頼れる大人が身近にいない10代向けのWebサービス、Mex(ミークス)が
全国版にリニューアルオープンしました。
https://me-x.jp  
東京版では約5万人が利用したそうです。
今回より子どもに役立つコラム配信も開始されました。

こちらに訪れる子どもたちにとっては
やっとの思いでたどり着いた場所かもしれないということで
なるべくスムーズに支援につながるよう、
子ども自身からお金をとったり、広告表示をさせるなどせずに
寄付や様々な方の支援によって運営されています。
より多くの10代に届くことや、
子どもを支援している全国の支援団体(特に地方部が不足しています)、
様々な形で協力いただける法人などに届きますようにということなので共有させていただきます。
掲載団体の募集も行っているそうです。


[PR]
by kodomogaku | 2017-06-29 21:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

先週末に告知を始めた
「大学生とアジアの留学生と遊ぼう!」イベントのお申込みメールが続々と届いています。
この調子だとあっという間に定員24人に達しそうな気配です。

先着順ですので、参加したい方はお早めにご連絡くださいね。
a0029225_22372201.png




[PR]
by kodomogaku | 2017-06-28 22:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

昨年大好評でしかも第6回ちばコラボ大賞(県知事賞)を受賞したHICプロジェクト。
今年も継続して活動していますが、そのメインイベントの内容が決まり、いよいよ告知開始となりました。

a0029225_22372201.png
「大学生とアジアの留学生と楽しく遊ぼう!!」
7月25日(火)10:30~12:00
千葉大学教育学部2111教室
対象:小学生  定員:24名(先着順)
参加費:300円  当日集金します

大学生や留学生と紙芝居やアジアの遊びをしながら交流するイベントです。
去年は、あっという間に定員をはるかに超えた人気企画。
参加した子どもたちはとっても楽しかった!とみんな笑顔で帰宅していきました。
夏休みの自由研究にもおすすめです。
申込受付はメールで。
kodomogaku7@yahoo.co.jp
※このイベントは千葉大学教育学部の事業の一環として行われます。




[PR]
by kodomogaku | 2017-06-23 22:49 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ボランティア嫌い

ちば子ども学研究会の活動は、ボランティア活動なのかどうなのか。
何度も繰り返される話題なのだけど、個人的には、ボランティア活動をしているとは思っていません。

自分がやりたいからやっている。
たまたまほかの人からのお誘いが自分の興味関心に合致したから一緒にやる。
やりたいことをやるためには、いやでもやらなければいけないことがあるから、しぶしぶいやなことでもやる。

こんな自分本位の意識でやっているので、誰かのために奉仕するというボランティア精神には程遠いのが実際のところです。

でも、「ボランティアをずっと続けていてすごいですよね」とか言われちゃって、申し訳ないやら、もやもやするやら。
どう説明すればいいのかな、なんて思いながら「ボランティア嫌い」で検索して見つけたブログ。

これだ!と思ったのでシェアします。http://kokotomo.com/57628/

あれこれ言っていますが、今日はこれからボランティアセンターでボランティア団体向け講座の打ち合わせです。
矛盾だらけですみません。

[PR]
by kodomogaku | 2017-06-22 08:36 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

3H日本語学校の学生との2回目の授業でした。
今日は7月25日に予定しているイベントの内容決めです。

その前に、日本語学校の片岡先生の二足のわらじとして活動されているオリジナルの紙芝居の語り披露です。

a0029225_15073937.jpg

「おと🎵おと🎵やってきた」ピーポーピーポー等のおとを聞いて救急車!と当てていく小さい子向けのお話しですが、先生の抑揚をつけた語りには大人もひきこまれます。

この日本ならではの紙芝居を題材に、内容を考えるということで事前に3Hの授業で絵を描いて来てくれました。

a0029225_15133755.jpg

出来上がりは当日までお楽しみですが、また日本の感覚とは違う素敵な絵ですよ。

そしと更に5グループに分かれて内容を話しあって発表です!

a0029225_15165242.jpg

始めはどんな遊びが出来るか、なかなか意見が出ませんでしたが、話しあっていくうちに遊び方は国は違っても同じようなものもあって、ひとつ出てくるとこんなことも出来そうだとアイデアが幾つか出てきたところで終了!

3Hの学生達が一生懸命日本語を使って考えたことを伝えよう!前に出て話してみようという姿勢がとても感心しました。

思っている事が通じなくても何とか伝えようコミュニケーションを取ろう!という姿はきっと参加してくれた小学生にも心に響くものがあると思います。

イベントまで残り何回もありませんが、より良いイベントになるように協力していきましょう!

a0029225_15310963.jpg

前回楽しんだ「クロコダイル」というゲーム
今日は全員で楽しみました。

[PR]
by kodomogaku | 2017-06-20 15:01 | Trackback | Comments(0)

6月13日、千葉大学の授業のゲストお2人目は、幕張ベイタウンでコミュニティカフェ運営をされている藤本美幸さん。

幕張ベイタウン女子部として幕張ポータルhttp://makupo.chiba.jp/about/ やハロウインイベントなどパワフルな活動をされている藤本さんは、3か月前から「Cubic Cafe(キュービックカフェ)」https://www.facebook.com/cubiccafe.baytown/というコミュニティカフェを始められました。

