「ほっ」と。キャンペーン

轟公民館で開催してきた子どもなんでも体験隊がいよいよ2009年2月21日最終回を迎えました。

最後はゲーム大会!
a0029225_20491117.jpg

最初はすっかりおなじみの新聞折りたたみゲーム。
それから3班に分かれて、
ペットボトルボーリング・輪投げ・紙コップ玉入れに挑戦。
ただのペットボトルや紙コップを使った単純なゲームなのにみんな大興奮!!


後半はグループ対抗「たどる新聞紙リレー」や「お金持ちゲーム」
そして締めくくりは、毎回使わせてもらった感謝の気持ちを込めた「雑巾がけリレー」☆
思いっきり騒いでにぎやかになんでも体験隊は終わりとなりました。


a0029225_20491125.jpg


でも、実は… 

3月に「子どもなんでも体験隊 番外編」 が あるんです!!

こちらはオープン参加。
誰でも3月14日(土)10:00~12:00に轟公民館に来てくだされば参加できます。
(参加人数を制限させていただく場合もあります。)

是非皆さん参加してみて下さいね!
[PR]
by kodomogaku | 2009-02-21 20:49 | ’08なんでも体験隊 | Comments(0)

a0029225_1532530.jpg
a0029225_1532524.jpg


a0029225_1532513.jpg
a0029225_1532512.jpg


2009年1月17日(土)とどろき公民館にてとどろきなんでも体験隊を行ないました。
今日は「えっ本?!」つくりとふしぎな六角形と立方六面体つくりの3本立てです。

えっ本は紙一枚に切込みを入れて7ページの本の形にして、それぞれのページにチラシから切り抜いた写真を貼り付けて一冊の本を作ります。
男の子には車や食べ物関係のチラシ、女の子にはお花屋さんやケーキ屋さん、ペットショップの広告紙が人気で、ストーリーもついたカワイイ絵本ができあがりました。
ふしぎな六角形や立方六面体はちょっと子どもたちには難しかったみたいで、最後までがんばる子、途中でいやになってしまう子、いろいろでした。

子どもに教えるためには、教える大人がしっかりと手順を熟知しないといけないと気がつかされた今回の体験隊でした。
[PR]
by kodomogaku | 2009-01-17 15:03 | ’08なんでも体験隊

a0029225_1703063.jpg
a0029225_1703031.jpg

2008年12月20日轟公民館で12月のなんでも体験隊を行ないました。
今回は「まきまきおにぎり作り」と「クリスマスリース作り」の2本立てです。
ラップにのりを一枚載せ、その上にお茶碗軽く一杯分のご飯を広げてふりかけをまぶします。それをくるくるまいて、まきまきおにぎりの完成です。
子ども1人でおにぎりを作るのは、手がべたべたになって慣れるまではなかなか大変。でもこのまきまきおにぎりなら失敗無しでお手軽なもの。帰宅してから、きっと子どもがうちで作れると思い、今回やってみました。
公民館の大きな釜で炊いたのでおこげができて、いまどきの子どもたちにはめずらしかったようで、「かたい!」やらあえて「おこげばっかりちょうだい」やらいろいろな声が上りました。でも自分で作ったまきまきおにぎりに大満足のようでした。
一方クリスマスリースは折り紙で作ったサンタクロースと星を中心に思い思いのものができあがり、子どもの発想の豊かさがあらわれた傑作ぞろいとなりました。
[PR]
by kodomogaku | 2008-12-20 17:00 | ’08なんでも体験隊

絵手紙書いてにっこり③


a0029225_13451777.jpg

a0029225_13451862.jpg
a0029225_13451812.jpg


先生が三人きて下さりました。みんな一生懸命書いてました。ただ先生の手が入っているかどうかで、出来の差がある?かな。子供だけの絵のほうが味があります。
[PR]
by kodomogaku | 2008-11-08 13:45 | ’08なんでも体験隊

こどもたちは22名位集まり、絵手紙のグループで活動していらっしゃる方が 3名講師として来てくださいました。持ってきていただいた、落ち葉やトマト、ドングリなどを見ながら、一人ずつ描き始めました。大胆に大きく描いたり、いくつも小さく絵を描いたり、素敵な作品がたくさん出来上がりました。
裏側に自分の住所と宛名を書き、切手を貼って絵手紙か完成しました。講師の方も「色づけに、ムラがあって、いい味が出ている」「おもいきり描いていて迫力があるわね」と一人ひとりに、声をかけてくださり、みんなも大満足でした。集中して描いたので、疲れた~という子もいました。家に届くのが楽しみです。
[PR]
by kodomogaku | 2008-11-08 13:44 | ’08なんでも体験隊

2008年11月8日轟公民館子どもなんでも体験隊⑦「絵手紙書いてにっこり」を行ないました。

a0029225_1343882.jpg
a0029225_1343863.jpg
[PR]
by kodomogaku | 2008-11-08 13:43 | ’08なんでも体験隊

自然とあそぼう!

