今日は千葉市生涯学習センターで「ちば子ども学講座企画委員会」がありました。

先週末、予定されていた学校の運動会が今日開催されたところが多く、いつもより少ない参加者でしたが、話しあいが順調に進み、講師候補の絞込みができました。

あとは、講師の方に依頼をしてOKが出れば、ゴールも間近となっていきます。

講座のタイトルは、次回話し合う予定ですが、今回の講座で目指すことは、講座を終わった後に受講生が

 1.ほっとする

 2.安心する

 3.様々な視点

 4.自分で選択する力

を感じてくれることです。

講師の人選でもバッチリ、emoticon-0128-hi.gif上の条件に会う方ばかり候補となったので、本当に楽しみです。

開講は10月4日(火)、全部で6回の連続講座です。

募集については9月1日発行の千葉市市政だよりまたは、千葉市生涯学習センターのホームページでご確認ください。

このブログでも、決まり次第お知らせしますね。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-31 21:57 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

つぶやきデビュー

5月26日NPOクラブと日本財団CANPAN主催の「今日からはじめるツイッター 新しいコミュニケーションのカタチ」という講座を受講しました。

講師は日本財団システム統括グループ情報コミュニケーションチームの山田泰久さんです。

今回は実習はなく、プロジェクターの画面を見ながらの講座だったので、理屈は納得できたけれど、本当に自分でできるの?と一抹の不安がよぎりました。

で実際はどうかという報告は、あとにして、「へえーっ」と思ったことを。

・ツイッターは「フォローする」→他の人のつぶやきを見る→だけでも情報収集になる。

・公開されているので、人の目が多く、心配するほど炎上したり荒れたりはしにくい。

・目的に応じて見ればいいので、頻繁に更新しなくても大丈夫。

・お金をかけずに情報発信ができる

・ネットワークつくりに役に立つ      などなど


なんか素晴らしくいいものじゃない!emoticon-0157-sun.gif


こりゃあトライするしかないかー。とやる気になる一方で…
でもやっぱり、マメじゃないとできないのではないかとか、めんどくさそうなど思ってしまったり。


まあともかくやってみましょう!と今日ツイッターに登録しました。

このブログにも「つぶろぐ」という機能があるので、ついでにやってみましたが、もうかれこれ3時間近くたってしまって…emoticon-0141-whew.gif

フーッ、疲れました。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-29 15:35 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

話し合いは難しい!

第2回目のガイドブック編集会議を行いました。

が、イベントの依頼や講座企画が持ち上がり、ちょっとその話題を最初に話そうと思って会議を始めました。

すると、話したいこと、決めなくてはいけないことがどんどん出てきて、話があっちこっちに飛びまくる!!

みんな、ごめんなさい。emoticon-0139-bow.gif

本当に会議の進行は難しいです。

ってことで、今度「話し合いの進め方について」学ぶ講座を開くことになりました。emoticon-0138-thinking.gif

講師は国際ファシリテーション協会の椿景子さんと企業教育研究会の阿部学さんのお二人です。

詳細については後日あらためてお知らせしますね。

盛りだくさんの会議でしたが、ガイドブックの中味もだいぶ方向性が決まってきて、ゆっくりですが、前進している感じです。

多くの人に使ってもらえるガイドブックを目指してがんばっていきましょう!emoticon-0165-muscle.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-27 23:50 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

第69回千葉授業づくり研究会の感想の続きです。

今回の研究会では、多くの方がパソコンを開いてツイッターにどんどん書き込みをされていて、いまどきだなと思いました。ってもう世間では当たり前のことなのかな。

今、こうして講座をふりかえってまとめるのにかなりの時間を費やしてしまうのに、その場でどんどん情報を発信していくスキルってすごいなあ。

たまに自分とは全く違う世界に身を置くというのもアリですね。自分の無知を思い知ってちょっと落ち込むけれど…。



それから、講座で気になったキーワードをいくつか紹介します。


☆「印象」や「思い」だけでは人は動かない。データや数値を示すことで説得力がうまれる。


☆しっくりいかなかった時にプリンを差し入れたら、場が和み以降、良い雰囲気になった。


☆みんなで話し合い、みんなでできることを少しずつやるとうまく続けられる。


☆一番大切なことは「子どもたちのために」。ここをぶれないように。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-22 13:30 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

先日の井戸端会議で藤川先生からご案内いただいた企業教育研究会さん主催の「第69回千葉授業づくり研究会」に参加してきました。
a0029225_10274513.jpg

