10月22日(日)から始まる小学生対象の「表現力UP講座」。
続々とお申し込みが入っています。

自分の気持ちを相手に伝えるのはとても大切なこと。

だけどうまく言葉に出すのは難しい。

言葉以外の伝え方、表現の仕方を知ったら、難しさが少し減るかもしれない。

そんな思いで企画しました。

とはいえ、「大切なことを楽しく伝える」のが子ども学流。

1回目と3回目の講師をしてくれる〝かみしばいすと”「となみん」との打ち合わせでは
こうしたらどう?ああしたら?と次から次へとアイデアが出てきて大盛り上がり101.png

楽しくなりそうです!!

ぜひぜひご参加ください!(大人の方のご参加もご相談ください。)

お申込み、お問い合わせは kodomogaku7@yahoo.co.jp にメールでお願いします。

a0029225_22415889.png



[PR]
# by kodomogaku | 2017-09-23 22:45 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

9月9日土曜日学校最終回。

今日も盛りだくさんのメニュー。
最初は「3画の漢字を書き出そう」。
1年生はまだ漢字習っていない!と不満そうだったのが、「大」「小」「子」と出てくると
うれしそうに「千葉の千!」と調子でてきたようです101.png

グループで見つけた漢字をホワイトボードに書き出しました。
a0029225_22280998.jpg


次は「指文字しりとり」
手話の一つで50音を指で表します。
表を見ながらグループでしりとりをしました。
a0029225_22320327.jpg





慣れないしぐさにちょっと苦戦する子もいました。



休憩をはさんでまたまたグループ対抗頭の体操。

子ども学恒例の「虫食いゲーム」 「お○○り」に当てはまる言葉をたくさん出すゲームです。
これもホワイトボードに書き出したのだけど、
「ほかのグループの見て書かないでね!」とか「そんな言葉ないよ!」とか
まあ、厳しいこと!
あのお、ゲームなんですけど。。。勝ち負けにこだわるのね。119.png 


さて、そのつぎは、夏休みの振り返り。
「たのしかったこと、うれしかったこと(ピンク)」「みつけたこと(黄色)」「不思議に思ったこと(緑色)」「困ったこと、残念だったこと(青色)」を4色のカードにそれぞれ書いていきました。
a0029225_22514580.jpg




楽しかったことのピンクの紙が一番多く、楽しい夏休みだったことがうかがえました。

一方青い「困った、残念なこと」は「雨ばかりでプールに行けなかった」「遊びに行ったのに雨だった」など
やはりこの夏の天候不順のこと。本当に残念だったね。

楽しいことの中に新しいゲームのソフトを買ってもらったなんて声もちらほら。

小学生といえばDS!  
よし、みんなで紙でDSを作っちゃおう!!
「エ~!!128.png」みんなびっくり! 
でもほかのゲームを作りたいというリクエストもあってそれには大人がびっくり。
そんなの作れない140.png
a0029225_23080337.jpg









a0029225_23430554.jpg
こちらは見本。
このルールが肝心! 
今日のねらいの部分です。
 


折り紙でDSを作りながら子どもたちと
おうちのルールや自分が気をつけていることなどをおしゃべりすることができました。

 

とかく、硬くなりがちなゲームのルールに関する話題を気軽にできるこの折り紙DS作り。
なかなか有効なアイテムですよ!


さて、いよいよ最後。
締めくくりは子どもたちからのリクエストで「クロコダイルゲーム」。

これは留学生から大学生が習ったゲームで「土曜日学校名物」となってきたようです。
a0029225_23171067.jpg





盛り上がりすぎて、終了時刻を10分オーバー!ごめんなさい。

最後まで楽しく過ごせた土曜日学校でした102.png

10月からも土曜日学校をやります!ぜひぜひお申し込みくださいね。
またお会いすることを楽しみにしています。


[PR]
# by kodomogaku | 2017-09-09 21:46 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

ちばサンタプロジェクト~サンタになってちばに笑顔を届けよう~連動企画として
小学生対象「表現力UP!!講座」を開催します。

自分の気持ちや感じたことを伝える力が表現力。

表現力が豊かだと自分の思いがきちんと相手に伝わって良いコミュニケーションをとることができます。

声の出し方や間の取り方を紙芝居を使って学んだり、
言葉を使わず体や手を使って表す方法を学びます。

学んだ成果は、地域の人が参加する「ちばサンタプロジェクト」で発表します。


紙芝居の回を担当してくださる講師は第7回食農紙芝居コンクールで優秀賞を受賞したとなみんこと片岡由里子さん。
となみんの紙芝居は、お芝居を見ている感覚になって大人もくぎづけになるクオリティのもので
きっと子どもたちも立派な表現者になるのではと楽しみです。

そして、第2回の「てとてではなそう」は、デフパペットシアターひとみの代表 善岡修さん。 

喜岡さんは、Eテレ「みんなの手話」で講師もされている方です。

手や体を使った表現方法を体験することできっと子どもたちの表現力は豊かになることでしょう。


日 時

テーマ

講 師

10/22 ()

10001200

参加型紙芝居を

楽しもう

となみん(片岡 由里子さん)

