大学院生のIPさんから教えていただいた「千葉市ひとづくりナントカ」の説明会にせっかくだから
参加しようと副理事長と京成ミラマーレに行ってきました。

ナントカとは
「千葉市ひとづくり応援カタログ商品券事業」『サービス提供事業者 公募説明会』でした。
a0029225_22583169.jpg

この事業は、今巷で人気のプレミアム商品券(うちははずれたけれど)と同様の国・県の交付金を使った事業で、

①市民を中心とした利用者の将来まで続く財産となるような、健康づくり、子どもの学び・体験、スキルアップ・資格取得、教養・生涯学習に関するサービスを掲載したカタログを作成し、各世帯への配布等を通じてサービスの周知を図る。

②そのカタログに掲載されてサービスにのみ利用できる商品券をカタログに掲載された価格から40%割引価格で発行をすることにより、サービスの利用促進を図る。

という内容。

うーん????

HPで読んだときはよくわからなかったけれど、

要するに、市民に役立つ講座などを集めたカタログを作り、その講座を40%引きで提供します、ということ。

そして、今日の説明会は、その講座をを開催する企業や団体、個人を募集するための説明会なのでした。
ふーん、なるほど。
って、よくもまあ、知らないで参加するもんだと我ながらあきれますが、

けど、これ、応募できそうじゃない!?

説明を聞きながら、こそこそと副理事長と筆談で作戦会議。

いける、いける045.gif

が、しかーし!講座の会場をあらかじめ確保しなくちゃいけないようで、ちょっと厳しい??

質疑応答の時に手を挙げて、会場について質問。

すぐにはお答えできないので、後日回答しますとのことでした。

説明会を終えて、遅い昼食をとりながら、作戦会議を続けていると携帯が鳴りました。
電話にでると先ほどの担当の方から062.gif

なんて迅速な対応、すごいぞ、千葉市経済農政局経済企画課さん!!

今でかつてない対応に感動しました。

ただし、回答によって新たな難問が出てきたんだけど、とりあえず、応募してみるつもりです。

何をやるかは、採用されてからのお楽しみ。

参加すること、応募することに意義がある、、、そういうことで。。。006.gif
[PR]
by kodomogaku | 2015-07-28 23:20 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)

前期授業最終日

千葉大の地域子育て支援活動実習Ⅰもいよいよ今日が最終回。

レシピブックグループ最大の見せ場となるレシピ実践です。

以前、考えてもらった企画シートをもとに、いざ実践!

最初は「動物園に行こうよゲーム」です。

今日は、スタッフの子どもとそのお友達も参加して、

a0029225_1751088.jpg


動物園に行こうよ~♪と歌った後、言われた動物の名前の文字数でグループを作って座ります。

黒板の絵、歌、進行にも、プロの技が光っています!抜群の安定感。

その間、次の準備を進めるお姉さん達2人。

a0029225_1774332.jpg


紙コップに穴をあけて数も確認し、準備に余念がありません。

楽しく場がなごんだところで、2つのグループに分かれました。

1つは紙ヒコーキ作り。まず説明。

a0029225_1794523.jpg


作りたいヒコーキを持ったお兄さんの所へ行って、少人数で教えてもらえるんですって。

どのヒコーキ(お兄さん?)にしようかな。

a0029225_17111684.jpg


作ったら飛ばします。飛ばし方にもコツがいるみたい。

a0029225_17122351.jpg


もう一つは糸でんわ作り。

a0029225_1713517.jpg


紙コップにお絵かきして、、、、長い糸と、短く切ったストローも使います。


a0029225_17163524.jpg



もしも~し。糸を長~くして、廊下でも試してみました。

a0029225_17173668.jpg


30分経ったところで、紙ヒコーキ班と糸でんわ班を入れ替えます。

2回目の説明なので、かなり要領を得て教えられたのではないかな?

a0029225_17193892.jpg


糸でんわを交差しても、聞こえるんです。聞こえた人、手を挙げて~。

a0029225_17205639.jpg


ということで、1時間の実践終了!楽しく、手際よく、初めての実践、とっても良かったと思います。

漫才コンビのように楽しく司会進行できる人、みんなの前に立って場をまとめられる人、

裏方としてじっくり丁寧に教えられる人、子どもの扱いに慣れている人、

いろんなお兄さん、お姉さんがいて、おばちゃん達も楽しかったです。

前期4か月間、ありがとうございました。

このまま、スクスクと素直にまっすぐ育っていって下さいね。
[PR]
by kodomogaku | 2015-07-28 17:39 | 2015年度の活動 | Trackback

365歩のマーチ

最近、ふと頭をよぎる歌が
365歩のマーチ078.gif

チーターのです、古っ003.gif

なんでかよくわからないけど、
ふとした瞬間に
「しあわせは〜歩いてこない、
だ〜から歩いて行くんだよ〜060.gif
と頭の中を流れるのです。

ホントそうだなって。

人生はワンツーパンチ
汗かきベソかき、歩こうよ060.gif

しあわせになりたければ、自分で歩いていかなくっちゃ。

休まないで歩け〜!です。





[PR]
by kodomogaku | 2015-07-22 19:40 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

大学生なんでも体験隊!

