土曜日学校終了後、午後からはそのまままちスポ稲毛で「ゆるプロ」。

昼食を食べたおそば屋さんで偶然ゆるプロに参加して下さっているKさんにお会いしたけど、午後から用事があるとのこと。
あら、残念。
今日は、誰が来てくれるんだろうと少し不安になっていたら、暑い中超多忙の方々が来てくださり、5人のゆるプロとなりました。

いつものようにお互いの近況報告をするとなんだかみんなあわただしい日々で急展開の話や驚愕の事件やら、人生の転機やら。。。

いろんなことが起こるもんですね。

そんな話やPTAのことや放課後子ども教室の話とか、「ボランティア」に代わる言葉がほしいよね~など、
それぞれ立場や活動内容は少しずつ違うものの共通の話題は多く、話題は尽きません。

そして、今年の「ちばサンタプロジェクト」について。
まちスポ稲毛で12月10日(日)に行うのは確定していますが、今年はそのほかの日、場所でも開催することになりそうです。

規模を多くするのではなく、仲間を増やしていく。

一番初めの想いが実現できそうで、うれしいです110.png

ちばサンタプロジェクト第1回実行委員会は9月4日(月)10:00~12:00  まちスポ稲毛にて

ゆるプロはいつもプラスのエネルギーをチャージしてくれます。参加くださった皆様に感謝!




画像は去年のちばサンタプロジェクトです。
a0029225_20440648.jpg


[PR]
by kodomogaku | 2017-07-31 21:33 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

まちづくりスポット稲毛での「土曜日学校3回目」を7月31日(月)に行いました。

なんで、月曜日なのに土曜日学校?
という子どもの質問に「なつやすみだから」とわけのわからない返事で始めた3回目は
それぞれ自分の夏休みの宿題を持ってきてそれを中心に活動をします。

子どもたちのほとんどは、ドリルを持参してきましたが、学校の宿題というより通信教育の教材が多かった印象。

めんどうくさーい!と言いながらも生真面目に取り組む子どもたち。
a0029225_19140835.jpg


















一方、工作したい!と新聞紙工作を始める子も。
a0029225_19173498.jpg



















新聞紙で作るのは、子ども学で人気の新聞紙トカゲ。
a0029225_19190128.jpg




















作っているうちに愛着がわいたようで野球帽をかぶせていました。

休憩をはさむと部屋の中は一気にざわざわ、ドリルに取り組んできた子どもたちもそろそろ飽きてきたようです。

そこで、みんなで協力して自由研究「サイコロの目の出方調べ」をすることにしました。

やることは単純。サイコロを振って出た目の数字の記録を取っていきます。

ただしサイコロを振るのは200回!

どんな記録の仕方が後で結果をまとめるのがよいか話し合いながらひたすらサイコロを振ります。
a0029225_20011474.jpg


















結果をみんなで共有。

サイコロの目の出る確率はそれぞれ6分の1と習ったけれど。

「5」が一番出た回数が多かった!
a0029225_20042098.jpg


















どうしてこのような結果になったかみんなで考え、
大学生院生から「5」が多く出る理由を教えてもらいました。
(理由は自分で調べてね。自由研究ですから)

なんかガチャガチャした夏休みの土曜日学校初日でしたが、外の猛暑も忘れみんなで楽しく過ごせたので結果オーライ172.png101.png

明日も「夏休みの土曜日学校」2日目。
火曜日だけど土曜日学校です。







[PR]
by kodomogaku | 2017-07-31 20:16 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

千葉大学の学生さん、3H日本語学校の学生さんと私達で準備を進めてきた小学生向けのビッグイベント「大学生&アジアの留学生と楽しく遊ぼう!!」が本日、無事開催されました。

a0029225_23165848.jpg

6つのグループに分かれてお互い自己紹介をして、

a0029225_23183436.jpg

3Hの学生さんによる紙芝居で、動物の鳴き声を当てた後は、

a0029225_23201246.jpg

ネパールの遊び、クロコダイルゲーム!!
これは楽しいです。盛り上がります!

a0029225_23214791.jpg

後はいろんな国の事を聞いたり、

a0029225_23251693.jpg

名前をサインしてもらったりして一緒に遊び、

a0029225_23265782.jpg

最後はじゃんけん列車。いろんな国の言葉でのじゃんけんが聞こえました。

子ども達の生き生きとした顔、学生さんや留学生の皆さんが帰る時の爽やかな笑顔。素敵なイベントとなりました。

参加していただいた皆さん、準備していただいた皆さん、ありがとうございました。


[PR]
by kodomogaku | 2017-07-25 23:11 | 2017年度の活動 | Trackback

千葉市美術館では、「うらがわ」展も開催されます。
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/0805/0805.html

