<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2011年をふりかえって

気がつけば大晦日です。

いろいろあった2011年。ちば子ども学研究会にとっても大きな節目の年でした。

ランキングをつけようと考えたのですが、どれも大きな出来事で順位はつけられない。

ということで、順不同で…。


まず、なんといってもNPO法人化したこと。emoticon-0166-cake.gif
登記直後の大震災で動揺しましたが、他のNPO法人が多く取り上げられ、今さらながら、NPOの意義を再確認し、自分たちのやるべきことをしっかりとらえ、進んでいこうと気を新たにしました。


そして、「子どもなんでも体験隊あそびレシピブック」の発行!

今まで私たちが行ってきた子ども向けイベントをもとに、だれでも気軽にイベントができるガイドブックをめざし、作った冊子です。

配布先で、「これ無料でいいんですか?すごくいいですね。」とお褒めの言葉をいただいたり、この本を使った研修会を依頼されたり、手応えバッチリ!
私たちのかけがえのない財産になりました。emoticon-0128-hi.gif


それから、「ママズカフェ」を4回開催したこと。
子ども学研究会独自の託児付きの講座の開催は初めてで、課題も多く見つかりましたが、大変好評で今後も是非続けたいと思っています。


それと残念ですが、10年続いた「ちば子ども学講座」が終了したこと。

今年度も受講者も企画委員も大満足の内容で開催できましたが、それでも継続することができませんでした。
でも、形を変えて、学びの場を作っていくことはできそうです。変化はチャンスかもしれません。


あと、思いもよらなかったところから仕事の依頼がボチボチきていること。
NPO効果なのかな。きっちりこなしていきたいですね!


今年の漢字は「絆」でしたが、私が子ども学の今年の一字を選ぶなら「縁」かな。

「絆」という言葉には人の意志が働いている気がするけれど、人の意志とは関係のない「何か」がつなぐ「縁」をものすごく感じたからです。

ちば子ども学研究会は、以前から「ゆるやかなつながり」という言葉がずっと使われてきました。

「縁」と「ゆるやかなつながり」。今年の子ども学はこれできまりですね!


ご縁があったみなさん、今年一年どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではよいお年を!!
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-31 01:19 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

千葉市協働事業に提案した件のその後について。

私たちは、今まで続いてきた「ちば子ども学講座」の継続を願い、事業の提案をしましたが、どうやら、予算の兼ね合いで、残念ながらそのままの形で実現するのは難しいようです。

市の担当者の方も、実績が上がっていることや、必要性が高いことも認めてくださってはいるものの、受け皿が見つからない。emoticon-0106-crying.gif

しかし、捨てる神あれば拾う神あり!!

提案した事業の中の私たちが一番自信がある部分について → 9月に完成した「子どもなんでも体験隊 あそびレシピブック」を使った研修会が ← 開催できることになりました。emoticon-0157-sun.gif

研修の対象者は放課後子ども教室の関係者。

そもそも「ちば子ども学講座」は、地域で子どもと関わる活動のリーダーを養成するために始められた講座なので、原点に帰るとも言えるでしょう。

地域で活動する人に活用してもらいたいと思って作った「あそびレシピブック」をテキストとして研修会が開けるとは夢のようです。

この年末にあれよあれよという間に進んでいった話で、年明け早々にまた打ち合わせを行い、1月末には研修会というタイトなスケジュールですが、実りのあるものにしたいと思っています。

でも、今年度のちば子ども学講座企画委員会の方たちに「きっと講座を復活させます!」と約束しているので、「子育てママによる子育てママのための子育て講座」の方もなんとか実現したいと思います。

動けば必ず何かが変わる。

今回のことで、よりその思いが強くなりました。見てくれている人はいるのです。

提案事業を受け付けて下さった所では実現は難しかったけれど、別の係の方が、提案書を見て下さり、かつ別ルートであそびレシピブックを入手されていて、うまい具合にぴったり合わさって、この研修会の話になったというのが、今回のいきさつ。

何かもっていますね、わたしたち!

担当の方が私たちのあそびレシピブックの良さを熱く語って下さって…

もうなんか泣きそうでした。作って良かったなあ、と。

最近ちょっとやたら突っ走っちゃっているかなと少し反省していたのだけど、でもやっぱり来年も突っ走らせていただきますので、ヨロシク!!emoticon-0105-wink.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-30 23:33 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

千葉市宮崎公民館で行われた千葉県公民館連絡協議会主催の初任職員研修会で公民館で活動している団体事例としてちば子ども学研究会の活動を発表してきました。

事例発表は2団体。前半は柏市で30年間押し花の講座をいくつもなさっている太田さんという方の活動報告でした。
自転車で30分かけて公民館に週3,4日は、通っていらっしゃるという太田さんはボランティア精神にあふれた方で、公民館だけではなく、市内の小学校でも子どもたちに押し花をおしえていらっしゃるとのこと。

