昨年12月に終わったちば子ども学講座について企画委員の方がインタビューを受けた記事が、千葉市生涯学習センターのホームページ「広報発!」と言うところに掲載されています。

是非皆さんも読んで見てくださいね。

http://www.chiba-gakushu.jp/report/report_01.html
[PR]
by kodomogaku | 2011-01-29 22:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kodomogaku | 2011-01-25 23:28 | 2010年度活動報告

1月21日来年度のちば子ども学講座の企画委員会の第1回目が行われました。

予想以上にたくさん昨年の受講生の方たちが参加されてビックリ。
a0029225_23121827.jpg
なんかこの初日の雰囲気だけで、来年度の講座はきっと素晴らしいものになる!と確信しちゃいました。006.gif

初回なので1人ずつ自己紹介をしたり、昨年の講座のふりかえりなどをしました。

そのなかで、「きっと大丈夫」と言うテーマが良かったとか、講座の起承転結が良く伝わってきたとか、昨年の企画委員会の中で一番みんなで考えたところがちゃんと受講した人に届いていたことがわかる感想が次々と出てきて、やった甲斐があったなあとうれしくなりました。

「受身ではなく企画に参加できるこのシステムが素晴らしいと思いました。」と言う感想はまさにそのとおり。

だから8年間も参加させてもらっているのです。

みんなで1から作り上げていける貴重なこの機会を楽しく有意義にしていきたいですね。
[PR]
by kodomogaku | 2011-01-21 23:26 | 2010年度活動報告 | Trackback | Comments(2)

2011年1月18日今年初めての井戸端会議。
千葉大学の藤川大祐教授の新年のご挨拶からはじまりました。
a0029225_1838138.jpg

今日はいつもと違う雰囲気なのは講義スタイルの机配置だから。
それは、井戸端会議ではなく、「みんなで考えよう、ケータイ」インストラクター養成講座を開催するためです。

講師はNPO法人企業教育研究会の市野敬介さんです。
a0029225_15405528.jpg

「みんなで考えよう、ケータイ」の講座については、昨年講座を作るために協力したこともあり、何人か既に受講した内容ですが、今回は、その講座のインストラクター養成のプログラムなので、一受講生として聞くのとは違う神妙な感じでスタートです。

でも、市野さんのわかりやすいお話で段々いつもの和やかな雰囲気の講座になっていきました。

講座は以前NHKで放送されたドラマを使ったルールづくり編とコミュニケーション編の2部構成になっており、受講者が意見交換しながら、考える形式です。

今回の講座を受け、ケータイを持つことを云々言う前に、やっぱりキーワードは「コミュニケーション」だと思いました。



もし私たちが、進行役になるなら、受講者同士が話し合う時間をたっぷりとりたいね。

ケータイの話というより、むしろコミュニケーションについて深く話をしたいね。

ケータイの知識がないから、質問されて困まらないように、今私たちが持っている疑問については解決しておこうね。


こんな声が会員の中から出てきました。

このインストラクター養成講座は、携帯電話に関する知識がなくても、すぐに授業・講座が行える構成になっているそうです。
それだけ、世の中に必要とされていることなのでしょう。

受講前は、本当に私たちにできるのか不安でした。

でも私たち「子ども学流」にアレンジして、練習すれば他の方に伝えられるかも。
時間をかけてみんなで挑戦してみたいと思います。
[PR]
by kodomogaku | 2011-01-20 15:34 | 2010年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

2011年初めてのイベント「新聞紙バッグをつくろう」をアリオ蘇我で行ないました。
a0029225_18274174.jpg
a0029225_1828211.jpg

使う材料は、新聞紙2枚とのりとはさみだけ。
とてもシンプルです。

持ち手は、新聞紙を細く丸めるので、子どもにとってはそこが少し難しかったようです。

でも、4才の男の子も一生懸命上手に丸めていましたよ。003.gif




女の子には、お花紙でお花を作って飾るのが人気で、完成したバッグにお花をつけると、みんなパアッと笑顔になって「カワイイ053.gif!」

作りながらだんだん完成に近づくと「これ持って帰ってもいい?」と言う子が何人かいて、「どうして持って帰れないと思ったの?」と聞くと、「あそこにたくさんバッグが並んでいたから」と言う答え。

見本と客寄せ?のつもりで完成品をたくさん並べたのが誤解のもとだったようです。

子どもの発想って予想がつかないなぁ。

「大丈夫、大丈夫。持って帰れるからね。」と言うと「ああ良かった。」と笑顔。

愛着が出るほど満足してくれたんだなとうれしく思いました。


並べていたバッグは、大人の方の興味を誘ったようで、手にとってしげしげと作り方を思案する人が続出。

「大人の方もどうぞ」と声掛けもしましたが、大きく「子ども工作教室」と書いてあったので、それを指差し、遠慮される方が多くいらっしゃいました。

声だけでなく、「大人も大歓迎」と張り紙を出せばよかったかな?


一日のイベントだったのに、出たゴミが、小さいスーパーの袋1個分だけ。005.gif

新聞紙バッグ作りは、本当に素晴らしくエコな工作でした。
[PR]
by kodomogaku | 2011-01-15 19:07 | 2010年度なんでも体験隊 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます。001.gif
今年もどうぞよろしくお願いします!


さて新年のイベントの第1弾は、来週15日(土曜日)アリオ蘇我1階での子ども工作教室。

作るのは「新聞紙バッグ」。
a0029225_2235714.jpg
a0029225_22355783.jpg

事前申し込みは不要で、11時から1時間毎に全5回、先着20名ずつで行ないます。

材料費は1人100円。

紙の折れる子ならちゃんと自分で新聞紙バッグを完成できると思います。



一般紙の他に英字新聞や中国語、ハングル、アラビア文字?で発行されている新聞も入手できましたので、国際色豊かなバッグも作れますよ!

たくさんの方のお越しをお待ちしています。072.gif
[PR]
by kodomogaku | 2011-01-05 22:44 | お知らせ | Trackback | Comments(0)