「ほっ」と。キャンペーン

先日の井戸端会議で行った「子どもとゲーム」についてのトーク会報告です。

話し合いのきっかけとなった4月14日の朝日新聞の記事は、子どもとゲーム機の付き合い方を取り上げ、ゲームで遊ぶ時のルールを作って子どもにゲームを与えることが必要と書いてありました。

さて我々の話し合いの方では…
参加の年齢層は、70代から20代の大学生まで。
3班に分かれ、「子どもとゲーム」というお題で、それぞれが思いついたことを話したり、机に広げた大きな紙に書き込んですすめていきました。

ゲームとはほとんど接点がないという人もいましたが、多少なりともゲームにまつわるエピソードを持っている方が多く、いろいろな話で盛り上がり、どちらかというとなつかしのゲームで盛り上がったような…


喫茶店にあったインベーダーゲーム。
「ああやった、やった。その店、食べ物出てくるまでに時間がかかってね。ついついその間にやっちゃうんだよね…」
「うん、うん、そうそう」
「えっ、ゲームがテーブルなんですか?」「どういう状況??」
「え~知らないのぉ!!」

どうもインベーダーゲーム世代のボーダーラインは30代後半のようです。emoticon-0141-whew.gif

あんなにどの店にもあったインベーダーゲーム。そういえばいつの間に跡形もなく消えてしまって…
個人的には「子どもとゲーム」の話よりインベーダーゲーム衰退の事情を探りたい!なんて思ってしまいましたemoticon-0125-mmm.gif

たまごっち。
子どもの代わりにせっせと育てたママもいます。
たまごっち世代が親になって虐待が増えたのではなんて意見もありました。

ぽけもん。
青、赤、緑、金、銀…。次々に出るソフト。投資しました。emoticon-0107-sweating.gif
でも子どもが一生懸命攻略本を読んで、漢字を覚えたなんて副産物も!
確かに攻略本は読み応え?がありますね。

大人になっても子どもと一緒に、いや子ども以上にWiiにはまったり、パソコンゲームをついつい長時間やっちゃったり…
気分転換になったり、達成感を味わったり、みんなでできるゲームも増えて、100%悪いというものではないのではという声も。

最後の藤川先生のお話から…
・ゲームとの関わり方は世代で違う

・親は、子どもがゲームを本気で欲しいと言っているのか、子どもが本気でゲームを楽しんでいるのかを見極めることが必要。惰性で欲しいと言っていたり、惰性で遊び続けているのなら、親はやめさせることが大切。

・ゲームで時間を取られ過ぎることが問題。他の遊びや睡眠、勉強の時間を削ってしまっていてはいけない。

ゲーム漬けになってしまうのは、他で満たされるものがないという子どもからのSOSかもしれません。
ゲームの他にも、楽しいこといろいろあるよと教えることが、私たち大人の役目かなと思いました。
[PR]
by kodomogaku | 2010-04-22 10:46 | 2010年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

新年度第1回目の井戸端会議を4月20日に行いました。

お久しぶりの方が参加されたり、新しい学生さんが加わったり、やっぱり新学期という雰囲気が漂う会となりました。

また藤川先生が教授に就任されたという素晴らしいお知らせに、更に幸せムード一色。emoticon-0115-inlove.gif

幸先の良いスタートです!


昨年度は行事の打合せに終始した井戸端会議だったので、今年度はもう少し「研究会」らしく、いろいろなワークやゲームを試してみる場としようと思い、早速挑戦!

5月の子どもなんでも体験隊で行う、「スピードラビット」「何でも仲間わけ」というゲームを試してみました。

リーダーに指名された3人組が素早くポーズを決める「スピードラビット」はハラハラどきどき、みんな大笑い。おおいに盛り上がりました。

「何でもでも仲間わけ」は二者択一問題を次々に出し分かれるゲーム。「夏と冬どっちが好き?」という問題から「鍵をなくして人に迷惑をかけたことのある人」なんて問題まで。
(これは子ども学研究会員にとってはかなりコアな話なんです!emoticon-0127-lipssealed.gif

へえ、この人そうなんだぁと、ちょっと意外な面が見えたりしておもしろいゲームでした。

子どもたちにもウケルといいなemoticon-0157-sun.gif

ゲームの次は話し合い。(ちょっと急転回過ぎたかな?)
4月14日の朝日新聞の「子どもとメディア」という特集記事に藤川先生のコメントもあったことから、「子どもとゲーム」というお題でグループごとにはなしをしてもらいました。

20分足らずの短い時間ではありましたが、藤川先生にもお話いただけて、ミニミニ講座となりました。

それぞれの好きな本の紹介や、ゲームに話し合いと盛りだくさんの井戸端会議でしたが、ちょっとした達成感が得られたのは私だけでしょうか???
[PR]
by kodomogaku | 2010-04-21 10:59 | 2010年度活動報告 | Trackback | Comments(0)

1ヶ月ぶりです!
いよいよ22年度活動開始です。emoticon-0157-sun.gif

今年度も子どもなんでも体験隊を轟公民館で開催することになりました。

今年度は、ゲームからそば打ちまで??
文字通り「なんでも体験する」講座で、年間8回の連続j講座です。

対象は小学生。でも今年度は是非保護者の方にも一緒に楽しんでもらいたいと思っています。emoticon-0128-hi.gif
保護者の方がご一緒でしたら、下の弟妹の参加もOK!
みんなでワイワイ楽しく過ごしましょう。emoticon-0102-bigsmile.gif

それと今年度の特徴は日曜日開催ということ。
ずっと土曜日開催でしたが、案外土曜日は学校行事と重なることが多く、今年度は思い切って日曜日にしてみました。(第3回目のみ土曜日開催です。)

年間計画は次の通りです。   どの日も轟公民館で10時から12時に行います。

   1回目  5月9日(日)    ゲームではじめまして
   2回目  6月13日(日)   ナチュラルクッキング
   3回目  7月10日(土)   音楽を楽しもう
   4回目  8月8日(日)    工作名人登場
   5回目  9月12日(日)   ダンボールで遊ぼう
   6回目  10月3日(日)   外遊び
   7回目  11月14日(日)  外国の子にⅩ'mas カードを送ろう
   8回目  12月12日(日)  年越しそば打ちに挑戦!


材料費は8回で2000円です。

申し込みは4月30日必着で、往復はがきで轟公民館まで申し込んでください。

轟公民館  〒260-0021 千葉市稲毛区轟町1-12-3  ℡ 043-251-7998
[PR]
by kodomogaku | 2010-04-13 20:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)