな。
と考えて、思いついたのが、ゆるプロの活動を紹介する情報紙「ゆるプロ通信」の発行です。

そして学生に協力してもらい、創刊号を作成し発行することができました。

授業の中で作成、編集したので、荒い部分が多々あります。

だけど「形にできた」ということがとても大切だと感じています。
a0029225_14005841.png





a0029225_14170355.png





第2号は、2月末に発行予定です。
創刊号の経験をもとに改良し原稿を作っている真っ最中です。

[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-28 09:53 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

a0029225_00005977.png





























a0029225_00022093.png






























子育てに便利なアプリや動画など、いまや子育てにスマホやタブレットは必需品となっています。
でも、不安や疑問もいっぱい。

他の育児相談には頼りになる祖父母世代や子育て支援者は、むしろ現役ママやパパ以上にわからないことだらけで
どちらかというとスマホ利用に批判的になってしまいがち。

そんな不安や疑問、世代間ギャップを全部ひっくるめて、専門家をまじえて話し合うイベントが
2月16日(金)10:30~11:30  シダックス千葉都賀駅前クラブ で開催されます。

私たちちば子ども学研究会も開催に協力しています。
もちろん専門家の立場ではありません(笑)
ばりっばりのアナログ世代ですから。
デジタルネイティブのママ達の最新情報を聞くのが楽しみ!というスタンスで参加します。

子育て中の方、子育てに関わっている方、スマホやタブレットの最新情報に興味のある方、シダックスという場所にピンと来た方 (※注:カラオケはしません) ぜひぜひご参加ください。













[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-28 00:22 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2月10日(土)に行う土曜日学校〜クッキング〜@まちスポ稲毛で作るメニューは
ご飯炊き
おにぎり
みそ汁(みそ玉)
卵焼き
です。

親御さんがごはんを作るのが難しいときってありますよね。

そんな時に、子どもが子ども自身で作れたら安心!というメニューにしました。

コンビニおにぎりやインスタントみそ汁もいいけれど、自分で当たり前に作れるようになれたらうれしいメニューです。

もしかしたらこれから一人暮らしを始める「元小学生」にもいいかも。

小学生対象のイベントですが、元小学生も相談可です。

お申し込みは、  kodomogaku7@yahoo.co.jp (担当:ちば子ども学研究会 園田)でも受付しています。
a0029225_21143038.jpg



[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-27 23:14 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

a0029225_21143038.jpg
































まちスポ稲毛で開催している土曜日学校。

2月10日(土)は「家庭科~クッキング」を開催します。

時間は、10時~13時。  参加費は800円(保険料、材料費込)です。

小学生の皆さん、一緒に楽しく料理をしましょう!!

お申し込みは、まちづくりスポット稲毛 machi.spo.inage@gmail.com までお申し込みください。

お問い合わせ ℡ 043-310-6984

[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-26 21:26 | Trackback | Comments(0)

1月23日、千葉大学教育学部の授業で、「ちばサンタプロジェクトふりかえりの会」を行いました。

大雪の影響で参加者は、千葉大学学生と3H日本語学校の学生だけで、少し残念でしたが、学生がちばサンタプロジェクト当日に感じたことを思い思いに話してくれました。
a0029225_05585768.jpeg

a0029225_05565560.jpeg

ほとんどの学生が、はじめて地域のイベントに参加したようで、とまどいも多かった一方で子どもたちと楽しく過ごせたことがとても印象深かったようです。

サンタになってちばに笑顔を届けよう!
と開催したちばサンタプロジェクト。
学生自身も笑顔になって地域とつながる良い機会となりました。

この授業では、ちばサンタプロジェクトの他にも千葉大生と3H日本語学校の学生が交流会を行い、さまざまな試みを行いました。

その中で話題にした「留学生あるある」と「子ども食堂」について、興味を持ちその後自主的に調べまとめた3H日本語学校の留学生がいたので今回発表してもらいました。
a0029225_15591296.jpeg


a0029225_15461646.jpeg

留学生の積極性や意欲、そして能力には、本当に感心するばかりです。

自分で考え行動する姿は、素晴らしいと思いました。


最後にグループでフリートーク。
a0029225_16365086.jpeg
少しだけでしたが、自分の思いや夢などを話すことができました。

これで今年度の交流は終わりです。
国や文化が違うからこそ気がつくこと、学ぶことが多いと感じた交流会でした。

大雪で大混乱の中、参加してくれたみなさんどうもありがとうございました⛄️

[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-25 05:01 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

1月23日の千葉大学での「ちばサンタプロジェクト2017ふりかえりの会」の時に、別テーマでの留学生の発表もあります。

3H日本語学校の留学生による「子ども食堂について」の発表です。

発表のきっかけは、11月7日に行ったゆるプロ情報交換会でした。

ゆるプロ(ゆるやかにつながろうプロジェクト)情報交換会は、地域で活動している人たちや学生が集まって、それぞれの活動紹介を聞いたり、意見交換をする機会となっています。

11月のゆるプロには、3H日本語学校の留学生も初めて参加しました。

その時の話題は、プレーパークや親子英語クラブ、そして子ども食堂についてなどでした。
a0029225_18140861.jpg

そこである留学生は、子ども食堂についてとても感銘を受け、母国に帰ったときに自分が何をできるか考えたそうです。
そしていろいろ調べ、考え、今回子ども食堂について発表してくれることになりました。

地域での活動の話を聞いても他人事と捉える人が多く、少しへこんでいたのですが、文化の違う留学生が自分事と考え行動してくれたことに俄然元気が湧いてきました。

1月23日は、この発表もとても楽しみです。

1月23日(火)10:30~12:00  千葉大学教育学部2207教室にて   開催

ご興味のある方はどうぞ!