紙芝居ist(かみしばいすと)・日本語学校教師

11/4 ()

10001200

「て」と「て」で

おはなししよう

善岡 修さん

人形劇団デフ・パペットシアター・ひとみ代表

Eテレ「みんなの手話」講師

11/12 (日)

10001200

表現力を磨こう

となみん(片岡 由里子さん)

紙芝居ist(かみしばいすと)・日本語学校教師

12/10 (日)

10001200

ちばサンタプロジェクト

笑顔を届けるサンタになろう!(表現力成果発表会


会場は まちづくりスポット稲毛です。  千葉市稲毛区長沼原町731-7(フレスポ稲毛内)

参加費は、全4回で2000円です。

参加お申し込みの方は、メールで 参加するお子様の氏名(フリガナ)、学年、学校名を記載し
kodomogaku7@yahoo.co.jp までお申し込みください。

先着20名様で締め切りとさせていただきます。

なお、この講座は、子どもゆめ基金助成活動の助成事業として開催いたします。

a0029225_22271801.png

































[PR]
# by kodomogaku | 2017-08-20 23:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

昨年第1回目を開催した「ちばサンタプロジェクト」。
今年も12月10日(日)にまちづくりスポット稲毛で開催します!

ちばサンタプロジェクトは、「サンタになってちばに笑顔を届けよう」がコンセプトのイベントで
千葉市内や近郊で活動をしている人たちと協力して開催するイベントです。

昨年は11団体の方たちと協力して開催することができました。

a0029225_21404455.jpg
2回目の今年は、3つの挑戦をします。

まず1つ目。

昨年は千葉大学生が中心になって盛り上げてくれましたが、今年は千葉大生とともに日本語学校の留学生も参加してくれる予定です。
多世代交流だけではなく、異文化交流も楽しめるイベントになりそうです!


2つ目。

昨年もまちスポでのイベントだけではなく、他の日、ほかの会場でのイベントも「ちばサンタプロジェクト」の一つとして紹介しましたが、今年は、他会場のイベントがさらに増える予定です。
12月10日は都合が悪いという人や稲毛の長沼原は遠いという方でも、別日やお近くで「ちばサンタプロジェクト」の仲間のイベントに参加することができそうです。
内容は、その会場の主催者にお任せ。でも「ちばに笑顔を届けよう」という思いは一緒です。

ちばのあちこちに笑顔になるイベントが広がっていけばいいなと思っています。


そして3つ目。

サンタになるのは、地域で活動している大人だけでは物足りません。
子どもたちにもサンタになってもらいたい!
ということで、ちばサンタプロジェクト参加を最終目標にした子ども向けワークショップを開催します。

詳細は、別の記事で。きっとみんな笑顔を届けるサンタになれます!

お楽しみに!!




[PR]
# by kodomogaku | 2017-08-20 21:55 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

3日間連続の土曜日学校3日目。
昨日までにそれぞれの宿題を片付けたので、今日は夏のイベントに使えそうなうちわ作りと9月23日(土)に行われるくさのあかり祭「夜灯よとぼし」で点灯する灯篭(とうろう)をみんなで描きました。

まずはうちわ作り

a0029225_17001917.jpg

障子紙を細かくジャバラ状に折って、絵の具にひたして広げるとこんな感じに…どれとして同じ模様になりません。

a0029225_17045174.jpg

絵の具をひたして広げた紙をアイロンで短時間で乾かします!
当会員Sさんと千葉大学院生のKさんの絶妙なコンビネーションです!(手前はどんな出来上がりか見守る子ども達💓)

a0029225_17105520.jpg

素敵に出来上がりました。✨

頑張って作ったので、ちょっと休憩した後昨日遊んだクロコダイルゲーム。

a0029225_19572547.jpg




すっかり覚えて、今日は負けちゃった子が集まって輪を作ってあちこちでまたゲーム開始!学校が始まったら他の子達にも教えてね。

クロコダイルゲームはネパールの遊びです!忘れないでね😊

次は灯篭作り
はじめに夜灯(よとぼし)のお祭りの意味を紙芝居でみます。


a0029225_20030479.jpg


それぞれ絵を描きます。

a0029225_20015321.jpg


それぞれ描いた絵を筒状にして、中にライトを入れて灯すそうです。沢山並ぶと綺麗でしょうね。✨

今日は時間いっぱい作ったり描いたり…お腹も空いてボランティアさんが作ってくれた特別給食をみんなで頂きます。

メニューはそぼろご飯 ジャガイモの冷製スープ 杏仁豆腐😋

a0029225_18450251.jpg

「学校の給食より美味しそう!」「スープ美味しい!」
「人参嫌いだけど食べれた!」とあちこちで感嘆の声があがって、おかわりする子も何人もいました。(私もスープをおかわり😋)

ご馳走さまでした。ありがとうございます。✨

最終回は1ヶ月後の9月9日(土)です!
夏休み思い出を沢山作って、元気にまた会いましょうね。😊💓




[PR]
# by kodomogaku | 2017-08-02 16:36 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