大量の押し花の材料を必要とするので、畑を借り、ご自分で種から花を育て、一番キレイな時期に押し花を作るとさりげなくおっしゃる姿は、ボランティアの鏡だと思いました。

さて、私自身の発表は…。どうだったんでしょうか。emoticon-0141-whew.gif

硬い顔した50人近くの人の前での発表だったので、意外でしょうが、緊張しいで、特にマイクを使うと自分の震えている声に更にあがってうわずって…。

とは、いえまた辛口コメント入れちゃったんですけどね。emoticon-0122-itwasntme.gif

私だけでは役不足と思い、Sじさんにもご登壇いただき、公民館利用者と公民館職員の両方を経験された立場からのお話をしていただきました。
a0029225_19371450.jpg


貫禄たっぷりの講師姿に本来のSじさんを見て、日々のご無礼を反省。emoticon-0139-bow.gifスミマセン。

ちば子ども学研究会は、公民館育ちのNPO法人です。本当に公民館の方々に感謝しています。
そしてこのような公民館職員さんの勉強会に参加させていただいて、やっぱり公民館職員さんは社会教育のプロだなと実感しています。

でも、日頃公民館を利用する時は、公民館職員さんとは、部屋の貸し出しだけの関わりしかないような気がして、なんとももったいない!

もっともっと市民に社会教育のことを伝えて欲しいと思います。

いただいたご質問の中で、「もしあなたが公民館で今の活動に出会わなかったら、今どうなっていたと思いますか?」というものがありました。

もし、私がちば子ども学講座に出会わなかったら、全く別の人生を歩んでいただろうとあらためて気がつきました。
よもやNPO法人の理事長になるなんて!
まあ良妻賢母なんて道は無かったでしょうけれど…。emoticon-0116-evilgrin.gif

私の人生を変えちゃった「ちば子ども学講座」。おおげさでしょうか?
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-21 20:06 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

今年度最後の井戸端会議(定例会)。

集まりがイマイチ悪く、議事に入る前に近況報告がてら、一人ずつ「今年の自分の一字」を聞いてみました。

混、続、飲、再、跳、新、時、忙、地域、動、挑、音!、楽、雑 ……。

みんなそれぞれ思い思いの字を挙げながら、今年一年をふりかえってくれました。

ちょうど一年前は、NPO法人設立総会の開催日。震災もあってどの人にとっても節目の年になったようです。

母親になると子ども中心の生活になり、話すことも考えることも子ども主体になりがちだけど、みんなの一字を聞くと、自分自身の成長や進化を表す言葉が多かったように感じました。

私たちの進化にあわせるように、新しい事業も増えてきています。

未知の扉を開けるのは不安だけど、できない人のところに依頼は来ません。だから絶対に大丈夫。

「やる前からできないなんて言ってたら何もできない!」っていつも子どもに言っているセリフ。
言うからには自分がやらなくっちゃ!と私は思っています。

来年は辰年!天に昇る龍のようにアゲアゲemoticon-0165-muscle.gifでいきましょう!
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-21 18:51 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

不思議なご縁

今日はママズカフェの4回目でしたが、新規事業の打ち合わせのため副理事長とふたりで、京王明大前まで出かけていきました。

わたしにとっては明大前は、学生時代毎日通過していた(下車駅ではなかったのは残念emoticon-0106-crying.gif)ところだったので、懐かしさを感じる場所です。

今回の新規事業のお話は検索に検索をかけて、ちば子ども学研究会にたどりついてくださったもので、その事務所が多少なりとも私に思い出がある場所ということにちょっとしたご縁を感じていました。

a0029225_212198.jpg


20ン年ぶりの明大前は、利用していた井の頭線ではなかったこともあり、思い出のかけらもなく、月日の流れを痛感しましたが、打ち合わせの内容は◎。emoticon-0100-smile.gif

a0029225_21395565.jpg先方とは、まだ2回しかお会いしていないのに、すぐに想いが共有でき、旧知の知り合いのような感覚でお話がすすみ、とても気持ちが高揚してきました。

新しいことへの挑戦は、不安は大きいけれど、きっと大丈夫!

更に、この事業とは別の話がある、と伺えばそれが私の職場と関係のある話だったので、これまたご縁が!

偶然もここまで重なると必然のような気がしてきました。

わくわくドキドキした気持ちで、事務所を出て、道路の向こうに見える明治大学に「前まで行くのは簡単なのにね。」とお互いに子どものことを思い出し、ため息。emoticon-0124-worried.gif

が、すぐに気を持ち直し、イタリアンレストランでランチを食べ、千葉への帰路につきました。
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-13 21:51 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

さりげないお花の飾り方を学びながら、おしゃべりも楽しもうというママズカフェの第4回目を稲毛保健福祉センターで開催しました。

講師の宮田さんは今月毎日のようにあちらこちらで教室の予定があるという人気の先生です。emoticon-0155-flower.gif

アレンジメントの教室で使う花は、当日の朝、茂原の生産者の方のところで調達するとのことで、かなりのこだわりを感じと同時に、花持ちの良さに自信をお持ちでした。
a0029225_20542520.jpg


講座は、アレンジの輪郭を作ることが大切という話から始まり、最初の4本(3色のバラとスプレーマム)までは、かなり丁寧な説明がありました。

皆さん、おっかなびっくり、茎のどこにはさみを入れようか悩んでいた様子でした。

a0029225_20563141.jpg

その後は、自由に挿してアレンジを完成させました。

完成後は、「ミニ展示会」を開催!

a0029225_20584815.jpg

a0029225_20595884.jpga0029225_2104646.jpg


同じ花を使っているのに、同じ作品はなし!!