[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-20 13:51 | Trackback | Comments(0)

1月23日火曜日10時半から12時
千葉大学教育学部2207教室で
ちばサンタプロジェクト2017振り返りの会を
行います。

12月10日にまちスポ稲毛で行ったちばサンタプロジェクトについて、参加した千葉大学の学生や3H日本語学校の学生の報告を中心に会を行います。

参加者約500名のイベントとなったちばサンタプロジェクトを経験した大学生や留学生たちがどんなことを感じたのか、ご興味のある方はぜひいらしてください。
a0029225_20571759.jpg




a0029225_12563446.jpg




[PR]
# by kodomogaku | 2018-01-20 09:17 | Trackback | Comments(0)

今年も残りわずかとなりました。
暮れの大掃除が例年になく順調に終わっていき、気分がいい、久し振りの投稿、Oです。

子ども学顧問の藤川先生のご指導で、今までインターネットやスマホの問題に触れる機会は多々ありました。

が、もともとアナログ世代でデジタルなものは苦手意識もあり、私達が手を出しずらい分野でした。

でも何とか私達なりの方法でできればと、
後期の大学の授業で、学生たちにゲームやスマホを使っていて自分で失敗だと思ったことや依存していることと思うこと、またその対処法についてアンケートをしました。

そしてそのアンケートをもとに学生達にゲーム、スマホの依存度チェック表を作ってもらいました。
a0029225_15491840.jpg

学生達は、依存度が高いと小吉、低いと大吉となるおみくじが引けて楽しめる。
なんてアイデアを考えつきました。

おみくじには、その依存度によって対処法も記されています。


a0029225_15495696.jpg




これを先日、フレスポ稲毛で行われたサンタプロジェクトで参加者の方に試して頂きました。

参加者は延べ500人程の賑やかなイベントで、年齢も様々で全体的にはまだゲーム機やスマホを持たない幼稚園位の親子づれが多いような印象でした。


a0029225_23211007.jpg





スマホ依存度チェック表&おみくじは、子供向けに考えて作ったものではありますが、スマホを持つ大人の方にも積極的に試して頂きました。

やってみると、あまり依存度は少なくマナー良く使っている方もいましたが、かなり依存度の高い方もいらっしゃいました。

ご夫婦でチャレンジされていた方は「あまり夫婦で依存度が高いというのは良くないですね。」とおっしゃていました。

また作った学生自身も「自分の使い方の見直しになりました」との感想も…。

ゲーム、スマホやインターネットの問題は依存だけの問題ではありません。

LINEいじめやSNSを使っての詐欺やなりすましによるトラブルも後を絶ちません。

娘が中学3年生の頃、LINEが徐々に使われていた頃でクラスの大半はガラケーやスマホを持っている状況で、スマホを欲しがりました。


その頃はLINEもまだ浸透はしていなくて「いじめに使われるらしいよ。」などのネガティブな情報もあって、購入を躊躇していましたが、とりあえずiPadでもアプリを取り込めて使えるということだったので、家から持ち出し禁止、親の目の届くリビングで使い、9時以降は使わないというルールにして使い始めました。

問題なく使っているか様子を見ながら、スマホデビューはある程度分別がついて使用が出来ると判断して、高校1年生から持たせました。



それでも使い始めは次々楽しく使えるアプリに夢中になって、スマホが離せないような姿も…


でも部活に入って部活中は使えないので、アナログな経験も沢山出来たので良かったです。


今の時代パソコンもネットも上手く使えた方が良いし、小さい失敗は繰返して得るものは多いと思ってもSNSは使い方によっては一生の傷にもなる。

今まで数多くの子供イベントや親子企画をしてきましたが、そのような場でこの問題について考える機会を持つ、またゆるプロで繋がってきた沢山の団体にも誰でもが伝えられる方法で伝えてもらう。


専門家ではないけれど、専門家の情報を伝える役割を担うという事は出来るのかな…と思います。

今年もあっという間に過ぎてしまい、特に秋以降は忙しかった。

娘の大学受験の事と義母、義父が次々入院し先月義父は残念ながら帰らぬ人に…。


子ども学他メンバーも家庭の主婦中心。

まだまだ子育てに手がかかるし、段々親の介護も身近になって気がつけば活動メンバーが少なくなって目の前の問題に手が一杯な現状です。



だけどNPOになって早7年近く…

まだまだ私達に出来ることはあるはず!

そんな話を理事長としていたところ、私達の原点「復活!子ども学講座」が、助成金申請一次審査通過のお知らせが!

いい年のスタートになるといいな…。

いや!したいです!

今年も子ども学生に携わって頂いた全ての方に感謝申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。✨

[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-29 13:26 | Trackback | Comments(0)

千葉大学の授業後、3H日本語学校にちょっとご挨拶に寄ってきました。
千葉駅から近いと聞いていましたが、本当に西口の目の前にあるんですね!