3日間連続の土曜日学校2日目。
今日はそれぞれの宿題をしっかり片付けることと今小学生に大人気のうんこドリル💩に挑戦することがメインです。

人気ですよね。うんこドリル。
今回フレスポ稲毛内の宮脇書店さんのご協力でうんこドリルのプリントやノベルティをいただけることになり、みんなで挑戦することになりました。

a0029225_20120334.jpg

最初から最後まで、うんこ、うんこ💩
スゴイドリルです。

プリントをした後は、例文作り。

このうんこは美しい
ぼくはでかいうんこを見つけて喜んだ
いつかは信濃川より長いうんこをするのが夢だ

a0029225_20181521.jpg
力作ぞろいです💩

それにしても今日は何回大きな声でうんこと言ったことやら。💩まみれでした141.png

すっかりいろんな意味で頭を使ったので、3時間目?はお楽しみゲーム。

まずはトランプで4枚神経衰弱
a0029225_20223121.jpg

それからクロコダイルゲーム🐊
a0029225_20282250.jpg

最後にじゃんけん列車
a0029225_20250644.jpg

イスも机もみんなで片づけて終了です。

ホントにお疲れ様でした。

明日も元気に来てね〜。

[PR]
# by kodomogaku | 2017-08-01 19:38 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

土曜日学校終了後、午後からはそのまままちスポ稲毛で「ゆるプロ」。

昼食を食べたおそば屋さんで偶然ゆるプロに参加して下さっているKさんにお会いしたけど、午後から用事があるとのこと。
あら、残念。
今日は、誰が来てくれるんだろうと少し不安になっていたら、暑い中超多忙の方々が来てくださり、5人のゆるプロとなりました。

いつものようにお互いの近況報告をするとなんだかみんなあわただしい日々で急展開の話や驚愕の事件やら、人生の転機やら。。。

いろんなことが起こるもんですね。

そんな話やPTAのことや放課後子ども教室の話とか、「ボランティア」に代わる言葉がほしいよね~など、
それぞれ立場や活動内容は少しずつ違うものの共通の話題は多く、話題は尽きません。

そして、今年の「ちばサンタプロジェクト」について。
まちスポ稲毛で12月10日(日)に行うのは確定していますが、今年はそのほかの日、場所でも開催することになりそうです。

規模を多くするのではなく、仲間を増やしていく。

一番初めの想いが実現できそうで、うれしいです110.png

ちばサンタプロジェクト第1回実行委員会は9月4日(月)10:00~12:00  まちスポ稲毛にて

ゆるプロはいつもプラスのエネルギーをチャージしてくれます。参加くださった皆様に感謝!




画像は去年のちばサンタプロジェクトです。
a0029225_20440648.jpg


[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-31 21:33 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

まちづくりスポット稲毛での「土曜日学校3回目」を7月31日(月)に行いました。

なんで、月曜日なのに土曜日学校?
という子どもの質問に「なつやすみだから」とわけのわからない返事で始めた3回目は
それぞれ自分の夏休みの宿題を持ってきてそれを中心に活動をします。

子どもたちのほとんどは、ドリルを持参してきましたが、学校の宿題というより通信教育の教材が多かった印象。

めんどうくさーい!と言いながらも生真面目に取り組む子どもたち。
a0029225_19140835.jpg


















一方、工作したい!と新聞紙工作を始める子も。
a0029225_19173498.jpg



















新聞紙で作るのは、子ども学で人気の新聞紙トカゲ。
a0029225_19190128.jpg




















作っているうちに愛着がわいたようで野球帽をかぶせていました。

休憩をはさむと部屋の中は一気にざわざわ、ドリルに取り組んできた子どもたちもそろそろ飽きてきたようです。

そこで、みんなで協力して自由研究「サイコロの目の出方調べ」をすることにしました。

やることは単純。サイコロを振って出た目の数字の記録を取っていきます。

ただしサイコロを振るのは200回!

どんな記録の仕方が後で結果をまとめるのがよいか話し合いながらひたすらサイコロを振ります。
a0029225_20011474.jpg


















結果をみんなで共有。

サイコロの目の出る確率はそれぞれ6分の1と習ったけれど。

「5」が一番出た回数が多かった!
a0029225_20042098.jpg


















どうしてこのような結果になったかみんなで考え、
大学生院生から「5」が多く出る理由を教えてもらいました。
(理由は自分で調べてね。自由研究ですから)

なんかガチャガチャした夏休みの土曜日学校初日でしたが、外の猛暑も忘れみんなで楽しく過ごせたので結果オーライ172.png101.png

明日も「夏休みの土曜日学校」2日目。
火曜日だけど土曜日学校です。







[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-31 20:16 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

千葉大学の学生さん、3H日本語学校の学生さんと私達で準備を進めてきた小学生向けのビッグイベント「大学生&アジアの留学生と楽しく遊ぼう!!」が本日、無事開催されました。

a0029225_23165848.jpg

6つのグループに分かれてお互い自己紹介をして、

a0029225_23183436.jpg

3Hの学生さんによる紙芝居で、動物の鳴き声を当てた後は、

a0029225_23201246.jpg

ネパールの遊び、クロコダイルゲーム!!
これは楽しいです。盛り上がります!

