HICプロジェクト2018『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』で小学生・千葉大生・留学生が大集合。その2

さあ、前の記事に続いてHICプロジェクト2018『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』の様子をお届けします。
場所は千葉大学教育学部の教室。
このイベントは、授業の一環です。

前期の授業ではテーマに沿ってグループごとの活動をしてきました。
イベントの後半では、一部グループの、その活動の成果を発表します。

これは、ネットトラブルを子どもたちにわかりやすく伝えることを考えてきたグループの発表です。
「子どもたちに伝える」「わかりやすく伝える」って、とても難しい。
そこで学生さんは考えました。
紙芝居‼
a0029225_11402545.jpg
見て見て。子供たちの真剣な様子。
それもそのはず。
紙芝居のお話の内容は、何と『白雪姫』。
みんなが知っているお話です。
でもでも、スマホだの位置情報だの、さてはこれはただの白雪姫ではないな⁉
a0029225_11420265.jpg

続きましては、この楽しそうな絵の中に、間違いがいくつかあります。だって~!
間違ったスマホの使い方をしている子はどの子でしょう。
それはどんな間違いでしょう。
a0029225_11421575.jpg
「わかった人~?」
との問いかけに、小学生の手が次々に挙がりました。
a0029225_11422906.jpg
「スマホを見ながら歩いているのが危ないと思います。」
a0029225_11424172.jpg
そうだね~。
それから、ネットに悪口を書き込んだりもいけないね。
と、大学生のお姉さんたちがわかりやすく教えてくれました。

紙芝居や間違い探し。学生さんならではのアイデアは面白いですね。
子ども学のスタッフも楽しませてもらいましたよ。

最後は、「やさしい日本語」を研究してくれた班の中で
「子ども向けSNS」について調べてくれたグループの発表です。
「わかりやすいLINEマニュアル」
「わかりやすいYouTubeマニュアル」
をまとめたカラーチラシを作ってくれました。
a0029225_11430249.jpg
LINEとかYouTubeとかは、子どもたちも日常的に使っていますね。
調べた学生さんたち本人もびっくりしていましたが、意外と知らないルールがあるんですって!
これなら小学生も読みやすくていいね。
a0029225_11431737.jpg
あっという間の90分。
ここ3か月、留学生と交流しつつ、企画内容に悩みつつ、100人規模のイベントの実行という大きな課題に取り組んできた千葉大生。
限られた時間の中で盛りだくさんの内容を整理するのは大変な作業でしたね。

でも、イベント中は千葉大生の皆さんが誰よりも楽しそうにしていたのを見て、
やった!と思いました。
「大人が笑えば子どもも笑う」
自分が楽しければ子どもだって楽しいはず。
こういう時は誰よりも自分が楽しんじゃえ。の精神で行きましょう。

それから、授業の回を重ねるたびに3H日本語学校の留学生たちとも交流が深まっていきました。
最初に会った時の双方の緊張した空気は今では懐かしいですね。

そして、イベントが終わり、小学生を送り出し、
千葉大生と3H日本語学校の留学生と協力し合って教室を元の状態に戻しました。
a0029225_11432945.jpg

このイベント『アジアの国々の暮らしを知ろう!!』は、
7月31日に今度は3H日本語学校を舞台に、第二回目が行われます。
3H日本語学校の全面協力を得て、同じ子どもたち50人が再集合。
さて、どんなイベントになるか、
またまたブログでその様子をご紹介しますのでお楽しみに!
ちょっとドキドキよ。

トラックバックURL : https://kodomogaku.exblog.jp/tb/238676891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2018-07-27 12:50 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)