自然とあそぼう!

2008年10月25日子どもなんでも体験隊⑥「自然とあそぼう」を行ないました。
予定より1週間ずれたため、小学校の学校行事と重なってしまい、小学生9名とスタッフ8名、そして先生が3名というなんともぜいたくな千葉公園散策となりました。
a0029225_17364043.jpg
a0029225_17364068.jpg

先生は21日のちば子ども学講座でお世話になったNPOちば環境情報センターの小西由希子さんたちです。
あらかじめ先生が隠して下さったバンダナを探して木登りしたり、「森の宝物」を見つけたり雨上がりの森の中を子どもたちは大いに走り回り、大人はついていけませんでした…。
子ども達にとって今日のとっておきの№1は「しいの実を食べたこと」。
番外は巨大バッタとせみの抜け殻!やっぱり子どもたちは生き物が大好きなようです。
[PR]
by kodomogaku | 2008-10-25 17:36 | ’08なんでも体験隊

2008年10月21日ちば子ども学講座「子育てママの自分を楽しむ11の話」の第2回目「身近な自然を楽しもう」を行ないました。
a0029225_1543935.jpg
NPOちば環境情報センターの小西由希子さんと他3名の先生に導かれ4グループになって、千葉公園の中をネイチャーゲーム等を楽しみながら散策しました。
今日は秋晴れの絶好のお散歩日和。
フィールドビンゴという紙を持って「いいにおいのするもの」とか「ちくちくするもの」「鳥の声」などを探してゆっくりゆったり歩きました。
樟脳のにおいがする楠やみたらしだんごのにおい!の桂の葉っぱなど先生に教えていただいて新発見がいっぱい!
すだじいの実を食べましょうという課題にはみんなちょっとどきどき。ナマで大丈夫?うわっ虫が入っていた!なんてさわぎながらちょっと硬い皮をむいて恐る恐る少しかじってみると…おいしいとは言えないけど食べられないことはない、木の実の味がするなんて様々な感想が♪
最後のゲームは「季節からの手紙」
自分が千葉公園の中の何かになったつもりでみんなに手紙を書くと言う課題。先生の「さくら」からの手紙のお手本にオオッと感動したあと、本当に自分が書けるかなと思って書き出したら、思いのほかペンが進みました。
3人の方のお手紙を読んでいただいたら、とっても素敵でわずか5分で書き上げたとは信じられない名作ばかりでした。
せっかくだから皆さんの手紙をまとめて文集を作ろうと思います。出来上がりが楽しみですね。
秋の自然とポエムを満喫したひとときでした。

次回は11月6日「じぶんの気持ちに気がつこう」です。
[PR]
by kodomogaku | 2008-10-21 15:43 | 2008年度活動報告

2008年10月7日千葉市生涯学習センターで「ちば子ども学講座part7 子育てママの自分を楽しむ11の話」がいよいよ始まりました。
a0029225_15131367.jpg
4倍近い競争率を勝ち抜いた?幸運な受講生40名、初回ということもあり緊張感あふれる中、我らが子ども学研究会のアドバイザーである千葉大学の藤川大祐准教授による「ようこそちば子ども学講座へ~地域で子育てについて学ぶとは~」の講義を受けました。

藤川先生は、今子育てをしている世代に不足している「社会に貢献する」意識をもつ重要性や1人で子育てを抱え込まずに地域全体で子育てをしていく必要性などを身近な例をあげてわかりやすくお話くださいました。

後半は、ちば子ども学研究会、最年長会員「セブンさん」の「チラシでトカゲつくり教室」です。
セブンさんの熱い思いが炸裂し、まさに「セブンワールド」。超特急の説明にみんな必死についていこうとチラシを折ったり、切ったり…
目の回るような40分でしたが、皆さんそれなりのトカゲが作れたようで、良かった!

もう少し、お互いに話ができる時間が欲しかった。
余裕がほしかった。
などという感想もいくつか寄せられました。
いろいろな話をしたり、情報交換をしたい方が多いようです。
これから半年、お互いの話を聞きあえるような時間を出来るだけ取っていけたらと思っています。

後半ばたばたの初回でしたが、初めの硬い雰囲気が一転、笑顔いっぱいでお帰りになる様子にまずはホッと一息のスタッフ一同です。

次回は10月21日千葉公園散策です。

【託児のこと】
初回ということもあり、親の緊張が子に伝わり、朝の託児ルームはものすごい泣き声ですさまじい状態でした。が、託児ボランティアさんの優しい笑顔や態度に子どもたちもだんだん落ち着きを取り戻し、無事に2時間過ごすことができました。

〈託児スタッフの発見&こぼれ話〉
☆親が預けるのを躊躇する子どもほど泣き続けるみたい。きっぱりさっぱり、預ける親の子どもは最初から笑顔で遊んでいた。
☆絵本を読んでいるときに「ママ」という言葉が出てくると子どもが涙目に!急遽「ママ」を別の言葉に変えて話を創作した。
[PR]
by kodomogaku | 2008-10-07 15:13 | 2008年度活動報告

あおちゃん、お久しぶりです!&お孫さんのお誕生おめでとうございます☆

暑い夏が終わり、研究会の産休、育休?中だったママたちもベビーを連れて続々と復帰、またにぎやかになっていますよ。そういえばみんな男の子!あと半年後にはすごいことになっているかも……

講座も託児希望者が殺到!なんとか託児枠を増やして対応しましたが、託児ボランティアの方がなかなか見つからないので、ピンチです!どうぞ託児をしてくださるという方、1日でも構わないのでご協力下さい!  よろしくお願いします。          そのちゃんより
[PR]
by kodomogaku | 2008-10-03 15:16 | 会員のひとこと