磯辺公民館でも好評だった「色染めでマイうちわを作ろう!」を

8月4日 11時から15時まで アリオ蘇我 1階 サンコート広場(無印良品前)で行います。

「紙の毛細管現象」を利用して紙を染めて作るので、作ったうちわと毛細管現象について調べたレポートを提出すれば、夏休みの自由研究と自由工作がこれでOK!です。

材料費は200円です。当日受付ですので、是非作りに来てくださいね!
a0029225_19303976.jpg

[PR]
by kodomogaku | 2011-07-30 19:30 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

7月30日磯辺公民館で「色染めでマイうちわを作ろう!」を行いました。

29日は新潟などで豪雨で、30日の千葉の天気予報も怪しい雲行き。
去年磯辺公民館に行ったときも台風接近で開催が危ぶまれたことを思い出しました。

嵐を呼ぶのは誰?emoticon-0156-rain.gif

でも幸い当日の9時頃には薄日が差してどうやら天気は持ちそうでほっと一息。emoticon-0141-whew.gif

今日の「色染め」とは、折った障子紙を色水につけて作ります。
a0029225_18581445.jpg


折った紙に色をつけてもまだ全然どんな模様になるか予想がつきません。

紙を広げた時に色鮮やかな模様が出てくると、みんなの顔もパッと明るくいい笑顔になります。emoticon-0102-bigsmile.gif

この瞬間が「マイうちわ作り」の醍醐味です。

紙が乾いたらうちわの形に切り取って
a0029225_18592513.jpg



うちわに貼り付けます。
a0029225_190288.jpg


チョー大変って言っている子もいましたが、
a0029225_1963933.jpg
a0029225_196519.jpg


色とりどりの「マイうちわ」ができました! 

みんなで同じ色水を使ったのに、一つも同じ色、同じ模様がない、世界にひとつだけのマイうちわです。

うちわを作った後は、おまけのゲーム。

工作だけでは終わりません。emoticon-0105-wink.gif



早めにお迎えに来てくださったご家族も混ざってにぎやかに大笑いした後に解散となりました。emoticon-0140-rofl.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-30 19:14 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

グループ活動につきものの「話しあい」。
ちょっとした仲間との話しあいも含めると星の数ほどの話し合いの場を経験している気がします。

でも、その中で、満足できる結果になったのはどのくらい?

なんとなく声の大きい人の意見で決まってしまうことが多く、話しあいになってなかったりして、「話しあい」って難しいですよね。

話しあいをスムーズに進めるスキルの1つに「ファシリテーション」の手法があります。

今度9月に行う「役に立つはなしあいのしかた・すすめ方」講座(2回)では、そのファシリテーションを学ぼうとちば子ども学研究会ではおなじみのNPO法人国際ファシリテーション協会専務理事の椿景子さんをお呼びすることになっています。

椿先生は今ちょうど千葉市男女共同参画センターで連続講座を開講されているので、その講座後に打合せをさせていただくことになり、昨日お会いしてきました。

相変わらずスレンダーで美しい椿先生は、私のぐたぐたの説明を的確に解読して、受けとめてくださいました。

さすが、出来る人は違います。emoticon-0115-inlove.gif

そして決まった9月の講座の詳細は……。

第1回目  9月8日    1.ファシリテーションについての基本的解説
                2.グループに分かれて模擬会議

第2回目  9月15日   1.模擬会議をするグループ(1班)とその模擬会議を見るオブザーバーグループに
                  わかれる
                2.話しあい終了後、全員で進行の様子について話し合う


一斉に模擬会議を行って、その後、それぞれのグループから感想等を話すというパターンは経験したことはあるけれど、代表の1グループだけが模擬会議を行い、他の人はその様子をみるという今回のやり方は珍しいのではないでしょうか?

なかなか刺激的な内容になりそうな今度の講座。

是非皆さんご参加ください!   会場は稲毛保健福祉センター3階活動室。  時間は10時~12時です。

申し込みは  tibakodomogaku@yahoo.co.jp へ。 8月末〆切です。
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-23 13:30 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

8月4日(木)にアリオ蘇我の夏休みの自由工作・自由研究教室で「暑さに負けない!マイうちわ作り」を行います。

11時から15時までの間、当日受付ですので、どうぞ皆さんも遊びに来てくださいね。(材料費200円)
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-22 22:04 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ちば地域コンソーシアム(青少年を取り巻く有害環境対策推進協議会)実行委員会のメンバーは、学識経験者や青少年関係団体やメディア関係企業や行政や警察の関係のそうそうたる方々ばかり。

