千葉大学生と留学生とで、企画をした「アジアのあそびツアーに行こう!」。

現在受付中ですが、ものすごい反響で、定員をはるかに上回るお申し込みが続いています。

大きい教室なので、定員を大幅に増やして対応することになり、
明日はみんなで「作戦会議」を行います。

それにしても、夏休みの小学生の居場所。求められているのね~。

わが家でも夏休みをどう乗り越えるか、ずっと課題でした。

学童保育のない小学校だったので、仕事のある日は、子どもだけで日中過ごしていて、
今聞くと「え~っ!!」005.gif042.gifと叫んでしまうような出来事が起こっていたそうな。

無事でよかった。046.gif

おかげで、みんなタフな人間になりました066.gif

こんな危ない橋を渡らずに(?)
放課後でも、夏休みでも子どもが安心安全に過ごせる場所がたくさんできればいいのだけど。

なかなか解決できない課題です。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-07-11 12:31 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

さて、ちば子ども学研究会の夏休みのイベント第2弾は、なんと
千葉そごう2Fのイベントスペースで、8月7日(日)に行います。

千葉そごう2Fといえば、すっかりおしゃれにリニューアルして、素敵なブランドショップが並ぶ縁があまりないフロア。
「本当に私たちみたいな団体がイベントしていいんですか?」と何度も確認しちゃいましたが042.gif
「是非是非!」ということでしたので
「ではでは」と大胆にも絵の具を使うイベントを決行いたします!
a0029225_15202294.jpg


色染めうちわ作り 

紙の毛細管現象を利用して色付けをするので、ちゃんとまとめれば、理科の自由研究にも、自由工作にもなりますよ。


そして、これだけではなく、

飛び出すカード作り

手裏剣を作ってあそぼう!


という全部で3コーナー もあります。


当日受付です。

ご家族で遊びに来てくださいね。

*詳細は後日またブログでお知らせします。

*うちわは、数に限りがあります。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-07-06 15:31 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

今年は小学校の夏休み開始が早いようで、夏休みまでもう10日もない!005.gif
あっという間。

予定がまだ決まっていない方に良いお知らせです。

7月26日(火) 10:30 ~ 12:00 

千葉大学教育学部2111教室で、小学生向けのイベントを開催します。

千葉大学の教育学部の学生と3H日本語学校の留学生が協力して、「アジアのあそびツアーに行こう!」というイベントを考えてくれました。

中国、ベトナム、フィリピン、モンゴルなどアジア各地のじゃんけんやあそびを体験できます。

数字の読み方も全然違って、発見がいっぱい!!

参加費100円(保険料等)。

事前メール申し込みで定員20名です。

アドレスは、 kodomogaku@softbank.ne.jp

みなさまのご参加をお待ちしています。!
a0029225_14594128.png

a0029225_150936.png

[PR]
# by kodomogaku | 2016-07-06 15:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

3月に参加したシンポジウムで、知った横浜サンタプロジェクト」。http://actionport-yokohama.org/action/santa/ 

これ、絶対にやりたい!!

と、何の根拠もなく、「私、ちばサンタプロジェクトをこの冬やります!」と宣言。

やるなら、一緒にどう?とノッてくれる人がいて、
気がつけば、アクションポート横浜の高城さんを突撃訪問。
勢いで、今年度の「横浜サンタプロジェクト実行委員会」にちょこっと参加。

「千葉でも是非実現してくださいね。」と激励を受け、引くに引けない状況。

で、やります!!  「ちばサンタプロジェクト」。

何をどうするかは、まだまだこれからですが、とっかかりのたたき台はできました。

明日の「ゆるプロ情報交換会」で、お話しさせていただきたいと思います。

いつもながらのゆるいたたき台ですので、バンバンたたいて下さい。覚悟はできています。

28日10時半~12時 千葉大学教育学部2112教室

ご参加お待ちしています。

※ちばサンタプロジェクトは、12月10日に開催することになりました!
画像に記載の12月3日から変更になっています。

a0029225_1816221.jpg

[PR]
# by kodomogaku | 2016-06-27 18:17 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

いよいよ今日は「HICプロジェクト」の「作って食べてコミュニケーション」です。

留学生たちは、9時から続々と会場の穴川コミュニティセンターに集まるやいなや、
すぐに調理開始!