a0029225_23214791.jpg

後はいろんな国の事を聞いたり、

a0029225_23251693.jpg

名前をサインしてもらったりして一緒に遊び、

a0029225_23265782.jpg

最後はじゃんけん列車。いろんな国の言葉でのじゃんけんが聞こえました。

子ども達の生き生きとした顔、学生さんや留学生の皆さんが帰る時の爽やかな笑顔。素敵なイベントとなりました。

参加していただいた皆さん、準備していただいた皆さん、ありがとうございました。


[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-25 23:11 | 2017年度の活動 | Trackback

千葉市美術館では、「うらがわ」展も開催されます。
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/0805/0805.html

この世の「うら」を覗く。  

だそうです。149.png
a0029225_13015854.png

[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-23 13:02 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

千葉市美術館から夏休みのイベントのチラシが届きました。
a0029225_12371195.png
http://www.ccma-net.jp/event_03.html

千葉市美術館は、中央区役所の建物内で、きぼーるにも近いし、さや堂ホールは歴史を感じるし、
a0029225_12462815.jpg
写真は千葉市美術館HPより

11階のレストランのかぼちゃわいんもおいしいみたい(食べたことないけれど)
夏休みのおでかけにいかがですか?


[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-23 12:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

地域で活動している人たちとゆるやかにつながろうというプロジェクト「ゆるプロ」は普段はちば子ども学研究会が主体となって開催していますが、9月にちば生涯学習ボランティアセンターさんが主催となって開催してくださることになりました。
a0029225_12383000.png
去年も開催させていただいたところ、普段あまりご縁のない団体の方にご参加いただき、今までにない視点や考え方に触れることができとても有意義でした。

今年は、テーマを「住みよい地域」としてそれぞれの思いや考えを楽しくおしゃべりをしたいと思います。

すでに何かの活動をしている人だけではなく、これから何かしてみたいと思う方にも参加していただき、いろいろな人と出会ってゆるやかにつながるっておもしろいと感じてもらえるワークショップを考えています。
ぜひぜひご参加ください!

間もなく、千葉市生涯学習センターのサイトでも情報公開される予定です。




[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-20 12:48 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

7月18日、千葉大の授業です。
今日は、千葉大生と3日本語学校の留学生そろって来週のイベントの最終打ち合わせです。
会場設営から始まって、オープニングからエンディングまでの流れを確認しました。
a0029225_912640.jpg

内容で固まっていなかったところは、班それぞれのメンバーで決めていきました。
じゃんけんやクイズ、紙芝居に折り紙も。
どれにする?なんて千葉大生と留学生の意思疎通もスムーズになってきましたね。
日本も入れて、アジア7か国の学生さんがいますので、本番ではそれぞれのお国の遊びや言葉をたくさん子供たちに教えてくださいね。

ところで、千葉市の小学生はもう夏休みがはじまっています。  
      夏休み始まるのちょっと早いんじゃないの~。7/15から夏休みって…。ブツブツ…。
そこで小学3年生の男の子たちが遊びに来てくれました。
これはいい。練習!練習!!
ということで、本番に備えて紙芝居やゲームを小学生と一緒にやってみました。
a0029225_918668.jpg
a0029225_9182925.jpg

ネパールとベトナムの学生さんが自分たちで作った紙芝居を実演。
子どもたちに語りかけるように、子どもたちとやり取りしながら、上手に演じています。
日本語学校で練習した時よりももっと上手にできたらしいですよ。(前のブログに練習の様子が出ていますので見てくださいね。)

それから、今期の授業でおなじみの「クロコダイル」というネパールのゲーム。
a0029225_9295398.jpg

ルールは簡単なんだけど、子どもに説明するのって難しい・・・。
やってみないとわからないものですね。説明する人を決めておくことにしました。

言葉や年齢の壁なし!それはじゃんけん。
最後はじゃんけん列車で盛り上がりました。
a0029225_9371859.jpg


さあ、いよいよ来週が本番。
何よりも大事なことは、やっている本人たちが楽しむこと(^▽^)/
それができれば大成功。
千葉大生の皆さん、子どもたちと留学生たちと一緒に、思いっきり楽しんでね。
これが終われば夏休みだよ~~
[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-19 09:53 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

7月25日は、千葉大学での前期最後の授業。
学生と留学生と小学生が参加するHICプロジェクト「大学生と留学生と遊ぼう」を行います。

3つの団体がしかも授業の一コマとして活動しているので意思の疎通や調整に苦労していますが、それぞれできる時に準備を進めています。

先日の3H日本語学校での準備では。。。
(Facebookより)

NPO法人ちば子ども学研究会さん担当の千葉大教育学部「地域子育て支援実習Ⅰ」の授業に、日本語学校の学生を参加させてもらっています。前期最後の授業はHICプロジェクト。みんながHappyになるInternationalなCommunicationを目指して、日本語学校側は擬音語による紙芝居を製作しました!ネパール編(上)とベトナム編(下)練習が間に合わな〜い…
a0029225_08434798.jpg