そこで3Hの片岡先生にうれしいお話を伺ったのでシェアします。

10日のちばサンタプロジェクトでは、3Hの学生達がとても活躍してくれましたが、自分の国にこのような子どもを対象にしたワークショップがなく、どういうものか当日までイメージがつかめなかった学生もいたそうです。

でも体験してみたらとても楽しく、これは帰国したらぜひやってみたいと思ったとのこと。

サンタプロジェクト、海外進出の可能性もあり?!  これは楽しみだ!!

a0029225_19084606.jpg

















またほかの学生は、11月に行ったゆるプロ情報交換会での子ども食堂の話にとても興味を持ち、これからもっと深く調べたいと意欲を見せているそうです。
a0029225_18140861.jpg


















やはり自分の国に多い貧困層の子どもたちのために子ども食堂の仕組みを調べてみたいという想いがあるようで、素晴らしいなと思いました。

自分にできることは何か、常に考えている彼らの姿勢には、学ぶところが非常に多いです。

そしてそんな彼らにちょっとしたきっかけや経験をする機会を提供できたことは、自分たちのしていることの意義を確認できたようでうれしいです。

いいお話ってなかなか耳にする機会がないので、立ち話で聞けて良かったとほっこりして帰ってきました。


何年か後、海外でサンタプロジェクトや子ども食堂が広まったらうれしいなあ162.png










[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-12 18:21 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

12月12日千葉大学での授業は、ゲストに「ちば〇〇部」の留守敦さんをお招きし、「『〇〇したい』をかたちにしよう」というお話をしていただきました。
a0029225_17191339.jpeg

「ちば〇〇部」は「〇〇したい!」という想いを持つ人が集まり、繋がり、実現するための「場」を提供する活動をしているそうです。

a0029225_16340733.jpeg

部活と考えるとなんでもできるという言葉に、なるほど!!

まずは、「〇〇したい!」と宣言すること。

宣言することで人も情報も集まってくる。

共感を得ることが肝心。

すばやくたくさんやる。
場数をたくさんこなす。

共犯者を作る

失敗は経験だ!

留守さんの言葉には、どれも力があり、納得するものでした。

a0029225_17351032.jpeg

a0029225_17354305.jpeg

留守さんは、高校生の時に夢を見てはいけないんだと感じてしまったそうですが、その後紆余曲折を経てきて、今は、周りの人の「〇〇したい!」の実現のお手伝いをしている。
とてもステキなことですね。

失敗は人を育てる大切な経験なんだとお話を伺いあらためてしみじみと感じました。

初対面の挨拶後、いきなり「授業でお話してくれませんか?」とお願いしたのにもかかわらず、快く引き受けてくださった留守さん、本当にありがとうございました。

[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-12 16:16 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ちばサンタプロジェクトに何人かサンタさんがいたけれど
子どもたちは、その中に本物のサンタさんを見つけたみたい!
 

a0029225_23475468.jpg

「こっちは本物のサンタだ!」

「いやひげが変だ」

「日本語しゃべってる!!」

こどものリアクションにサンタさんも大喜び!


a0029225_23533814.jpg


本物のサンタさんはノリノリでした129.png

[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-10 23:55 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

快晴174.pngの12月10日(日)ちばサンタプロジェクト当日。
オープン前から会場のまちスポ稲毛は、出展者さんで大にぎわい!

ステージ発表最初の「表現力UP講座」の小学生たちは気合十分で集まってきました。

一人ずつ自分が選んで練習した紙芝居の発表。
a0029225_20451585.jpg













長い内容の紙芝居をみんなしっかり披露してくれました。

「緊張した?」と聞くと「全然。楽しかったよ!」と頼もしい答えも。さすがです。


次は、Twinkle-Twinkle Stars 親子英語クラブの小林先生の「英語を楽しむ会」。
a0029225_21102666.jpg

















幼い生徒さんもしっかり英語の発表をしてくれました。
a0029225_21141306.jpg



















工作コーナーももりだくさん

コルク人形作り
a0029225_20541421.jpg













クリスマスリングスライダー
a0029225_21171423.jpg












ボンボンクリスマス
a0029225_21184830.jpg













フェイスペイント
a0029225_21220957.jpg















留学生たちのコーナーでは留学生たちはとても上手な日本語で子供たちに説明していました。
何よりとってもサービス精神が旺盛で、盛り上げ上手。
a0029225_21180078.jpg













大学生のコーナーは、こたつを囲んでまったりと!トランプと折り紙が人気でした。a0029225_22353035.jpg













このおみくじコーナーは大学生が考え、当日担当は高校生がお手伝いしてくれました。
a0029225_23211007.jpg



















小豆から作った白玉ぜんざいやおにぎりやコーヒー、天然酵母のパンも大好評。完売しました!
a0029225_22381670.jpg


















キリンビバレッジサービス(株)さんの自動販売機の補充作業は、保護者の方に「え?自動販売機??」と驚かれながらも、子どもたちは興味津々で行列ができていました。

a0029225_22461544.jpg




















午後からは敬愛学園高校大道芸同好会の生徒によるジャグリングパフォーマンスと大道芸体験
a0029225_22483617.jpg


















a0029225_22431654.jpg













そして女性アンサンブル文月のみなさんのクリスマスミニコンサート
a0029225_22512553.jpg


















最後は子どもも大人も入り混じっての「じゃんけん列車」

a0029225_23044780.jpg











カウントしてみると大人サンタ(高校生、大学生、留学生含む関係者)80名、子どもサンタ17名で
関係者だけで100名近く!