今日はその活動をお話しくださったのですが、カフェを始めるきっかけから、契約日に起こった災難、周りの人たちの手助け、支え、台本があるの?と思うくらいおもしろい展開のお話でした。(ご本人は大変だったと思いますが)
a0029225_23075308.jpg
開き直りは、建設的なあきらめ。
完璧を目指すのではなく、7割で良しとできるか。
自分のやりたいと思うことは、狭い価値観で考えている。
ほかの人から頼まれるのは、自分ができることだから依頼がくる。   などなど。

ご自分のエピソードから感じたことをそのままお話しくださる中に名言がいくつもあって、行動する人の言葉だなあと感じました。

完璧をめざして精一杯がんばった時期があったから、いまゆるくてもいいと思えている。という言葉は、大学生たちにも突き刺さったのではないでしょうか。

藤本さん、前向きになるお話ありがとうございました!

幕張ベイタウンも熱いですね~。    

[PR]
by kodomogaku | 2017-06-13 23:25 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学での授業も、地域で活動をしている2人の方に来ていただきお話を伺いました。

お1人目は、こども人権ネットちばの金田奈津子さん。
a0029225_22043340.jpg














子ども人権ネットちばでは、すべての子どもたちが子どもとして大切にされ、生き生きとした子ども時代を過ごせるように「子どもの権利条約」が活かされる地域社会を作る活動をされています。

「千葉県こども人権条例」ができるよう尽力されていますが、子どもに人権を教えることに躊躇する人たちが多く、なかなか実現には至らないそうです。

なぜ、子どもに人権を教えることが心配なのだろうか?

学生たちに考えてもらいました。

・悪いことをする言い訳になるのではないか
・そもそも教える側が「人権」とは何かを理解していないのでは?
・大人にとって不都合
・行動の見境がなくなる

「人権」を主張することは「わがまま」「自分勝手」につながるのではないか。この指摘が多く出ました。

子どもに人権を教えることは、子どもに対して自分は大切にされる人間なんだと伝えることで
自己肯定感が得られ、自分の人権が尊重されれば、他人の人権も大切にできる。
だから子どものわがままを助長させるものではない。

なるほどと思いました。

「人権」というと堅苦しい話、難しい概念と縁遠い話のような気がしますが、実はとても身近な基本的な大切な話なのですね。

金田さん、考える機会をどうもありがとうございました。


[PR]
by kodomogaku | 2017-06-13 22:45 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)



美しいあじさい&6月のイメージショット!
a0029225_17530234.jpg
活動と全然関係ないですが、エキサイトブログの今週のテーマがあじさいということで、
わが家のあじさいも見ごろになってきたので、ちょっとアップしてみました。
写真で見るとすっごい山の中みたい。119.png 実際田舎だけど。
背景は、裏の林です。よその土地でうちの敷地ではありません。




[PR]
by kodomogaku | 2017-06-13 18:02 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

いなげ子育てフォーラム実行委員会の方が作成した「おたからぽけっと  稲毛子育て活動紹介2016」をいただきました。
  ※いなげ子育てフォーラム実行委員会は稲毛・こどものWAねっとわーくに引き継がれています。

ちば子ども学研究会とゆるぷろも情報番号41,42に掲載していただいています。
a0029225_16554164.jpg


  ホームページもあるそうです。
       https://inage-kodomonowa.jimdo.com/

   情報を必要としている人に1人でも多く届くことを願っています。

   7月1日(土)13:30~16:00  稲毛保健福祉センター大会議室で 
   第2回稲毛子育てフォームも行われます。

   それにしても稲毛は熱いなあ~。中央区民としてはうらやましい。。。








[PR]
by kodomogaku | 2017-06-13 16:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

千葉市男女共同参画センターの方からイベントのご案内がありました。

「性別にかかわらず誰もが自分らしく生きられる」ことを目指す男女共同参画社会。
とはいえ、多様性を認め、自分と違う相手を受け止めるのって、意外と難しい…
そこで、人との関わり方の入り口として、「聴く」をテーマに取りあげました。

とのことです。ご興味のある方はぜひ!

a0029225_22455257.png
★ちば男女・みらいフォーラム「『聴く』ことから始める関係づくり
 ~一緒に「想い」のキャッチボールをしませんか」
日時:6月25日(日)13:30~16:00
会場:男女共同参画センター3階 イベントホール
定員:80名
講師:米村 美奈さん(淑徳大学社会福祉学科教授)
申込方法:講座名・〒・住所・電話番号・託児希望の方は
お子さんのお名前と年齢(1歳6か月以上)を明記の上、宛先まで。
宛先:Eメール sankaku@f-cp.jp FAX043-209-8776
   往復はがき 〒260-0844千葉市中央区千葉寺町1208-2
   千葉市男女共同参画センター
問合せ:TEL 043-209-8771

チラシはこちら
http://www.chp.or.jp/danjo/event/pdf/29/kouza2913.pdf
[PR]
by kodomogaku | 2017-06-12 22:46 | お知らせ | Trackback | Comments(0)