千葉大学の藤川研究室の卒論発表会におじゃましてきました。

2月3日千葉大学で行われた藤川研究室の卒論発表会。

ほんのちょっとだけ卒論の相談を受けた学生さんに誘っていただいたのでのぞかせていただきました。

毎年趣向を凝らした演出が評判のフジカワケン、今年は「ザ・ベストテン」風の演出のようです。
みんなが生まれる前のものなのに…。これも藤川先生の影響かな006.gif

途中から見させていただいたのですが、みなさんの研究のレベルの高さにビックリしました。

前に卒論発表会を見た時の感想は「うーん、若いな」って感じたところもあったのだけど、今回はどれも興味深い研究内容で聞いていて感心しました。

机上論ではないところが素晴らしいですね。

みなさん実際に小学校や中学校で何時間も実践授業を行ってそれに基づいて論じているところがスゴイ。

学生の努力も素晴らしいけれど、その授業を受け入れて下さったり、協力して下さった多くの方がいらっしゃるということが更にもっと素晴らしい!072.gif

たくさんの方が学生のために力を貸して下さったということは、これから社会に出る彼らにとって宝になるだろうなと思いました。

本当に皆さん恵まれていますね。そしてその方たちに想いに応えて、「主体的に」研究して、立派な卒論をまとめたみなさんもエライ!

お疲れ様でした。

4月からの新生活は、この恵まれたあたたかな環境とは一変してしまうかもしれません。
脅かすわけではないけれど…。

でも、皆さんを応援している人たちはたくさんいます。
どうぞ1人でがんばり過ぎず、困ったときはいろいろな人に頼って助けてもらってくださいね。

「ワークライフバランス」を保つには人に頼ってなんぼだと私は思っています。(笑)

それにしても発表者の半分以上の方と何らかのかかわりがあるとは、ビックリ。
藤川研究室さまさまです。040.gif
[PR]
トラックバックURL : http://kodomogaku.exblog.jp/tb/17258166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2013-02-03 21:27 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)