がんばれ〜!105.png

[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-13 08:32 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学での授業は、ゆるプロの振り返りの回でテーマを「地域活動と学生」としました。
ゆるプロ(ゆるやかにつながろプロジェクト)では、地域で様々な活動をしている方を招いてお話を伺ったので、前期の締めくくりとして、学生自身に地域活動を自分事として考え語ってもらいたいと思い企画しました。
a0029225_22212252.jpg
自分が今まで参加したことがある地域活動や知っている活動を書き出し、その目的を考えてみる。
また、どんな活動に学生の参加か期待されているのか、それに対し学生が参加したいと思う活動はどんなものなのか。
話をしながら模造紙に書いていきました。
a0029225_22251573.jpg
最後に学生が参加したいと思う要素や条件をまとめてみると。

1.学生にとってどんなメリットがあるのかわかるもの→ただの人手としてかりだされるのはイヤだ

2,みんなで一緒に楽しくできるもの

3.時間帯への配慮があること→学生はヒマだと思われているようだが、決してヒマではない

4.過剰な期待は禁物

5.依存せず、お互いに「どこまでできることができるか」を共有

6.せめて交通費がでるとありがたい

7.ゼミの先生からの紹介、知り合いのクチコミがあると参加しやすい

などかなり学生の本音を聞くことができました。

学生の中には、以前子どもと関わる活動だと聞いて参加したのに、子どもと接する機会がなく単なる裏方仕事ばかりだったという人が複数いました。

単なるイベントの裏方ならばアルバイトと同じでそれならば時給が出るアルバイトの方がいいという意見には、その通りと思います。

せっかく参加したのにそんな思いをさせて、学生のやる気を損なってしまい残念です。

地域活動に学生が参加することは有意義に決まっている。とにかく参加してみて。良さがわかるはずだから。
では、ダメなんです。

活動の意義、どんなことが得られるのか、魅力。
相手に伝えることが肝心なのですね。



[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-11 22:15 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

小学校の夏休みまであと1週間!
今日の土曜日学校のテーマはずばり「夏休みの宿題作戦会議」です。


でも、作戦会議のまえに今日は「糸電話作り」と「風船電話作り」をすることにしました。

風船電話?!
 

a0029225_20530715.jpg



a0029225_20545647.jpg


風船をつなげてもちゃんと声は聞こえます!みんなびっくり150.png

風船がふくらまなくて悪戦苦闘したり、糸電話の糸が長すぎて、からまって大騒ぎになったり、

風船バレーが始まったり。
a0029225_20502265.jpg




















a0029225_20423371.jpg

自由研究のヒントというより、子どもたちは、のびのび自由に楽しんでいて、
まあ、それもよいでしょう127.png

さて、いよいよ夏休みの宿題作戦会議。
模造紙に「夏休み」から連想する言葉をどんどん書いていってもらいました。


a0029225_21200541.jpg
夏休み → 宿題 → いやだ → めんどくさい

そうだろうね141.png

でもいやでもやらなくてはいけないこともあるんだよ。

ここで、しょうじさんの「読書感想文ワンポイントアドバイス」


a0029225_21225395.jpg

実はしょうじさんは、読書感想文コンクールの審査員もするすごい方。

短冊メモを作って、「だれが」「いつ」「どこで」「どうした」を意識して感想文を書くのが大切と教えてくれました。

それを聞いていた大学生は、「小学生の時にしょうじさんにお話を聞いていたら。。。」とつぶやいていましたよ。

授業モードになって、子どもたちも夏休みに何をするかを決めることができ、今日の作戦会議は無事終了!

残り時間がまだ少しあるということで、みんなで机といすを片付けて、最後のお楽しみ、新聞紙じゃんけんゲーム。


a0029225_21320240.jpg

やっぱり、結局わいわい大騒ぎで終了時刻となりました。

みなさん暑い中、お疲れさまでした。

次回はそれぞれが決めた夏休みの宿題持ってきてね~。





























[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-08 21:43 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学の授業では、7月25日のHICプロジェクト「大学生とアジアの留学生とあそぼう!」イベントの準備をしました。
a0029225_17545712.jpg

3H日本語学校の学生はクラス替えで6人のメンバーがかわりました。(成績による入れ替えだとか。きびし〜!)

イベントの方向性は、ぼんやりと見えているものの、みんなが思い描いているイメージがまちまちなようなので、今日は全員でイメージを共有するのが目標です。

ざっくりとスケジュールを書き出していくと、あら?あれ?
あちこちで釈然としない顔があるけど、異論を唱える声は上がらず。

お構いなしにグイグイ進めていくと、意を決したように学生から発言が!

そこから、パーっとモヤモヤが晴れるように内容がかたまっていきました。

最後は、グループに分かれてゲームの練習。
a0029225_17542750.jpg
みんないい笑顔になりました。

授業後の学生の感想に、「圧が強い」とのコメントが😞

異世代交流。

力加減が難しい。そんなつもりはなかったんだけどね〜。

いつも通り、泥臭くワチャワチャ行きつ戻りつやっていくのが若い人には驚きだったかも。

いろいろな人がいるからおもしろい。
そう思っていただければ。(お得意の逃げ文句。105.png)


[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-04 17:35 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

参加募集をしていました7月25日開催の「大学生と留学生とあそぼう」は、大変好評で定員を30人に増やしましたが、それも満員となりました。
お申し込みいただきましたみなさまどうもありがとうございます。
当日お待ちしております。

なお大変申し訳ありませんが、30人以上の対応は厳しいため、お申し込み受付は終了させていただきます。

今回参加できなかったみなさま、本当にごめんなさい😞
10月頃にもイベントを開催する予定ですので是非その時にご参加くださいね!