会場は千葉大学教育学部1号館。
定員40名位の教室は満員でした。

講師は寝屋川市教育委員会の竹内和雄さんで、テーマは「教育研究に基づいた生徒指導、現職教員の力量向上の取り組み」。

最初に参加者がそれぞれ名前と所属を自己紹介をすると…やっぱり。
ほとんどが学校の先生や学生さん。門外漢は私だけかもemoticon-0141-whew.gif

はじめのうちは、他の方と笑うツボが違っていたけれど、竹内さんが取り組まれてきたお話にどんどん引き込まれていきました。

一番興味深かったのは、中学生と小学生との遠足の話。
中学生自身に企画をまかせ、小学生と公園で1日を過ごす行事を実現されたというもので、先生方はどれくらい大変だっただろうかと思いました。

しかも中学生!中学生は部活が最優先されるという「壁」があるので、昼休みを中心に動いたというのに、驚きました。
相当、先生が本気になったんだと思います。

その取り組みの話を土曜日の夕方、熱心に学ぶ先生方。素晴らしいなと思いました。

でも子ども3人育ててきたなかで、こんな熱心な先生に何人出会えたかな?


竹内先生のお話には、子どものために協力する教育委員会と中学校や小学校の先生がいらっしゃいました。
でも、協力する保護者や地域の大人の姿は出てきませんでした。
あえて、話題にされなかったのかもしれないけれど、保護者の反応や協力はどうだったのかなと気になります。


もしかしたら、うちの子供がお世話になった先生方もいろいろなことに熱心に取り組んでいらっしゃたのに、親には伝わらなかったのかもしれないなとも思いました。それでは残念。良い取り組みはどんどん伝えてほしかった。


中学校の先生と小学校の先生、小学校の先生と幼稚園の先生。それぞれの間にある溝を埋めていく必要を今回のお話で感じました。そしてその中に是非保護者も地域の大人も巻き込んでいって欲しい、そう思いました。
だけど一番厄介なのは保護者や地域の大人かもしれないな。
ってメンドクサイ保護者のお前が言うなって言われてしまうかもしれないけれど。emoticon-0120-doh.gif


今学校の先生は本当に大変だと思います。勉強を教える以外にやることが多くて。
保護者として、地域の大人として、先生と協力していくことをちゃんと考えていきたいと思いました。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-22 12:26 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(2)

小学生のみなさんへ

6月18日(土) 10時 ~ 12時  千葉市中央区にある宮崎公民館で「フィンガーペイント」のイベントを行います。

材料費は100円です。 宮崎公民館は、JR蘇我駅から徒歩5分位のところにあります。

お申し込みは、宮崎公民館043-263-5934までお願いします。

a0029225_15572157.jpg
 

公民館入ってすぐの吹き抜け部分に去年みんなで描いたフィンガーペイントが飾ってありました。

a0029225_15584638.jpg


その絵の隣には、館長さん手作りのこいのぼりが!新聞紙でできているそうですよ!
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-20 16:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

昨年流行った「もし高校野球の女子マネージャードラッガーの『マネジメント』を読んだら」。
一度読んでいたのだけど、アニメをやったり、映画になるってことでまた話題になっているので、ゴールデンウイーク中に、今回はちょっと「ちば子ども学研究会」だったらと考えながら読んでみました。

でも、なかなか置換えがスッキリいきません。

例えば、ちば子ども学研究会にとって顧客って誰?

子ども、保護者、行政、私たち自身…。

どれもはずせない。となるとそれぞれ一つ一つに対して考えていかなくっちゃ。ってメンドクサーイ!emoticon-0119-puke.gif

てな調子なもので、前には進まないのは当然か。。。

だけど、昨日の井戸端会議で「会報」について話をした時に広報としてとらえるのか、内部の情報交換としてとらえるのかと言う視点を藤川先生にいただき、なるほどと思いました。

今までは、自分たち目線だけで考えていたなと。

「顧客」という観点から考えたら、その相手のニーズを考えなくては始まらないわけで、面倒くさいなんて言ってはいられない。

やるべきことは多いな。

それと私なりに「もしドラ」からみつけたものは、私の立ち位置。
マネージャーの仕事は「専門家の通訳」というところがあったけど、私のやるべきところはそれかなと思いました。

今まで行政や教育の専門家の方とお話する機会があるけれど、専門家の伝えたいところと子育て中の保護者が欲しいこととちょっとズレを感じることが多々あります。

だけど、普通、保護者は講座や研修会には参加する受身の立場で、ズレ感を解消するには至りません。

でも、幸いなことに私たちには、講座を企画したり、専門家の方とお話しする機会を作るノウハウを持つことができました。だから、そのズレ感や違和感を解消することができるのではないか、いやそれを解消するのが私のやるべきことかなと思うのです。

「通訳」となるまでにはまだまだだけど、まずは専門家との橋渡しとしての役目をになっていけたらいいなと思っています。

なんて大層な事を書いてしまいましたが、まあ想いはそうだということで、温かく見守ってくださいな。

                                                         そのこでした。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-18 12:45 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

ほめるの得意ですか?