この世の「うら」を覗く。  

だそうです。149.png
a0029225_13015854.png

[PR]
by kodomogaku | 2017-07-23 13:02 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

千葉市美術館から夏休みのイベントのチラシが届きました。
a0029225_12371195.png
http://www.ccma-net.jp/event_03.html

千葉市美術館は、中央区役所の建物内で、きぼーるにも近いし、さや堂ホールは歴史を感じるし、
a0029225_12462815.jpg
写真は千葉市美術館HPより

11階のレストランのかぼちゃわいんもおいしいみたい(食べたことないけれど)
夏休みのおでかけにいかがですか?


[PR]
by kodomogaku | 2017-07-23 12:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

地域で活動している人たちとゆるやかにつながろうというプロジェクト「ゆるプロ」は普段はちば子ども学研究会が主体となって開催していますが、9月にちば生涯学習ボランティアセンターさんが主催となって開催してくださることになりました。
a0029225_12383000.png
去年も開催させていただいたところ、普段あまりご縁のない団体の方にご参加いただき、今までにない視点や考え方に触れることができとても有意義でした。

今年は、テーマを「住みよい地域」としてそれぞれの思いや考えを楽しくおしゃべりをしたいと思います。

すでに何かの活動をしている人だけではなく、これから何かしてみたいと思う方にも参加していただき、いろいろな人と出会ってゆるやかにつながるっておもしろいと感じてもらえるワークショップを考えています。
ぜひぜひご参加ください!

間もなく、千葉市生涯学習センターのサイトでも情報公開される予定です。




[PR]
by kodomogaku | 2017-07-20 12:48 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

7月18日、千葉大の授業です。
今日は、千葉大生と3日本語学校の留学生そろって来週のイベントの最終打ち合わせです。
会場設営から始まって、オープニングからエンディングまでの流れを確認しました。
a0029225_912640.jpg

内容で固まっていなかったところは、班それぞれのメンバーで決めていきました。
じゃんけんやクイズ、紙芝居に折り紙も。
どれにする?なんて千葉大生と留学生の意思疎通もスムーズになってきましたね。
日本も入れて、アジア7か国の学生さんがいますので、本番ではそれぞれのお国の遊びや言葉をたくさん子供たちに教えてくださいね。

ところで、千葉市の小学生はもう夏休みがはじまっています。  
      夏休み始まるのちょっと早いんじゃないの~。7/15から夏休みって…。ブツブツ…。
そこで小学3年生の男の子たちが遊びに来てくれました。
これはいい。練習!練習!!
ということで、本番に備えて紙芝居やゲームを小学生と一緒にやってみました。
a0029225_918668.jpg
a0029225_9182925.jpg

ネパールとベトナムの学生さんが自分たちで作った紙芝居を実演。
子どもたちに語りかけるように、子どもたちとやり取りしながら、上手に演じています。
日本語学校で練習した時よりももっと上手にできたらしいですよ。(前のブログに練習の様子が出ていますので見てくださいね。)

それから、今期の授業でおなじみの「クロコダイル」というネパールのゲーム。
a0029225_9295398.jpg

ルールは簡単なんだけど、子どもに説明するのって難しい・・・。
やってみないとわからないものですね。説明する人を決めておくことにしました。

言葉や年齢の壁なし!それはじゃんけん。
最後はじゃんけん列車で盛り上がりました。
a0029225_9371859.jpg


さあ、いよいよ来週が本番。
何よりも大事なことは、やっている本人たちが楽しむこと(^▽^)/
それができれば大成功。
千葉大生の皆さん、子どもたちと留学生たちと一緒に、思いっきり楽しんでね。
これが終われば夏休みだよ~~
[PR]
by kodomogaku | 2017-07-19 09:53 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

7月25日は、千葉大学での前期最後の授業。
学生と留学生と小学生が参加するHICプロジェクト「大学生と留学生と遊ぼう」を行います。

3つの団体がしかも授業の一コマとして活動しているので意思の疎通や調整に苦労していますが、それぞれできる時に準備を進めています。

先日の3H日本語学校での準備では。。。
(Facebookより)

