10月30日 日本語学校の留学生たちとの交流会。笑いがいっぱいでした。

10月30日(火)。この日の授業は、千葉大学の学生と3H日本語学校の留学生たちとの交流会です。
後期になって初めての交流会。
それぞれ新しいメンバーに入れ替わっているので、まずは緊張をほぐそうと、千葉大学の”交流会企画班”の学生たちがこの日の交流会のプログラムを考えました。
a0029225_08082118.jpg
まずは、アイスブレイク。
留学生の皆さんとできるだけお話ししようと、グループに分かれて話ができる「部屋の四隅」というゲームです。
春・夏・秋・冬の四季の中でどれが一番好きですか?
という質問で、部屋の四隅に分かれてもらいました。
お国によっては、一年は四つの季節ではなくて、なんと!6つもあったりするんですって!

今日の内容は盛りだくさん。
片岡先生には、新作の紙芝居を上演していただきました。
『わっはっは 千葉笑い』。
a0029225_08083055.jpg
a0029225_08084030.jpg
最後はみんなで大笑い!!
発展途上国の教育においての紙芝居の有効性なども教えていただきました。

東京キリンビバレッジサービスの千葉支店長の沖村氏による、飲料の自動販売機についてのお話も伺いました。
a0029225_08084708.jpg
自動販売機については、留学生たちが日本に来た時に、まずは驚くことだそうです。
その数の多さ。種類の多さ。便利さ!
その興味の大きさに答えていただこうと、いつもお世話になっているキリンビバレッジさんにお願いしてお話ししていただきましたが、日本人でも知らなかった自販機の話が次から次に。

世界で一番自販機の台数が多い国は?
日本で一番売れている自販機はどこに設置されている?
災害時の自販機の役割は?

気になるでしょ⁉
あ~。もう一回。そしてもっともっと聞きたくなるお話でしたよ。

後半は、「さいころトーク」に「一筆書きリレー」でコミュニケーションを深めます。
これは「一筆書きリレー」のゲーム中。
2チームの画伯たちの写真を紹介しますね。
同じお題で描いていますよ。
a0029225_08091276.jpg
a0029225_08092057.jpg
一筆ぶんだけ描いて、次の人に回していくので、思わぬ絵になったりしてね。
a0029225_08092863.jpg
何を描いたのかは、最後の人が当てるんだけど・・・。
あれ、あれ。あのキャラクター。ん!?耳ってあったけ?

一方で、「やさしい日本語班」の学生たちは、留学生に協力してもらって課題に取り組んでいました。
こちらは、外国人が病気などで病院に行ったときに、どのように話をすればよいか。
という研究をしているチームです。
a0029225_08093634.jpg
ここで驚きの事実が!!
留学生たちは病院に行かないという・・・。
ちょっとの病気ならば、我慢してしまうらしいです。
そうですよね。異国で病院にかかるって、ハードル高いですね。

こちらのチームは地震の時について、留学生と一緒に考えているチームです。
動画を作成し、視聴しているところ。

a0029225_08094277.jpg
地震の多い日本。ここ千葉は特に今後大きな地震が起きる可能性が高いといわれている地域です。
外国の方に地震について伝たい。
どう伝えればいいか、どのくらい理解されているのかの実態を探りながらの作業です。

この日の交流会は、内容盛りだくさん。
笑いの絶えない授業でした。
あ~。楽しかった。

で。
今日進行してくれた、交流会企画班の学生さん。
これで終わりではないですよ。
外国の方と交流する際の秘訣、つかめたかな?
異文化多世代コミュニケーションの研究が今期の課題です。


[PR]
トラックバックURL : https://kodomogaku.exblog.jp/tb/238844265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2018-11-06 08:55 | Trackback | Comments(0)