5月の井戸端会議(定例会&理事会)を行いました。

今回も研究会らしく意義深いものになったと思うのですが、いかがでしたか?

さてそんな会議の中で盛り上がったのは「ほめる」ことについて。

子ども向けイベントの中でのスタッフのあり方として、「子どもを評価しない」ということと「ほめる」ということが出てきました。

そこで藤川先生が「ほめるのも評価しているのではないですか?」とひとこと。

うーん、そういえばそう。emoticon-0108-speechless.gif

でも、ほめるのって大切だよね。
だけど、私ほめるの苦手なんだよね…。
苦手だから、意識してほめようと努めているなんて声も。

「この中でほめること得意な人いますか?」

素晴らしい!!さすが人生の先輩の方々が、高々と手を上げられました。emoticon-0155-flower.gif

ではでは、是非その極意を教えて下さい!とお願いすると…

 ★相手を良く見ると必ずほめるところが見えてくる

 ★「ここの部分がすごい」と具体的にほめる
 
 ★相手を認めること

ほおー!emoticon-0115-inlove.gifおっしゃる通りでございます。

イヤァ、伺っているうちに心が痛くなってきましたね。
娘に「おかんって何言ってもイヤミっぽいよね」とその朝、捨てゼリフを吐かれて来たところだっただけにね。emoticon-0106-crying.gif

自分の子どもにはできないので、罪滅ぼしに子ども学やっています。って最近こればっかり言っている気がするけど…。

人生修行ですね。

井戸端会議はやっぱり奥が深いなあ。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-18 11:44 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

2004年から子ども向けイベントを行ってきて7年、まもなく80回目を迎えます。

もともと私たちの活動は「地域の大人がこどものためにできること」をテーマに始まり、「自分たちの学びを地域に還元する」ことを学んできました。

ですので、その還元の一つの方法として、子ども向けイベントの記録をガイドブックと言う形でまとめて発行しようと考え、その事業に対して、先日「ちばのWA!一歩君募金」から助成をいただけることになりました。emoticon-0102-bigsmile.gif

初めての助成金をいただいての事業ですので、身も引きしまる思いで、開いた編集会議。

NPO法人設立趣旨書をまとめる時もそうでしたが、「人に伝える」ための言葉さがしに苦労しています。

でも最近はみんなの目指すものが明確になってきているので、問題は表現方法だけで、かなりいいものができそうな予感がします…って自画自賛するには早すぎますね。emoticon-0136-giggle.gif

だけど、役に立つガイドブックを作るゾー!と意欲満々ですのでどうぞご期待ください。(と自らハードルを高くしておきましょう)emoticon-0125-mmm.gif

発行は10月頃の予定です。
[PR]
by kodomogaku | 2011-05-10 21:34 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

子どもたちと作った「ひと工夫メロンパン」のレシピです。

 [8個分の材料]
     バター   50g    砂糖    120g    とき卵   1個分     
     小麦粉  200g   ベーキングパウダー 4g  食パン(6枚切り)2枚 
               

      ① バターをクリーム状になるくらいに混ぜ、その中に2、3回に分けて砂糖を入れる  
  
      ② ①に2、3回に分けてとき卵をいれて良く混ぜる

      ③ ②に小麦粉とベーキングパウダーを入れて粉けがなくなるまで混ぜる

      ④ ③を8等分にして、丸く薄くのばす

      ⑤ パンを4等分にする
 
      ⑥ ④のクッキー生地をパンにかぶせる

      ⑦ テーブルナイフを使って模様をつける

      ⑧ 好みでグラニュー糖をふりかける

      ⑨ 予熱したオーブンで160度15分から20分焼いて完成!

   ★ココア味のメロンパンは小麦粉にココア20gを混ぜました。
a0029225_2059675.jpg

[PR]
by kodomogaku | 2011-05-08 21:05 | 2011年度活動報告 | Trackback | Comments(0)