今年も崖っぷち!通常総会は、自転車操業の決算報告でヒヤヒヤ。。。

NPO法人ちば子ども学研究会の通常総会を行いました。

28年度は、活動の方針を大きく変え、千葉大学の学生との活動を中心に行った1年でした。
そして収益事業がほとんどなく、繰越金を切り崩して支出する一方だったので、単年度としては大幅な赤字決算となってしまいました。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201705/16/25/a0029225_18183414.jpg?w=620&h=465

年度初めから赤字覚悟で事業を進めてきた結果ですので、理事や会員の皆様のご理解を得ることができ、事業報告、会計報告、事業計画、予算案すべて無事にご承認いただくことができました。

みなさまのご理解ご支援、心より感謝申し上げます。


しかし、今年度についても収益事業の見込みは応募中の助成事業のみという取らぬ狸の皮算用の状態。
去年のペースで繰越金を使っていくと再来年には、使い尽くしてしまう状況です。

まさに背水の陣
http://pds.exblog.jp/emoji/148.png

あと2年間でこの活動を終えるわけにはいきません。


今年度最大の課題は、賛助会員の獲得と寄付金募集です。

賛助会員とは、私どもの活動に賛同し、支援してくださる個人及び団体の方です。
個人1口2,000円、団体13,000円です。

今年度の事業計画は以下の通りです。


事業実施の方針

子どもに関わる人たちがゆるやかなつながりを作り、大人も子どもも笑顔で過ごせる居場所を増やすために以下の事業を行う

■千葉大学教育学部小学校教員養成課程「地域子育て支援活動実習Ⅰ,Ⅱ」の開催協力
昨年に引き続き今年度も「学生は近い将来、親や先生となる存在である」という視点で、学生が地域の人たちと関わりを持つ機会を多く設ける

HICプロジェクトの実施〉
昨年度に引き続き、子どもと大人がともに育ちあう場として、大学生と3H日本語学校の留学生が交流しながら、小学生向けイベントを企画実施するHICHappy International Communication)プロジェクトを行う。

〈土曜日学校@まちスポへの協力、子どもなんでも体験隊の開催〉
小学生の地域での居場所作りのために大学生と協力し、NPO法人まちづくりスポット稲毛主催の土曜日学校に協力する。また子どもゆめ基金の助成事業に応募し子どもなんでも体験隊(全3回)を開催する。

■ちばサンタプロジェクト
「ちばに笑顔を届ける」をコンセプトにゆるプロ実行委員会メンバーと協力し、ちばサンタプロジェクトを12月に開催する。

■ゆるプロ情報交換会及びゆるプロ実行委員会の開催
地域で活動している人たちのゆるやかなつながりや学生たちと出会う場作りのために開催する。

「スマホのトリセツ」ワークショップの開催
情報モラル教育のハードルを下げ、誰でも気軽に取り組めるプログラムを作り、ワークショップを開催する。
応募中の全労災の助成事業が採択された場合、千葉市内の子育て広場などで乳幼児の保護者向けスマホの使い方を考える子育て交流会を開催する。

■あそびレシピブックの完成
改定作業を行ってきた「あそびレシピブック」を完成させる。

HP、ブログ、Facebook の更新
会の活動報告やイベント告知などの情報発信を行う

ぜひ今年度の私どもの活動にご賛同、ご支援くださる方は賛助会員として私どもにお力添えくださいますようよろしくお願いします!
【お問い合わせ】 tibakodomogaku@yahoo.co.jp まで

*28年度の事業報告、会計報告につきましては後日当会のHPに掲載する予定です。
ちば子ども学研究会HP http://chibakodomogaku.main.jp



[PR]
トラックバックURL : http://kodomogaku.exblog.jp/tb/23887831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2017-05-16 19:30 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)