みんなの手際がいいことに感心しました。

千葉大学生たちは、1限を終えてから学校から移動してきて、みんなが揃ったのが、10時半。

到着後すぐに、留学生とペアになって、生春巻きの作り方を教わりました。
a0029225_22223851.jpg


a0029225_22241217.jpg


a0029225_222734100.jpg

今日もフォーは昨晩3時間かけて、G君が丸鶏を煮込んでスープを作ってきてくれました。
使った鶏は、なんと3羽!

どうです!この出来栄え!!

a0029225_22292244.jpg


みんなお替りをしっかりして、鍋いっぱいのスープを完食041.gif

おいしかった~、大満足003.gif
苦手だったパクチーもおいしく食べられた!という喜びの声も!

何を隠そう、私も30年ぶりにパクチーを食べることができました037.gif

「Cảm ơn」 ベトナム語のごちそうさまです。
発音を教えてもらったけれど、なかなか難しい。でもみんなで声を揃えてごちそうさまをしました。

超豪華な昼食になり、予算をオーバーしてしまいましたが、
先日賛助会員となられたセブンさんからいただいたご寄付で補填させていただくことにしました。

皆様のご厚意により、今日の会が大成功となりましたことを心より感謝申し上げます。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-31 22:42 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

あさってのHICプロジェクトは、穴川コミュニティセンターで千葉大生と日本語学校学生が協力して調理実習をします。

「胃袋でつながろう」じゃなくて
「作って食べてコミュニケーション」と素敵なタイトルをとなみんがつけてくれました。

作るものは、ベトナム料理のフォーと生春巻き。

先週、留学生たちは、試作をしたくれたそうですが、
「フォーは出汁が命!」ということで、ベトナム人の男子1名が前の晩から自宅で丸鶏1羽をことこと煮込んできて、本格的なできあがりになって、とってもおいしかったそうです。

明後日も、今度は丸鶏2羽を煮込んできてくれるとのこと。
ありがたいですね。

私の購入リストには、牛肉の塊肉1kgも入っていて、なんて贅沢な!
(予算の関係で、オージービーフになるとは思いますが。。。
 それでも1kgを買うのにちょっとドキドキします)

ベトナムの代表的な料理を日本人に紹介するのだから、できるだけ本物をというのが、彼らの想いだそうです。

当初は、時間や予算の都合もあるから、鶏がらスープとか使えばいいね、なんて
簡単に考えていたことがちょっと恥ずかしい。

ピュアな若者たちの感性に、本番前から反省しつつ、明日しっかり材料を調達して来なくっちゃ!
[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-29 23:10 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

課題の深掘りに挑戦!

今月のゆるプロも11人のゲストの方にご参加いただきにぎやかに開催することができました。

今回は趣向を変えて、それぞれの「課題の深掘り」をするグループワークをしました。
a0029225_21522421.jpg
各自3つの課題を書き出し、それについてグループメンバーが、質問を書いていく。

アドバイスではなく、「質問」というところがミソ。034.gif

みなさん、最初は、なんで??
とキョトン009.gifとしていましたが、
ワークが進むにつれて、なるほど005.gif
質問を重ねる意味を納得されたようでした。

自分の課題についての
なんで?
どうして?
に答えるうちにもやもやしたところが
整理されていく。そんなところかな。

グループメンバーが、知らない人同士で異世代というところも、今回良かったと思います。

10日前に体験して、これはイイ!
という思いだけて、今日実践するという暴挙079.gifに加え、90分では足りなかったですね。
ごめんなさい。040.gif040.gif

でも、ちょっとでも気づきがあったのならば、幸いです001.gif

これにこりず、来月28日のゆるプロにもぜひご参加くださいね。
お待ちしております!


[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-24 21:26 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

5月17日平成28年度の通常総会を無事開催することができました。

昨年度1年間の事業報告をまとめてみるとそれなりに感慨深いものがあり、
ついつい熱く語ってしまいました042.gif
NPO法人設立5周年のイベントは何もしなかったので、目玉になる事業はなく、
かえって、終わりを迎えたものが複数あり、そういう意味での節目の年になりました。
a0029225_20485835.png

6年目の今年度は、原点回帰で
「大人が学ぶ」
をテーマに活動していきます。

そして「学びをまわりにおすそわけする」 ここがポイント034.gif

学びっぱなしではつまらない。アウトプットが大切です。

どんな学びができるかな。

皆さんからのリクエストも募集中です。

あ、その前に正会員大募集です!!