見た目の印象も異なり、どの作品も個性が光っていました。




そのあと、「お花は皆さんが思っている日数の2倍~3倍は長持ちします!」というこれまで耳にすることのなかった話が続きました。

オランダでは、花を切ってから2~3日のものが購入でき、鮮度を保つため、花瓶の水には、栄養剤が入ったものを用いるのが当たり前だとか。

日本では、花を切ってから7~10日のものを購入しているそうです。

多くの人は、花瓶には、真水を使っており、花持ちがしないのは、当然!という話が飛び出しました。

なので、宮田さんが扱っているような新鮮な花に、鮮度保持剤が入った水で管理することが、花を長く楽しむコツだそうです。

皆さん、大切そうに、お花を持って、帰宅されていました。
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-13 21:05 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

今年も大好評のとどろき子どもなんでも体験隊も年内の活動は、これで終わりとなりました。

残すは、1月29日の最終回のみ。

そしてこの最終回がすごい!轟公民館全館を使った1大イベントなのです。emoticon-0140-rofl.gif

この日は、体験隊以外のお友達も参加できます。

内容は、フィンガーペイント ・びゅんびゅんアーチェリー作り ・おいしい和スイーツ作り ・ ゲームコーナー
など、もりだくさんです。
a0029225_22114150.jpg


講堂では保護者向け講座も開催予定。

更に、今回は目玉として、琉球國祭り太鼓の方がいらして、創作エイサーを見せてくださいます。emoticon-0159-music.gif


なお、体験隊のお子さんは既に材料費をいただいているので無料で、それ以外の方は材料費が100円必要です。

日時は、1月29日(日)9時半から12時までです。場所は千葉市轟公民館です。

どうぞご家族で遊びに来てくださいね! (汚れてもいい服装で来てね。)

 お問合せ 轟公民館  ℡ 043-251-7998
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-11 22:27 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

夢化学実験隊の方による体験隊の後半は「ほかほかカイロ」を作ります。
a0029225_21181819.jpg

a0029225_2123589.jpg

材料は、園芸用土!emoticon-0104-surprised.gifと食塩水、そして鉄粉と活性炭。

ここでも意外な材料を使うので大人もビックリ!




a0029225_2126365.jpg


これらを混ぜて、封筒の中に入れ、封をきっちりして振ると…

アツイ!  あっというまに封筒が熱くなってみんな大騒ぎ。emoticon-0123-party.gif

この反応は「酸素」の働きで起こったもの。
化学式を使った説明にうなづく子もいて、いまどきの小学生はすごいなぁ。emoticon-0126-nerd.gif

a0029225_2141224.jpg


「鉄は燃えるのか?」という実験で、実際にスチールウールに火をつけて燃やしたり、わくわくドキドキする実験もたくさん見せてくださり、大満足の「化学実験体験」となりました。

夢化学実験隊のみなさま、朝早くから本当にありがとうございました。
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-11 21:46 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

とどろき子どもなんでも体験隊の第7回目「入浴剤&カイロを作ろう」を行いました。

今日の講師は「夢化学実験隊」のみなさんです。

a0029225_20552625.jpg


まずは、入浴剤つくり。

材料は、硫酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウム(重曹)、クエン酸、無水エタノール、香りのもとです。

乳鉢にいれてすりこぎで十分細かくすりつぶすのが、今日のポイント。
a0029225_20594894.jpg

慣れない手つきで、でも一生懸命にみんなすりつぶしていました。

今日の香りのもとは、なんと粉末のレモンティ!emoticon-0104-surprised.gif
この中に入っている砂糖のべたつきが、粉同士をくっつけるので、固まりやすいとのこと。

慎重に型に入れて                        ぎゅっと固めてできあがり。
a0029225_2162285.jpg
a0029225_2183322.jpg


今頃、みんなレモンティの香りに包まれてお風呂に入っているかな?emoticon-0111-blush.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-11 19:39 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

前回のブログで書いた千葉市協働提案事業の件の続報です。

「委託しません。が、協働の可能性ありかも」という通知があったとお伝えしましたが、その後、市役所の方から「協働事業として取り組んでみましょう」というお話が正式にありました!emoticon-0102-bigsmile.gif

私自身が捉えている委託と協働の違いと市役所の認識と違いがあるようなので、ちゃんとお話しないとなんとも言えないのですが、「ちば子ども学講座」の復活の可能性が出てきたことは確かです。

今後市役所の方と打合せをして、来年度のちば子ども学講座の開講を目指したいと思っていますので、講座の企画に参加したい方は是非、ご協力くださいね!

今後の経過についてもお知らせしていきますので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kodomogaku | 2011-12-08 21:48 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)