2008年10月25日子どもなんでも体験隊⑥「自然とあそぼう」を行ないました。
予定より1週間ずれたため、小学校の学校行事と重なってしまい、小学生9名とスタッフ8名、そして先生が3名というなんともぜいたくな千葉公園散策となりました。
a0029225_17364043.jpg
a0029225_17364068.jpg

先生は21日のちば子ども学講座でお世話になったNPOちば環境情報センターの小西由希子さんたちです。
あらかじめ先生が隠して下さったバンダナを探して木登りしたり、「森の宝物」を見つけたり雨上がりの森の中を子どもたちは大いに走り回り、大人はついていけませんでした…。
子ども達にとって今日のとっておきの№1は「しいの実を食べたこと」。
番外は巨大バッタとせみの抜け殻!やっぱり子どもたちは生き物が大好きなようです。
[PR]
by kodomogaku | 2008-10-25 17:36 | ’08なんでも体験隊

なんでも体験隊⑤

2008年9月20日(土)10時から轟公民館で、なんでも体験隊⑤フィンガーペイントを行ないました。心配していた台風もそれて、24人の小学生が参加してくれました。
体験隊も5回目なので子どもたちもスタッフとも顔なじみ。あいさつ代わりの頭突き、とび蹴りにおばさんたちもたじたじです。
a0029225_1364216.jpg
フィンガーペイント2回目の今回は「なんでも自分たちでやろう」がモットー。
だから絵が完成したら、全員で雑巾がけをして掃除をしました。館長さんの厳しい?審査の結果見事合格。雑巾絞りの名手もいてなかなかのものでした。
a0029225_1364217.jpg

新聞紙載りジャンケンや新聞紙長裂き競争も楽しみました。
今日完成した絵は、乾いたら轟公民館のロービーに飾っていただきます。よかったら見に行ってくださいね。
[PR]
by kodomogaku | 2008-09-20 13:06 | ’08なんでも体験隊

こどもなんでも体験隊③



2008年7月12日轟公民館で「こどもなんでも体験隊③」を行いました。
今回のテーマは「おもしろゲーム」!
最初はあべっちのじゃんけんゲーム。後出しじゃんけんで勝つのはおもしろいけど、負けるのはいやだー!とどうしても勝ちたい子どもたち。
続いてトランプで4枚神経衰弱やみんな初めての「おかね」というゲームに挑戦。
トランプの数字によって金額が決まり、それを交換するルールが少し難しい様子。でも「わかんない!」と文句言いながらもわかろうとみんなでああでもない、こうでもないとわいわいやって盛り上がっていました。
次は千葉の名所が登場する「房総かるた」取り。全員が読み手をやりたがり取る人がいないなんてグループもありました。
6番目はやまけんさんのお絵かき歌コーナー。子ども達の歌詞ではなく音名で歌うという予想外の行動にもめげず、かわいい狐が描けました!
それから「ジェスチャーゲーム」今の子どもにはあまりなじみがないようで言葉ではなく体で伝えることに苦労していました。
その次はノリで企画をした「ダジャレコンテスト!!」意外にも小学生受けするネタでした☆☆
でもなぜかおばちゃんネタが続出。スタッフのおばちゃんパワーの賜でしょうか?
最後はみんなで手をつないで「人間知恵の輪」「痛い,痛い」と言いながらアンコールが出るほど受けていました。
今回は勝ったり負けたり盛りだくさんの内容で、その一つ一つに泣いたり笑ったり、大忙しの子どもたちでした。
[PR]
by kodomogaku | 2008-07-12 14:24 | ’08なんでも体験隊

こどもなんでも体験隊②

a0029225_19442213.jpg
6月21日轟公民館でこどもなんでも体験隊の2回目を行いました。
今回のテーマは「落語を楽しもう」
ご協力いただいたのは千葉大学落語研究会の学生さん7名。
着物姿で登場すると子どもたちは大喜び。髪をうしろで結った「女難亭たつぞう」さんを見て「おすもうさん、おすもうさんだ!」
彼は最後までおすもうさんと呼ばれていました。

まず最初は珍風亭龍昇さんによる「時そば」の実演です。
落語初体験の低学年の男子は黙って聞くということができず、龍昇さんの言葉にいちいち茶々を入れ、龍昇さんも丁寧にそれに答えてという具合で、傍から見ている大人としてはどうしたものかとはらはらしつつ、いよいよ落語の本題へ。
落語特有の見えない相手に対する呼びかけが始まると、子どもたちはあたりをきょろきょろ
「誰もいないよ!」1人で演じ分けるということを知らないのですね。
でも話が進むとだんだん子どもたちから声が出なくなり、どんどん落語の世界へ入り込んでいき、おそばをすするシーンでは大笑い!
話のオチはわかったかちょっと??でしたが、落語を充分満喫していました。

落語のおもしろさを味わった後はグループに分かれて自分たちが落語に挑戦です。
お題はおなじみの「寿限無」と「饅頭こわい」。
各グループに付いて下さった学生さんと子ども達の性格によってグループごとのカラーがでた練習風景でとてもなごやかでまた楽しそうでした。
約30分の練習後には、希望者がステージに上って練習の成果を発表です。
予想以上に多くの子どもたちが、上手に発表してくれ子どものもつ力にあらためて感心させられました。

最後に少し早めですが、七夕の短冊にそれぞれ願い事を書きました。
「落語家になりたい」というなんともうれしいものや「長生きしたい」といった先の長い願い事の他に「世界征服」というものまで!わが研究会の副会長の常々の願いは「世界平和」。
こんな身近に敵出現です!!(笑)

オッパッピー!やら世界のナベアツやら一発芸全盛のいまどきですが、今回の落語体験で子ども達の「笑い」の世界が広がったかなと思います。

朝早くからやんちゃな子ども達に優しく接してくださった珍風亭龍昇さん、大穴亭馬勝さん、子敷屋雪之丞さん、花乃屋羽飛さん、花乃屋すえっこさん、女難亭たつぞうさん、子敷屋庵孤さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by kodomogaku | 2008-06-22 19:44 | ’08なんでも体験隊