NPO法人ちば子ども学研究会さん担当の千葉大教育学部「地域子育て支援実習Ⅰ」の授業に、日本語学校の学生を参加させてもらっています。前期最後の授業はHICプロジェクト。みんながHappyになるInternationalなCommunicationを目指して、日本語学校側は擬音語による紙芝居を製作しました!ネパール編(上)とベトナム編(下)練習が間に合わな〜い…
a0029225_08434798.jpg

がんばれ〜!105.png

[PR]
by kodomogaku | 2017-07-13 08:32 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学での授業は、ゆるプロの振り返りの回でテーマを「地域活動と学生」としました。
ゆるプロ(ゆるやかにつながろプロジェクト)では、地域で様々な活動をしている方を招いてお話を伺ったので、前期の締めくくりとして、学生自身に地域活動を自分事として考え語ってもらいたいと思い企画しました。
a0029225_22212252.jpg
自分が今まで参加したことがある地域活動や知っている活動を書き出し、その目的を考えてみる。
また、どんな活動に学生の参加か期待されているのか、それに対し学生が参加したいと思う活動はどんなものなのか。
話をしながら模造紙に書いていきました。
a0029225_22251573.jpg
最後に学生が参加したいと思う要素や条件をまとめてみると。

1.学生にとってどんなメリットがあるのかわかるもの→ただの人手としてかりだされるのはイヤだ

2,みんなで一緒に楽しくできるもの

3.時間帯への配慮があること→学生はヒマだと思われているようだが、決してヒマではない

4.過剰な期待は禁物

5.依存せず、お互いに「どこまでできることができるか」を共有

6.せめて交通費がでるとありがたい

7.ゼミの先生からの紹介、知り合いのクチコミがあると参加しやすい

などかなり学生の本音を聞くことができました。

学生の中には、以前子どもと関わる活動だと聞いて参加したのに、子どもと接する機会がなく単なる裏方仕事ばかりだったという人が複数いました。

単なるイベントの裏方ならばアルバイトと同じでそれならば時給が出るアルバイトの方がいいという意見には、その通りと思います。

せっかく参加したのにそんな思いをさせて、学生のやる気を損なってしまい残念です。

地域活動に学生が参加することは有意義に決まっている。とにかく参加してみて。良さがわかるはずだから。
では、ダメなんです。

活動の意義、どんなことが得られるのか、魅力。
相手に伝えることが肝心なのですね。



[PR]
by kodomogaku | 2017-07-11 22:15 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

小学校の夏休みまであと1週間!
今日の土曜日学校のテーマはずばり「夏休みの宿題作戦会議」です。


でも、作戦会議のまえに今日は「糸電話作り」と「風船電話作り」をすることにしました。

風船電話?!
 

a0029225_20530715.jpg



a0029225_20545647.jpg


風船をつなげてもちゃんと声は聞こえます!みんなびっくり150.png

風船がふくらまなくて悪戦苦闘したり、糸電話の糸が長すぎて、からまって大騒ぎになったり、

風船バレーが始まったり。
a0029225_20502265.jpg




















a0029225_20423371.jpg

自由研究のヒントというより、子どもたちは、のびのび自由に楽しんでいて、
まあ、それもよいでしょう127.png

さて、いよいよ夏休みの宿題作戦会議。
模造紙に「夏休み」から連想する言葉をどんどん書いていってもらいました。


a0029225_21200541.jpg
夏休み → 宿題 → いやだ → めんどくさい

そうだろうね141.png

でもいやでもやらなくてはいけないこともあるんだよ。

ここで、しょうじさんの「読書感想文ワンポイントアドバイス」


a0029225_21225395.jpg

実はしょうじさんは、読書感想文コンクールの審査員もするすごい方。

短冊メモを作って、「だれが」「いつ」「どこで」「どうした」を意識して感想文を書くのが大切と教えてくれました。

それを聞いていた大学生は、「小学生の時にしょうじさんにお話を聞いていたら。。。」とつぶやいていましたよ。

授業モードになって、子どもたちも夏休みに何をするかを決めることができ、今日の作戦会議は無事終了!

残り時間がまだ少しあるということで、みんなで机といすを片付けて、最後のお楽しみ、新聞紙じゃんけんゲーム。


a0029225_21320240.jpg

やっぱり、結局わいわい大騒ぎで終了時刻となりました。

みなさん暑い中、お疲れさまでした。

次回はそれぞれが決めた夏休みの宿題持ってきてね~。





























[PR]
by kodomogaku | 2017-07-08 21:43 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)