お偉いさんの中に紛れ込んでしまったオバサン1人でアウェーな感じ。(最近多いぞ!このパターン)emoticon-0104-surprised.gif

でもせっかくお声を掛けて頂いたので、保護者の端くれとして専門家の方々とは違う目線も必要かもと思い参加してきました。

長いことPTAや青少年育成委員などの役員をやったので、子どもとケータイの問題についていろいろな取り組みがされていることは知っていましたが、実に多彩な分野でたくさんの対策が行われていることをあらためて知り、心強く思うのと同時に、この問題の大きさ、根深さも感じました。

情報端末の開発が進めば進むほど、問題も多くなって複雑になっていく現状。

解決するにはやはり情報モラル教育が一番なのではないかなと思いました。

それと、千葉県の対策として県内の小、中、高校の生徒に保護者向け冊子「青少年を非行・被害から守るために」を配布したそうですが……

うちは届いていません。emoticon-0107-sweating.gif 情報モラル以前の問題か?

小、中、高校生をお持ちの保護者の方、お手もとにこの冊子は届いていますか?

中、高生経由で保護者に手紙等を届けるのは至難の業じゃないかなと個人的には感じております。
(躾がなってなくてすみません)


聞いて欲しい保護者は出席しない研修会。

読んで欲しい保護者には届かない冊子。

専門家の方が知恵を絞って、いろいろ手を尽くしても、埋められない深い溝。
どうやってそこを埋めていくか、その点も考えていかなくてはいけないと思いました。
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-21 23:33 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

8月6日に千葉市生涯学習センターで開催する「ハーブの香りせっけん作り」は、いろいろな想いが一つにつながって実現した企画です。

はじまりは、6月末、知り合いのマロウズハウス香りの教室の代表の方から「アロマを媒介にして被災地の子どもと千葉の子どもを交流できないかな」と言うお話があったことからでした。

たまたまその日は千葉市生涯学習センターにちば子ども学講座の企画委員会で行くことになっていたので、早速センターの職員の方に相談しました。すると「いい企画ですね」と検討してくださることに!

結局被災地の子どもをこちらに呼ぶ計画の実現は無理でしたが、千葉の子どもたちが作った石鹸を東北に送ることが可能になって、企画が実現することになりました。

生涯学習センターの方が満面の笑顔で「これがちば子ども学研究会さんとの初共催になりますね」と言ってくださり、とってもうれしくなりました。そう、今まではお手伝いの立場だったから。

子ども学にとって初の持ち込み企画。

まだ企画の段階ですけど、なんかつながるっていいなと感じています。

動けば動いただけ結果が出るんだなと最近思うことが多くて、今までやってきたことはムダではなかったとしみじみ思っています。


マロウズハウス香りの教室 http://www.mallowshouse.com/
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-14 22:24 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

8月6日土曜日13:30~15:30 千葉市生涯学習センター工芸研修室で「ハーブの香りせっけん作り」を行います。
対象は小学生。参加費無料です。

3月11日千葉もとっても大きく揺れて、液状化現象や断水などの被害にあったところも多くありました。
その後も余震が続いたり、放射能の問題があったり、千葉のこどもたちも怖い想いや不安を抱えていることでしょう。

みんなで良い香りのせっけんを作りながら、自分の想いを話したり、被災地の人のことを考えたりするそんなひとときを過ごしませんか?

作ったせっけんはメッセージを添えて東北の人に送ります。
そして想いを共有できるようにせっけん1個のお土産つきです。

お問合せ、お申し込みは千葉市生涯学習センターまで。締め切りは7月27日です。
http://chiba-gakushu.jp/
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-14 21:35 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

a0029225_19543466.jpg
「役に立つ話しあいのしかた・すすめ方」講座の第2回目。「みんなで考えよう、ケータイとのつきあい方」を行いました。

講師は前回と同じく、NPO法人企業教育研究会の阿部学さん。

この講座は「こどもとケータイ」について考えつつ、話しあいのすすめ方も学んでしまおうという一度で二つのことを学べる内容です。

まずは「みんなで考えるケータイ」のDVDを見て、個人個人が気がついたことを付箋に書き出しました。
a0029225_19555493.jpg










そして班毎にその付箋を見せ合い、共通項目を探しグループ分けしていきます。
a0029225_19581365.jpg


その後、各班からの発表。
a0029225_2002272.jpg

同じDVDを見ているのに、違う視点のとらえ方が出てきて、興味深く思いました。


この話しあいの方法は「KJ法」。
みんなの意見が予想がつかないときに有効で、思っていることが可視化でき、少数派の意見が消えないのがいい所だそうです。


今の子供たちは相手に同調することは得意で、うまく話をあわせがちだけど、自分と違う意見を持つ人との交流は苦手。そして関係を修復するのが難しいとのこと。

だけど、それは子どもに限ったことではなく、大人にも言えることでは?と言う意見も出てきました。

なるほど。そのとおりかもしれません。

みんながみんな同じ方向を向くことが良いことで、なるべく目立たないようにするのがベスト。

何か提案しようものなら、ではあなたがどうぞ!って風潮ないですか?