実は、子ども学、崖っぷちなんです007.gif

ぜひぜひ私たちの活動にご参加、ご支援をよろしくお願いいたします。040.gif040.gif
[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-17 20:51 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

昨夜の地震はちょっとドキッとしましたね。

いつどこで起こるかわからない。他人ごとではなく考えていかなければと思いました。

さて、24日(火)10時半~12時 千葉大学教育学部2111教室で今月のゆるプロを行います。

今回は、趣向を変えて、それぞれの活動の「課題の深堀り」をしたいと思います。

先週、日本NPOセンターの「NPO/NGのための組織基盤強化のためのワークショップ」に参加しました。

その中で体験した「課題の深掘り」のワ ークがとてもおもしろかったので、みなさんにもおすそわけしたく次回挑戦させていただきます。

ご都合よろしければ、ぜひご参加ください。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-17 08:57 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

昨日のプロジェクト名候補にあがった「たけのこプロジェクト」。

結構いいなと思いました。

せっかくなので、この授業の名前を「チームたけのこ」にしませんか?

天に向かってすくすくと。

だれか、たけのこをモチーフにマーク作ってくれないかな。

。。。昨日の夕飯は、チンジャオロースとなりました。037.gif
[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-11 10:39 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

5月10日の千葉大学での授業は、大学生と日本語学校留学生との交流会でした。

この企画は、ゆるプロ仲間の日本語学校教師の〝となみん”から、
地域には、多くの留学生がいるのにも関わらず、地域の人と交流する機会がほとんどないのは、残念。
ぜひ、大学生と交流する場を作りましょう!という提案をいただき、実施することになりました。

a0029225_9324496.jpg


大学生11人、留学生13人(ベトナム10人、中国2人、フィリピン1人)、引率の先生2人、子ども学メンバー6人。
留学生は、20歳前後。
大学生も、学年いろいろ、大学院生、社会人入学の人とさまざま。

まさに異文化異世代交流の場となりました。

最初はみんなとても緊張しながらの自己紹介です。

留学生たちは、事前に自分の国の紹介する練習や地図や写真の準備をしてきてくれて、みんな興味深くいろいろな質問が途切れることがなく会話が続きました。

いまどきだなあと思ったのは、わからない言葉が出てくると、日本人も留学生もすかさず、スマホで検索。
ああこれね~とすぐさま共通認識できるということ。

しまった!005.gif
「「うどん」はどう書きますか?」と漢字を聞かれたときに、
「日本人も漢字では書けないからひらがなでいいよ」と答えてしまったけれど、検索すればよかったなあ。025.gif ※「饂飩」です。

自己紹介の後は、子ども学定番の「じゃんけんゲーム」。
グループ対抗のじゃんけんによるカードの争奪戦です。

1人ずつカードを配るときに、お国の数え方で数えてもらったけれどベトナム語は初めて聞いた言葉で一度では聞き取れませんでした。

そしてじゃんけん。これもお国によって違うので、みんな事前に練習をしてきてくれました。
ほんとに異文化交流ね。

さあ、ゲーム開始!!
a0029225_1095119.jpg

まあ、ものすごく盛り上がりました!

じゃんけんが圧倒的に強いグループが一人勝ち。(グループだから一人とは言わない?)

興奮冷めやらぬままに、話し合いへ。 
 
ってどういう流れだ?という感じですが、おかげで、テンポよくぽんぽんと

次回のプログラム「クッキング~胃袋でつながろう~」 (すごいネーミング006.gif) 
で作るメニューが「フォー」と「生春巻き」に決定。

さらに、せっかくだからこの交流会の名前を決めよう!ということになり、
5分後に「HIC(Happy International Communication)プロジェクト」と命名することが決定。

素晴らしいね038.gif

7月には、このメンバーで小学生を招いた交流会を行います。

始まるまではどんなことになるか不安でしたが、この様子なら、ばっちり大丈夫でしょう!
今後が楽しみです041.gif058.gif
[PR]
# by kodomogaku | 2016-05-11 10:31 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今年度初めてのゆるプロ情報交換会を行いました。
ゆるプロとは、ちばゆるやかにつながろうプロジェクトの略称で、「地域」「子ども」をキーワードに活動をしている団体や人がつながる機会を作ろうとはじめたプロジェクトでほぼ、毎月1回情報交換会を開催しています。

イベントなどで知り合った方達に、良かったら来てくださいねと声を掛け、出欠の確認もあいまいなゆる〜い会なので、時間にならないと何人参加するかわからない023.gif 脱力系?の集まりなのですが。。。

