「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2016年度の活動( 27 )

千葉大学での授業では、子ども向けイベントのプログラム開発?のようなことも行いました。

その結果を「あそびレシピブック2016」として冊子を作成し、最終日に配付することができました。
a0029225_18534935.jpg
a0029225_18542939.jpg
これは、内部資料として学生と私たちスタッフの人数分だけ作成しました。

実は私たちは、2011年にも「あそびレシピブック」を助成金を使って作成し千葉市内全小学校の放課後子ども教室に配付しました。
a0029225_19073918.jpg
現場で使ってます!という声はあまり聞こえて来ませんが(-。-;

内容は、私たちが毎月1回小学石対象に行ったこどもなんでも体験隊で人気があったあそびのノウハウをまとめたものです。

この冊子も残りわずか、改定も兼ねて新しくあそびレシピを作りたいと思い、その前段階として昨年度からあそびレシピの検証や開発をしてきました。

ですので、今回作ったレシピブックも世に出せればと思いますが、内容をもう少し修正したり、資金をどうするかなど検討がもう少し必要。

本当の完成を目指しもうひとがんばりです!

[PR]
by kodomogaku | 2017-02-01 18:48 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

1月31日千葉大学での今年度最後の授業でした。
今日は、2月に行うワークショップの模擬講座。本番では、学生にもファシリテーターをしてもらいます。

テーマは、「スマホどう使う?親子で考えるスマホのトリセツ(仮)」。

LINEの友達申請にもオタオタする私たちが、スマホについて語ってしまう大胆不敵なワークショップです。

では、始めます。と言った途端にDVDが映らないトラブル発生!
自分じゃどうにもならないので、すかさず、先生やゲストのYさんにお願いして、なんとかしてスタートする有様。
だいたいいつもこんな感じです。(-。-;

a0029225_12471696.jpg
専門家の方による「ケータイ・スマホ安全教室」のようなものは、私たちにはとても開催できません。

だから私たちのようなアナログ世代でもできるグループワークを取り込んだプログラムにしました。
a0029225_13050772.jpg
それでも学生たちに、私たちが1番伝えたいこと、
「スマホの使い方を親子できちんと話し合おう」ということは、ちゃんと届いたようです。

学生の多くは近い将来先生になったり、父、母となる人たちです。

私たちの想いが彼らに伝われば、次に彼らが子どもたちに想いを伝えてくれるはずだと思います。

半年間あるいは1年間、学生たちが、この授業で何かしら感じ取ってもらえたなら、うれしいです。

おつきあいありがとうございましたemoticon-0115-inlove.gif

[PR]
by kodomogaku | 2017-02-01 12:15 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

1月24日千葉大学での授業は、12月10日に行った「ちばサンタプロジェクト」の振り返りを行いました。
ゲストは、同日横浜で行われた「横浜サンタサンタプロジェクト」の実行委員会のみなさま。
10時半開始の授業にいらっしゃるためには、遅くとも8時前には横浜を出発されたはず。
本当にありがたいことです。

まずは、ちばサンタプロジェクトから。
開催概要をお話してから当日参加した学生、地域の方、子ども学スタッフからひとことずつ話してもらいました。
a0029225_18163922.jpg

学生たちからは、いいコメントが続々。
ちょっとほめ過ぎじゃない?emoticon-0111-blush.gif   イイ子たちだemoticon-0136-giggle.gif

その後、横浜サンタプロジェクトの当日の様子をアクションポート横浜の高城さんや北川さんからお話しいただきました。
a0029225_18354762.jpg

当日の様子を動画
でみせていただくとみんな想像以上の規模にビックリ!


でも第1回目は120人だったということを伺い、あれっ?私たちと同じ!emoticon-0104-surprised.gif
続ければ、横浜のようなイベントに成長できる??!

みんな、なんか顔つきが変わってきました。

かぶると脱げる (サンタの帽子をかぶると肩書が脱げる)
名言ですemoticon-0171-star.gif

残り15分は、グループにわかれてフリートーク。
a0029225_18402122.jpg

企業の方と学生たちがお話しできる貴重な時間になったようです。

私たちちば子ども学研究会でできることは限られていますが、
今日もゲストの方に来ていただき、有意義な会を開くことができました。

つながるってやっぱりすごいemoticon-0150-handshake.gif

横浜サンタプロジェクト実行委員会の皆様、本当にありがとうございました!!

今年もサンタプロジェクト、お互いにがんばりましょう!emoticon-0165-muscle.gif
[PR]
by kodomogaku | 2017-01-24 18:56 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

新年1回目の千葉大学での授業は、
お休みや遅刻が目立つ正月ボケの雰囲気でスタートemoticon-0175-drunk.gif

だけど、冬休みの宿題ねと言っていた「あそびレシピシート」の内容をきっちり考えてきた学生が多かったのは、さすがです!

