今日は千葉大学での新年度はじめての授業。
毎年、学生が何人参加するのかドキドキしながら迎える初日。
教室のドアを開けた学生が我々の姿を見てギョッとするのもお約束。
気がつけばこんなことを12年もやっているのね。
びっくり!何回も数え直してしまいましたが、2006年からだからそうなるよね。

おかげさまで12年目の今シーズンは、学生17人、内1年生0人、他の学年は大学院生まで満遍なく参加という珍しい構成となりました。
リピーターの学生もいて、これは、実践に強そうで、期待できます!

授業の趣旨を藤川先生に話していただいた後に子ども学研究会の説明という初日ならではの堅苦しい雰囲気で始まりましたが、そのあとは、アイスブレイクで一気にゆるめる。
a0029225_12545621.jpg
折り紙を折ったり、うそを混ぜた自己紹介をしたり、シーンとした教室が一転、笑い声がいっぱいとりました。

なんかよくわからないけれど、ワクワクしてきましたという学生の感想がぴったりの今日の授業。
4ヶ月間、楽しくやっていきましょう!!

雨が残念な千葉大の桜です。
a0029225_13013733.jpg


[PR]
by kodomogaku | 2017-04-11 12:39 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)