「ほっ」と。キャンペーン

まもなくNPO法人の設立登記をして丸2年経ちますemoticon-0166-cake.gif

4年くらい前までは、藤川先生がどんなに「NPO法人」の話をして下さっても、「ハイハイ、別世界の話ですね」なんて軽く流し…先生、スミマセン、本当にemoticon-0139-bow.gif
まさか自分がNPO法人の理事長になるなんて夢にも思わなかったのに…

人生ってわからないものですね。

まだまだ分からないことが、山のようにあるし、役所で手続きしようとすれば、「今日理事長の方の委任状はお持ちですか?」と聞かれる「らしくない」理事長で申し訳ないですが、emoticon-0107-sweating.gif
皆さんに支えられて、なんとか2年です。

先日みんなで話しているときに「やっぱり子ども学って素晴らしい」って話になりました。

どこが素晴らしいか、何ができるのか。

具体的に書き出してみようと言ったら、出るは出るは、ポンポンと!!

みんな自信たっぷり、できることを出していってくれました。

2年前には考えられない光景です。
でも、2年前とスキル自体はそんなに変わっていないと思うんですよね。

違うのは「自信」。
NPOになったことで、ボランティア活動として、だけではなく、仕事として対価を受けられるようになり、自分たちのやっていることに自信が持てるようになったのだと思います。
(ただし、対価と言っても交通費程度のものですけど…)

自分たちに求められているもの、やるべきものが明確になり、見方や考え方が変わったという意見に一同大きくうなづきました。

NPO法人化するときに、これからは自分のやりたいことから、社会が必要としていることを意識していこうと言っていましたが、ちゃんとみんなの中にその意識が定着しています。
これがこの2年間の何よりの成果です。emoticon-0157-sun.gif

あっ、子ども学のできることは何かですか?

えーっと、工作、ゲーム、料理、手芸、大人のための研修会、交流の場作り、託児、歌、踊り、寸劇…emoticon-0169-dance.gif たいていのものはそこそこやります。emoticon-0136-giggle.gif

対象は赤ちゃん、小学生、大学生、ママたちからシニアまで。

ちなみにあまりご縁がないのは企業人。

皮算用は得意だけど、会計は苦手です。

情報モラル教育は縁があるけど、アナログ人間が多いです。emoticon-0161-phone.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-18 19:37 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

2月16日きぼーるで行われた「ちばコラボ2012 本業に生きる社会貢献活動」に参加しました。

主催は千葉県、企画運営はいつもお世話になっているNPOクラブさん。そのご縁で参加させていただきました。

第1部の講師にいらした竹井善昭さんの著書が「社会貢献でメシを食う」というタイトル。

お話の内容は、いまや世界中で社会貢献が大ブームで、CSRは企業の成長戦略であり、今後の戦略セクターは、社会セクター。そして更にCSRからCSV「共通価値の創造」へ移ってきた…

って、訳もわからなくメモを取ったのがわかるでしょemoticon-0116-evilgrin.gif

次々にマーケティング用語が出てくるので、??となりつつ、
なるほど「社会貢献でメシを食う」のもできない話ではないなとガッテン、ガッテン。

ただしそれは企業とうまく結びついた場合ね。emoticon-0133-wait.gif

さて、問題はどこでどうやって企業と出会うか、だ。

そもそも儲かりそうなことなら、とっくにどこかの企業がやっているよね。

企業も行政もやらないから社会問題なわけで、それを埋めるのがNPOの役割。
a0029225_17412788.jpg
今回この「ちばコラボ」は企業とNPOや市民団体のマッチングの場ということで参加したのだけど、企業の参加はほとんどなく、ザンネン。

でもね、NPO側も自分たちの活動をちゃんと説明してるか、協力してほしいことはなんなのか、
どんな人材を欲しているのか、明確になっているのか。
積極的に情報発信し、どんどん外に出向かなくては、協力者は見つからないという言葉は耳が痛かった。