[PR]
# by kodomogaku | 2017-07-01 17:48 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

頼れる大人が身近にいない10代向けのWebサービス、Mex(ミークス)が
全国版にリニューアルオープンしました。
https://me-x.jp  
東京版では約5万人が利用したそうです。
今回より子どもに役立つコラム配信も開始されました。

こちらに訪れる子どもたちにとっては
やっとの思いでたどり着いた場所かもしれないということで
なるべくスムーズに支援につながるよう、
子ども自身からお金をとったり、広告表示をさせるなどせずに
寄付や様々な方の支援によって運営されています。
より多くの10代に届くことや、
子どもを支援している全国の支援団体(特に地方部が不足しています)、
様々な形で協力いただける法人などに届きますようにということなので共有させていただきます。
掲載団体の募集も行っているそうです。


[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-29 21:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

先週末に告知を始めた
「大学生とアジアの留学生と遊ぼう!」イベントのお申込みメールが続々と届いています。
この調子だとあっという間に定員24人に達しそうな気配です。

先着順ですので、参加したい方はお早めにご連絡くださいね。
a0029225_22372201.png




[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-28 22:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

昨年大好評でしかも第6回ちばコラボ大賞(県知事賞)を受賞したHICプロジェクト。
今年も継続して活動していますが、そのメインイベントの内容が決まり、いよいよ告知開始となりました。

a0029225_22372201.png
「大学生とアジアの留学生と楽しく遊ぼう!!」
7月25日(火)10:30~12:00
千葉大学教育学部2111教室
対象:小学生  定員:24名(先着順)
参加費:300円  当日集金します

大学生や留学生と紙芝居やアジアの遊びをしながら交流するイベントです。
去年は、あっという間に定員をはるかに超えた人気企画。
参加した子どもたちはとっても楽しかった!とみんな笑顔で帰宅していきました。
夏休みの自由研究にもおすすめです。
申込受付はメールで。
kodomogaku7@yahoo.co.jp
※このイベントは千葉大学教育学部の事業の一環として行われます。




[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-23 22:49 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ボランティア嫌い

ちば子ども学研究会の活動は、ボランティア活動なのかどうなのか。
何度も繰り返される話題なのだけど、個人的には、ボランティア活動をしているとは思っていません。

自分がやりたいからやっている。
たまたまほかの人からのお誘いが自分の興味関心に合致したから一緒にやる。
やりたいことをやるためには、いやでもやらなければいけないことがあるから、しぶしぶいやなことでもやる。

こんな自分本位の意識でやっているので、誰かのために奉仕するというボランティア精神には程遠いのが実際のところです。

でも、「ボランティアをずっと続けていてすごいですよね」とか言われちゃって、申し訳ないやら、もやもやするやら。
どう説明すればいいのかな、なんて思いながら「ボランティア嫌い」で検索して見つけたブログ。

これだ!と思ったのでシェアします。http://kokotomo.com/57628/

あれこれ言っていますが、今日はこれからボランティアセンターでボランティア団体向け講座の打ち合わせです。
矛盾だらけですみません。

[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-22 08:36 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

3H日本語学校の学生との2回目の授業でした。
今日は7月25日に予定しているイベントの内容決めです。

その前に、日本語学校の片岡先生の二足のわらじとして活動されているオリジナルの紙芝居の語り披露です。

a0029225_15073937.jpg

「おと🎵おと🎵やってきた」ピーポーピーポー等のおとを聞いて救急車!と当てていく小さい子向けのお話しですが、先生の抑揚をつけた語りには大人もひきこまれます。

この日本ならではの紙芝居を題材に、内容を考えるということで事前に3Hの授業で絵を描いて来てくれました。

a0029225_15133755.jpg

出来上がりは当日までお楽しみですが、また日本の感覚とは違う素敵な絵ですよ。

そしと更に5グループに分かれて内容を話しあって発表です!

a0029225_15165242.jpg

始めはどんな遊びが出来るか、なかなか意見が出ませんでしたが、話しあっていくうちに遊び方は国は違っても同じようなものもあって、ひとつ出てくるとこんなことも出来そうだとアイデアが幾つか出てきたところで終了!

3Hの学生達が一生懸命日本語を使って考えたことを伝えよう!前に出て話してみようという姿勢がとても感心しました。

思っている事が通じなくても何とか伝えようコミュニケーションを取ろう!という姿はきっと参加してくれた小学生にも心に響くものがあると思います。

イベントまで残り何回もありませんが、より良いイベントになるように協力していきましょう!

a0029225_15310963.jpg

前回楽しんだ「クロコダイル」というゲーム
今日は全員で楽しみました。

[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-20 15:01 | Trackback | Comments(0)

6月13日、千葉大学の授業のゲストお2人目は、幕張ベイタウンでコミュニティカフェ運営をされている藤本美幸さん。

幕張ベイタウン女子部として幕張ポータルhttp://makupo.chiba.jp/about/ やハロウインイベントなどパワフルな活動をされている藤本さんは、3か月前から「Cubic Cafe(キュービックカフェ)」https://www.facebook.com/cubiccafe.baytown/というコミュニティカフェを始められました。