7月の井戸端会議。
授業を前期しか履修しない学生にとっては、最後の全体会議。

でも、私たちの年間事業は、まだ序盤戦。

振り返るには少し早い。

結構この兼ね合い悩みます。

これからのことを話し合うにしても中途半端なので、やっぱり学生に前期の感想を1人ずつ話してもらいました。

たかが4ヶ月、されど4ヶ月。

初めて知ること、気がついたこと。

教科書や講義で得る学びとは違う体験ができたようです。

そうか、今年度やっていることは
「大学生なんでも体験隊」なのかもね。

なんでも体験隊の隠しテーマ?のひとつは
「体験がその場限りにならないものを」です。

学生たちにも、
わかって良かった
体験できて良かった
だけでなく、今後に活かせる体験となればうれしいです。

活かす、活かさないは本人次第。

ここが1番わかってほしいところです。





[PR]
by kodomogaku | 2015-07-22 08:17 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)

7月17日第3回目の「絵本でつながろう親子ふれあいタイム」が実施しました。
今回はエプロンシアターの紹介がメイン♪
エプロンを舞台にしてマスコットを使いお話しや歌をうたったりして楽しみます。
初めて参加の方もいたので手遊びや自己紹介からスタート。
前回の講座の振り返りを2つのグループに分かれて行いました。

そして、いよいよエプロンシアターの登場!!
始めは「童謡メドレー」のエプロン。
お花がわらった・かわいいかくれんぼ・お誕生日♪です。
かわいいかくれんぼは動物がどこにかくれているかみんなで探したり、お誕生日は7月生まれの親子と学生さんがいたので、最後マスコットのケーキを食べる真似をしたりと、歌も馴染みのある歌なので参加型のエプロンシアターとなりました。
演じた私も楽しかったです。
a0029225_20384782.jpg

次は「おかしのほしのくいしんぼう」
いろんなお菓子が出てきてもぐもぐ大きな口の中に入り食べてしまうエプロンシアターです。最後は歯磨きもできるんです。
歌は振り付けがあるので覚えると楽しいですよ~。
a0029225_18201678.jpg


他に「おおきなかぶ」「3びきやぎのがらがらどん」を紹介しました。
いろいろしかけのようになっていて参加者の皆さんは興味津々。

交流タイムのあと、最後は大型絵本♪
私も最近はまっている「ぴょーん」
絵本に登場する動物達と一緒に子ども達もジャ~ンプ!!
お母さん達は腕が疲れたかな。
でも盛り上がりました。
a0029225_18100300.jpg



次回は9月18日です。となみんをお呼びして紙芝居講座です。お楽しみに☆




[PR]
by kodomogaku | 2015-07-18 17:59 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)

(特)子ども劇場千葉県センターさんと(公財)千葉県文化振興財団が主催される
「子どもの舞台芸術体験広場2015㏌ちば」にささやかながら協力しています。

日時   8月24日(月) 10:00~15:30 
会場   千葉県文化会館 【受付場所:ロビー】
参加費  各プログラム 1回300円

ほかの団体さんのイベントのお手伝いをすることで私たちも多くのことを学ばせていただいています。

ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

a0029225_0294733.jpg


a0029225_033393.jpg

[PR]
by kodomogaku | 2015-07-18 00:34 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

にこにこ報告♪

ゆこみんです♪今日は子ども学の報告ではなくにこにこ報告です。

a0029225_21374283.jpg


2教室合同で歯科相談会を実施しました。活動していると歯の質問が多いんです。千葉市も船橋市も集団検診は4ヶ月と1才半で、乳歯はその間に生えてくることがほとんど。
そこで歯科相談会を実施したらいいんじゃないかと思いました。
歯科衛生士さんは次男のママ友達。事前にお母さん達にアンケートを取って友達に渡していました。初めての講師にドキドキすると言っていましたが、事前に資料を作ったりとたくさん準備をしてくれました。
a0029225_21393838.jpg