欲しい、欲しい、だけじゃダメなんだよね。
断られても断られても説明に行く。営業しなくちゃスポンサーなんか見つからない。

このご時世、当たり前の話ですね…。

社会貢献でメシを食うのは、大変だ!!
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-18 17:54 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

大好評のママズカフェが10回目を迎えました!emoticon-0137-clapping.gif
記念すべき10回目は、フランスの伝統工芸カルトナージュミニフォトフレームをつくりました。
講師はカルトナージュ作家でミュージシャン!!の雷華ひろみさんemoticon-0159-music.gif

雷華ひろみさんのHPはこちらです。http://penco.exblog.jp/

参加者の皆さん、まずは雷華さんの清楚で可憐な作品の数々に心を奪われた様子です。
そのなかでも手のひらに乗るような可愛いフォトフレームが今日、皆さんが作る作品。
それも、たくさんの生地のなかから好きなものを組み合わせてオリジナル作品をつくるのです。
ちいさなレースも選びました。
選ぶのってたのしいねemoticon-0171-star.gif
a0029225_15553014.jpg

丁寧にボンドでのりづけ、布を切って作品を作る間は、音楽が心地よく流れ、参加者のみなさんは真剣ながら至福のひととき。emoticon-0144-nod.gif

だ円形の型に沿って、きれいに布を張るには、ちょっとコツがいるようでしたよ。
さあ、作品が出来上がった後はいつものシェアタイム!
a0029225_1615179.jpg
講師の雷華さんとの話もはずみます。





お茶を飲みながら、それぞれの作品を鑑賞しました。
ね!み~んなちがうでしょ。
a0029225_16194013.jpg

講師の雷華ひろみさんからのメッセージです。
たくさんの方にお集まりいただいてありがとうございました。
みなさんとお話ししながら楽しく過ごさせていただきました。
ひとつとして同じ作品がなく、皆さん思い思いに作品を作っていただいて、見ていてとても楽しかったです。

最後に雷華さんから全員にサプライズプレゼントが。
♡のかたちのチョコレートブラウニー!
そう、今日はバレンタインデーなのでした。
心温まるママズカフェでした。emoticon-0157-sun.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-17 16:30 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

子ども学研究会のメンバーで「子どもに関わる大人」について考えようと思い、まずそれぞれが考える「子ども」の定義を明確にしようと聞いてみました。

それは、「中学生を含むのかな、含まないのかな?」くらい軽い気持ちの質問のつもりでした。

でもね、「自立するまでは子ども」とか「親から見ればいくつになっても子どもは子ども」
「うちのダンナも子ども」  emoticon-0104-surprised.gif  「うちのダンナからすれば私も子ども」
「6年生から見ると1年生は子ども」  「大人の言うことを素直に聞くうちが子ども」emoticon-0144-nod.gif 
 
  … なんて深すぎる答えが続いて!!

電車賃は中学生以上が大人料金。

夢と冒険の国の入場券は、小学生までが小人、中学、高校生が中人(たぶん)。

これって大人の都合で線を引いているだけ??

なんかやっぱりものすごい奥が深い質問かもしれない。

「あなたの考える「こども」とは?」

シマッタ!emoticon-0133-wait.gifみんなに聞くのを忘れた!「大人とは?」

今度お答え聞かせて下さいね。
          
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-12 20:06 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

2月9日千葉地区教育交流会「こころを育てる創作トランプ~チーバくん・家族川柳トランプづくり~」がありました。

主催は千葉県教育委員会、私たちはNPO法人企業教育委員会の方とともに実行委員として企画から参加させていただきました。

今回のテーマは、「子どもも大人も、共に考えよう家族のきずな~家庭・学校・地域の教育向上をめざして~」。
何より大切にしたいことは「笑顔・楽しいこと」emoticon-0115-inlove.gif
「家族川柳トランプづくり」のワークショップがメインです。
参加者は小学生、大学生、学校の先生、シニアの方、行政の人… まさに老若男女、80名近くの方がいらして下さいました。
a0029225_1411525.jpg

開会式のあとは、まず「チーバくん、ふるさと・ことばかるた」取りから!