イベントを体験してくれた人は、なんとおよそ500名だったみたい(主催者発表っていうやつです109.png

大きなトラブルもなくみんな笑顔で過ごせたのがなにより。

楽しい1日になりました。

かかわってくださったみなさま、本当にありがとうございます!!

またゆるゆるとつながっていきましょう177.png  



[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-10 17:30 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

おはようございます☀
ついにちばサンタプロジェクト当日となりました!

どんな出会いがあるのかワクワクドキドキしています101.png

大人が笑えば子どもも笑う

1人でできないことも仲間がいれば実現できる

これを味わえるのがこのちばサンタプロジェクトです。

ワクワクドキドキがみなさんに届きますように‼️
a0029225_19472350.png

a0029225_07275883.jpeg

[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-10 07:20 | Trackback | Comments(0)

a0029225_19472350.png


a0029225_19484383.png

いよいよ明日は、ちばサンタプロジェクトです!
天気もまずまずのようで、今日より少し寒さがやわらぐ様子。
遊びに来てくださいね。

サンタっぽい格好でお越しいただければなおうれしい😃です。

会場は、千葉市稲毛区長沼原にあるフレスポ稲毛内のまちづくりスポット稲毛です。




[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-09 11:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学での授業は、3H日本語学校の学生も来て合同授業でした。

いよいよ5日後になったちばサンタプロジェクトの準備がメインですが、当日参加しない学生もいるので、3つのグループに分けて進めることにしました。
a0029225_17154999.jpeg

でも予定通り準備が進まなかったり、思わぬトラブルでせっかく作ったおみくじ600枚を作り直すことになったり145.png

どうする⁇‼︎

だけど学生たちは、焦ることなく淡々と対応して、すごくオトナ。今期の学生の特徴のようです。

すぐわちゃわちゃしちゃうおばちゃんたちは見習わないと。


a0029225_17151144.jpeg

実際にやってみると気がつくことや思わぬトラブルなど次々に出てくるけれど、そこがおもしろい。

サンタ当日もきっといろいろあって、うまくいかないこともあるでしょう。
でも大丈夫🙆

この授業は、「地域子育て支援活動実習」。
教室では学べない体験をするのが醍醐味です。
そこを味わってもらいたいなあ。


a0029225_17223024.jpeg

[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-05 17:00 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

2012年から始めた「ちばゆるやかにつながろうプロジェクト」⇒「ゆるプロ」の情報紙を作ろう!と千葉大学の学生と進めてきた「ゆるプロ通信」の創刊号の原稿が出来上がりました101.png

ゆるプロは、主に「地域」「子育て」を主軸に活動している団体とゆるやかなつながりを作る活動で、情報交換会では、それぞれの団体のイベント情報や想いがたくさん話されます。

でもその情報がその場限りの話になってしまって、とってももったいないと思っていました。

せっかく集まった情報をほかの人に届けたい。

そのためにどうするか。

このご時世、ネットを使うんだよなと思いながらもハードルが高く、二の足を踏んでいました。

そんな時、学生と地域の活動に参加したいと思うきっかけについて話していると
デジタルネイティブ世代にもかかわらず、学生たちの行動のきっかけは、先輩や友達のクチコミ、ゼミの先生などの紹介がほとんどとのこと。

つまり顔の見える人からの情報が一番。

なんだ、アナログじゃん!!

ならば、紙媒体の情報紙だ! 

「情報を手から手へ」

このコンセプトで「ゆるプロ通信」を発行することにしました。

ゆるプロのメンバーの方々に情報を寄せてもらい、構成やデザインは千葉大学生の若い感性を大いに発揮してもらい
今回も「多世代交流」しながら創刊号を作成し、ついに完成です。

学生が「学級通信を思い出しました。」とコメントするように手作り感満載の創刊号。
イベント情報よりも「想い」が詰まった内容になっています。

配布は、12月10日のちばサンタプロジェクトの会場や協力してくれたゆるプロメンバーのイベントの時に行います。

「直接手から手」の他、10日以降はこのブログにも紙面をアップしていく予定です。

実は・・・早くも第2号の原稿もまとまってきていて、2月末に発行しようと盛り上がっています111.png

作る前は、イメージが全然わかなくてみんな困惑していたけれど、作っているうちにいろいろな考えやアイデアが湧いてきました。

最初の一歩。とりあえず踏み出してみなくちゃね。

  
a0029225_22423413.jpg
               千葉大学の紅葉

[PR]
# by kodomogaku | 2017-12-01 22:50 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

11月21日、今日は一段と冷え込みましたが、いい天気で千葉大学の銀杏もとてもきれい。
a0029225_17033319.jpeg
授業では、先週に引き続き、ちばサンタプロジェクトに向けての話し合いと作業をしました。

先週何をやるのか話し合った結果、どのグループも盛りだくさんの内容になりましたが、今日はそれを「引き算」するのが課題です。

とかく話し合っていくうちにどんどん盛り上がってあれもこれもになってしまうんですよね。
でもあえて「削る」。

本当にできるのか、子どもにとってわかりやすい言葉になっているのか、興味関心を持ってもらえる内容なのか。

視点を変えて引き算するのは難しい。
a0029225_17132567.jpeg
どのグループも苦しんだようですが、うまく引き算できて、スッキリ!

