今年度の子どもなんでも体験隊が終わり、スタッフでふりかえりを行いました。

スタッフの感想を一言で言えば「なんか良かったよね~」emoticon-0115-inlove.gif

この「なんか」に実はいろいろな想いがこもっていて、スタッフ同士では共有できているのに、具体的に言い表せないのが難しいところ。

体験隊も7年目だけど、一番あったかホンワカした雰囲気で終わった感じがしています。


「○○君、ここだと学校とは違う人みたい。」ある女の子がつぶやいていました。

学校とは違う顔を見せる子が何人もいる事がスタッフ内でも話題になりました。

どうしてだろう?emoticon-0138-thinking.gif

「きちんとほめて、その子を認める大人がいたからじゃない?
 ○○ちゃんの作品をみんなでほめてから○○ちゃんものすごく変わったし」

 … なるほど。

「大人が押し付けたり、決めつけないでいた事も子どもがノビノビできた要因じゃないかな」

 … ふむふむ。

 … では、大人はどうしてそういう態度をとれたのかな?

全員即答で「自分の子どもじゃないから!!」

 … やっぱりemoticon-0102-bigsmile.gif  ここポイントです!emoticon-0133-wait.gif

よそのおばちゃん、おじちゃんであること。

子どもとほどほどの距離感でいることが大切なんだなと思います。

あんまり大人ががんばり過ぎても子どもはひいちゃうしね。


子どもは大人が思う以上に大人を見ています。

ほめてくれる人。

きちんと教えてくれる人。

なぐさめてくれる優しい人。

からかうとおもしろい人。

ちゃんと子どもは大人を選んで接してきます。

子どもを侮ることなかれ。

要は大人の態度次第なんですね…。
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-24 17:51 | 2012年度体験隊 | Trackback | Comments(0)

体験隊最終回の第2部は「子どもショップうちあげティーパーティ」emoticon-0166-cake.gif

何も考えずに「うちあげ」と言ったら、「部屋の中で打ち上げ花火したら建物壊れちゃうよ!」と心配する声が!emoticon-0104-surprised.gif
小学生には「うちあげ」は、なじみのない言葉でした。ごめんなさい。emoticon-0139-bow.gif

さて、12月に行った「子どもショップ」はどうだった?とふりかえるのが、今回の趣旨。

でもなんか細かいこと聞かなくていいくらい最初から子どもも大人もわきあいあいで、ほんわかいい雰囲気emoticon-0115-inlove.gif 言うことなしです。
a0029225_16531236.jpg


a0029225_16534482.jpg


まったりゆったりいい時間が過ぎていったのですが、しかしあと30分ある。
このままではもったいない!と急遽じゃんけんゲームを行う事に!!

a0029225_1744643.jpg


a0029225_1751710.jpg


空気は一変!子どもも大人もジャンケンに夢中になって大騒ぎになって最終回の終了時間へ。emoticon-0140-rofl.gif

やっぱりワイワイやるのが一番です!

みんな8回どうもありがとう!来年度も是非応募してね。当選を祈っていますemoticon-0152-heart.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-23 17:11 | 2012年度体験隊 | Trackback | Comments(0)

1月20日は轟公民館の子どもなんでも体験隊の最終回でした。

今回は2部構成。

第1部はグリー株式会社の方による「インターネットを知ろう」という講演会です。

私達は今までも保護者向け情報モラル教育に関する講演会を何度か開催してきました。

でも必要性はあるのに、保護者の関心は薄い。

さて、どうしたものか??

と考えていた時に、グリー株式会社さんで社会貢献活動として子ども達に楽しくインターネットのお話をしているということを知り、早速子ども向けの講演会をお願いする事にしました。

子ども達は小学校低学年がほとんど。
それでも3割くらいはケータイを持っているし、半数はインターネットを利用したことがあるようです。

学校の調べ学習で使うので高学年になればほぼ全員が利用者となります。

だけど、インターネットってどういうものか、使うときどんなことに気をつけた方が良いのかみんな知らなかったみたい。

今回グリーの方がわかりやすく説明して下さり、子ども達にも理解できたようです。

DSがインターネットにつながることにビックリした子が多かったですが、授業で電子黒板を使ったり普通にインターネットを使っている君たちの環境にオバサンはビックリです!