昨日も12団体の方が参加され、熱〜い思いを話してくださいました。


個々の活動については、追い追い紹介させていただきますが、どの団体にも共通しているのは、若い世代に活動を理解してほしい、そして活動に参加してほしいということです。

でも、なかなか大学生に参加してもらえない。

一方、ボランティアに参加したいけれど、行動にうつせない大学生も多い。
一歩踏み出せない理由は、
どんな活動があるのかわからない、
その活動が自分にあうのかわからない、
一度参加してあわないと思ってもやめられないのではないか
などなど。
不安や疑問だらけで、まずはそこを解消しないとね。

大学には、ボランティアに何日か参加すると単位になったりする制度があるそうなので、うまくマッチングできれば、双方にとっていいのだけれど。

昨年度のゆるプロがきっかけで、ボランティア活動を始めた学生が何人かいて、団体さんにとても喜ばれています。

授業の履修生以外の学生にも声をかけられる仕組みを考えていきたいものです。

それにしても、ボランティアをしたいと考える学生が多いことにいつも感心します。

自分の時は、サークルとバイトに明け暮れる毎日でしたから017.gif




[PR]
# by kodomogaku | 2016-04-27 08:30 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

微妙なお年頃

一昨日、昨日と熱い方たちが集まる会に参加しました。
どちらも子育て関連でしたが、一昨日の集まりは、完全に「ねえさん」的立場で、若い方達の向学心に圧倒され、一方、昨日は、「まだ若いんだからがんばって!」と鼓舞されました。

完璧に中間世代です。

新人類と呼ばれた私たちですが、自分に全く自覚はないものの、すっかり中年真っ只中。

上世代と下世代をつなぐことがお役目だなとあらためて感じました。

【参考】中年の言い換え例
ミドルエイジ、アクティブシニア、プラチナエイジ、アラフィフ、おじさん、おばさん。。。
どれもなんだかな〜。


[PR]
# by kodomogaku | 2016-04-27 07:53 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

横浜サンタプロジェクトのお話を聞いてから
「よし!ちばサンタプロジェクトをやるぞ!」と1人妄想にふけっていますが、
結構リアルに実現可能な方法が浮かんできました003.gif

コンセプトと内容は、横浜サンタプロジェクトを参考にさせていただき、
「サンタになってちばの街に笑顔を届けよう」で、清掃サンタとイベントサンタ、それとできればステージサンタの3コーナーを作りたいなと思います。

やるからには、1回だけにしたくはなく、せめて5年はやってみたい。

目標はでっかく、5年後に幕張メッセで開催することをめざしたい041.gifものの、
今年は手始めに、稲毛か西千葉か千葉あたりでコンパクトにどうかなと思っています。

老若男女100人がサンタになって、ちばの街が笑顔になる活動をする日を作る。

どうです?できそうじゃないですか??

稲毛だったら、あの人。  西千葉だったら、あの団体。  千葉だったら、あの施設。

勝手に目星はつけているのですが、
おもしろそうだと思った方がいらしたら、どこでも大丈夫です!

是非是非、一緒に妄想しつつ、実現しましょう!!
[PR]
# by kodomogaku | 2016-04-22 00:06 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

プレイヤーは誰?

4月の井戸端会議でした。
今年度の事業が定まらないうえ、直前に新しい案件が飛び込んで来て、まとまらず、グダグダな話し合いになってしまいました。

何をやるかを決めなくては、始まりませんが、
誰がやるのかが決まらなくては、動けません。

何かをやろうと話し合うのは、楽しいですが、実際に行動に移さなければ、ただの雑談です。

仕事ではないから余計に難しいと感じています。




[PR]
# by kodomogaku | 2016-04-20 08:49 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今年度1回目のゆるプロ情報交換会を4月26日(火)に行います。
時間は10時半~12時。
千葉大学教育学部2111教室です。

昨年度からは、地域で様々な活動している方と千葉大学の学生との出会いの場となり、
今年度も13人の学生が参加予定です。

どうぞ皆さんの活動を学生たちにお話しください。

活動を紹介する写真やパンフレットをご用意いただくとより理解が深まると思います。

当日の飛び入り参加も大歓迎です!
a0029225_21321878.png

[PR]
# by kodomogaku | 2016-04-15 21:32 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

新学期が始まりました!