出る杭は打たれることが多々ありますよね。  
まあ出過ぎちゃった杭は誰もたたきに来ないからラクですけれど。emoticon-0130-devil.gifって私だけ?

閑話休題……

ともかく、何か問題があった時は1人では抱え込まないこと。
困った問題ほどすぐに相談しよう!

「意味を持たない交流の場が大切」と言う阿部さんの言葉に大賛成!

そして、子ども学は意味を持たない交流、得意です!



この講座は、財団法人こども未来財団さんの助成を受けて開催しています。
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-14 20:41 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

へとへとになって終了した子どもなんでも体験隊の3回目。

講堂の清掃を終え、調理室の片付けに合流すると、なにやらおいしそうなものが!

大量の玉ねぎの皮を煮ていたはずが、ざるの上にはたくさんのそーめんemoticon-0104-surprised.gif

キュウリの漬物もたっぷりに並ぶテーブルに疲れが一気に吹き飛びました。emoticon-0102-bigsmile.gif

聞けば先輩スタッフのsさんが、準備してくださったとの事。さすがですね。

我々現役ママだけでは、イベントの準備だけでいっぱいいっぱいでこんな余裕はもてないけれど、こうして我々を思って用意してくださるお姉さま方がいらっしゃることが、子ども学の良さだなあとしみじみ思いました。

いえ、そーめんをたらふくご馳走になったから言っているわけではありませんよ。emoticon-0141-whew.gif
でも、大変おいしゅうございました。また次回もよろしくお願いします!emoticon-0152-heart.gifemoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-11 14:27 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

さて、昨日の玉ねぎ染めの話題の続きです。(昨晩は眠気に勝てず途中で終了してしまいました。emoticon-0113-sleepy.gif)

今年度は定員の倍の参加者なので、玉ねぎ染めをする調理室に全員が入れずに、前半と後半に分かれての活動となりました。

玉ねぎ染めに1時間かかるので、残りは1時間。
そこで、先日の宮崎公民館でウケタ新聞紙あそびを行うことにしました。

a0029225_13483388.jpg
まず子ども達には詳しくは説明せず、新聞紙とのりを渡し「どんどん貼って大きな紙を作ってね」と作業開始。

「えーこれから何するの?」「なんで~」という質問にも「まあいいからいいから」と答えず、新聞紙を広げていきます。

ぶつぶつ言っていた子ども達も徐々に言葉少なくなって、黙々と新聞紙を貼っていきました。

しーん……。

こんなに静かでいいのかなと思うくらい集中しだした子ども達。
段々講堂いっぱいに新聞紙が広がっていきます。

「新聞紙のじゅうたんだ!」    さすが、子どもはウマイこと言います。

さて、大きなシートができたので、「さあ、みんな新聞紙の回りに立って、一斉にそっと持上げよう!」

ふわっと持ち上がる大きな新聞紙。

「わあー!」「中に入っていい?!」
「いいよ!」

「きゃー!!」emoticon-0118-yawn.gifemoticon-0169-dance.gif


もうあとは、大騒ぎ!!ワケのわからない状態になっていきました。
a0029225_13561075.jpg


どこからそのエネルギーが出てくるの?

このエネルギーをうまく利用して発電できたらどんだけ世の中が明るくなることやら!emoticon-0165-muscle.gifemoticon-0157-sun.gif

なぜかこの新聞あそび担当スタッフは「R40」チームで、子ども達のエネルギーに自分達のパワーを持って行かれたみたいで、かなり、グロッキー。emoticon-0141-whew.gif

「玉ねぎ染め終わったから、調理室の子ども達と入替えるよ」と調理室担当スタッフの声が…。

「エーッ、まだ半分だったんだ。これからまた1から子ども達の相手するの!?emoticon-0156-rain.gif

R40チームには過酷な新聞紙あそびでした。

だから後半の子ども達には正直に「おばちゃんたち疲れちゃったから、40歳以下ががんばって作ってね。」と声かけ。
「えーだめだよ、そんなの。ちゃんと働きなさい!」
「はいはい、わかりました。がんばります。」

ちゃんと後半も全力投球しましたよ!

でもやっぱりクタクタになりました。  求む!若いスタッフさん!emoticon-0152-heart.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-07-11 14:12 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)