「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

さてさて、うちわ作りで汗だくになった「庄ちゃん」と私は1時間後には市原市の五井の研修会会場におりました。

千葉県県民活動促進事業「ボランティア・マネジメント入門 連続講座」に参加するためです。

この講座は、ボランティアが集まるような体験プログラム案を作り、集まったボランティアを育てる仕組みのポイントを学ぶというものです。

講師は、シチズンシップ共育企画代表の川中大輔さんです。
とても若い方でしたが、大変学ぶところが多い内容の濃い講座でした。

最近若い方のお話を聞く機会が多いですが、優秀な人が多いですね。

こんな方々が活躍してくれたら日本の未来は明るいぞと思うのですが、重石のように動かない既得権者がネックかしら…オッと毒を吐いてしまいましたemoticon-0121-angry.gif  

閑話休題

私達の活動はずっとボランティアで行ってきたので、ものすごく個人個人のボランティア意識が高いです。

でもそれって、みんながボランティアでやっている=自分の意志で関わっているから、新しくボランティアに参加したいと思う人の対応まで思いが及ばないでいるんですね。

目の前の活動をどうするかで精一杯で、ボランティアを育てるなんてとんでもないと。

だけどよくよく考えたら、毎年千葉大の学生さんが会の活動に参加してくれているのに、彼らに対してきちんと対応していただろうか?

川中さんのお話を伺っているうちに今まできてくれた学生さんに申し訳ない気持ちになってきました。すごく不親切だったなって。

千葉大生は授業の一環だから、自分で学びたいことを自分から取りに来てと思っていたけれど、それは違いました。

もっともっと私たちの活動を説明し、彼らにこういう事をしてほしいと積極的に語りかけなくてはいけなかったと気がつきました。

誰でも参加して下さいっていうのは、無責任な態度なのです。

庄ちゃんがぽつりと「僕も3年やってきたけど、たまになんでこんなことやってるのかわからない時あるんだよね」とおっしゃいました。

ありゃー、庄ちゃんにも伝わっていなかったのね。emoticon-0141-whew.gif

そもそもこの活動のどんなところに魅力を感じて、活動を続けているのだろうか?

庄ちゃんと私の思いを比べてみると似ているようで違うものでした。

違って当然なんだけど、違うんだと認識する事が必要なんですね。

今までも、みんなで思っていることを話すことはあったけれど、今日体験した、思いを書き出してみんなで共有するという方法は、とても良いやり方だと感じました。

今度、会のみんなでやってみましょう。

ちなみに私が感じている子ども学の活動の魅力は、自分がやってみたい、できたらいいなという事が実現でき、参加した方からも感謝され、喜ばれるところです。

みんなは子ども学のどんなところに魅力を感じて活動を続けていますか?



川中さんの講座は7月14日もあり、またとても楽しみです。

長い1日。庄ちゃん、お疲れ様でした。emoticon-0158-time.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-30 22:39 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

6月30日宮崎公民館で出前イベント「マイうちわ作り」を行いました。

宮崎公民館には毎年呼んでいただき「フィンガーペイント」を行っていたのですが、今年は節電やエコライフなどの話題もあるので、子ども達と「うちわ作り」をすることにしました。
a0029225_20231756.jpg
ほとんどが初めて参加する子たちでしたが、去年参加してくれた子やアリオのイベントに来てくれた子もいて、そういう子とは、最初「あれ?どこかで会った?」なんてお互いに話すうちに「あ~あ~」と思い出して…。

出前イベントの楽しいところです。

子ども学研究会の夏の風物詩にもなりつつある「うちわ作り」は、折りたたんだ障子紙を絵の具の色水につけて模様を作っていきます。

色がついたら破らないようにそっと紙を開くと…
a0029225_20323376.jpga0029225_20364398.jpg
予想もしなかった模様が現れ、これがこのうちわ作りの醍醐味です。



a0029225_20561233.jpg





染めた紙をうちわの形に切って骨に貼り付けます。




a0029225_2198100.jpg

染めた紙を乾かすためにアイロンをかけていた「庄ちゃん」が汗だくになっているのを見た男の子たちが、完成したうちわで「庄ちゃん」を扇いでくれました。やさしいなあemoticon-0115-inlove.gif

こんな子どもたちとのやり取りがあるから子ども向けイベントは楽しいのです!