形が見えてきたようです。

来週はいよいよ完成へ。

学生たちの能力の高さに脱帽です101.png177.png

[PR]
# by kodomogaku | 2017-11-21 17:00 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

11月14日、今日の千葉大の授業は企画会議でした。
今期は12月10日のちばサンタプロジェクトに向けて3つのプロジェクトを進めています。
今日はそれぞれのチームで課題をもって話し合いをしました。

ちばサンタプロジェクトで遊びコーナー担当のチーム
簡単なトランプゲームやオリジナルゲーム、クリスマス向けの折り紙などを考えてくれています。
サンタプロジェクトに来てくれる子どもたちに楽しんでもらいたいという思いが伝わってきます。
自由参加のイベントは、当日開けてみないとどのくらいの年齢の子どもがどのくらいの人数来るのかわからない難しさがあります。
そこは柔軟に対応できるようにがんばってね。
a0029225_121863.jpg


ゆるプロ通信編集チーム
ちばサンタプロジェクトで「ゆるプロ通信」を配布しようと考えています。
長いことコツコツと活動してきた「ちばゆるやかにつながろうプロジェクト」ですが、今まで広報活動は口コミとネットでの発信が中心でした。
このネット全盛の時代、ここは敢えて紙媒体で発行しよう!
そこで、学生さんの力を借りて『ゆるプロ通信 創刊号』を発行することに。
学生さんからは「えっ!創刊号ですか(◎_◎;)緊張するなぁ」なんて声も。
いいのいいの。元気に作ってくれればいいからね。
a0029225_12183514.jpg


スマホ・ゲームについて考えるチーム
社会問題にもなっている「スマホ依存」ですが、この問題について誰にでもわかりやすくて取りかかりやすくするにはどうしたらいいのでしょう。
そうだ。「依存度チェック」なんてどう?チェックシート作ってさ。
あなたのスマホ依存度は?って測れるような。チェック項目は先週のスマホ依存について考えるアンケートが使えそう。
自分でやってみたら「あなたは重症です」なんて出ちゃったりして。早くやってみたいな。
そうそう、子どもには「ゲーム依存度チェック」ができるね。
a0029225_1219927.jpg


それぞれのチームで企画内容の形が見えてきました。

それにしても驚いたことに、学生さんは話し合いをしながらパソコンでどんどん企画書や書類を作っているんですよね。そして授業が終わるころには書類が完成している!
かっこいい~。おばちゃん、生まれ変わったらそんな風になりたいものです。
って、現世ではあきらめモード。
スタッフS
[PR]
# by kodomogaku | 2017-11-15 12:38 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

表現力UP講座3回目を行いました。

講師は1回目と同じ紙芝居ist(かみしばいすと)の「となみん」です。

今日は、自分の選んだ紙芝居を練習し、最後にみんなの前で発表します。

その前にまずは、顔の体操!
a0029225_16510667.jpg



















口の端を右、左と交互に上げたり、顔をすぼめたり、パッと見開いたり。

変な顔になるのでみんなちょっと照れて恥ずかしそう。

次は「おはよう」いろいろバージョン。

元気な「おはよう174.png

あこがれの人に言う「おはよう162.png

宿題忘れた朝に先生に言う「おはよう122.png

けんかした朝の「おはよう132.png

気持ちのこもったいろいろな「おはよう」にみんな笑顔になっていきました104.png

さて、いよいよ紙芝居選びです。
a0029225_17450110.jpg



















となみんが、やさしいものから難しいものまで様々な紙芝居を選んで持ってきてくれました。

低学年の子が多いので、やさしいものを選ぶかなと思ったら……
難しいお話に挑戦する子が多くて、びっくり!

a0029225_17524186.jpg



















a0029225_17582991.jpg



















「おはよう」で練習した表現方法を活かしながら、読み方を練習しました。

練習時間は30分ちょっと。
短かったかな?と思ったけれど、終わりの時間もあるので、よし!発表だ!!

a0029225_18034233.jpg



















a0029225_18052121.jpg


















たった30分の練習で、見違えるようにいきいきと紙芝居発表をする子どもたち。
本当にすごいなあ。

的確なアドバイスがあれば、子どもはグーンと成長するんですね。

次回12月10日(日)は、ちばサンタプロジェクト!


a0029225_19472350.png



































このイベントでの紙芝居発表が本番です。

今日の様子を見ていると心配ないですね。とっても楽しみです。

公開イベントなので、どなたでも参加できます。
子どもの発表の他にも楽しいコーナーもいろいろありますので、ぜひいらしてくださいね!!