4月12日、千葉大学での今年度の授業が始まりました。

毎年、年度の初めは、何人参加してくれるかドキドキするのですが、今年度から受講対象者が変わるのでいつもより更に不安でした。

早めに教室で待っていると、段々学生達が入って来て「あ〜良かった、ゼロではなかった!」とホッとしました。

逆に、学生達は教室に1歩足を踏み入れた途端「ギョッ」とするんですよね。

「なんでこんなにおばちゃん達が!?」
みんな顔に書いてあります。

毎年恒例の?リアクションで始まった授業。

まずは藤川教授が授業の趣旨とちば子ども学研究会の説明をして下さいました。

年々、先生による研究会の説明が具体的になってきていて、ありがたいことです。

その後、理事長である私からも拙い会の説明をさせていただき、そのあとは、これまた恒例の
全員での自己紹介。
今の気持ちの漢字1文字付きです。

13人の学生たちは、学年も専攻もさまざまで個性ある面々のようです。

最後に先生が
「研究会のこういう方達との対応を経験するということは今後とても役に立つと思います。」とお話になりました。

うん?
こういう方達?
どういう方たち?
なんか、含みを含んでいるような。。。

まあ、いいでしょう。

若いうちの苦労は財産です。

半年、どうぞお付き合いください。




[PR]
# by kodomogaku | 2016-04-13 08:46 | Trackback | Comments(0)

ゆるプロ情報交換会

一昨日シンポジウムを目一杯楽しんだ後、千葉大学から徒歩10分の轟公民館に行き、今度は「ゆるプロ情報交換会」に参加しました。

主催者なのに10分遅刻、そのうえおにぎり食べながらと、本当にすみません。040.gif

寛容なみなさんに感謝です。

今回は、学生はおらず、10名ほどで、じっくりゆっくりそれぞれの活動をお話いただきました。

こどものまち。
カレーオリエンテーリング。
放課後こども教室。
ムーブメント教育。
チャイルドライン。
忍者体験。
留学生と保育園児の交流。

あらためて、こどもに関わることの多種多様さを感じました。
a0029225_09033369.jpg
みなさん、年代も性格もスキルも違うけれど、
共通した想いは「子どもが主役」ということかなと思います。

みなさん、とってもあたたかい。

やっぱりゆるプロは、イイなあ。

午後も大満足な充実した時間となりました。

次のゆるプロは、4月26日10時半〜12時。
千葉大学で新入生を迎えて行う予定です。








[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-24 08:28 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

一昨日参加したシンポジウムで、アクションポート横浜の高城さんのお話にあった横浜サンタプロジェクトにすっかり共鳴し、イベント大好きな血が騒ぎ出しています003.gif

どなたか、一緒に
ちばサンタプロジェクト053.gif
始めませんか?!

[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-24 07:59 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

千葉大学で行われた「まちの課題と学生・市民をつなぐ」というシンポジウムに参加しました。
基調講演をされたNPO法人アクションポート横浜の高城芳之さんの取り組みは、とてもおもしろく、共感するところが多くありました。
期せずして、多くの大学生と活動することになった今年度は、どう学生と関わっていくか悩んだ1年でもあり、来年度もどうするか、考えていたところだったので、学生との活動のヒントをたくさんいただくことができました。

活動と人をつなげると、その活動が終わればそれっきりになりやすい。
人と人をつなげることが大切。

活動を決める人とやる人が違うから無責任になる。

◯◯してほしいばかりは、団体目線。

うん、うん、その通り001.gif

共感するお話ばかりの中でとびっきりの言葉が
「伴奏」支援072.gif072.gif072.gif
星三つ❗️❗️です。

常々、「子育て支援」という言葉を使いたくないと言っていました。

支援をする、支援を受けるという関係が、どうも腑に落ちなくて、もっと当事者意識が持てる言葉がないかと探していました。

伴奏支援!
素晴らしい038.gif

ピッタリです。

これから自己紹介の時に
「地域子育ての伴奏支援をしています。」
と使わせていただきます!




[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-23 08:20 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)

知的財産を増やす❗️

3月15日、井戸端会議を行いました。
日曜日に終わった千葉市ひとづくり応援カタログ講座のふりかえりをしながら、来年度の活動について、話し合いました。

ひとづくりの講座は、会として初めての有料講座として実施しました。

とはいえ、施設費、保険代、材料費等の経費を引くとスタッフの時給は、最低賃金の半額以下007.gif
にもかかわらず、「参加費をいただいている」というプレッシャーが相当大きくありました。

やればやるほど、赤字になる事業ってどうなの?

