カテゴリ:会員のひとこと( 151 )

大忙しのプレゼンで伝えきれなかった
放課後子ども教室向けハンドブック作成事業について。

今ほとんどの小学校の放課後子ども教室「わくわくキャンパス」では、
「大人が子どものために何かをする」 というスタイル。

大人が一生懸命準備し、そこに子どもが参加する

子どもがお客さんになってしまっているのが現状。

コーディネーターさんの負担は大きくなっているし、子どもも受け身だから、高学年になると参加率が低くなるという事態にもなっている。

その状況を変えるために、私たちは
「子どもが主役」のわくわくキャンパス作りを提案したいと思います。

キッズスタッフという役目を子どもたちに与え、最初は受付や準備のお手伝いをしてもらい、慣れてくれば、各グループのリーダーや次の活動の計画を大人と一緒に考えたり、できる限り、子どもたちが活動を担えるよう、大人はサポートに回る、という運営方法です。

私たちは、10年続けてきた子どもなんでも体験隊で、子どもたちとともに活動するコツやノウハウを培ってきました。

それらをまとめたハンドブックを作成し、千葉市内の全小学校の放課後子ども教室に配付したいと思っています。

すでに、3年前に「子どもなんでも体験隊あそびレシピブック」を千葉市内全小学校に配付した実績もあります。

今活動しているコーディネーターさんたちが疲れ果ててしまう前になんとか、力になりたいと思って、この事業を計画しました。

  005.gif   005.gif   005.gif

あらっ?!プレゼンの時より、すっきり考えがまとまっている!!

なんで、昨夜、このブログをアップしなかったのか025.gif002.gif
こんなもんですね。。
[PR]
by kodomogaku | 2015-02-21 20:51 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

箱根駅伝とおしるこ

明けましておめでとうございます。
元日は、雪がちらついてびっくりしましたが、みなさん、どんなお正月を過ごされましたか?

このお正月、我が家で1番盛り上がったのは、近所の男の子があの箱根駅伝で走ったこと!

毎年1月の第1日曜日に地域の小中学生が走るマラソン大会でいつも上位入賞していた彼が、湘南の道を走る姿をテレビで見るのは、なかなかでした。

この地域のマラソン大会には、おしるこ担当として10年近く関わり、年末年始は、あんこや白玉や参加賞の買い出しに追われていたなあ、なんてことも思い出しました。

地域の大人が地域の子どもにできることは、多種多様。
無理なく楽しく続けていけることができるといいですね。

今年もどうぞよろしくお願いします。



[PR]
by kodomogaku | 2015-01-06 08:46 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

藤川大祐先生の『授業づくりエンタテインメント!』学事出版を読ませていただきました。

ここに書かれている授業を受けられたら、子ども達は幸せだろうなと思います。

読んでいるうちに、自分の小、中学校時代を思い出しちょっと涙が出そうになりました。

小学生の時は、将来先生になるのもいいなと思っていたのが、中学を卒業する頃、教師なんか絶対にならないと心に決めた私です。

教師なんかと思っている私が、ご縁があって、教育学部の教授や学生とご一緒させていただいている。
不思議ですね。

私が学校の先生にお願いしたいのは、子ども達に学ぶ楽しさ、うれしさを伝えてほしい、ただそれだけです。

あと、努力は報われてほしいなあ。

できて当たり前の子どもはいないはずです。

先生はみんなを平等に扱ってほしいと願います。

うーん、やっぱり先生のことを語るのは苦手。
心がザワザワします。

この時代に先生という職業を選んだ方々は、相当な覚悟と心意気があってでしょう。
どうか子ども達のために楽しい授業を行なってください。

私も地域の大人として子ども達のためにできることを続けていこうと思っています。








[PR]
by kodomogaku | 2014-12-21 08:55 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

店員さんはマイケル!!

