会議、交流会など 開催するときの備忘録 「場の設定」

イベントを開催するときに、会場配置は必ず考えて忘れない。

でも会議や交流会を開催するときは、全体会なのかグループごとなのか、
机や椅子を何台使うのかどう並べるのかまでは考えるけれど、どこにどの間隔で配置するまでは決めない。

当日会場に入って、机を移動しながら「だいだいこのあたりね」と指示を出しながら並べていく。

これが混乱のもと。
机や椅子をガタガタしながら、あいまいに指示を出すものだから、座ってみるときついとか、向きがおかしいとか。。
実は、その混乱が、そのあとの会議や交流会のスムーズな進行の妨げになってしまうこともある。

時間にものすごく余裕があって、自分一人で会場配置をするのなら、問題はないけれど
ほかの人と協力して行うのなら、図にきちんと示したり、「各班の配置は、それぞれが椅子をひいて座ったときに後ろを人が通れるくらいのゆとりをあける」とまで具体的に伝えないと、伝わらない。

自分の感覚とほかの人の感覚は、全然違う。そのことを忘れないこと。








[PR]
トラックバックURL : https://kodomogaku.exblog.jp/tb/238468559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2018-04-18 18:33 | ハンドブック | Trackback | Comments(0)