今年度初めてのゆるプロ情報交換会を行いました。
ゆるプロとは、ちばゆるやかにつながろうプロジェクトの略称で、「地域」「子ども」をキーワードに活動をしている団体や人がつながる機会を作ろうとはじめたプロジェクトでほぼ、毎月1回情報交換会を開催しています。

イベントなどで知り合った方達に、良かったら来てくださいねと声を掛け、出欠の確認もあいまいなゆる〜い会なので、時間にならないと何人参加するかわからない023.gif 脱力系?の集まりなのですが。。。

昨日も12団体の方が参加され、熱〜い思いを話してくださいました。


個々の活動については、追い追い紹介させていただきますが、どの団体にも共通しているのは、若い世代に活動を理解してほしい、そして活動に参加してほしいということです。

でも、なかなか大学生に参加してもらえない。

一方、ボランティアに参加したいけれど、行動にうつせない大学生も多い。
一歩踏み出せない理由は、
どんな活動があるのかわからない、
その活動が自分にあうのかわからない、
一度参加してあわないと思ってもやめられないのではないか
などなど。
不安や疑問だらけで、まずはそこを解消しないとね。

大学には、ボランティアに何日か参加すると単位になったりする制度があるそうなので、うまくマッチングできれば、双方にとっていいのだけれど。

昨年度のゆるプロがきっかけで、ボランティア活動を始めた学生が何人かいて、団体さんにとても喜ばれています。

授業の履修生以外の学生にも声をかけられる仕組みを考えていきたいものです。

それにしても、ボランティアをしたいと考える学生が多いことにいつも感心します。

自分の時は、サークルとバイトに明け暮れる毎日でしたから017.gif




[PR]
by kodomogaku | 2016-04-27 08:30 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

微妙なお年頃

一昨日、昨日と熱い方たちが集まる会に参加しました。
どちらも子育て関連でしたが、一昨日の集まりは、完全に「ねえさん」的立場で、若い方達の向学心に圧倒され、一方、昨日は、「まだ若いんだからがんばって!」と鼓舞されました。

完璧に中間世代です。

新人類と呼ばれた私たちですが、自分に全く自覚はないものの、すっかり中年真っ只中。

上世代と下世代をつなぐことがお役目だなとあらためて感じました。

【参考】中年の言い換え例
ミドルエイジ、アクティブシニア、プラチナエイジ、アラフィフ、おじさん、おばさん。。。
どれもなんだかな〜。


[PR]
by kodomogaku | 2016-04-27 07:53 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

横浜サンタプロジェクトのお話を聞いてから
「よし!ちばサンタプロジェクトをやるぞ!」と1人妄想にふけっていますが、
結構リアルに実現可能な方法が浮かんできました003.gif

コンセプトと内容は、横浜サンタプロジェクトを参考にさせていただき、
「サンタになってちばの街に笑顔を届けよう」で、清掃サンタとイベントサンタ、それとできればステージサンタの3コーナーを作りたいなと思います。

やるからには、1回だけにしたくはなく、せめて5年はやってみたい。

目標はでっかく、5年後に幕張メッセで開催することをめざしたい041.gifものの、
今年は手始めに、稲毛か西千葉か千葉あたりでコンパクトにどうかなと思っています。

老若男女100人がサンタになって、ちばの街が笑顔になる活動をする日を作る。

どうです?できそうじゃないですか??

稲毛だったら、あの人。  西千葉だったら、あの団体。  千葉だったら、あの施設。

勝手に目星はつけているのですが、
おもしろそうだと思った方がいらしたら、どこでも大丈夫です!

是非是非、一緒に妄想しつつ、実現しましょう!!
[PR]
by kodomogaku | 2016-04-22 00:06 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

プレイヤーは誰?

4月の井戸端会議でした。
今年度の事業が定まらないうえ、直前に新しい案件が飛び込んで来て、まとまらず、グダグダな話し合いになってしまいました。

何をやるかを決めなくては、始まりませんが、
誰がやるのかが決まらなくては、動けません。

何かをやろうと話し合うのは、楽しいですが、実際に行動に移さなければ、ただの雑談です。

仕事ではないから余計に難しいと感じています。




[PR]
by kodomogaku | 2016-04-20 08:49 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今年度1回目のゆるプロ情報交換会を4月26日(火)に行います。
時間は10時半~12時。
千葉大学教育学部2111教室です。

昨年度からは、地域で様々な活動している方と千葉大学の学生との出会いの場となり、
今年度も13人の学生が参加予定です。

どうぞ皆さんの活動を学生たちにお話しください。

活動を紹介する写真やパンフレットをご用意いただくとより理解が深まると思います。

当日の飛び入り参加も大歓迎です!
a0029225_21321878.png

[PR]
by kodomogaku | 2016-04-15 21:32 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

新学期が始まりました!

4月12日、千葉大学での今年度の授業が始まりました。

毎年、年度の初めは、何人参加してくれるかドキドキするのですが、今年度から受講対象者が変わるのでいつもより更に不安でした。

早めに教室で待っていると、段々学生達が入って来て「あ〜良かった、ゼロではなかった!」とホッとしました。

逆に、学生達は教室に1歩足を踏み入れた途端「ギョッ」とするんですよね。

「なんでこんなにおばちゃん達が!?」
みんな顔に書いてあります。

毎年恒例の?リアクションで始まった授業。

まずは藤川教授が授業の趣旨とちば子ども学研究会の説明をして下さいました。

年々、先生による研究会の説明が具体的になってきていて、ありがたいことです。

その後、理事長である私からも拙い会の説明をさせていただき、そのあとは、これまた恒例の
全員での自己紹介。
今の気持ちの漢字1文字付きです。

13人の学生たちは、学年も専攻もさまざまで個性ある面々のようです。

最後に先生が
「研究会のこういう方達との対応を経験するということは今後とても役に立つと思います。」とお話になりました。

うん?
こういう方達?
どういう方たち?
なんか、含みを含んでいるような。。。

まあ、いいでしょう。

若いうちの苦労は財産です。

半年、どうぞお付き合いください。




[PR]
by kodomogaku | 2016-04-13 08:46 | Trackback | Comments(0)