子ども自身がインターネットの利用の注意点を知り、親御さんにそう言えば体験隊でこんな話を聞いたよと伝わっていけばいいなと思っています。
a0029225_16381537.jpg

[PR]
by kodomogaku | 2013-01-23 16:40 | 2012年度体験隊 | Trackback | Comments(0)

昨年10月頃より、千葉県教育委員会主催の千葉地区教育交流会の実行委員会の一員として参加して企画していたイベントの募集がいよいよ始まりました。

こころを育てる創作トランプ 
 ~ チーバくん・家族川柳トランプづくり ~

日時  2月9日(土) 13:00 ~ 16:00 (開場12:30)
会場  穴川コミュニティセンター 多目的室
参加費  無料
講師  土田雄一先生
  
              市原市白金小学校校長  千葉大学教育学部 特命教授


講師の土田先生は「千葉県ナンバー1の小学校教員!」と評判の方で、実際にお話を伺い、こんな校長先生のいる小学校に通える小学生は幸せだなと思いました。

ご著書の『こころを育てる創作トランプ ゲームで進める「学級づくり・人間関係づくり」』で、創作トランプづくりは楽しくて、ためになり、人間関係力がつくものとご紹介されています。

土田先生のお話は素晴らしいし、創作トランプづくりも楽しいし、しかもチーバくんも登場!

是非是非ご家族みなさんでご参加ください!!

お申し込みの関するお問い合わせは
http://kokucheese.com/event/index/69666/をご覧ください。

イベント全般のお問い合わせは、千葉県教育庁教育政策課043-223-4176へお願いします。
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-17 12:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

くどくどすみません。

スタート40の最終回にきていただいた椿景子先生の講座を見つけました!

千葉市役所主催【ファシリテーター養成講座】です。
2月15日(金)、22日(金)。
会議などの場で参加者の意見を引きだす技術(ファシリテーション)を習得する講座で、定員は先着30名。

仕事に生かしたいとお考えの方はぜひご応募くださいということなので、スタート40の時とは全く違うビジネス向きの内容だと思います。

実は、私はこの講座に2,3年前に参加したことがあります。(毎年開催されている講座です)

その時は、市役所関係の方が多く、初回は区長さんも参加され、会議が専門?の方ばかりで、自分だけ場違いな背広集団の講座でしたが、それでも椿先生はキラキラされ、とっても楽しい講座でした。

椿先生のすごいところは、その場の状況に応じて、見事に対応して下さるところです。
だから、場違いな感じは、一気に解消されました。

お時間がある方は、最初の雰囲気にドキドキするかもしれないけれど、有意義な時間になる事間違いなしなので、是非ご参加されることをおすすめします!
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-16 10:12 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

スタート40 その後

井戸端会議のあとに、ああ言うこと忘れた!emoticon-0106-crying.gifと一人反省会するのがいつものことになっていますが、今回もやはり忘れたことが多数ありました。


その中の1つ、スタート40の後日談を…。

先日のゆるプロの集まりの時にうれしい報告がありました。

お2人の方がそれぞれ、スタート40で講師をして下さった、花澤佳子先生をお呼びして研修会を開催するそうです。

花澤先生のお話をもっと伺いたいと思い、自分で研修会を企画、実施する行動力は素晴らしいですねemoticon-0137-clapping.gif

しかもお2人とも乳児を抱えたママさん!もともと力のある方たちではあるけれど、スタート40が更にパワーアップするきっかけになったということがとてもうれしいです。

以前、私たちのやっていることは「種まき」かもしれないと話していたことを思い出しました。

「種まき」というより、むしろ「種への水やり」かな。

出会った人たちが、それぞれの場所で花を咲かせ始めていますemoticon-0155-flower.gif


子ども学の中にいるとなかなか気がつかないけれど、私たちの「水やり」の成果はなかなかなものですよ!

それにしてもあのチョー多忙の花澤先生の予定が2日も取れたなんて、やる気の証ですね。
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-16 09:42 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

今日は井戸端会議。

まさかの大雪による積雪で大騒ぎの朝だったのに、見事な出席率!素晴らしいemoticon-0137-clapping.gif

今年初めての井戸端会議なので、みんなから今年の抱負を漢字1文字で発表してもらいました。

大 展 声 支 高 考 安 深 学 生 前 躍→慎 信 守 繋 新

同じものが一つもなくて、想いもみんなそれぞれで、たかが1文字、されど1文字、奥が深い発表になりました。


今日の井戸端会議のキーワードは「多様性」だった気がします。


有料でもいいので、いっとき子どもを預けて、しっかりと自分の学ぶ時間を持ちたいという気持ち

子連れでも構わないので、興味のある事を楽しく体験してみたいという気持ち



ガッツリ働いてそれに見合う収入を得たいという気持ち

ボランティアとして無理なく都合にあわせて参加したいという気持ち


いろんな気持ち、いろいろなニーズがあって当たり前。


ニーズの多様性に対し、企画者あるいは担当者は、まずどんなニーズに対するものなのかを事前にきちんと説明し、それによって参加者に選択してもらうことが大切だということ。