あそびレシピシートとは、
子どもと楽しく遊ぶプログラムをまとめたマニュアルのようなもので、
2011年に発行した「子どもなんでも体験隊あそびレシピブック」の改訂版の発行を目指し作成しています。

去年も挑戦しましたが、方針が定まらずまだ改良の余地が多いまま、授業が終わってしまったので、今年再挑戦しています。

限られた時間で、企画、実施、検証、まとめをするのは、なかなかハードですが、大学生たちは、「とうすれば相手にうまく伝えられるか」を考えながらレシピシートを作っています。
a0029225_17231156.jpg
パワポでサクサクまとめていく姿に
パソコン苦手なおばちゃん達は感心するばかり。

いやいや、負けてはいられません。
ちゃんと世に出せるものに仕上げるのは、私たちの役目。

子ども向けイベントに頭を悩ませているみなさんのお役にたつ「新・あそびレシピブック」を必ず発行しなくては!!







[PR]
by kodomogaku | 2017-01-10 16:53 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

12/13の授業は日本語学校の留学生との交流でした。
今回は千葉大の学生さんとじっくりお話ししたいという留学生の皆さんのリクエストにお応えして、楽しくトークできるプログラムをゲーム班のメンバーが考えてくれました。

まずはグループ分け。
赤・青・黄・・・いろいろな色の折り紙を配って、同じ色の折り紙を持っている人同士に集まってもらいグループを作りました。
折り紙、何ができるかな。留学生の方に折り方を教えてあげます。
これでもうすでに仲良しな感じ。
a0029225_14482563.jpg

そして折り紙でおってもらったのは-------サンタさん!
a0029225_14552413.jpg

よ~く見てね。お顔がひとりひとり違うでしょ。

そう、今日のテーマは『クリスマス』
クリスマスをテーマに、グループごとに話してもらいました。
たとえばね、
司会から「『今年のクリスマスにしたいこと』について話してください。」と、お題が出ます。
「バイトと勉強ってのはナシね~。」だって。
逃げるな!君たち青春まっただ中。
そしたらね、本音がでるでる。みんなドキドキワクワク、楽しそうでしたよ。
いいクリスマスになりそうですね♡
『いつサンタに気付いたか』のテーマでは、
「気づいてたけど・・・。」「気づいちゃうとプレゼントもらえなくなるから、中学生まで信じてました。」
確信犯。
留学生の皆さんは、お国によってはクリスマスの行事はないけど新年は盛大にお祝いするなんてお話も。帰りたくなっちゃうね。
a0029225_1534520.jpg

そんなこんな脱線しながらもクリスマスについてお話しした後は、フリートーク。
大学生と留学生、同じくらいの年齢。話が弾みました。
例えば、好きなアイドルの話とかね。
さすが!日本のアイドルは世界に羽ばたいてるのね~。と実感。

あ、順番が違ってしまいましたが、最初のサンタの折り紙で和んだ後に自己紹介をしました。
その方法が面白かったので紹介しますね。
a0029225_1457134.jpg

自分を紹介することを4つ、紙に書きます。
その紙を見せながら自己紹介するのですが、この中に1つウソがあります。
さて、どれがウソの自己紹介でしょうか。
う~ん・・・。どれもほんとっぽい。
いやいや、どれもうそっぽいかも。
a0029225_14513883.jpg

この自己紹介のいいところは、一つ一つの項目からさらに話がどんどん広がるところ。
「え~!?教育学部っぽくないねぇ」とか(あら、失礼)
「どこのラーメンが好き?」とか。
もっともっとその人のことを知りたくなるところ。
そう、一方通行じゃないところですね。
自己紹介にウソを書くというのが、これまた思ったよりも難しいんです。
この自己紹介の方法、おすすめです。ぜひやってみてね。

留学生の皆さんは日々、日本語学校とバイト先の往復。帰ってからも日本語の勉強で、ごくごく普通の日本語の会話をする機会が意外と少ないそうです。
そこで、千葉大の学生さんとゆっくりじっくり会話がしたいとのオーダーをよくくみ取って進行してくれたのが、任せて安心のゲーム班の皆さん。楽しい交流会になりましたね。

ところで、「クリスマスといえば?」の問いかけに、答えが一番多かったのが「サンタさん」。
その中に留学生から「ケンタッキー!!」の声が。
「日本の人たち、クリスマスにみんなケンタッキー食べます。」
確かに~。よく見てる。
私も大好きです。
[PR]
by kodomogaku | 2016-12-15 15:20 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

12月10日 ちばサンタプロジェクトを開催しました。
ダンス
a0029225_11514999.jpg

折り紙ワークショップ
a0029225_1153931.jpg

英語のお話会
a0029225_11534937.jpg


a0029225_11543235.jpg

ジャグリングパフォーマンス  写真は、それを見る人です。emoticon-0125-mmm.gif
a0029225_11552739.jpg

バルーンアート
a0029225_1156454.jpg

大工さん体験
a0029225_11585197.jpg


他に天然酵母パン販売や手作り小物バザーに
カフェコーナーや簡単クッキングコーナー

そして最後は全員でじゃんけん大会!
a0029225_11574039.jpg


なんでもありのイベントになりました。

参加する人みんなが笑顔をプレゼントするサンタになろう!が目標だったこの「ちばサンタプロジェクト」。

笑顔いっぱいのイベントになって、見事、目標達成です!

