ボランティア活動は最小限の負担でそこそこの成果を。

ゆるプロ情報交換会、お礼のメールが届いたり、スタッフからの感想をもらったり余韻が続いています^ ^

昨日のゆるプロのテーマの一つは「ボランティア」で、みなさん、熱く思いを語られてすごいなあ〜と感じました。

でもよく考えたら、ゆるプロにしても千葉大学の授業にしても、全くのボランティアなんですよね005.gif

参加団体に聞きたいことを学生からの事前に聞いたところ「その活動、自己満足ではないですか?」というのがあったけれど、まさにゆるプロは自己満足でやってます。

ゆるプロ情報交換会は、「最小限の負担でそこそこの成果を」というスタンスで開催しています。

ボランティア活動ですから。

だから4年ほど、ゆるゆると続けてこられたのだと思います。

来るもの拒まず去る者は追わず。

この会、「何かしてください。」「こうしてほしい」という受身だとつまらないはずです。

ご要望を承りませんので。

○○を一緒にやりませんか?

△△のお手伝い募集!

◻︎◻︎について考えよう、学ぼう、語ろう。

こんなことは大歓迎です。

ですので、最小限の力で場をセッティングすることだけさせていただいています。

だけど、そろそろ集うだけでは、物足りなくなってきました。

次の展開、考えようかな〜043.gif

できれば、ボランティア活動としてではなく。

どなたか、一緒に作戦会議開きませんか004.gif







[PR]
トラックバックURL : http://kodomogaku.exblog.jp/tb/21452109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2015-07-15 21:07 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)