[PR]
# by kodomogaku | 2017-11-12 18:32 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

11月7日、今日の千葉大学での「地域子育て支援活動実習Ⅱ」は「ゆるプロ情報交換会」。
地域で活動している団体や企業の方のほかに3H日本語学校の学生も参加して
年代、出身国もさまざまな異文化交流の場となりました。

最初はアイスブレイクもかねて1対1の自己紹介。
1人30秒ずつの自己紹介を交代して行います。
自己紹介後は、相手の印象を紙にひとこと書いて渡します。
a0029225_18005790.jpg


















日本語学校の学生たちは事前に自己紹介の練習をしてきたので、とてもスムーズに話していました。
またコメントカードの日本語のうまいこと!

5人の人と自己紹介をして集まった紙を見てみると。。。

自分の第1印象。いいところが並んでいてちょっとうれしい110.png

自己紹介の後は、3つのグループに分かれて活動紹介を聞きました。

今日参加してくださったのは、
Twinkle-Twinkle Stars親子英語クラブの小林さん
幕張西KESSAの大塚さん
千葉市子ども食堂ネットワークの渡辺さん
東京キリンビバレッジサービス(株)千葉西営業所の沖村さん   です。
a0029225_18171664.jpg
a0029225_18140861.jpg
a0029225_18201110.jpg





















































学生も留学生も子どもにかかわる活動をとても興味深そうに聞いていました。

どうすれば参加できますか?といううれしい質問もありました。

機会があればぜひ参加してもらいたいものです。

ご参加いただいた皆様、今回もどうもありがとうございました。

ちばサンタプロジェクトもどうぞよろしくお願いします!!

[PR]
# by kodomogaku | 2017-11-07 18:27 | Trackback | Comments(0)

11月4日、小学生対象「表現力UP講座2回目」
「て」と「て」でおはなししよう!を行いました。

講師はデフ・パペットシアター・ひとみ代表の善岡修さんとアシスタントの吉村さんです。

a0029225_20431986.jpg



















ホワイトボードに書いた文字と善岡さんの手話と表情とそしてアシスタントの吉村さんの言葉で
進行していく今日の講座。

最初子どもたちは、戸惑い緊張している様子でした。

a0029225_20402115.jpg




















「!」と「?」を顔で表してみよう!
びっくりした顔とわからないという顔。

恥ずかしがって控えめな顔で表していた子どもたちは、善岡さんの見事な表情を笑いながら見ていくうちに徐々に表情豊かな顔になっていきました。

a0029225_21201060.jpg



















新聞紙ボールを相手にパスするワークでは、「投げるよ」という合図を
相手にしっかりと送り、相手も「いいよ」と合図をしてから投げないと
うまく届きません。

言葉を出さずに相手の顔を見て気持ちを伝える。

よそ見をしていると届かない。

子どもたちの様子をみているうちに自分自身の普段の姿をちょっと反省。
相手の話を「ああ、はいはい」なんてそっぽを向いて言っているなあと。

耳が聞こえていても、話ができても、ちゃんと相手に伝えるには相手の顔を見なくては伝わらない。
a0029225_21335127.jpg



















宝探しゲームでも言葉を使わずに宝のありかを表情だけで伝えます。

これも相手の顔をよく見ないと見つかりません。

言葉を発しないので、静かだけど、とても盛り上がるという不思議な感覚。

子どもたちの表情もとてもイキイキとしていました。

最後は子どもひとりひとりの名前を手話で教えてもらい、手話で「ありがとう」でしめくくり。

手をあげてひらひらと振る「拍手」。音はしないけれど気持ちはたっぷり。楽しい時間でした。

[PR]
# by kodomogaku | 2017-11-05 21:53 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

10月24日の千葉大の授業は、メンバー新たに、後期の「HICプロジェクト」発進!でした。
いきなりですが、ここでおさらい。
HICプロジェクトの「HIC」は、「Happy International Communication 」の頭文字をとったもの。3H日本語学校の留学生と千葉大生のコラボプロジェクトです。
今期は、まさにその外国の方とのコミュニケーションについて、子ども学研究会スタッフは深く考えています。
まず一番は『わかりやすい日本語』を心がけること。
大学というと、より難しい言葉で考え、とても難しい専門用語で会話するのがかっこいい場所。
でもねでもね。世の中の人たちとコミュニケーションをとるには、やさしい言葉で丁寧にお話しできることがとてもとても大事。特に子どもや外国の方にはなおさらです。
では、学生のみなさんにこのことを実践してもらいましょう。『わかりやすい日本語で話そう』が今日のテーマです。

ところが!!
なんと!!
a0029225_13123323.jpg

わかりやすい日本語でコミュニケーションを取れるように準備してきたのは、3H日本語学校の留学生のほうだったのです。
これ、ベトナムからの留学生が書いてきた自己紹介。お国の地図がきれいに描かれています。
こうして留学生全員が母国の地図を書き、出身地をマークし、きれいな字で(もちろん日本語)自分のことをわかりやすく紹介していました。
もし母国の家族が日本に来たら食べさせてあげたいもの、連れて行ってあげたいところ。そんなことも書かれていました。おばちゃん揺さぶられました。(母の気持ちで涙)
a0029225_11344523.jpg

しかしそこは、さすが打てば響く千葉大生。
ささっと日本地図!?千葉県地図!?を描いてわかりやすく自己紹介している学生もいました。

これは「うすのろまぬけ」というトランプの遊びをしているところ。
簡単な遊びなんだけど、ルールを説明するのって難しい。でも何より難しいのは「うすのろまぬけ」の意味を説明すること。普段使わないもんね。
あ~~!早く取らないとうすのろになっちゃうよ。自分のカード見てる場合じゃないよー。
a0029225_11351366.jpg