赤ちゃんサンタなんて、もうそこにいてくれるだけでみんないい笑顔。

いてくれるだけでありがとうemoticon-0115-inlove.gif

会場にいたみんなに感謝です!ありがとうございましたemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
[PR]
by kodomogaku | 2016-12-11 12:10 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

12月10日のちばサンタプロジェクトは、千葉大学生14人が参加し、4つのコーナーを担当してくれます。

はさむだけクッキングは、焼きそばロールパン(100円)とマシュマロビスケット(50円)を作ります。

折り紙のクリスマスツリーは、こんな感じ。(100円)
a0029225_22100592.jpg
とびだすカード(100円)も作れます。

司会進行担当の学生も盛り上げるぞーと、サンタの衣装を購入。

準備風景がとても楽しそうemoticon-0102-bigsmile.gif

これはきっといいイベントになると確信しています。

是非遊びに来てくださいね〜!


[PR]
by kodomogaku | 2016-12-06 21:59 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

イベント作りは楽しい!

今日の千葉大学での活動は、グループごとにそれぞれの作業を進めました。

先々週行った新聞紙テント担当は、プログラムの検証作業。

ゲーム担当は、来週の3H日本語学校との3回目の交流会の内容の検討。

そして、サンタプロジェクト担当は、いよいよ今週末となったイベントの準備。

a0029225_21274318.jpg

後期は、2、3年生が多いせいか、ちょっと説明しただけで、どんどん進めてくれるので、とても頼もしいです。

イベントって、作っていく過程が楽しいんだよね。
そして、大切なのは、イベントが終わったあとの振り返り。

そんなことを体験してもらいたいなと思っています。

[PR]
by kodomogaku | 2016-12-06 21:08 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

12月3日、NPO法人企業教育研究会さんのケータイ・インターネット安全教室指導者養成講座の2回目に参加しました。

前半は、安全教室を開催した時にどんな内容を話すと参加者の興味関心が得られるかという事例をいくつか紹介していただきました。

講師の市野さんは、全国の学校や行政団体からひっぱりだこの人気講師。
(にもかかわらず、いつもものすごーく腰が低くて恐縮してしまいます。)

数多くの講演をこなされているので、話題が豊富で素晴らしいです。

僭越ながら、私たちも安全教室を開催できるようになりたいと思っているので、もっともっとアンテナを張らないといけないなと感じました。

そんな状態なのに無謀にも後半に模擬講座をさせてもらう機会をいただき、挑戦!

前半は、頭で考えた通りに進んでいったけれど、後半がかなり苦しい状況になりました。

原因は、話を広げすぎてしまったため。

参加者それぞれに考えが違うのだからそれを尊重しなければと自由回答してもらう形式にしたのが裏目に出てしまいました。

模擬講座を受けてくださったからのアドバイスは、ある程度の「枠」が必要だろうとのこと。

なるほど。

自由に話してくださいでは、まとまる話もまとまらない。

この「枠」の中で話してくださいとした方が、焦点が定まり話の内容も深まっていく。

頭の中で考えるだけではだめだと痛感。恥をかきながら精進していきましょう。
[PR]
by kodomogaku | 2016-12-06 00:39 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ちば子ども学研究会と千葉大学教育学部藤川研究室そして3H日本語学校がコラボした「HICプロジェクト」が、ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)を受賞した記事が、千葉県だよりに掲載されました。
a0029225_07134776.jpg
表彰式は、12月21日です。
事例発表会もあり、一般の方も参加できます。

発表会の準備がまだ手つかずで、正直なところ受賞の喜びより悩ましい気持ちが大きい今日この頃emoticon-0101-sadsmile.gif

広報のチャンスだからと周りのプレッシャーもいつになく気にかかる。

広報と言えば。
大賞を取るとわかっていれば、タイトルに「ゆるプロ」をいれれば良かったと後悔しています。

この事業名じゃ、子ども学の名前もゆるプロも一切出てこない。

2年前に千葉キワニスクラブの社会公益賞を受賞したとき(さりげなくPRemoticon-0102-bigsmile.gif)
「草の根をかきわけて見つけました」と言われましたが、今回の受賞も草の根に隠れています。

うーん、なんて控えめな私たち。

先を考えて行動しないとね。


[PR]
by kodomogaku | 2016-12-05 06:57 | 2016年度の活動 | Trackback | Comments(0)