みんなありがとねemoticon-0152-heart.gif    また会いましょう!


来週の日曜日も轟公民館でうちわ作りやります。(受付は終了しました)
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-30 21:19 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

夏休みに親子で新聞紙工作を楽しみませんか?

8月10日(金) 10時 ~ 12時 

千葉市男女共同参画センター 2階 創作室にて

「親子で挑戦!新聞紙でトカゲを作ろう」 の講師をすることになりました。

対象は小学生親子12組です。 (就学前のお子様の同席も可。ご相談ください。)

保険料1人50円が必要です。締め切りは7月31日(火)

参加希望の方は、往復はがきで男女共同参画センターにお申し込みください。

〒260-0844  千葉市中央区千葉寺町1208-2 
  千葉市ハーモニープラザ内 千葉市男女共同参画センター  ℡ 043-209-8771

a0029225_2202932.jpg

  今日見本のトカゲをお届けしたら、
  とっても斬新な飾り方をして下さいました。




  フライングトカゲ   グッジョブemoticon-0140-rofl.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-26 21:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

6月26日千葉大学講師根本先生による「体験することの意味を知ろう」の最終回が行いました。

第1回目で「体験」したポップコーン作りを第2回目で「言語化」して、最終回は「表現発表」します。
「子どもにもどったつもりで表現して下さいね」と根本先生がおっしゃる前から、心配ご無用emoticon-0104-surprised.gif
授業開始のごあいさつをすることを忘れ、念入りな打ち合わせや小道具の作成に打ち込む面々。

かなり本気ですemoticon-0116-evilgrin.gif
a0029225_19502458.jpg


a0029225_19513960.jpg

あまりに熱心に準備に励むものだから、根本先生が心配され「そろそろ発表会を始めましょうか?」とおっしゃった時にはすでに1時間近く経っていましたemoticon-0158-time.gif

さて、発表会emoticon-0160-movie.gif
a0029225_19481121.jpg


オーデション?  ではありません。
他の班の発表をただ見るのではなく、色々な角度から見てちゃんとコメントを書いて発表するのです。
なんてったって、「勉強会」ですからemoticon-0126-nerd.gif   と言ってもお勉強モードはここまで!
a0029225_20131117.jpg
      発表が始まると…
      歌あり、
      踊りあり
      早着替えアリ!!a0029225_20191048.jpg










落ち着いた雰囲気で朗読劇を始めたベテラン組も…
a0029225_20233657.jpg

      やっぱりはじけちゃった!
a0029225_20364280.jpg








残念ながら私の班の発表は画像がなくて  ホッemoticon-0141-whew.gif
シラフなのに踊っちゃいましたよ!10年目にして初踊り?emoticon-0169-dance.gifemoticon-0111-blush.gif

発表後の感想が…   「女優って大変!!」
              「生きてるって感じ!emoticon-0152-heart.gif
              「あっという間に終わって、不完全燃焼!」    (って、十分燃えてましたからemoticon-0137-clapping.gif)

唯一参加してくれた千葉大生の平ちゃん(と勝手に呼ばせて頂きます)が、「皆さんとの距離が縮まった感じがして楽しかったです。」と言ってくれてうれしかったです。

良かった、ひかれてなくてemoticon-0141-whew.gif

根本先生、楽しく、有意義な講義を本当にどうもありがとうございました。

後期も是非、よろしくお願いいたします。
  
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-26 21:02 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

昨日の鎌田さんのお話から思う事の続きです。

鎌田さん達の仕事~コミュニティサポート~は公民館の職員さんのような感じですね、という話がありました。

まさにその通りだと思います。

私達子ども学研究会は公民館生まれ、公民館育ちemoticon-0125-mmm.gifの活動なので公民館と縁がとても深いです。

だから公民館に思うところがちょっと多い。

私達は本当に公民館や生涯学習センターなどの職員さんとともに育ってきたと思います。

このともにがポイント!

