「子育てママの自分を楽しむ11の話」講座の第10回目は「よその子と遊んで大発見?!」

講師は遊び塾はらっぱ主宰の荒牧光子さん。
そしてゲストに近所の保育園の年長さん20名!

一体今日はどんな展開になるのやら!!
a0029225_15562419.jpg
実は今回の講座では、「○○ちゃんのお母さん」としてではなく、よその大人として子どもに接してみる体験をしてもらおうと企画したもの。

でも初対面の大人と子どもを楽しく遊ばせるというのはかなりの無理難題。
だけどさすがにカリスマレクレーションリーダーの荒牧先生!
開始前の不安はまたたくまに吹っ飛んで、子どもも大人も笑顔笑顔、笑顔!
a0029225_15562445.jpg


大人と子どものペアを組んで、お互いに見つけあうゲームでは、探し当てた時に飛びついてくる子どもに、ぎゅっと抱きしめる大人☆
「我が子ともこんな感動的な再会をしたことがなかった!今日帰ったら自分の子どもも思いっきりハグします」

保育園に帰る時間を迎えると思わず泣き出す女の子もいて、まさに「荒牧マジック!」

遊ぶって素敵だなあとあらためて感じました。

講座の企画に参加している千葉大の女子学生からは「早く結婚したくなりました~」と言う言葉が!
少子化対策にはよその子どもと遊ぶことが効果的??

みんなで遊び心を取り戻しましょう!
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-24 15:56 | 2008年度活動報告 | Comments(0)

チャレンジボックス とどろき6 おいでよ子どもなんでも体験隊 番外編 と同時開催

保護者の方のための特別講演会
「ケータイがほしい」と言われたら 
~みんなで考える我が家ルール~
を行ないます

3月14日(土)10:30~11:30 
轟公民館講堂にて


講師はマスコミに数多く出演されている
千葉大学准教授 藤川大祐先生です。


知っているようで知らない、でも知らないと困る「ケータイ問題」についてみんなで考えましょう。
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-21 22:14 | Comments(0)

3月14日(土)10:00~12:00 
 千葉市轟公民館 全館を使って
チャレンジボックスとどろき6  
おいでよ 子どもなんでも体験隊 番外編
 

を行ないます!


小学生向けの企画です。

参加費無料     申し込み不要  当日直接公民館にお越し下さい

【内容】
フィンガーペイント   簡単工作  ゲームいろいろ  
まきまきおにぎり作り(先着60名材料費100円必要)

保護者の方向けに 千葉大学准教授 藤川大祐先生をお迎えして、特別講演会も行ないます!

是非ご家族皆さんで遊びに来て下さい!

お問い合わせ  轟公民館  (251)7998   千葉市稲毛区轟町1-12-3
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-21 21:45 | Comments(0)

轟公民館で開催してきた子どもなんでも体験隊がいよいよ2009年2月21日最終回を迎えました。

最後はゲーム大会!
a0029225_20491117.jpg

最初はすっかりおなじみの新聞折りたたみゲーム。
それから3班に分かれて、
ペットボトルボーリング・輪投げ・紙コップ玉入れに挑戦。
ただのペットボトルや紙コップを使った単純なゲームなのにみんな大興奮!!


後半はグループ対抗「たどる新聞紙リレー」や「お金持ちゲーム」
そして締めくくりは、毎回使わせてもらった感謝の気持ちを込めた「雑巾がけリレー」☆
思いっきり騒いでにぎやかになんでも体験隊は終わりとなりました。


a0029225_20491125.jpg


でも、実は… 

3月に「子どもなんでも体験隊 番外編」 が あるんです!!

こちらはオープン参加。
誰でも3月14日(土)10:00~12:00に轟公民館に来てくだされば参加できます。
(参加人数を制限させていただく場合もあります。)

是非皆さん参加してみて下さいね!
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-21 20:49 | ’08なんでも体験隊 | Comments(0)

a0029225_19121824.jpg
親子で笑タイムⅡの第2回目「つくって遊ぼう」を2009年2月15日千葉市生涯学習センターで行ないました。

今回は簡単工作が中心です。11組30名以上の親子が参加してくれました。

初めは折り紙で手裏剣作り。

手裏剣はお父さんお母さんにとってはお得意の折り紙かなと思ったら「初めて作りました!」と言う声も多く聞かれました。

せっかく作った手裏剣ですので、手裏剣投げゲームをするとみんな真剣!
最後に大人も混じって全員でニアピン競争をしたら、なんと1位は2才の男の子!お見事でした☆

さて次はいよいよ新聞紙でテント作り。

小学館発行の『つくってあそぼ!ベストセレクション』の本を参考に新聞紙を巻いて柱にしてテントを作りました。

立ててみるとぐらついて、みんなでああでもない、こうでもないと言いながら補強の仕方を考えたり、ガムテープを巻いたり。
知らない家族同士だったのにみんなで協力して1つのテントを作りました。
a0029225_19121838.jpg
見た目より中は広くて大人でもちゃんと入れます。
a0029225_19121841.jpg

a0029225_19121886.jpg


その他新聞紙で洋服や冠を作ったり、紙鉄砲を作って鳴らしたり、お花を作ったり…
新聞紙でいろんなものができました。

手が真っ黒になった今回の笑タイムですが、家ではなかなかチャレンジできない大物が完成して子どもも大人も満足して下さったようでした(^0^)v
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-15 19:12 | 2008年度活動報告

ぼちぼちいこか!

2009年2月10日 子育てママの自分を楽しむ11の話講座9回目「サッカーグランドからみた子どもと大人」を行ないました。
a0029225_15595547.jpg
講師はジェフユナイテッド千葉・市原の池上正さん。

池上さんはジェフで長年ジュニア担当のコーチをされ、また「ジェフのサッカーお届け隊」のコーチとして千葉市内の小学校を訪問されている方で、少年スポーツの現状についてのお話やご自身の子育てのお話などを楽しく話してくださいました。

日本において少年スポーツの指導者は勝利至上主義になり過ぎてはいないか?
厳しく苦しい練習ばかり、何のためにスポーツをするのだろうか?

池上さんの指導は「練習をみんなで作ろう」という方針で、子どもが思わずやってしまう、わいわいやれる練習を提案されるそうです。
指導者や先生から「今日は目からウロコが落ちました。」と感想を言われるが、翌年訪問するとまた再び「目からウロコが」と言われるそうで…。落としたウロコをもどしてたのかい!

子どもを認め、子どもを見守れる大人でいること。
どんな小さなことでも「OK、ナイス、チャレンジ!」とほめる。
そうすると子どもは自分で考え自分で行動することを学んでいく。

最後に池上さんは大阪弁で「ぼちぼちいこか」という絵本を読んでくださいました。

子どもにこうなってほしい ではなく、この子はどうなっていくのか楽しみ と考える。
子育てはあせらずにぼちぼちいこ!ですね。
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-10 15:59 | 2008年度活動報告