放課後子どもなんでも体験隊「失敗もごちそう!」ガトーショコラを作りました! 

5月22日の放課後、小学生対象の「子どもなんでも体験隊」を穴川コミュニティセンターで行いました。

初めての放課後開催。14時半~16時半。
市教研の早帰りに合わせて開催しようと思ったのに、読みがはずれて(1週間違い)、
子どもたちは通常日課。
チラシを持って行った小学校では、対応してくださった先生が、「1年生でも2時過ぎ下校ですよ。大丈夫ですか?」と心配される有様。 
ところがチラシを持って行ったその夜から3日間で定員10名が埋まり、増員して15名。
あっというまに満員になりました。

今回講師をお願いしたのは、稲毛の小仲台で長年食育活動をされている「梅(うめ~)」のみなさん。
ベテランの皆さんはさすがに手慣れたもので試作品を手際よく作ってチームワークの良さを感じました。

でも、合間合間でお話しされているのが「女子トーク」。
いくつになっても話題は同じなのね102.png

まだかまだかと待っているとようやく小学1年生男子が到着。
はじめましてなのでちょっぴり緊張していたけれど、同じクラスの子があとから来るとテンションアップ!
しまいには、ざるを持って踊っていましたよ。子どもっておもしろい。

作るものはガトーショコラ。材料をきちんと測ることが今日の目標です。
1人ずつ順番に慎重に測っていきます。
a0029225_21095099.jpg






























洗い物もきちんとていねいに慣れた手つきでやっています。

a0029225_21072048.jpg


















肝心のガトーショコラの出来上がりを撮るのを忘れたので、おまけのカップケーキです。
a0029225_21190753.jpg



















14時半から16時半の間、本当にばらばらと子どもたちが集まってきましたが、梅の皆さんの対応が素晴らしくてみんな楽しく作って食べることができました。

放課後の子どもの居場所や子ども食堂など、子どもに対する取り組みはいろいろありますが、
私たちらしくできることは何かな?と考えてやってみたのがこの企画です。

もし親御さんが忙しくてご飯を作ることが難しいのなら、子ども自身が食べるものを自分なりに用意できるようになればいいな。
そのためにまず、作る楽しさを知ること。だからおやつ作りから始めてみよう。
そんな思いで企画しました。

自分たちでは実現が難しいことも、得意な方の力を借りれば実現できる。
「ゆるプロ」の精神を今回も活かして、梅さんのご協力を得て実現することができました。
皆さん本当にありがとうございました。

子どもも大人も楽しくできたので、また来月、6月19日に開催しようと思います。
今度はちゃんと市教研の早帰りの日。(ですよね?!)もう少し、ゆっくりできそうです。

楽しみにしていてください。

お問い合わせはメールで。kodomogaku7@yahoo.co.jp









[PR]
トラックバックURL : https://kodomogaku.exblog.jp/tb/238539395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2018-05-23 21:51 | 2018年度の活動 | Trackback | Comments(0)