11月4日、小学生対象「表現力UP講座2回目」
「て」と「て」でおはなししよう!を行いました。

講師はデフ・パペットシアター・ひとみ代表の善岡修さんとアシスタントの吉村さんです。

a0029225_20431986.jpg



















ホワイトボードに書いた文字と善岡さんの手話と表情とそしてアシスタントの吉村さんの言葉で
進行していく今日の講座。

最初子どもたちは、戸惑い緊張している様子でした。

a0029225_20402115.jpg




















「!」と「?」を顔で表してみよう!
びっくりした顔とわからないという顔。

恥ずかしがって控えめな顔で表していた子どもたちは、善岡さんの見事な表情を笑いながら見ていくうちに徐々に表情豊かな顔になっていきました。

a0029225_21201060.jpg



















新聞紙ボールを相手にパスするワークでは、「投げるよ」という合図を
相手にしっかりと送り、相手も「いいよ」と合図をしてから投げないと
うまく届きません。

言葉を出さずに相手の顔を見て気持ちを伝える。

よそ見をしていると届かない。

子どもたちの様子をみているうちに自分自身の普段の姿をちょっと反省。
相手の話を「ああ、はいはい」なんてそっぽを向いて言っているなあと。

耳が聞こえていても、話ができても、ちゃんと相手に伝えるには相手の顔を見なくては伝わらない。
a0029225_21335127.jpg



















宝探しゲームでも言葉を使わずに宝のありかを表情だけで伝えます。

これも相手の顔をよく見ないと見つかりません。

言葉を発しないので、静かだけど、とても盛り上がるという不思議な感覚。

子どもたちの表情もとてもイキイキとしていました。

最後は子どもひとりひとりの名前を手話で教えてもらい、手話で「ありがとう」でしめくくり。

手をあげてひらひらと振る「拍手」。音はしないけれど気持ちはたっぷり。楽しい時間でした。

[PR]
by kodomogaku | 2017-11-05 21:53 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)