私達が職員さんと一緒になって講座やイベントを作り上げて行く過程では、素人の私達は社会教育のプロの職員さんから多くの事を学び、また職員さんも私達からなんらかの影響を受け、得たものがあったと思います。

今はやりのWin_Winかな。

でも私たちみたいな存在はかなり稀みたい。

公民館は予算削減で大変みたいでそれも理由の一つかもしれないけれど、市民のニーズに応えると言って安易に市民のしたいこと、人気のある講座ばかり開催してる感じもします。

だから公民館は格安なカルチャーセンター化して、公民館の有料論なんて出てくるんだと思います。

公民館は市民に一番身近な社会教育の場、地域コミュニティのサポーターとして存在してほしいと思いのだけど、無理なのかな?

だから民間でコミュニティーサポートを担う必要が出てきたのかも。

よし、私達もそこに乗っかって自分たちで仕事作っちゃおう!!   ってみんなまたひいちゃう?emoticon-0124-worried.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-24 13:50 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

6月23日ACEさん主催の第38回メディアリテラシー教育研究会「マンションにおける育児支援の最新事情」に参加するために市ヶ谷に行ってきました。

早めに市ヶ谷に着いたのに会場がわからず、宅急便のお兄さんに道を尋ねるとわざわざ一緒になって探して下さいました。ありがとう、クロネコさんemoticon-0115-inlove.gif

さて、本日の講師のエヌ&エスコミュニティアソシエイツの鎌田菜穂子さんは、今年度私たちが始めたマンション内コミュニティサポートのお仕事を紹介して下さったご本人。

超多忙の鎌田さんとはお会いしても業務内容確認ばかりで、じっくりお話する時間もなかったので、とても楽しみにしていました。

まずは鎌田さんの仕事を始められた経緯について。もうここでやられましたね。

「地域と関わる仕事を作りたい」「仕事がなかったから仕事を作った」
子育て中の人がなんと大胆な!しかも賛同する人たちが複数いたというのにもビックリemoticon-0104-surprised.gif

出発点が私たちと明らかに違いました。ボランティアとビジネス。

今日何度か「熱い思い」という言葉が出てきました。
これ、今日の「キーワード」かもしれない。

ボランティアなら「わたしの熱い思い」たっぷりで活動するのはOKだと思う。

でもビジネスは、優先すべきは依頼主の意向。「わたしの熱い思い」ではない。かといって、冷めているのではなく、依頼主の意向に熱く答えるべくベストをつくしていく。だからかなり熱い。

この違いなんだよなあ。


子ども学研究会を任意団体からNPO法人化しようと言った頃からずっとモヤモヤしてきたことだったのだけど、今日明確になったと思いました。

「わたしの熱い思い」実現のためには他人はお金を出さないってこと。そして思いだけでは続けられない。

発足以来、藤川先生がずっとおっしゃってる「利他的な夢」って言葉を思い出しました。
「利他的な夢」には協力する人が必ず現れる ⇒ ビジネスとなる  (ただ、儲からないらしいemoticon-0106-crying.gif)

鎌田さんがどんな質問に対しても明快にわかりやすく答えて下さる姿に感動し、自分の中でいろいろなことが整理がつき、本当に有意義で楽しい時間を過ごす事ができました。

でも、整理がついたことを他の人にどう説明すればいいのか。
鎌田さんのようにうまく伝えられないのが残念です。

このブログも長時間かかってしまいました。

講義と同時進行にツイッターにまとめる藤川先生やACEの人は本当にスゴイです!