久しぶりの夜の大人なんでも体験隊(笑)。
忘年会でした。
なんだかんだ言っても飲みニュケーションって大切っていうか、楽しいですね。

あれ、あれ、とか、
誰だっけ、名前忘れちゃったけど…なんて
会話ばっかりで、唯一20代のIPさんは、ホント
チャレンジャーだと思いました。
でも、結構いい話できたなって思います。
来年が正念場です。きっと。
私達の強み、活かさなくっちゃ!

*忘年会帰りのバスの中で入力したのに、消えちゃった、と思っていた文章が下書き保存されていました。せっかくなのでアップしちゃいます068.gif
どうでもいい内容ですが076.gif

[PR]
by kodomogaku | 2014-12-14 21:36 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

発想の転換

11月11日千葉大学での授業でした。
a0029225_09100962.jpg
先日の子どもなんでも体験隊のふりかえりを行いました。

前期から参加している学生は、子ども達と仲良くなって、対応も慣れてきたようです。

決まりごとはないので、それぞれ自然に子ども達に接してくれたらいいなと思います。

体験隊に慣れているスタッフは、子ども達だけではなく、学生の得意なこと、良いところをちゃんと見つけていて、きちんとそれをほめているので、ステキです。

ほめるのが苦手で、危ないことする子を叱るのが得意の私は見習わないと!

授業後、昨年授業を履修した学生が卒論の相談に来たので放課後子ども教室について話をしました。

話をしているうちに、放課後子ども教室がうまくいっているのは、ものすごく熱心で献身的な人がいるという所だと確信しました。

うまくいっていないのは、そういう人がいない所。

なんかやっぱり変。

人に頼るのではなく、誰でも関われる仕組みを作らないといけないと思います。

人材確保の話になり、子ども学研究会の会員募集はどのようにしているかという質問を受けました。
「…」
スタッフを増やしたいよねと常々言ってはいるものの本腰を入れていません。

よ〜く考えてみると、そんなに必要としていないのかな。

体験隊でも大人の参加者が多く、見守り体制ができているし、単発イベントもできることしか受けていないし。

私たちのミッションは、子どもと一緒に楽しむ大人を増やすこと。

となると、新しい人が入りやすく活躍できる場所を作る必要があります。

その場所に最適なのは体験隊。

スタッフは、ステップアップして、今までと違う関わり方をする時期ではないかな。

体験隊も誰でも関われる仕組みを作っていきませんか?

体験隊にも発想の転換が必要です。

[PR]
by kodomogaku | 2014-11-12 09:10 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

ブログデビュー

おさっちです。今 轟公民館でブログのやり方を習ってます。
a0029225_13414906.jpg


関係ありませんが、夏の思い出の山梨県の信玄餅ソフトです。😊
[PR]
by kodomogaku | 2014-10-21 13:34 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

皆さん、台風は大丈夫でしたか?

さて、今日は、子ども学研究会のメンバーの研究会以外の活動をご紹介しますね。

****************


にこにこクラブ(親子の遊び場)を運営している、ゆこみんです♪

10月2日のにこにこクラブはボランティアで活動されている「人形劇団くるりん」をお呼びして、2つの教室の生徒さんと一般の方を含め26組の親子と人形劇を観ました☆
a0029225_0173613.jpg

自分一人での企画は初めてと未就園児にはちょっと難しい内容でもあったので、喜んでもらえるかドキドキでした。

でも思ったよりお話しに入り込んでいる子ども達がいて一安心。

帰りに他の部屋で演目と同じ絵本を見つけて「先生あったよー」と教えてくれました。

お土産の折り紙トトロも嬉しそうに受けとってくれました♪
a0029225_016721.jpg


今回の開催で自分自身とても勉強になり、また来ていただいた親子にもホッとできる場所を提供できたかなと自信につながりました。

人との出会いと一歩踏み出す勇気があったからかなと、今回のことで人とのつながりの大切さを感じました。


****************


子ども学のメンバーは個性的な人が多く024.gif
みんなちがって、みんないい 058.gif
子ども学の活動以外にいろいろなことを行っています。

このブログでも多彩なメンバーの一面を紹介していきたいと思います。

ですので、メンバーの皆さん、遠慮せずに、気楽にどんどん自分の活動や想いを投稿してください!