持ち出しばかりの現状に来年度の計画がまとまりません。

そんな時に、藤川先生から
「最近、ほとんど自分たちの学びの場を作ろうとしていないですが、それでいいのですか?」
というお言葉が。
005.gif ハッとしました。

今まで10年以上、持ち出し状態でも続けてこられたのは、「学び」という対価を得られたからです。

その対価であった「学び」の場がなくなったから、不満がたまってしまったのでしょう。

藤川先生はさらに「知的財産を増やす方法を考えてみてください。」とアドバイスをくださいました。

知的財産は、使っても減らない。とも。

少し前に高齢の方とお話した時に
自分は飲まず食わずの苦しい生活だったけれど、子どもには教育だけはしっかり受けさせようと、それが私が子どもに残せる唯一の財産だったとおっしゃっていたことを思い出しました。

知的財産を増やす❗️

来年度の目標が決まりました。

大人の学びの場を作っていきます027.gif029.gif

a0029225_09023217.jpg
知的財産より体重が増えそうな春076.gif
体重は、使わないと減りません079.gif

[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-16 08:07 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)

3月13日(日)生涯学習センターでのなんでも体験隊も早いもので、最終回でした。

寒の戻りで寒い1日でしたが、13名の子ども忍者が来てくれました。

まずはウォーミングアップ!「茶々つぼ」の手遊びで身体を動かします。昔懐かしの🎵~ちゃつぼにゃふたがない!ってやつです。
これ私が得意なんでやってみましたが、結構出来ない!
「出来たよ!」なんてどや顔に言ってた子もいましたが…。

続いてバランスゲーム
a0029225_16275000.jpg
目をつむって片足…これが難しいんですよ。

そして定番のお金持ちゲーム⤴
a0029225_16123275.jpg
グループ対抗で盛り上がります!赤グループが何故か?2連勝でした。

そして、今日は今までの3回の思い出を忍者手帳を作っておさめました。
a0029225_16341169.jpg
a0029225_16343110.jpg
みんな製作が大好き💕
今までにぎやかだった子ども達がしーんと静まりかえって集中してオリジナリティ溢れる手帳を作っていました。
a0029225_16373510.jpg
そして、最後のお楽しみ💓
今の季節にぴったりの「くもの巣親分 捕物帖」という大型絵本を読みました。
a0029225_16405035.jpg
くもの親分が鬼平犯科帳ばりに悪い餓の悪党達を捕まえて改心させる。という内容なんですけど、設定がユーモラスで餓を捕まえるところは桜吹雪の中でくもの巣を投げて…なんて絵がとても綺麗に描かれてます。大型だから迫力もあって、みんな食い入るように見てくれました。

最後の感想で、全部楽しかった。身近なものでなんでもできる人たちなんですね。なんて嬉しい感想を書いてくれました。

私たちが感じて欲しいと思ってる事が伝わったかな?
ひとつのイベントの内容を考えて、準備して実行するのは大変ですがやっぱりものづくりって楽しい💕

私たちならではの遊びの場をこれからも提供していけたらと思います。
いつも紅一点の❤ちゃんの付き添いで来て頂いていたお父さん。お手伝いもして頂いてありがとうございました。
春休みに入ってもボランティアで来てくれた千葉大学の一年生5人
協力助っ人でした。ありがとう❗

また 来年度会えるのを楽しみにしてまーす。012.gif016.gif

[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-14 16:17 | Trackback | Comments(0)

シンポジウムのお知らせです。

◆テーマ:「まちの課題と学生・市民をつなぐ〜地域社会・市民活動・中間支援を考る〜」

◆概要:地域課題に取り組む市民活動からみた学生・市民への期待、学生・市民の参加に向けた市民活動団体の課題、学生・市民と活動団体をつなぐコーディネートなどについて、横浜での経験に学びつつ、参加者どうしで意見交換を
しながら考えていきます。

◆日時: 
平成28年3月22日(火)10:00~12:30
(9:30開場)
◆参加費:無料
◆申込み:資料準備の都合により事前に下記のページから申込みください
※3/18(金)締切
  http://www.coc.chiba-u.jp/22mar2016/

◆プログラム
◇ 基調講演「地域と学生・市民をつなぐ場づくり―横浜での経験から―」
 高城芳之(特定非営利活動法人アクションポート横浜事務局長)
:2008 年に設立された団体です。横浜を中心に、NPOと若者・大人、地域企業、
行政などを、プロジェクト、インターンシップ、ツアー、塾、道場ほか多彩な仕方でつなぎ、地域課題をめぐって様々なアクションを生み出し、人材を育ててきた取り組みについてお話いただきます。