講義の詳細は是非藤川先生のツイッターをご覧くださいね。(内容、丸投げすみません)

鎌田さん、藤川先生、ACEの皆さん、今日は本当にありがとうございました。
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-24 01:04 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

19日の井戸端会議で皆さんにお伝えしなくっちゃと思っていたのに忘れた事を今思い出しました。
(最近このパターンが多いので困っていますemoticon-0106-crying.gif)

3月に市原で子育てサロンの担当者の方たちと新聞紙バッグ作りをした後日談です。

参加された方が、早速ご自分の子育てサロンで子育てママたちと新聞紙バッグ作りを行ったそうです。
すると大好評emoticon-0152-heart.gif  今、バッグ作りがちょっとしたブームになっているそうな。

そして、サロン担当のスタッフの方たち自身が、ママ対象のメニューがこんなに喜ばれるんだという事に気がつき、今までは子どものためのプログラム作りをしていたのが、ママのためのプログラムを考えるようになり、発想の転換ができたことが何よりの成果とおっしゃっていただきました。

私達が、新聞紙バッグ作りを選んだ意図は、まさにそれです。

「親子」という括りの集まりだと、どうしても主催者は子ども向けの内容を考えます。

例えば、手遊びだったり、お遊戯だったり、絵本の読み聞かせだったり。

それはそれで、子どもが喜ぶし必要なことだとは思うけれど、最初から最後まで、そしていつもいつもだったら、大人は飽きるのではないでしょうか。

というか、私自身はそういう集まりは苦手でした。なんでひとさまの前で強制的に歌を歌わなくちゃいけないの、うさぎさんにならなくちゃいけないのって…
(今、子ども学の時にたまにやっている自分に苦笑いですがemoticon-0120-doh.gif)

子育て中のママは自分の趣味やしたいことを我慢していることも少なくありません。
むしろ、自分のしたいことをするのは「いけないこと」と思ってしまっているかもしれない。
だから、苦しい。

そんなママたちに「息抜きしていいんだよ」「たまには自分も楽しんで」と先輩ママたちが言ってあげられたら、子育てサロンがそういう場所になったらと思い、市原に出かけていきました。

そうした思いがあの短い時間で伝えられたという事が、とてもうれしく思いました。

「そのうちまたお願いしますね」というお誘いもemoticon-0115-inlove.gif
またいいネタ探さないと!みなさんよろしくねemoticon-0105-wink.gif
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-21 09:30 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

a0029225_14401273.jpg


月1回正会員が集まる井戸端会議を19日開催しました。

1か月に1度だけなので決める事がたくさんで、なかなか一人一人の思いを伝えられていないかもしれません。

話し合いは難しいですね。
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-20 14:43 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

a0029225_1424294.jpg今年度より千葉市内の新築マンションの住民の方たちのコミュティ作りのお手伝いをしています。

具体的な内容は、住居者同士の交流会や子育交流会、地域情報交換会などの企画と開催です。

今年度は毎月1回のペースで行い、5月はラウンジコンサート&ミニパーティを、そして先日6月18日に子育て交流会を行いました。
a0029225_14283836.jpg

元々私たちの行っているイベントは人と人との交流を作るために行っているので、基本は同じなのだけど、ちょっとずつ何かが違う。

最初の打ち合わせから関わっている人にはわかるけど、助っ人の人には伝えるのが難しい、微妙なところ。

毎回ドキドキしながら開催しています。
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-20 14:35 | 2012年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

6月30日に宮崎公民館で小学生対象の「マイうちわ作り」を行う予定です。
a0029225_15355282.jpg


6月に入り公民館の方が近隣の小学校にチラシを配布したところ、あっという間に定員25名を超える申し込みがあったそうです。

会場の関係で、30名までしか対応できず、多くの方をお断りすることになってしまいました。

楽しみにして申し込んで下さったのだろうと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんなさいemoticon-0139-bow.gif

作るものは違いますが、7月28日に磯辺公民館で、8月にアリオ蘇我や男女共同参画センター(ハーモニープラザ)でも小学生向けイベントを行いますので、是非そちらにご参加くださいね。
[PR]
by kodomogaku | 2012-06-16 15:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)