うすのろになっちゃった人は、しっぺ返し。懐かしい。
a0029225_1135279.jpg

百人一首にもチャレンジ。って言っても、やったのは「坊主めくり」だけどね。
坊主めくりとはこれまた懐かしい。
留学生には、百人一首の絵柄の美しさが響いたようです。
a0029225_11353562.jpg

更に、千葉大生が授業で企画しているプロジェクトの参考にするため、留学生にインタビュータイム。前期もこの授業を受けた学生は、自然とリーダー力を発揮しています。カッコいい。
a0029225_11354767.jpg

さて、学生さんたちは、『わかりやすい日本語』に向きあえたでしょうか。
例えば、トランプのルールを説明する時には、説明する事柄の順番をどうしたらわかりやすいか、相手がわかったと確認するのはどうしたらよいか。いやいや、わかってないけど説明するより実際にやってみたほうがいいのか。
『わかりやすい日本語』とは言っても、言葉遣いだけのハナシではないらしい。
学生さんたちはいろいろな問題にぶち当たったようです。しめしめ。

子ども学スタッフS
[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-25 12:46 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

サンタになってちばに笑顔を届けよう!をテーマに開催する
ちばサンタプロジェクト2017
12月10日(日) @ まちスポ稲毛

参加団体と内容が決定し、チラシが完成しました!! 

a0029225_19472350.png


a0029225_19484383.png



このチラシの表面は、千葉大学の学生が作ってくれました。

このチラシのように、地域で活動している団体や企業、小学生、高校生、大学生、留学生が自分ができることを持ち寄って「ちばサンタプロジェクト」を作っています。

手作り感満載のちばサンタプロジェクト。
ぜひ、みなさんも私たちと一緒に笑顔を届けるサンタになりに来ませんか?

サンタの衣装での参加大歓迎です!!   もちろん普通の格好でも構いません。

12月10日は、まちスポ稲毛へ110.png

お待ちしています!













[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-22 20:02 | Trackback | Comments(0)

まさかの大雨警戒情報発令となった10月22日。
大雨のピークは午後ということだったので
小学生対象の「表現力UP講座」の第1回目を予定通り開催しました。

体調不良のキャンセルもありましたが、ほとんどの子どもたちが開始時刻に集まってくれほっと一息。

さあ、紙芝居ist(かみしばいすと)となみんの紙芝居披露からスタートです。
a0029225_16442956.jpg

テンポよく次々と披露される紙芝居に子どもたちは、どんどん引き込まれていきます。

今回となみんにリクエストしたのは、参加型紙芝居。
子どもたちにも掛け声や手拍子で紙芝居に参加するスタイルです。

この講座のゴールは、子どもたちによる紙芝居披露。

聞く側から演じる側へ。

演じる前のウオーミングアップは、からだほぐし、声出しです。

a0029225_17040832.jpg

声を出しながらお手玉を投げたり、「おはよう」をいろいろなパターンで言ってみたり。

だいぶからだもこころもほぐれてきたところで
いよいよ班ごとに紙芝居実演です。

a0029225_17092397.jpg


















恥ずかしくて大きな声で読めない子、
初めての紙芝居なのに、表情たっぷりに演じられる子。

子どもそれぞれでしたが、みんなとても楽しそう。

自分の番になるとみんな一生懸命に披露してくれました。

本当は班の中だけで発表する予定でしたが、やる気がある子が多いので、
最後は、みんなの前で希望者による紙芝居発表会をすることにしました。



a0029225_17164722.jpg

わずか20分たらずの練習だったのに、堂々と発表する子どもたち。172.png

恐れ入りました。

たぶん、成果発表会する12月10日のちばサンタプロジェクトでは、きっと素晴らしい紙芝居を披露してくれることでしょう!!

楽しみです。

みんな大雨の中参加してくれて本当にありがとうございました。
次は、11月4日(土)です。また来てね。



え、ちばサンタプロジェクトって何?ですか。

それはみんなでサンタになってちばに笑顔を届けるプロジェクトです。
このことについては、また別の記事で177.png




[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-22 17:27 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

イベントのご案内

11月3日にも「ちばこどもおうえん広場」という催し物がきぼーるで開催されるそうです。

a0029225_21552023.png
a0029225_21561350.png


[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-12 21:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

講演会のご案内

CAPグループ千葉県連絡協議会の方から講演会のご案内が届きましたので、シェアします。

12月1日(金)に美浜文化ホールで、翌日開催の「日本子ども虐待防止学会ちば大会」のプレイベントとして、講演会が開催されます。
講師は、元シールズの奥田愛基さん(政治の話ではありません)、第二部は植草短大の佐藤慎二先生(発達障がい)です。
a0029225_21421149.png


a0029225_21405021.png















[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-12 21:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

千葉大学の後期が始まり、今日は2回目の授業です。
先週の授業では受講生が少なかったのですが、今日は倍近くに!!
にぎやかになってうれしいですね~。

さて、今日は小学校が秋休みの最終日ということで、小学生3人にも参加してもらいました。
最初は緊張していた子供たち。
では自己紹介をーーなんて急に振られてドギマギ。学校名、名前、学年。上手に言えましたよ。