よろしくです029.gif

PS.明日は千葉大学の後期授業の1回目です。そんな大事な日に欠席すみません040.gif
オリエンテーション、どうぞよろしくお願いします!! 

あさっては、放課後子ども教室の研修会2回目。お行儀よくします056.gif。  by 熱子
[PR]
by kodomogaku | 2014-10-07 00:34 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

ふと我に返って始まったそれぞれ担当する学校の放課後子ども教室の現状を話す時間。
a0029225_1323639.jpg


ほかの学校から見るととてもうまくいっているように見えても皆さん本当にご苦労されていました。

熱心であればあるほど、引き継ぎ手が見つからず、無理無理に続けていらっしゃって。。。

ついさっきまで、満面の笑顔でゲームを楽しまれていた皆さんの顔が、講座開始時と同じどんよりとなって。。。002.gif057.gif

なんだろう。とっても自分の無力さが情けなくなってしまいました。
せっかく、皆さんと研修する貴重な時間をいただけたのに、結局何のお役にも立てなかったなあって。
多分、研修後のアンケートには、「楽しかった」という感想を書いてくださるだろうけど。

何しろテッパンネタ満載でしたから。

だけど、それじゃ、何も解決できていないんですよね。問題はそこじゃないから。

だからついつい、余計なことを口走ってしまいました。すみません。040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif
熱すぎる熱子でした。。。。。1週間反省しております。
次回は028.gif028.gif028.gif黙っています。





 
[PR]
by kodomogaku | 2014-09-23 13:43 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

これからのビジョンが見えない!薄々は気が付いていた私たちの弱点。

目の前のことに追われ、先の見通しを欠いたまま来てしまった感があり、ここでちょっと仕切り直しをしようと5年後のちば子ども学研究会の姿をみんなで考えてみることにしました。

ちば子ども学研究会は、なくなっている!  という声は誰からもなく
拠点を持ってメンバーも増えて順風満帆でありたい!とみんな思っていました。

そのために何をなすべきか。年度を数えて考えていくうちに
あれっ?来年度はNPO法人設立5年目じゃありませんか!!

びっくり!005.gifNPOになったばっかりで、と言っているうちに来年5年目です。

これは来年何かしなくっちゃ!!!!!

子ども学らしい企画を練っていきたいと思っていますので、乞うご期待を066.gif


                 自らプレッシャーをかけないとね…。
[PR]
by kodomogaku | 2014-09-12 12:28 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

千葉市子育てリラックス館整備・運営事業者募集説明会へ行ってきました。

現在、千葉市には子育てリラックス館が11か所あるのですが、稲毛区にもう一つ新設したいそうです。

概要は、就学前のお子さんとその保護者が無料で使え、月~土の週6日間(週末、年末年始を除く)、10時~16時開館、子育てアドバイザーを常時2人以上配置というもの。

人件費も出るし、子育てアドバイザーのうち一人は保育士、幼稚園、小・中学校教諭等の資格を有する者という条件もNPOのスタッフでクリアできそう。。。。

と、説明を聞いていたのですが、建物の賃借料補助は出ないそうで。。。。

つまり、10組の親子が一度に利用しても支障がない程度以上の広さを持つ場所をもともとお持ちの団体、あるいは、自分で借りますという団体にお願いしますということ?

行政がハコは作るから、中身は民間でという内容を想像していたら、ハコも民間で準備してねということでした。

そういえば、以前こどもカフェ設置者募集の説明会に行ったスタッフも同じようなことを言ってた気がします。

子育て親子の居場所作りや、毎月一回以上、子育て支援に関する講習会を実施することなど、やりたいことだったのですが、、、ちょっと応募はキビシイですね。

また、何かの機会を狙います。
[PR]
by kodomogaku | 2014-06-26 22:47 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)