今日はその活動をお話しくださったのですが、カフェを始めるきっかけから、契約日に起こった災難、周りの人たちの手助け、支え、台本があるの?と思うくらいおもしろい展開のお話でした。(ご本人は大変だったと思いますが)
a0029225_23075308.jpg
開き直りは、建設的なあきらめ。
完璧を目指すのではなく、7割で良しとできるか。
自分のやりたいと思うことは、狭い価値観で考えている。
ほかの人から頼まれるのは、自分ができることだから依頼がくる。   などなど。

ご自分のエピソードから感じたことをそのままお話しくださる中に名言がいくつもあって、行動する人の言葉だなあと感じました。

完璧をめざして精一杯がんばった時期があったから、いまゆるくてもいいと思えている。という言葉は、大学生たちにも突き刺さったのではないでしょうか。

藤本さん、前向きになるお話ありがとうございました!

幕張ベイタウンも熱いですね~。    

[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-13 23:25 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

今日の千葉大学での授業も、地域で活動をしている2人の方に来ていただきお話を伺いました。

お1人目は、こども人権ネットちばの金田奈津子さん。
a0029225_22043340.jpg














子ども人権ネットちばでは、すべての子どもたちが子どもとして大切にされ、生き生きとした子ども時代を過ごせるように「子どもの権利条約」が活かされる地域社会を作る活動をされています。

「千葉県こども人権条例」ができるよう尽力されていますが、子どもに人権を教えることに躊躇する人たちが多く、なかなか実現には至らないそうです。

なぜ、子どもに人権を教えることが心配なのだろうか?

学生たちに考えてもらいました。

・悪いことをする言い訳になるのではないか
・そもそも教える側が「人権」とは何かを理解していないのでは?
・大人にとって不都合
・行動の見境がなくなる

「人権」を主張することは「わがまま」「自分勝手」につながるのではないか。この指摘が多く出ました。

子どもに人権を教えることは、子どもに対して自分は大切にされる人間なんだと伝えることで
自己肯定感が得られ、自分の人権が尊重されれば、他人の人権も大切にできる。
だから子どものわがままを助長させるものではない。

なるほどと思いました。

「人権」というと堅苦しい話、難しい概念と縁遠い話のような気がしますが、実はとても身近な基本的な大切な話なのですね。

金田さん、考える機会をどうもありがとうございました。


[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-13 22:45 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)



美しいあじさい&6月のイメージショット!
a0029225_17530234.jpg
活動と全然関係ないですが、エキサイトブログの今週のテーマがあじさいということで、
わが家のあじさいも見ごろになってきたので、ちょっとアップしてみました。
写真で見るとすっごい山の中みたい。119.png 実際田舎だけど。
背景は、裏の林です。よその土地でうちの敷地ではありません。




[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-13 18:02 | 会員のひとこと | Trackback | Comments(0)

いなげ子育てフォーラム実行委員会の方が作成した「おたからぽけっと  稲毛子育て活動紹介2016」をいただきました。
  ※いなげ子育てフォーラム実行委員会は稲毛・こどものWAねっとわーくに引き継がれています。

ちば子ども学研究会とゆるぷろも情報番号41,42に掲載していただいています。
a0029225_16554164.jpg


  ホームページもあるそうです。
       https://inage-kodomonowa.jimdo.com/

   情報を必要としている人に1人でも多く届くことを願っています。

   7月1日(土)13:30~16:00  稲毛保健福祉センター大会議室で 
   第2回稲毛子育てフォームも行われます。

   それにしても稲毛は熱いなあ~。中央区民としてはうらやましい。。。








[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-13 16:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

千葉市男女共同参画センターの方からイベントのご案内がありました。

「性別にかかわらず誰もが自分らしく生きられる」ことを目指す男女共同参画社会。
とはいえ、多様性を認め、自分と違う相手を受け止めるのって、意外と難しい…
そこで、人との関わり方の入り口として、「聴く」をテーマに取りあげました。

とのことです。ご興味のある方はぜひ!

a0029225_22455257.png
★ちば男女・みらいフォーラム「『聴く』ことから始める関係づくり
 ~一緒に「想い」のキャッチボールをしませんか」
日時:6月25日(日)13:30~16:00
会場:男女共同参画センター3階 イベントホール
定員:80名
講師:米村 美奈さん(淑徳大学社会福祉学科教授)
申込方法:講座名・〒・住所・電話番号・託児希望の方は
お子さんのお名前と年齢(1歳6か月以上)を明記の上、宛先まで。
宛先:Eメール sankaku@f-cp.jp FAX043-209-8776
   往復はがき 〒260-0844千葉市中央区千葉寺町1208-2
   千葉市男女共同参画センター
問合せ:TEL 043-209-8771

チラシはこちら
http://www.chp.or.jp/danjo/event/pdf/29/kouza2913.pdf
[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-12 22:46 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