今日のテーマは「遊び」です。
今までも「遊び」については何度か投げかけてきましたがじっくり話したことがなかったかも。
そもそもどんな遊びがある? 自分たちはどんな遊びをしてきた? 
今の子供たちと違うの? 人と自分は好きな遊びが違う? 
国によって遊びは違う? 時代によって違う?
いろんな疑問がありますが、ディスカッションして掘り下げていきます。

最初は付箋に遊びを書き出してもらって、グループでシェア。
そして模造紙に貼りながら、遊びの種類を分類。
最後に、グループごとに気づいたことを発表してもらいました。
a0029225_1017421.jpg

a0029225_10293167.jpg

楽しい思い出もよみがえってくるのでしょうか、笑いがあちこちに起こりながらのシェアとなりました。
と、思ったら、子どものときにハマったゲームセンターのカード遊びを今もやってますって!?
まあ。まあ。いいでしょういいでしょう。好きなことは好きだもんね。
かくいう私も、子どものときに好きで好きでたまらなかった遊びが仕事になってるもんね。
好きって大事よね。
a0029225_10285698.jpg
a0029225_10394566.jpg

もちろん、小学生にも活躍してもらいましたよ。
小学2年生と3年生の少年たち、意外にも古い遊びも知っていて、大学生のお兄さんお姉さんも驚いていました。
何しろ、スタッフSさんは70代。子どもとの垣根がないんですよね~。感心しきり。
丁度、今の大学生は初代ベイブレードやカードゲームで遊んでいた世代。
今の子供もそれが進化したもので夢中で遊んでいるんですよ。懐かしいかな。
でも、鋭い学生さんは、そういうゲームやおもちゃは結局のところ、永くは残らないんじゃないかな。って読んでます。
確かに、そのままでは売れなくなるのか、メーカーのほうでは常にモデルチェンジしていますね。

変化しないと残っていかない遊び。
昔から変わらない遊び。
国が違っても子どもが大すきな遊びは同じだったりする。
そこにはどんな「遊びの力」があるんでしょう。まだまだ考えることがありそうです。

後半は、トランプで遊びました。
ん!?大学の授業でババ抜き~!!??
けしからんって怒らないでね。
いろいろ狙いがあるんですよ。
a0029225_10401372.jpg

まずは小学生との交流です。実践です。
あ~~!!そこ、ババあるよ!
真ん中のカード。一枚だけ上がってるけど、こういう時って、上がってるの引く?はじっこの引く?ああ悩む。
a0029225_10403122.jpg

そして二つ目の狙いは、「子育てトランプ」を紹介すること。
a0029225_10474677.jpg

これは子ども学研究会オリジナルのトランプです。
子育てに役立ったり、ほっこりしたりする言葉が書いてあります。
改めて読むと、これ、名作です。

オリジナルトランプの、実は新バージョンを計画中。
今度は「子育て」ではなく、大学生の力を借りて作りたいんです。
「スマホあいうえお」今日の宿題にしました。
大学生の皆さん、遊び感覚で、リラックスして考えてね。
来週が楽しみです☆
[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-11 12:06 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今年もやります!  
「ちばサンタプロジェクト2017」
12月10日(日)10:00~15:00  
まちづくりスポット稲毛にて


みんなでサンタになってちばに笑顔を届けよう! をテーマに
千葉市や近郊で活動している団体や企業などが協力して
それぞれができることをやる、いわば「1品持ち寄りイベント」です110.png

だから内容もいろいろ。
ママさんコーラス、小学生による表現発表会、英語を楽しむ会、ジャグリングパフォーマンス
自動販売機充填作業体験コーナー、工作コーナー、物販などなど

参加者も乳幼児、小学生、高校生、大学生、留学生、成人。
あらゆる世代の人が集まっています。

参加される方も是非、サンタの衣装や帽子をかぶって、みんなで笑顔のサンタになりましょう!!

詳細は決まりましたら、またお知らせいたします。お楽しみに。。。。。 

写真は、ジャグリングパフォーマンスを披露してくれる敬愛学園高校大道芸同好会のみなさんです。
a0029225_21502622.jpg

[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-09 21:54 | Trackback | Comments(0)

a0029225_21103889.png
小学生対象の「表現力UP講座」の受講者を受付中で、間もなく定員となります。

自分の気持ちを相手に伝える力が表現力。

その力を磨くために紙芝居の先生や手話の先生を招いて学ぶ連続講座です。
とはいえ、「たのしい」ことが盛りだくさんのプログラム。

今のところお申し込みは、低学年の参加が若干多め。
どの学年にも楽しんでもらえるよう、講師の方と構成を練っていますので、
ぜひぜひ、ご興味のある方は、お早めにお申し込みくださいね!

こちらの講座にお申し込みの方は、1月から3月にかけて行う土曜日学校に優先的にお申込み受付をさせていただきますよ!

お申し込みはメールで。  kodomogaku7@yahoo.co.jp まで
参加されるお子様のお名前(フリガナ)、学年をそえてお申し込み、よろしくお願いします。



[PR]
# by kodomogaku | 2017-10-09 21:13 | お知らせ | Trackback | Comments(0)