たかが「カルタ取り」と侮ることなかれ。
気がつけばみんな真剣勝負emoticon-0104-surprised.gif

固かった部屋の空気が一変し、まさに「アイスブレイク」。
チーバくんも登場し、笑顔でいっぱいですemoticon-0116-evilgrin.gifa0029225_14383791.jpg

盛り上がりの中、いよいよ家族川柳トランプづくり開始。

講師は市原市立白金小学校校長・千葉大学教育学部特命教授の土田雄一先生です。

自分の家族一人一人について思いつくことをイメージシートに書き込みそこから川柳を作っていく。
とにかく「数打ちゃ当たる」ので、できは関係なくどんどん書いていこうとのことでした。
a0029225_1572859.jpg
思った以上にどんどん川柳が出来ていく人、
指を折りながら言葉をさがしていく人、
空を見つめ固まっている人…

それぞれがひねり出した1句をまずは班内で発表です。

「ウマい!」「なるほど」「わかるわかる」

どの班からも笑い声や感嘆、賞賛の声がいっぱい。emoticon-0137-clapping.gif

そのあとかわいいチーバくんマークのついたトランプに清書。
そして今度は全員で発表会です。

書いたカードをWEBカメラで映し出しながら一人ずつマイクを持って解説。
小学生もみんな上手に発表してくれました。

家族みんなで参加してくれた方たちの作品は、お互いの関係がわかって更におもしろくとてもいい時間になりました。

日頃なかなか声には出さない家族の思いを川柳にすることで素直な気持ちになれた。

他の人の発表を聞いてより家族のことを考えることができた

子どもの素直な表現がとても良かった


「子どもも大人も、共に考えよう家族のきずな」のテーマ通り、子どもも大人も家族のことを考えられた3時間。あっというまでした。

今回の作品は、後日千葉県教育委員会のHPで、発表されます。

ダウンロードして印刷すれば、トランプとして使えるそうなので、楽しみにしていてくださいね。

みなさん本当にありがとうございました。
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-11 15:44 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

NHK「つくってあそぼ」が3月いっぱいで終了するそうな。

23年も続いてきたんだと感慨深いですが、そういえば子ども会だったか、親子サークルか、記憶が定かではない10数年前にわくわくさんに来てもらってイベントをしたことを思い出しました。

今思うと信じられないのですが、仲間と「なんかイベントやりたいね~」と話していて、
「わくわくさんとか来てもらえないかな」という話になり
「じゃあNHKに聞いてみるemoticon-0129-call.gif」と電話すると
あっさり、「はい、久保田さんの連絡先ですね」と電話番号を教えてくれemoticon-0104-surprised.gif
一瞬、久保田さんってだれ??と思ったのだけど(わくわくさんの本名です)電話すると
「はい、久保田です」emoticon-0140-rofl.gifemoticon-0157-sun.gifご本人につながりました!

びっくりしながらも、微々たる謝礼しかできない事などこちらの事情を説明しつつお願いすると
あっさりとOK!emoticon-0137-clapping.gif

当日最寄駅に車で娘と一緒にお迎えに行くとそこには「久保田さん」が…。
娘が小声で「ただのおじさんじゃん」とガッカリ。emoticon-0106-crying.gif
わくわくさんの「中のひと」見ちゃったんですね。

でも控室から再び現れた時は、ばっちり、わくわくさんemoticon-0142-happy.gif
手作りけん玉などを教えて下さり、とっても楽しいイベントになりました。

考えてみれば、このわくわくさんを呼んでイベントをしたことが、今の私の子ども学の活動の原点になっているのかもしれません。

ただの母親が電話ひとつで有名な人に来てもらって、みんなが楽しめるイベントできちゃったという成功体験。

単純なんで、できないことないなって思いました。emoticon-0143-smirk.gif

まさにemoticon-0159-music.gif「夢がわくわく、胸がわくわく」です。

ずっと「わくわくすることやろう!」とバタバタやっているのは、わくわくさんのおかげだったのかもしれません。

なのに、この終了のニュースを知るまですっかりわくわくさんのことを忘れていました。emoticon-0139-bow.gif

最終回は見なくっちゃ!!