◇パネルディスカッション
 モデレーター:米村千代
 千葉大学文学部・教授。千葉大学COC運営会議構成員

 パネリスト
 ・高城芳之
 ・中島智人
  産業能率大学経営学部・准教授、神奈川県ボランタリー活動推進基金審査委員会委員・幹事会幹事長ほか。NPO、社会的企業、社会企業家、自治体との協働などについて、日本とイギリスを中心に研究。

・清水洋行
   千葉大学文学部・准教授。2015 年度「「生活支援サービス」の創出に向けた市民活動・社会起業と学生とのコーディネートの仕組みづくりづくりに向けた調査研究事業」研究代表。





[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-12 21:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ほぼ毎月1回、開催している
ゆるプロ情報交換会を
3月22日(火)13:00~15:00に行います。
会場は、西千葉駅から徒歩7、8分のところにある轟公民館の講習室です。

今回は、ゆっくりとみなさんの活動を聞きつつ、新年度からの新しい展開のご相談もしたいと思います。

例えばみんなで学び合いをしたり、講師を呼んで学習会を開いたり。

大人の学びの場を作れたらいいなと思っています。

他の企画も大歓迎!

是非是非みなさまご参加ください。

お子様連れも大歓迎です。





[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-10 20:21 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

3月8日丸5年です。

2011年3月8日。
法務局にNPO法人ちば子ども学研究会の登記申請に行きました。
a0029225_1752777.jpg

翌々日の3月10日。登記完了。法務所や市役所など役所回り。

晴れて、NPO法人ちば子ども学研究会が誕生しました。

そして翌日、3月11日、大震災。

あれから丸5年です。

今日は、プチ井戸端会議で、しみじみ、みんなで5年経つんだねーと話をしました。

5年前に比べて、それぞれ立場が変わって忙しくなり、ゆっくり全員がそろうことが難しくなりましたが、

お風呂を入った時に子ども学研究会のこれからのことをふと考えたり、

おもしろそうな遊びや本を見つけた子どもから「おかあさん、これ子ども学で使えるよ」と言われたり、

みんな「子ども学」の人となっています。(笑)

5年たってもまだまだ「なんか」「パワフルな」「おばちゃん」集団ですが、
次の5年は、びしっと 
「THE NPO 活動」
しましょうか!!

「大人が笑えば子どもも笑う」の次なるキーワードは

「正しいことを楽しく伝える」 

私たちだからできることは、これだと思っています。


おまけ。
私事ですが、本日最後の学費納入完了しました。昨年の成人式より、そしてたぶん来年の卒業式より、今日のほうが親の任務終了って感じがします。やれやれ、長かった。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-08 17:06 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)


3月2日、ひとづくり応援カタログのイベント、絵本でつながろう親子でふれあいタイムが実施されました。いよいよ最終回~。

a0029225_18202781.jpg


a0029225_18205886.jpg


3回はあっという間でしたね。限られた時間でお母さん達のパネルも完成しました!!余ったPペーパーでオリジナル作品を仕上げるお母さんも。お家でもお子さんと楽しんでもらえたらなぁと思います。

a0029225_18190471.jpg


この日も学生によるおもちゃ作りをみんなで楽しみました♪いろんな動物のパペットが出来上がりましたよ。Oくんお薦めの本も読んでくれました(私が振ったんだけど)

a0029225_18175958.jpg


a0029225_18182696.jpg

大人気だった「ぴょ~ん」や「おいものてんぷら」3回ではありましたが定番になったような?盛り上がりますね。

そして前回はマスコットを使った「はらぺこあおむし」の読み聞かせ。この日はCDを使って曲に合わせて、はらぺこあおむしを楽しみました♪

a0029225_18171574.jpg

最後アンケートを記入してもらいました。皆さんの意見を参考に今後の活動に役立てていきたいと思います。

たくさんの参加ありがとうございました!