「ねばならない」と決めつけることはないのですね。

子ども学の良さは「なんでもあり」。

だから、「今回は子連れで楽しくです」とか「今日はしっかり学ぶから託児付きです」とか
「今日はみんなボランティアでお願いします」とか「これは仕事です」など…

なんだemoticon-0104-surprised.gif、今までやってきたことです。

なんかきっちり型にはめなくてはと変に考えすぎてしまっていたかも。

きっちりしなくてはいけないのは、一番最初の「何のために行うのか」ということで、それこそ、
今までずっと言い続けてきたことでした。


そして、何を選択するかは、その人自身の判断です。
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-15 23:29 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

ちばゆるやかにつながろう~未来へ~プロジェクト・通称ゆるプロの「子縁(こえん)でつながるみなさまの交流会」がありました。

大盛況だった11月の映画上映会で更につながったみんなだけど、実のところどんな人なのか良く知らないよねということで今日の集まりになりました。

みんな「ただものではないな」と感じてはいたけれど、やっぱりみんなの話はとってもおもしろく、熱かったですemoticon-0152-heart.gif

それでびっくりしたことが!

映画つながりで集まった人たちと思っていたのに、
全員がそもそもは「子ども学の講座」きっかけだったことemoticon-0104-surprised.gif

数年前の子ども学講座から去年のスタート40講座まで。

なんらかで関わって下さった方たちでした。

「子ども学と出会ったおかげで」とみんなが言ってくれるたびに涙出そうになりました。
emoticon-0111-blush.gifうれしいですね。

みんな相当な行動派。
思いついたことは実現するタイプで、傍から見たら子育てサークルとか立ち上げてすごいと思われる人達が多いけれど、ふと気がつくと1人でがんばり過ぎて疲れ切っちゃう。

そうそう、わかるわかるemoticon-0144-nod.gif

ここで松ちゃんからの名言。

右手と左手、それぞれつなげる人をさがせ!

なるほど。

右と左の人が空いた片手で更に別の人とつないでくれて、どんどんつながっていくよとのこと。




それと組織が成熟しちゃったらだめだよね。とも。

これも同感。

成熟した組織は組織を守ることが一番になってしまうから。



だから「ゆるプロ」はおもしろい。

今日初めて参加した方の「そもそもどんなつながりで、代表の方は?」という質問に対して

「いろいろな人がゆるやかにつながる集まりで、代表者はいません」と答えるというアバウトな感じ。


今日の話題も、放課後教室のことやらボランティアのあり方、障害児教育について、ワーキングマザーと専業主婦についてと、まあさまざま。

そして、あっという間に新企画が次々と出てきました。

更に次回の集まりも決定!

2月21日(木)10時から  穴川コミュニティセンター 1階 講習室 です。

本当にゆるい集まりなので、どなたでも、参加できます。

一応キーワードは「子縁(こえん)」。

興味のある方は是非いらして下さい。飛び入り参加大歓迎です。emoticon-0128-hi.gif
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-11 19:30 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

2013年が始まりました。

昨年は新規事業が始まったり、助成金を受けて講座を開催したり、複数の人が講師デビューしたり、新たな取り組みが多く始まりました。

また他の団体やいろいろな人との出会いも多く、たくさんの事を学び、多くのものを得た年でもありました。

これも関わって下さった皆様のおかげです。どうもありがとうございます。




個人的には2012年は今まで手当たり次第にやってきたことを「絞る」年になった気がします。

ようやく自分の進むべき方向性が見えてきたというか…この年になって今さらですが。

体の方はまったく絞れず、拡張が続いているのが悲しいところ。
最近膝やら腰やら痛むようになってきたので今年こそはなんとかせねばemoticon-0132-envy.gif

体を絞りつつ目指すところは「ワークショップファシリテーター」。

昨年「あなたはワークショップファシリテーターと名乗ったら」とアドバイスをいただきその気になりました。自信を持って名乗れるよう研鑚を積みたいと思います。



子ども学の魅力は自分がやってみたいと思う事が本当に実現できるところです。

ただ、実現するのはその人自身。

子ども学は、きっかけを作ったり、後押しをする存在だと私は思っています。

誰かや何かにもたれるのではなく、自分でなんとかしようとがんばっている人にはちゃんと応援してくれる人が現れると確信しています。


あんまり自分の夢とか公言するのは好きではないのですが、夢を語るおばちゃんというのも私の役割かななんて近頃思うようになってきたので、年の初めに語らせていただきました。

年末あんまりにもカッカして熱すぎるとみんなから言われたので「熱子」と改名しようかと思案中。

こんな私ですが、皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kodomogaku | 2013-01-06 17:39 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)