親子関係は「ベストでもなくワーストでもなくベターな関係」で

10月26日ちば子ども学講座part9の第4回目「学校のなかでの子どもたち~スクールカウンセラーから見た子どもたち~」がありました。

講師は臨床心理士でスクールカウンセラーのスーパーバイザーをしていらっしゃる寳川(たからがわ)由美子先生。

子どもの発達と心理や子どものおかれている現状や社会背景の問題等をていねいに且つユーモアを交えてお話下さいました。
気が滅入る話も考えさせられながらも前向きにとらえることができたのは、寳川先生のお人柄のおかげだと思います。

大人も大変な時代だけど、子どもも本当に大変な思いをして生きているんだなあとあらためて感じます。

どこでどうなって、こんな間違った世の中になっちゃったんだろうと思う毎日だけど、わたしたち親ができることは、子どもとちゃんと向き合うこと。

子どもは親を倒して大人になっていく。
だから親はなぎ倒されてもいい。でも起き上がりこぼしのように立ち上がろう。
子育てはそのくりかえし。

コスモスは風にゆらゆら揺れて台風にあえば倒される。
でも台風が通り過ぎるとまたゆっくりと根を地面に張って起き上がる。

わたしたち母親もコスモスのように美しく咲きましょう!056.gif
寳川先生の温かい言葉が身にしみます。

今朝も娘と激しく言い合っちゃった。
でもそれも成長の大切な過程。間違ってなかったんだなぁ。。。と思うのは甘すぎる?

だけど、「子育てには失敗はありません。」ときっぱりおっしゃった先生のお言葉を胸に「思春期vs更年期」の戦いの日々をめげずに過ごしていこうと思いました。066.gif
[PR]
トラックバックURL : https://kodomogaku.exblog.jp/tb/11481191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2010-10-26 23:32 | 2010年度活動報告 | Trackback | Comments(0)