6月10日、「土曜日学校@まちスポ稲毛」の第1回目を行いました。

みんなすごく早く集まってくれて、開始時刻の9時にはほとんど集合。

初回だし、バタバタするから実際は9時20分くらいから開始かなあなんて
のんびり準備をしていたから、まずい!!
あたふたしながら授業開始です。。105.png

最初は自己紹介。小学生たちは少し恥ずかしそうに、そして千葉大学の学生たちはさわやかに学校、学年、名前、あだ名、好きなことを話してくれました。
参加した小学生は23人。4つの小学校から、1年生から6年生までいい割合で集まってくれました。
a0029225_17305536.jpg










自己紹介の後は、ノート作り。
ノートといっても紙を2つに折ってひもで綴じるだけなのだけど、子どもたちに好評で、早速表紙に好きな絵を描いて自分だけのノートを作っていました。
a0029225_17402331.jpg












授業と言いながら、まだまだあそびます!
次はお金持ちゲーム。
チーム対抗カード争奪戦、子ども学研究会の鉄板ネタです。
a0029225_17563367.jpg


















ちょっと割り算や足し算なども意識して取り入れお勉強風に仕上がりました。(完璧な後付けのコメントです…)

さて、休憩をとって2時間目は、ちばコープさんのプレゼント授業。
ジュースとクッキー付きです102.png
a0029225_18071462.jpg


















ジュースを飲み終わった後のパックをきちんとリサイクルする方法を教えていただきました。

また、ゲームやルーレットをしながら、食べ物の数え方を楽しく学びました。
a0029225_18110348.jpg


















a0029225_18112223.jpg



















だんだん学校らしくなってきたところで、3時間目。

いよいよ千葉大学生の出番で、頭と体を使ったクイズです。
川の向こう側に船を使ってオオカミと豚とキャベツを順番に渡す方法を考えます。
a0029225_18200777.jpg

















役割を決めて実際に体を使って考えるのだけど、「人役がやりたい」ともめる子どもたち。
そこがこだわるところなのか、小学生!!まさかの予想外の状況。

できた、できた!と歓声があがるので、検証すると、あら?それじゃあ豚がオオカミに食べられちゃう。
それならば、と再挑戦するも、今度は豚がキャベツを食べちゃう。
なかなかの難問のようでした。

さて、次は大学院生からの出題。「象形文字パズル」。さすがアカデミックなお題です。
a0029225_18385132.jpg













どの象形文字がもとになって今の漢字になったのか考えます。
a0029225_18414568.jpg
























難しいかと思ったら、正解率が高くてびっくり!
やるなあ、小学生!!

時間が押して、できなかったプログラムもあったけれど、どうにか予定通り、12時前に終わりのあいさつをすることができました。(はじめと終わりは時間通りにするということに結構こだわっています。)

土曜日学校初回は、ちょっと準備不足だったので、ばたついてしまいましたが、大学生のアイデアで今までにないプログラムができて、さすが教育学部の学生!と感心&感謝です。

次回7月は、万全の態勢で臨みましょうね。またどうぞよろしく!!

[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-10 19:28 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)

6月6日千葉大学教育学部での授業は、NPO法人企業教育研究会(ACE)の谷山大三郎さんに来ていただき、ACEの活動やストップイットというアプリのお話をしていただきました。
a0029225_22172198.jpg


















ストップイットは、アメリカで開発されたいじめを匿名で通報できるアプリで、谷山さんはその日本法人のストップイットジャパンの代表取締役もされています。

柏市では、市内の中学20校で6月中にこのストップイットを導入するそうで、とてもタイムリーな時期にお話を伺えました。
谷山さんは、たまたま目にしたアメリカでストップイットというアプリが開発されたという記事を見て、「これだ!」と思い日本で広めたいと、コネもあてもないのに、開発者へ4度メールを送って、1か月後。
会いましょうと返信が届き、その後アメリカに実際に行って話をして、日本で株式会社ストップイットジャパンの設立に至ったとのこと。

穏やかな物腰の谷山さんから想像できない設立の経緯を伺い、ちょっと驚きました。
本気の思いは国境を越えて人を動かすのですね。

谷山さんから初めてストップイットのことを伺ったとき、私もこれはいい!と思いました。
でも行動に移せたのは、今回谷山さんに授業でお話をしてくださいとお願いしたことだけ。ちっちゃいなあ。

それはともかく、ストップイットはボタンを押せばいじめを匿名で通報できるアプリなのでちっちゃな勇気で行動に移せます。
仕返しが怖くていじめを見ても見ぬふりしてしまうような傍観者から抜け出すことができるのです。

課題は、その通報を受けた大人が適切な対応ができるかどうかでしょうが、今取り組んでいる所は、意識も意欲も高い方々だと思うので良い成果が期待できると思います。

その結果をもとに広く一般的に広がっていけばいいなあと思います。

でも、谷山さんがおっしゃるように本当はストップイットがいらない社会であるのが良いのでしょうね。

まずは、「助けたい人を助けられる社会」を作ること。
自分ができることをやらなければと思いました。

谷山さん、お忙しい中、時間を作って貴重なお話をしてくださいまして本当にありがとうございました。






[PR]
# by kodomogaku | 2017-06-07 23:05 | 2017年度の活動 | Trackback | Comments(0)