[PR]
# by kodomogaku | 2016-03-03 18:16 | Trackback | Comments(0)

2年おきに就活生がいます。
そうなると、着慣れないスーツ姿の子があっちにもこっちにもと目につきます。
ついつい見ちゃうのだけど、
ねー、しつけ糸付いたままだよ❗️❗️

目の前にいたら、こそっと教えてあげられるけど、そうでもない状況だと、いきなり声をかけるのもどうかなとためらっちゃう。

あー、今電車から降りて行った子のコートもしつけ糸が付いたままでした。

電車の中で泣き叫ぶ赤ちゃんのママにも「大丈夫よ」と声かけたいと思っても、離れたところまで移動するまでは、できない。

とある貫禄たっぷりのマダムは、赤ちゃんが泣いていると、すかさず「あらあら、どうしたどうした」とためらいもなくずんずんいくので、赤ちゃんも呆気にとられて、泣き止んじゃうそうな。

まだまだ修行がたりません。

とりあえず、スーツ、スカート、コートを購入した際は、しつけ糸を取りましょう!
覚えておいてね。





[PR]
# by kodomogaku | 2016-02-26 08:21 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

2月21日(日)生涯学習センターで、「子どもなんでも体験隊 忍者グッズを作って忍者になりきろう!」2日目を実施しました。

季節柄、熱が出てしまって欠席の子どもやスタッフもいましたが、元気に歌を歌って始まりました。

a0029225_19513390.jpg

まずは頭の体操ということで、虫食いゲーム。「せ◯い」の◯に入る言葉、「ま◯な◯」の◯に入る言葉を探します。「まじない」「まいなす」とか6つくらい出てたかな。みんな、スゴイ!

今度は忍者グッズ4種類を作ります。
a0029225_19594221.jpg
紙皿手裏剣と、
a0029225_20003132.jpg
紙コップ弓矢と、
a0029225_20011418.jpg
クモの巣&折り紙手裏剣!

学生さんが優しく教えてくれ、ベテランスタッフが楽しく教えてくれます。子ども達もやり方を覚えて、他のお友達に作り方を教えました。

ちょっとバタバタしちゃったけど、何とか参加者全員、4種類の忍者グッズを作ることができました。

いよいよ来月は最終回。みんな元気に来て下さいね。



[PR]
# by kodomogaku | 2016-02-21 19:44 | 2015年度の活動 | Trackback


絵本でつながろう親子でふれあいタイム第2回目が2月17日に実施されました。
お天気もよくたくさんの親子が参加してくれました。この日は前回のパネル作りの続きからスタート。お子さんを抱っこやおんぶしながら、また少し大きいお友達はスタッフや学生と遊びながら過ごしました。

a0029225_17102226.jpg

a0029225_17105099.jpg


あと少しで完成です。次回は実際歌いながら演じてみたいなと思っています。

パネル作りのあとは、手遊び・人形を使ったはらぺこあおむし・ぴょ~ん・お散歩タイムです。はらぺこあおむしは絵本とは違う雰囲気の中、みんな食い入るように見てくれましたよ。ぴょ~んは本当に子ども達大好きで定番になりつつあります。
a0029225_17173781.jpg


a0029225_17135211.jpg


音が止まったらみんなも止まるよ~。とお母さんとお散歩もしましたよ。

a0029225_17142744.jpg

今回は学生Hちゃんが牛乳パックを使ったおもちゃを紹介してくれて、お母さん達に作ってもらいました。簡単にできるので、お家でまた作って下さいね。

だるまさんシリーズのパネルシアターのあとは、普段読んでいる絵本を持ってきてもらったので2つのグループに分かれて共有しました。それぞれのどんなふうに読んでいて、その本に対する想いもお話しして頂き、ほっこりした気持ちになりました。そのあと、またHちゃん登場。絵本を使いながらわらべ歌を教えてくれました。

最後おいものてんぷらをして終わりました。次回で最終回です。寒さに負けずまた元気に来て下さいね。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-02-18 17:08 | Trackback | Comments(0)

ポートアリーナの帰り道。

あ、そうだ!と新宿公民館に寄ってきました。

a0029225_22551125.jpg


ここには、ちば子ども学研究会の生みの母というべきSさんが勤務されています。

入り口を入ると目の前の窓口にSさんがいらっしゃいました。

お久しぶりです!

椅子を進めてくださったので、ずうずうしくも座り込んでおしゃべりしてきちゃいました。

公民館が地域の人の社会教育の場であるという定義がどんどん薄れて、
単なる場所貸し施設になりつつある現状。

もったいないなあ。

子ども学は、公民館生まれで公民館育ち。

地域で学んで、その学びを地域に還元する。

公民館で学んだからこそ、すとんと腑に落ちたんだよね。

子ども学の母に会って初心を思い出しました。

ちなみに、子ども学の父は、藤川先生です037.gif

今日は、父と母にありがたいお言葉をいただいた日となりました。
[PR]
# by kodomogaku | 2016-02-16 23:21 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)