PS.この記事の中に何回「わくわく」が出てきたでしょうか?emoticon-0105-wink.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-08 15:26 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

いよいよ明日2月9日、「こころを育てる創作トランプ~チーバくん・家族川柳トランプづくり~」が開催されます。
a0029225_12171219.jpg創作トランプとは、トランプにオリジナルメッセージがついた、
「1つで2度おいしいemoticon-0110-tongueout.gif」アイテムです。

明日は『こころを育てる創作トランプ』の著者で市原市立白金小学校の土田雄一校長先生を講師にお迎えし、子どもから大人まで、みんなで楽しく「家族」をテーマにした創作トランプを作ります。


現在、学校の先生や教育関係の方々からたくさんお申込みがあります。

普段、他校の先生や教育委員会の方々とあるいは、受け持ち以外の児童や保護者と話す機会はほとんどないと思います。

明日はそんなめったに出会えない方々が、楽しく交流できるチャンスです!!

当日受付もしております。

今日と同じく明日も寒い一日になるようですので、お出かけは明後日、明々後日にして
是非是非ご家族みなさんでご参加ください!

チーバくんも登場しますemoticon-0136-giggle.gif

お待ちしております。

平成24年度 千葉地区教育交流会
 こころを育てる創作トランプ
 ~チーバくん・家族川柳トランプづくり~

日時  2月9日(土)13:00 ~ 16:00 (開場12:30)

場所  穴川コミュニティセンター 多目的室  (稲毛区役所隣り)

参加費  無料

対象  どなたでも!お子様大歓迎!

問い合わせ先  千葉県教育庁教育政策課  043-223-4176
        http://kokucheese.com/event/index/69666/

*NPO法人ちば子ども学研究会は、このイベントの千葉地区教育交流会実行委員会として企画運営に協力しています。
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-08 12:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2月9日に千葉地区教育交流会「こころを育てる創作トランプ~チーバくん・家族川柳トランプづくり~」があります。  @ 穴川コミュニティセンター 13:00 ~ 16:00 申し込み受付中!
http://kokucheese.com/event/index/69666/

講師をして下さる土田雄一先生とは昨年6月にお会いしました。

その時に「創作トランプ」のお話を伺い「これはこども学でも使える!!」emoticon-0103-cool.gifとひらめいてから、半年余り…

「子育て共感トランプ」の試作品が完成しました。
a0029225_13404991.jpg


私達が関わらせていただいた「ちば子ども学講座」で講師の方がおっしゃった言葉など、ちば子ども学研究会10年間の活動の中で学んだ選りすぐりの「名言」が載っているトランプです。

子育てのアドバイスだけではなく、生き方、暮らし方、考え方など、まさに「子ども学的なんでもあり」!emoticon-0133-wait.gif

「ちば子ども学講座」は毎年2倍前後の応募があり、抽選が行われるほどの人気講座で、手前味噌ですが内容もとても充実したものでした。

ですので、受けっぱなしではもったいない、受講できなかった人のために何か還元する方法はないかなとずっと考えていました。

子育て講座を連続開催すると「素晴らしい先生のお話に満足しました」という感想と同じくらい「もっとみんなと話したかった」という声が出てきます。

専門家の話もいいけれど、みんなで感想を共有したり、おしゃべりしたいんですよね。

だから「子育て共感トランプ」。

トランプゲームを楽しみながら、子育てに関する話題も気楽にできるアイテムです。

お披露目は、2月9日の教育交流会で。

まだ試作品ですが、評判が良ければたくさん作っていろいろな人に配りたいなあ。

でもそのためには資金が…emoticon-0164-cash.gif    求む、スポンサー!!
        
