2013年どんな年にしましょうか?!

2013年が始まりました。

昨年は新規事業が始まったり、助成金を受けて講座を開催したり、複数の人が講師デビューしたり、新たな取り組みが多く始まりました。

また他の団体やいろいろな人との出会いも多く、たくさんの事を学び、多くのものを得た年でもありました。

これも関わって下さった皆様のおかげです。どうもありがとうございます。




個人的には2012年は今まで手当たり次第にやってきたことを「絞る」年になった気がします。

ようやく自分の進むべき方向性が見えてきたというか…この年になって今さらですが。

体の方はまったく絞れず、拡張が続いているのが悲しいところ。
最近膝やら腰やら痛むようになってきたので今年こそはなんとかせねば033.gif

体を絞りつつ目指すところは「ワークショップファシリテーター」。

昨年「あなたはワークショップファシリテーターと名乗ったら」とアドバイスをいただきその気になりました。自信を持って名乗れるよう研鑚を積みたいと思います。



子ども学の魅力は自分がやってみたいと思う事が本当に実現できるところです。

ただ、実現するのはその人自身。

子ども学は、きっかけを作ったり、後押しをする存在だと私は思っています。

誰かや何かにもたれるのではなく、自分でなんとかしようとがんばっている人にはちゃんと応援してくれる人が現れると確信しています。


あんまり自分の夢とか公言するのは好きではないのですが、夢を語るおばちゃんというのも私の役割かななんて近頃思うようになってきたので、年の初めに語らせていただきました。

年末あんまりにもカッカして熱すぎるとみんなから言われたので「熱子」と改名しようかと思案中。

こんな私ですが、皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
トラックバックURL : http://kodomogaku.exblog.jp/tb/17107030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kodomogaku | 2013-01-06 17:39 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)