お母さんが話しを聞いている間、子ども達は自由に遊んでいました。ママのところに行きたがる子や泣いちゃう子、お部屋の中を探検する子。さまざまでした。歯科衛生士さんは緊張して思っていたより話せなかったと言っていたけど、お母さん達から質問がたくさん出ていたし、終わったあとも個別で質問に来たりしていたので、聞きたいと思うような内容や雰囲気を作れたからじゃないかなと思いました。
「良い機会を設けてもらって勉強するきっかけになったし、次に繋げて頑張ろうと思った」と言っていました。すごい!!夏休み明けは別の教室でもお願いしたいなと考えています。
相談会風景は撮るのを忘れてしまいました。スミマセン。

[PR]
by kodomogaku | 2015-07-16 21:35 | Trackback

ゆるプロ情報交換会、お礼のメールが届いたり、スタッフからの感想をもらったり余韻が続いています^ ^

昨日のゆるプロのテーマの一つは「ボランティア」で、みなさん、熱く思いを語られてすごいなあ〜と感じました。

でもよく考えたら、ゆるプロにしても千葉大学の授業にしても、全くのボランティアなんですよね005.gif

参加団体に聞きたいことを学生からの事前に聞いたところ「その活動、自己満足ではないですか?」というのがあったけれど、まさにゆるプロは自己満足でやってます。

ゆるプロ情報交換会は、「最小限の負担でそこそこの成果を」というスタンスで開催しています。

ボランティア活動ですから。

だから4年ほど、ゆるゆると続けてこられたのだと思います。

来るもの拒まず去る者は追わず。

この会、「何かしてください。」「こうしてほしい」という受身だとつまらないはずです。

ご要望を承りませんので。

○○を一緒にやりませんか?

△△のお手伝い募集!

◻︎◻︎について考えよう、学ぼう、語ろう。

こんなことは大歓迎です。

ですので、最小限の力で場をセッティングすることだけさせていただいています。

だけど、そろそろ集うだけでは、物足りなくなってきました。

次の展開、考えようかな〜043.gif

できれば、ボランティア活動としてではなく。

どなたか、一緒に作戦会議開きませんか004.gif







[PR]
by kodomogaku | 2015-07-15 21:07 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

今日のゆるプロ情報交換会で出た質問。

「この情報はどのように発信するのですか?」

ごめんなさい。ノーアイデアです。

学生からの意見。
「もっとSNSなどを使って情報発信をしたほうがいいと思う」

えーっと、SNSってFacebookとか、Twitterのことでしたっけ?

         藤川先生に会わせる顔がありませんね。。。

先ほどのブログをアップするときにそれぞれの団体を検索したら、結構みなさん、ブログやHP,Facebookをされていたので、四苦八苦しながらリンクさせていただきました。

これって、情報発信ではないのかな?
皆さんもちゃんとブログアップされているし、Facebookもしている方もいる。

でも、情報発信ができていないと悩んでいらっしゃる。

うーん。039.gif

だけど、このブログ、割と定期的に更新して、ツイッターにもFacebookにも連動させているけれど
読んでいる人は身内くらい008.gif

発信とは言えないね。
更新すればいいってわけでもないようですね。

情報発信講座、これ、やるしかない!!034.gif
[PR]
by kodomogaku | 2015-07-14 21:07 | ゆるプロ | Trackback | Comments(0)

千葉大学で「ゆるプロ情報交換会」を行いました。
a0029225_2005855.jpg

猛暑の中参加してくださったのは、9団体。
千葉市地域で生きる会

NPO法人おやこカフェ

(公財)千葉県青少年協会

ちば生涯学習ボランティアセンター

さーくる

えんのにわ

プロジェクトワラビー



親子の遊び場~にこにこクラブ~

そして私たちNPO法人ちば子ども学研究会  あ、ぜんぶで10団体だ。ありがとうございます。

最初は、全体で各団体の活動を伺い、それからグループに分かれて質疑応答。
a0029225_20193153.jpg
a0029225_20194616.jpg

時間を区切って、メンバーを入れ替えるので、団体さんにしてみると
メンバーが変わるたびに活動紹介をしなくてはいけないので、かなり大変だったと思います。

お手数おかけしました。040.gif

でも、大勢で聞くより、小グループで話したほうが、有意義だと思うので、
このスタイルがいいと思うのですが、他にアイデアないでしょうか?

その名の通り、ゆるーくあつまろう!という会なので、いつも試行錯誤で、
初めて参加された方は面食らってしまったかもしれません。

それでも、今回も学生たちから、かなり熱い感想が出てきたので、有意義だったと思います。

これも、参加してくださった団体の皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

今回つながったこのご縁、せっかくですので、これからもゆるゆるとつながっていきましょう。
よろしくお願いします。001.gif
[PR]
by kodomogaku | 2015-07-14 20:35 | 2015年度の活動 | Trackback | Comments(0)