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-06 14:48 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

2月3日千葉大学で行われた藤川研究室の卒論発表会。

ほんのちょっとだけ卒論の相談を受けた学生さんに誘っていただいたのでのぞかせていただきました。

毎年趣向を凝らした演出が評判のフジカワケン、今年は「ザ・ベストテン」風の演出のようです。
みんなが生まれる前のものなのに…。これも藤川先生の影響かなemoticon-0105-wink.gif

途中から見させていただいたのですが、みなさんの研究のレベルの高さにビックリしました。

前に卒論発表会を見た時の感想は「うーん、若いな」って感じたところもあったのだけど、今回はどれも興味深い研究内容で聞いていて感心しました。

机上論ではないところが素晴らしいですね。

みなさん実際に小学校や中学校で何時間も実践授業を行ってそれに基づいて論じているところがスゴイ。

学生の努力も素晴らしいけれど、その授業を受け入れて下さったり、協力して下さった多くの方がいらっしゃるということが更にもっと素晴らしい!emoticon-0171-star.gif

たくさんの方が学生のために力を貸して下さったということは、これから社会に出る彼らにとって宝になるだろうなと思いました。

本当に皆さん恵まれていますね。そしてその方たちに想いに応えて、「主体的に」研究して、立派な卒論をまとめたみなさんもエライ!

お疲れ様でした。

4月からの新生活は、この恵まれたあたたかな環境とは一変してしまうかもしれません。
脅かすわけではないけれど…。

でも、皆さんを応援している人たちはたくさんいます。
どうぞ1人でがんばり過ぎず、困ったときはいろいろな人に頼って助けてもらってくださいね。

「ワークライフバランス」を保つには人に頼ってなんぼだと私は思っています。(笑)

それにしても発表者の半分以上の方と何らかのかかわりがあるとは、ビックリ。
藤川研究室さまさまです。emoticon-0139-bow.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-03 21:27 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

大好評のemoticon-0142-happy.gifママズカフェ第9弾「想いをかたちに♡スクラップブッキング」が行われました。
今回は4ページのミニアルバム作りです。

参加者の皆さんには、あらかじめ自分のテーマを決めて写真を選んできていただきました。
講師の説明を受け、スクラップブッキング開始!
a0029225_2218088.jpg

大活躍したのが写真を円形や楕円形に美しく切れるemoticon-0104-surprised.gifマジカルなカッター。
大きさもいろいろで、実際に写真をあてて、どの大きさにしようかあれこれ迷うのも楽しい作業です。
余白を切ることで、より、その写真が生きてくるのです。

この講座はお子様連れの方もいらっしゃいます。
2才の女の子たちは、ママと一緒に写真を切ったりのりをつけたり。
もう一人前。
1才の男の子たちは見本のアルバムに興味津々。
子ども達は写真が大好きなんですね。

参加者の方がデザインや飾りつけの仕方を質問すると、講師の先生はひとりひとりに丁寧にアドバイスをしています。

emoticon-0112-wondering.gifどれどれ、耳をそばだてて聞いてみると…。

技術的なアドバイスだけでなく、その写真にまつわるエピソードに感心したり、写真の美しさに感嘆したり。
写真を通じて参加者とのふれあいを楽しんでいる様子が伝わってきました。emoticon-0155-flower.gifa0029225_22184230.jpg

最後に、できあがったアルバムを鑑賞しあう時間は今回の講座のクライマックス!!
それぞれの想いあふれる作品はどれも見ごたえのあるものに出来上がっていました。emoticon-0137-clapping.gif

講師のお二人の感想です。
「皆さんが写真を見て、生き生きと家族への想いを語ってくれました。
どの方もどれほど家族を愛していらっしゃるかを感じました。」

「アルバム作りは自宅でひとりでもできます。
でも、こうして集まってやることで写真について聞きあったり、こんなところに行ったんですか、という話題が生まれます。
そんなシェアタイムを楽しんでいただけて良かったです。
何かを残したい、と思って人は写真を撮っているはず。
この講座が、≪写真をアルバムに残す≫きっかけになればいいなぁと思います。」

講師の原口さんが今回掲げたテーマは『想いをかたちに』。
そのテーマの通りに、おひとりおひとりが、かたちにした想いを大事に持って帰っていました。
笑顔と一緒に。emoticon-0142-happy.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-02-02 22:48 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)